記事ID37223のサムネイル画像

宮崎あおいが「性格が悪い」とささやかれるのはなぜなのか?

年齢不詳な童顔をお持ちの女優宮崎あおいさん。じつは今年30歳。その少女のような顔立ちとはうらはらに、宮崎あおいさんの性格の悪さが噂されています。本当?!そうは見えない「性格悪い」説。宮崎あおいさんが「性格悪い」とされるのはなぜなのか。いろいろ集めてみました。

性格に問題あり?!女優・宮崎あおいさんのプロフィール

プロフィール

宮崎あおい

生年月日:1985年11月30日
出身地:東京都
身長:163cm
血液型:O型
職業:女優
デビュー:1989年

スタッフが知る 宮崎あおいさんの「性格」

女優気質な性格

4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で、子役デビューした宮崎あおいさん。
長い芸歴は、彼女の人生の歩みそのもの。
積み上げてきた経験が、その「性格」を育んだようにも思えます。
「女優業」に対する姿勢は、実にはっきりしているようです。

仕事へのこだわり

「彼女は非常にストイックな女優さんですが、そのために脚本や設定などに関してかなり細かく気にされます。気になった部分があると事務所を通して修正を依頼してくることが多々あるんです。もちろん、それは女優さんとして正しい行動なのですが、事前チェックのみならず現場に入ってからも細かくチェックをしてきて現場のスタッフを疲弊させることもあるのです」(同・ドラマ制作プロデューサー)

職人?!宮崎あおい

現場のスタッフや携わる関係者が作り上げてきた「仕事」を、最終的に「表現」する演者に託される事も多く、自分の役割をしっかり果たす為の「こだわり」とも言えるのではないでしょうか。
「女優・宮崎あおい」さんの性格は職人のようです。

現場のスタッフ

「自分が主演となれば細かく気にするのは仕方ないのでしょうが、その数がかなりのボリュームになりますし、共演者などに関してもOKやNGという意見が出てくるので、それならば仕事を受けなければいいのに...と思うこともあります。とはいえ、これはほかの女優さんにも言えることですので、彼女に限ったことではないのですが」(映画制作会社スタッフ)

宮崎あおいさんは「うるさい人」?

「性格が悪い」「うるさい人」と言われてしまうのは、仕事に対するこだわりゆえの、単なる「行き違い」のようにも思えます。
「女優・宮崎あおい」として、最善を尽くす姿勢がそううつるのかも。

面倒な「うるさい人」

もちろん、意見を言ってはダメとは言わないですが、少し言っただけでも"すごくうるさい人"に思えてしまうくらいピリピリした現場なので、振り回されたと思い込むスタッフは結構いるのではないでしょうか(同・映画制作会社スタッフ)

性格というよりは...

宮崎あおいさんがどんなに最善をつくしても結果が全てのこの業界で、スタッフの口からでる批判の元は、すべてが「性格」に起因するものではないようです。

結果が全て

「作品にこだわりを持った上で結果を出してくれれば、現場でいくら苦労しようが構わないんです。しかし、彼女の場合には数字や興行成績という結果を出していません。そのために、単に"面倒な人"という印象になってしまうのです。決して嫌われているわけではなく、人柄自体は評価されているのですが、面倒な上にヒットも出せないので積極的には関わりたくないと考えるスタッフが多いんだと思います」(同・映画制作会社スタッフ)

検証!宮崎あおいさんが、「性格悪い」とささやかれるのはなぜか?

共演者が知る 宮崎あおいさんの「性格」

女優業に強いこだわりの感じられるその仕事ぶり。
プロ意識の高さゆえに、「言うべき事は、はっきり言う」姿勢が、誤解や行き違いを招いているようにもとらえられます。
では、仕事をする上でもっとも身近な共演者。彼らから見た宮崎あおいさんの「性格」は、どううつるのでしょうか?まとめました。

読書家 宮崎あおい

性格とは無関係。でも...

女優の仕事にもつながる「読書」。
宮崎あおいさんの「性格」とは無関係でも、 先ほどの映画制作会社スタッフの話とは、だいぶ印象が違います。

堺雅人「大河『篤姫』の時は一人でポツんと座っていた印象。(映画で再共演した時は)毎日違う本を読んでいた。」

出典:http://matome.naver.jp

編み物をする宮崎あおい

趣味は編み物

編み物は、ひと編みひと編みを積み重ねて作り上げられていくものです。
そのすこしづつ出来上がっていく工程を楽しめる人に「性格の悪さ」は、当てはまらないように感じます。それとも、これは宮崎あおいサイドのイメージアップ戦略なのでしょうか?

