渋い語り口と温かみのある演技、菅原文太さんの出演映画特集

70年代「仁義なき戦い」シリーズでブレイクし、東映を代表するスターとなった菅原文太さん。80年代にはテレビドラマにも出演するようになり、その後はナレーターや声優も務めるなど、俳優業を引退するまで広範な活動を行ってきました。ここでは、そんな菅原文太さんが出演してきた数々の映画の一部をご紹介させていただこうかと思います。

映画界を支え続けた俳優、菅原文太さんのプロフィール

菅原文太

生年月日 1933年8月16日
没年月日 2014年11月28日(満81歳没)
出生地 宮城県仙台市
死没地 東京都
身長 178cm
血液型 O型

1958年、映画『白線秘密地帯』で映画デビュー。『まむしの兄弟』『トラック野郎』シリーズなど数多くの映画で主演を務める。中でも『仁義なき戦い』シリーズの成功は瞬く間に彼を日本のトップ俳優へと導き、国民的な人気俳優に。以降、200本を超える映画に出演するなど、声優、歌手としても幅広く活躍。14年11月、肝不全のため死去(享年81歳)。

菅原文太さんをスターへとのしあげた主演映画「仁義なき戦い」シリーズ

『仁義なき戦い』(じんぎなきたたかい)は、戦後の広島で実際に起こった広島抗争を題材として、飯干晃一が著したモデル小説。この原作を東映が製作した映画はシリーズ化され、演劇にもなった。キネマ旬報が2009年(平成21年)に実施した<日本映画史上ベストテン>「オールタイム・ベスト映画遺産200 (日本映画編)」では、本作を歴代第5位に選出した。

菅原文太さん出演映画①「仁義なき戦い」あらすじ

復員兵の広能は、広島県呉市の小さな組織、山守組の身内となる。
敵対する土居組組長を暗殺するが、自分の親分である山守組長から邪魔もの扱いされて自首せざるをえなくなる。
その後勢力を拡大していく山守組内部で、坂井ら主流派と有田ら反主流派の内部紛争が始まっていく。 やがて仮出所した広能は、山守組長から紛争に勝利した坂井の暗殺を促されるが…。

出典:http://jingi.hakata21.com

菅原文太さん出演映画①「仁義なき戦い」キャスト

主演は菅原文太さん。そして松方弘樹さん、梅宮辰夫さん、渡瀬恒彦さん、田中邦衛さん、伊吹吾郎さん、北大路欣也さんといった錚々たる方々が顔を揃え、またこの他にも昭和の映画界を支えた俳優陣が多数出演しました。

菅原文太さん出演映画①「仁義なき戦い」世間の反応

今までしっかり観たことが無かった映画です。
これは、しびれる人にはしびれる映画だと思った。
ゴッドファーザーとどちらが先なのだろう。
とにかく、愛はない。
ただ、ただ、任侠の世界。
しかし、裏切りばかり。
仁義なきって言葉通りなのだ。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

演出、脚本、カメラワーク、演技、音楽、、、
今見てもすべてにおいて度肝を抜かれる荒々しさが衝撃的な裏社会映画の金字塔
無駄なエピソードを排除したドキュメンタリー的ストーリー展開が特に印象的で映画を見てるということを一瞬忘れてしまうほど
後に作られたさまざまなやくざ、マフィア映画にも影響を与えたであろうと思う画期的な作品

出典:http://movies.yahoo.co.jp

有名な映画ですが、どうせヤクザ映画なんてお金払って見る価値無いと思って、敬遠してきました。
含蓄のある名台詞の数々で、これは大人にならないと面白さは分からないと思いました。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

菅原文太さん出演映画①「仁義なき戦い」予告動画

厳しくも暖かく見守る祖父を菅原文太さんが快演した映画「バッテリー」

『バッテリー』は、あさのあつこによる児童文学作品。単行本全6巻が教育画劇から、文庫本全6巻が角川文庫から刊行され、延べ1000万部を超えるベストセラー小説である。1997年には第35回野間児童文芸賞を受賞。

2000年にはNHK-FMでラジオドラマ化されている(全10話)ほか、2007年には林遣都の主演で映画化、さらに2008年4月からは中山優馬の主演でNHKにてテレビドラマ化された。

菅原文太さん出演映画②「バッテリー」あらすじ

12歳の天才ピッチャー・原田巧(林遣都)は引越した岡山県新田市で地元のキャッチャー・永倉豪(山田健太)と出会う。お互いの力を認め合う2人はバッテリーを組むことを約束し、中学校の野球部に入部するが、部内のリンチ問題がキッカケで野球部は活動停止に追い込まれてしまう……。

出典:http://person.sakura.ne.jp

菅原文太さん出演映画②「バッテリー」キャスト

主演は林遣都さん、山田健太さんが演じられました。また、父親役に岸谷五朗さん、祖父役に菅原文太さん、野球部顧問役を萩原聖人さん、校長役が岸部一徳さん等とベテランの俳優陣が顔を揃えました。

菅原文太さん出演映画②「バッテリー」世間の反応

その名の通り、ピッチャーとキャッチャーの友情物語。
高校生のバッテリーかと思いきや、中学一年生のバッテリーとは驚きました!

