記事ID33424のサムネイル画像

子役時代から活躍し続ける俳優!神木隆之介が出演した映画まとめ☆

子役時代から数々の映画やドラマに出演している神木隆之介さん。その演技力も高く評価されています!そんな神木隆之介さんが今までに出演された映画の中から、特におすすめの作品をご紹介します!気になる作品があれば、ぜひチェックしてみてください☆

子役時代から数々の映画に出演!神木隆之介のプロフィール

生年月日:1993年5月19日(22歳)
出生地:埼玉県
身長:167 cm
血液型:B型
活動期間1995年-
事務所:アミューズ

出生当初は大病をして体が弱く、「助かる確率は1%だったらしい」と本人は語る。生きている証を残したいと、2歳で母親が「セントラルグループ・セントラル子供タレント」へ入団させたのが芸能界に入るきっかけである

出典:https://ja.wikipedia.org

1999年、テレビドラマ『グッドニュース』でドラマデビュー。
2006年、単発ドラマ『探偵学園Q』でドラマ初主演。(2007年に連続ドラマ化)
NHKスペシャルドラマ『心の糸』ではろう者役の松雪泰子の息子役を演じ、モンテカルロ・テレビ祭男優賞にノミネートされた。

『千と千尋の神隠し』や『借りぐらしのアリエッティ』などジブリ作品をはじめ、数々のアニメで声優としても活躍している。

神木隆之介が日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞した映画『妖怪大戦争』

1968年に公開された大映の同名作品『妖怪大戦争』をリメイクし、2005年に公開された映画です。

この映画は第23回ゴールデングロス賞の日本映画部門・優秀銀賞に選ばれ、神木隆之介さんは第29回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞しました!

神木隆之介の出演映画『妖怪大戦争』のあらすじ

タダシ(神木隆之介)は両親の離婚により、母親と祖父と共に田舎で暮らすことになった。都会育ちでもやしっ子のタダシは、田舎育ちのクラスメートともいまいち馴染めないでいた。そんなある日、タダシは神社のお祭りで、大勢の子供の中から“麒麟送子”に選ばれる。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

神木隆之介の出演映画『妖怪大戦争』のキャスト①

稲生タダシ(麒麟送子)役:神木隆之介

10歳の少年。両親の離婚によって、鳥取のとある町へ転校するが田舎の暮らしに馴染めずにいた。夏休みに神社のお祭りに行った際、その年の『麒麟送子』に選ばれる。

麒麟送子とは、世界に平和をもたらす正義の味方のことだそうです。

神木隆之介の出演映画『妖怪大戦争』のキャスト②

鳥刺し妖女アギ役:栗山千明

日本の妖怪たちと対立している『悪霊軍団』の手下。
この映画のために設定された妖怪で、小鳥を捕まえるから『鳥刺し』という名がついたそうです。

神木隆之介の出演映画『妖怪大戦争』のキャスト③

川太郎役:阿部サダヲ

日本に古くから伝わる妖怪の河童。映画でのキャラはムードメーカー的存在でもある。

神木隆之介の出演映画『妖怪大戦争』のキャスト④

川姫役:高橋真唯

川に住んでいる、美しい少女の姿をした妖怪。
川辺に姿を現し、その美しさに男たちが惹かれてしまうと精気を吸い取られてしまうと古くから福岡、大分など九州地方で言い伝えられている。

神木隆之介の出演映画『妖怪大戦争』のキャスト⑤

油すまし役:竹中直人

全身にミノをかぶり、青い顔のすまし顔をした妖怪。熊本県に古くから伝わる妖怪で、油の入った瓶を持ち、峠に出現して通行人を驚かせると言われている。

神木隆之介の出演映画『妖怪大戦争』に対する世間の反応

神木隆之介くんの驚き顔と、すねこすりがとてもキュート!豪華俳優陣の妖怪姿にも力が入っていて、見ていてとにかく楽しい。エキストラ募集もあったそうで、自分もどんな妖怪でもいいから出たかった…。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

妖怪モノではこの作品が面白かった。妖怪たちが抜群に素晴らしい。見ているこっちまで楽しくなってくる。そんな妖怪たちを物語に違和感なく溶け込ませている手腕も見事。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

特殊メイクが凄いですよね。
最後のエンドロールで「あの人も出てたんだ!」みたいなキャストが多かったですし。
その中でも、大して妖怪メイクをしていないのに妖怪に見える栗山千明は凄い。
そうゆう所に注目してみるのも、面白いかもしれません。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

数々の賞を受賞!神木隆之介の主演映画『桐島、部活やめるってよ』

2012年8月11日に公開された映画です!原作は朝井リョウさんの同名小説『桐島、部活やめるってよ』。

第34回ヨコハマ映画祭にて最優秀作品賞や最優秀監督賞、第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞など多数の賞を受賞し、話題になった作品です。