櫻井翔「僕の行動範囲の中で『編み物』をしている女性がいなかったので、すごく女性らしいなって思った」

出典:http://matome.naver.jp

じつは「悪い」んじゃなくて「暗い」?その性格

たかが人見知り されど人見知り

人は誰しも、自分を理解しようとしてくれる人と過ごす時間は、心地いいものです。
そんな雰囲気や、人に囲まれているとき、「女優・宮崎あおい」ではなく1人の女性に戻れるのかも。
彼女の問題は「性格の悪さ」ではなく、人見知りする事なのかもしれません。

向井理「結構、暗い。現場でもチラチラ見てたけど、同じ事をずっとやってたり、芯が強くて真っ直ぐな人なんだと思った。」

出典:http://matome.naver.jp

宮崎あおい「(向井理さんは)お互い暗くて人見知り。いつもそれぞれ別々のことをしてて、そんなに話してないけど、居心地が良かったです」

出典:http://matome.naver.jp

宮崎あおいさんは、うちとけられれば「好印象」

好印象を持つ人だって...

本当に宮崎あおいさんがツンケンした性格なら、誰彼かまわず噛みつきそうなものですが...
そんな感じでもないみたいなのです。
むしろ好印象を抱いている人も。

松田龍平「あんまり自分からは発さない人。でも、話すと変な玉を投げてもちゃんと返してくれる良い人です。」

出典:http://matome.naver.jp

イーサン・ランドリー「スターなのに、地に足の着いた人。フレンドリーでオープンな人でびっくりした。なので、普通に接してしまうが、彼女の作品を見て改めてスターだと実感した。また、いろいろな面でサポートしてくれた。」

「一番大きなことは、撮影中彼女が映っていないシーンでも、私が芝居をしやすいように、映っていたとき以上に、ベストなパフォーマンスをしてくれたこと」

出典:http://matome.naver.jp

「性格悪いからだ」と誤解される宮崎あおいさん 世間の好感度

ネガティブなイメージはここから

イメージを売る芸能界にいて、広めた清純派なイメージや容姿とはだいぶギャップのあるプライベートに、世間は嫌悪感を抱いたようです。
22歳で俳優 高岡蒼佑と結婚。26歳で離婚。まもなくV6 岡田准一との不倫報道が流れました。
人気絶頂の20歳そこそこで結婚した事が、自分勝手なイメージをうみ、さらに高岡さんの持たれるイメージが良くなかった事、ついには結婚4年半で高岡さんの浮気が原因でバツイチになりました。この時点では同情の声も聞かれましたが、まもなく宮崎あおいさんも不倫していた事が発覚し、また相手がジャニーズアイドルだった事から一気にやり玉にあげられました。
このネガティブなイメージはやがて「性格悪い」説をあおったように思います。

だって、見るからに わがままそうじゃん。 まだ若いのに、バツイチなのもイタいよね。
本人はファッションリーダー的な考え方してるけど、背 低いし、痩せてるだけだし、顔は普通だし。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

結婚・離婚・不倫について

この夫婦はどっちもどっちという印象
ガラ悪い男と結婚しただけあって、清純派で売ってても宮崎あおいも、やっぱりそういう女だったんだなとしか思えない(中略)元々気が強くなくちゃやっていけない世界だけど、それにしても…という感じ やっぱり一般人とは価値観が異なるんだねえ

出典:http://entameblog.seesaa.net

本当のことなら宮崎あおい最低ですね
旦那の友達に手をだしたってわけでしょ?

出典:http://topicks.jp

岡田くん本気でハマっちゃってるんだろうか。
相手の女優さん嫌いじゃないしかわいいと思うけど 熱愛とかってなるとあまり良い感じしない。やっぱりいわくつきのイメージが取れない。
相手が岡田くんじゃなくても アチャ~そこいっちゃったかぁダメじゃんって思ったとおもう。
本当に良い子なのかもしれないけどね

出典:http://girlschannel.net

宮崎あおいさんは「芯の強い、まっすぐな性格」

宮崎あおいさんの「性格」どう感じましたか?

私には、仕事熱心で正直な、人生に迷う30歳の女性に見えます。

女優という職業柄、バラエティー番組などにばんばん出て、素に近い「宮崎あおい」を披露するわけにはいかない為に、業界の誰かから「性格が悪い」と一度誤解を受け、その情報が独り歩きし、結果「宮崎あおいは性格悪い」という酷評になってしまったのでは?と推測されます。
もちろん宮崎あおいさんにまったく非がないわけではなく、どういう事情があったにせよ、不倫はいけませんね。

これほど演じられる年齢幅の広い女優は、そういません。
ネガティブなイメージを逆手に取った宮崎あおいさんの今後の活躍に期待します。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