ロケ地が田舎の緑あふれる場所なので、映像がとてもきれいです。
野球部のメンバーも個性ある役柄で、
それを役者の少年たちが上手くこなしていました。

菅原文太さんのオジイチャン役も見事!
一番はまっていました。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

ベタベタの青春ものが好きな俺は、
早い時点で泣いていましたw
お仕事でお疲れの方にオススメ。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

こういうスポーツ系の映画って、なんだかどこかちゃんと見れなかったことが多かった。
だけど、「バッテリー」はただの野球の話ってだけじゃない。
本当に中学生らしさがたくさん見えたことや、野球を通じてその人の気持ちをくみ取る…
そこがまた魅せられました。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

菅原文太さん出演映画②「バッテリー」予告動画

声だけでも魅せてくれた。菅原文太さん出演アニメ映画「千と千尋の神隠し」

『千と千尋の神隠し』(せんとちひろのかみかくし、英題:Spirited Away)は、スタジオジブリの長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。2001年7月20日に日本公開。興行収入300億円を超えた日本歴代興行収入第1位の大ヒット作品である。

菅原文太さん出演映画③「千と千尋の神隠し」あらすじ

両親と共に引越し先の新しい家へ向かう10歳の少女、千尋。しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を感じていた。やがて千尋たちの乗る車はいつの間にか“不思議の町”へと迷い込んでしまう。その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れていく両親。が、彼らは“不思議の町”の掟を破ったために豚にされてしまい……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

菅原文太さん出演映画③「千と千尋の神隠し」キャスト

主人公「荻野千尋」を柊瑠美さん、そしてもう一人の主人公「ハク」を入野自由さんが演じ、その他にも内藤剛志さん、沢口靖子さん、夏木マリさん、神木隆之介さん、そして菅原文太さんなど個性豊かなキャストで物語を盛り上げました。

菅原文太さん出演映画③「千と千尋の神隠し」世間の反応

細かい仕草や風に揺れる髪、
筆のタッチが残る背景など
映像や音楽だけでも本物の芸術レベル。
どこか懐かしい空気も漂っている気がして、
物語以外の要素だけでも十分楽しめました。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

観れば観る程癖になるスルメ的な作品
独特の世界観に本当の素晴らしさに気付くまで3回程観なおした
千尋の成長を描いた作品との事でその描き方に最初は戸惑った
突飛したファンタジーの描き方を受け入れられる人に人気が高いのかとの印象
たまに思い出した様に観たくなる芸術作品だと思う

出典:http://movies.yahoo.co.jp

今回初めて見ましたが
素晴らしい映画でした。

クライマックスの展開が唐突という方がいますが、そんなことはありません。
クライマックスが唐突だと感じた方は、中盤の山場のシーンをもう一度見返すことをお勧めします。
間接的ではありますが、そのシーンとクライマックスで繋がる部分があるはずです。

私は天邪鬼なところがある人間ですが、これは素直に良かったと言える映画です。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

菅原文太さん出演映画③「千と千尋の神隠し」予告動画

老いてなお盛ん!菅原文太さんがアクションシーンにも挑み祖父役を熱演した主演映画「わたしのグランパ」

『わたしのグランパ』は、筒井康隆の小説。およびこれを原作とする映画。
同年8月に文藝春秋から単行本として刊行された。第51回読売文学賞小説賞を受賞。2002年6月に文春文庫版が刊行されている。

映画は東映の配給で、2003年4月5日に公開された。撮影は主に栃木県足利市で行われた。2003年の第27回モントリオール世界映画祭に出品、最優秀アジア映画賞を受賞した。またヒロインの石原さとみは国内で6つの新人賞を獲得している。

菅原文太さん出演映画④「わたしのグランパ」あらすじ

五代珠子は中学校でいじめを受けていた。ある日同級生にからかわれているのを、刑務所から出所してきた祖父「ゴダケン」こと五代謙三に見られてしまう。初めはいじめられているのを隠そうとした珠子も、謙三の正義感や優しさに感化されていく。謙三は不良や暴力団などに立ち向かって問題を解決していくが、昔のいざこざの関係から、珠子を誘拐されてしまう…。

出典:http://ja.wikipedia.org

菅原文太さん出演映画④「わたしのグランパ」キャスト

主演は菅原文太さん、そして石原さとみさんが演じられました。また、浅野忠信さん、平田満さん、宮崎美子さん、伊武雅刀さん、波乃久里子さんらベテラン俳優たちが出演して物語を盛り上げ、作品の質をより高いものにしていました。

菅原文太さん出演映画④「わたしのグランパ」世間の反応

『わたしのグランパ』 菅原文太のアイドル映画みたいな映画。彼の今まで演じてきたキャラクターがあってこその映画だと思います。自分の役者人生をセルフパロディにする姿は、イーストウッド的ですね。

出典:http://coco.to

「わたしのグランパ」菅原文太の訃報がなければ見なかっただろうけど、着流しで伊武雅刀の組に殴り込んだり、中坊相手にガチでケンカしようとしたり、老ぼれでも正義感あふれる文太がかっこいい。ピアノにのせてJAZZまで歌うとは!噂のトンデモシーンはカットで新人の石原さとみの好演が際立った。

出典:http://coco.to

いつもゆったりと、堂々としていてぶれることのないじいちゃん、かっこよすぎです
孫娘のまっすぐな性格も、とても良いです
こんな人間になりたいなぁって素直に思える清清しい映画でした

出典:http://movies.yahoo.co.jp

菅原文太さん出演映画④「わたしのグランパ」予告動画

昭和を駆け抜けた名俳優、菅原文太さん

日本を代表する俳優として、数多くの映画に出演し、映画界を支え続けてきた菅原文太さん。やがてその活動範囲は映画のみならず、テレビや舞台、ラジオと広範に渡り、それは晩年まで精力的に続けられました。また、菅原さんといえば助演として出演する作品も多い俳優さんでした。脇役に徹し主役を助け作品をより盛り立ててくれる、そんな菅原文太さんだからこそ当時から、そして亡くなられた今も多くの人を惹き付けているのかもしれませんね。

TOPへ