神木隆之介の出演映画『桐島、部活やめるってよ』のあらすじ

とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

神木隆之介の出演映画『桐島、部活やめるってよ』のキャスト①

前田 涼也役:神木隆之介

映画部に所属する高校二年生。顧問の脚本に不満を持ち、自ら脚本を手掛け、ゾンビ映画『生徒会・オブ・ザ・デッド』の撮影を始める。クラスでは地味で目立たない存在である。

神木隆之介の出演映画『桐島、部活やめるってよ』のキャスト②

東原 かすみ役:橋本愛

バドミントン部に所属する高校二年生。学校でも目立つ4人組グループの一人。人の悪口や噂話などには加わらない性格。

神木隆之介の出演映画『桐島、部活やめるってよ』のキャスト③

菊池 宏樹役:東出昌大

一応野球部に所属しているが活動には参加していない高校二年生。クラスの中心的存在の男子グループの1人。

神木隆之介の出演映画『桐島、部活やめるってよ』のキャスト④

飯田 梨紗役:山本美月

高校二年生。東原かすみと同じく、学校でも目立つ4人組グループの一人。美人で校内でも人気の美少女。

神木隆之介の出演映画『桐島、部活やめるってよ』のキャスト⑤

沢島 亜矢役:大後寿々花

吹奏楽部に所属する高校二年生。クラスではおとなしい存在だが、部活では部員たちをまとめ、部長を務めている。

神木隆之介の出演映画『桐島、部活やめるってよ』に対する世間の反応

自分も、桐島たちの高校のクラスメイトになったような感覚で、とてもリアルな高校生活を見ているようです。余計なセリフや説明はなく、役者の表情や視線で登場人物の思考を感じ取ることができ、良かったです。
「あ〜わかるわかる」「そんなことあったあった」とニヤニヤしながら見てしまいました。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

今この作品の意味が分からなくてもそれはいいと思います。
人生経験やリテラシーを高めた時、この作品の抱える普遍的なテーマに気付ければいいでしょう。その意味で見なおすごとに感じ方や人生における今の自分を見つめ直すきっかけにもなる深さがある作品ではないでしょうか。
少なくとも自分の中ではこれから何度も見て付き合っていくであろう大切な映画となりました。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

この映画は、必ず貴方(貴女)がいる。
そのなかで、あなたが当時悩んでいたこと、思っていたことを
三人称で俯瞰するのがこの映画だ。
俯瞰するだけではこの映画は評価されなかった。
俯瞰した上で、十人十色の答えが待っている。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

人気漫画を実写化!神木隆之介の出演映画『るろうに剣心』

和月伸宏さんの漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を実写映画化した作品です。
第1作『るろうに剣心』は2012年8月25日、第2作『るろうに剣心 京都大火編』は2014年8月1日、第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』は2014年9月13日に公開されました。

この3作のうち、神木隆之介さんは第2作・第3作に出演されています。

神木隆之介の出演映画『るろうに剣心』のあらすじ

かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実(藤原竜也)が京都でその名をとどろかせていることを知る。政府が派遣した討伐隊は志々雄を前に成すすべがなく、最後の望みとして剣心に白羽の矢が立つ。志々雄の野心を阻止すべく、剣心は京都へ向かう。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

神木隆之介の出演映画『るろうに剣心』のキャスト①

緋村剣心役:佐藤健

かつて「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客。明治維新後は人を斬らない心に決め、人を傷つけることのできない『逆刃刀』で人を助ける。

神木隆之介の出演映画『るろうに剣心』のキャスト②

神谷薫役:武井咲

神谷活心流の師範代。活発な性格で正義感も強いが、それゆえに怒りっぽいところもある。神谷道場の土地を奪われそうになった事件で剣心と出会う。

神木隆之介の出演映画『るろうに剣心』のキャスト③

斎藤一役:江口洋介

元・新選組三番隊組長で、維新後は明治政府の警官。『牙突』という桁外れの威力の独自の必殺技、鋭い眼光に触角に似た数本の前髪を持つ長身。相手の本質を見抜く観察力・洞察力に優れている。

神木隆之介の出演映画『るろうに剣心』のキャスト④

志々雄真実役:藤原竜也

明治政府打倒と日本征服をもくろむ一大兵団「志々雄一派」の指導者。遊撃剣士に転身した剣心から影の人斬り役を引き継いだが、直接の面識はなかった。戊辰戦争の際に仲間に斬られ火を放たれ大火傷を負い、全身に包帯を巻いている。特攻部隊「十本刀」を軸とした精強な兵隊の一大組織を創り上げた。

神木隆之介の出演映画『るろうに剣心』のキャスト⑤

瀬田宗次郎役:神木隆之介

十本刀最年少にして最強の剣士。喜怒哀楽の「楽」以外の感情を持たず、思考や気配が一切読めない。志々雄から与えられた「弱肉強食」を至上の思想としているため自ら思考することを放棄している。剣心に匹敵する天賦の剣才「天剣」、超神速の移動術「縮地」を兼ね揃えている。

神木隆之介の出演映画『るろうに剣心』に対する世間の反応

出演者の演技力とアクションがすごい!
佐藤健くんも神木くん藤原くんもびっくりするくらい良かったけど何気に翁役とみさお役の人も良かった!
こんなに配役が良かった実写は今まであったのかなと思う。
また同じキャストで新作作って欲しい!

出典:http://www.amazon.co.jp

劇場で2回観たのに購入したくなるほどの魅力がある
作品でした。長尺のアクションもの。
それが、邦画・時代物で楽しめる作品。それにこの豪華すぎる
キャスティング…近年あまりなかったのでは?

と。拙い表現では表しきれませんでした。が、一つ一つの理由を
上げ連ねなくても、原作を知らなくても全てを吸収するように
見入ってしまう。
そんな個々の実力がギュっと詰め込まれた素晴らしい作品でした。

出典:http://www.amazon.co.jp

単品だとやっぱり物足りない印象ですが、完結編次第でこちらの評価も変わってくるかなぁっと。
アクションは前回同様良いです。
あ、原作云々は抜きで観るのがお勧めです。

出典:http://www.amazon.co.jp

神木隆之介の最新出演映画『バクマン。』

原作・大場つぐみ、作画・小畑健による漫画を実写映画化した作品です。『週刊少年ジャンプ』にて2008年37・38合併号から2012年21・22合併号まで連載された人気漫画です☆

映画は2015年10月3日に公開され、現在大ヒット上映中です!

神木隆之介の出演映画『バクマン。』のあらすじ

優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

神木隆之介の出演映画『バクマン。』のキャスト①

真城最高役:佐藤健

本作の主人公で、漫画の絵を担当。
平凡な人生を悲観する性格だったが、漫画家の夢を本気で追う様になってから変わりつつある。負けず嫌いなところもあり、ライバルの漫画家には対抗心を燃やしている。

神木隆之介の出演映画『バクマン。』のキャスト②

高木秋人役:神木隆之介

本作のもう一人の主人公で、漫画のストーリーを担当。音楽好きでヘッドフォンを付けている事が多い。文才に長けた秀才で成績も優秀だが絵は下手。真城最高の絵の上手さを見込み、絵の得意な真城最高と文才に長けた自身で組んで漫画家を目指す提案をする。

神木隆之介の出演映画『バクマン。』のキャスト③

亜豆美保役:小松菜奈

本作のヒロインで、真城最高が好意を抱いているが、実は両思いである。恥ずかしがり屋だが声優を志望しており、最高と秋人の漫画がアニメ化したら声優を務め、最高と結婚することを約束する。

神木隆之介の出演映画『バクマン。』のキャスト④

新妻エイジ役:染谷将太

10年に1人の逸材と言われている天才漫画家。6歳の時からペンを握り続け、かなりの腕前。スカウトされ青森の実家から上京しデビューする条件として、自分が『ジャンプ』で一番人気の作家になったら、自分の嫌いな漫画をひとつ終わらせる権限」を要求。擬音化された効果音を口走りながら漫画を描く癖がある。

神木隆之介の出演映画『バクマン。』のキャスト⑤

福田真太役:桐谷健太

高校卒業後、漫画家になる夢を抱いて上京。イジのアシスタントを長く続けており、個性の強い彼と対等に付き合える数少ない人物でもある。漫画に対しては熱く、誠実である。

神木隆之介の出演映画『バクマン。』に対する世間の反応

『バクマン。』自分は特別ジャンプファンという訳ではないけど(どちらかというとサンデー派)、冒頭のジャンプの歴史紹介はもう何度も見聞きした内容にもかかわらず、ジャンプが日本で特別な存在であることを改めて思い知ることができて胸が熱くなった。こういう演出も上手い。

出典:http://coco.to

『バクマン。』見た。原作未読。キャスティングが素晴らしい。あと、エンドロールも見物。

出典:http://coco.to

バクマン。▼ 原作何巻か読んだ気がするけど内容忘れてキャラのみ把握〜で観に行ったらとても楽しめた。ストーリーは読めたけど、なにより俳優陣と映像効果と音楽が素晴らしくて!エンディングも映画の一部となっててそこだけでももう一度じっくり見たいほど。

出典:http://coco.to

神木隆之介さんの今後の活躍に期待しています!

いかがでしたか?

神木隆之介さんの数々の出演映画の中から、おすすめの映画をご紹介しました!子役時代から活躍し続け、演技力にも年々磨きがかかっていますね。どんな役でも完璧にこなし、演じきる姿はさすが実力派俳優といった印象です。

そんな神木隆之介さんの今後さらなる活躍に期待しています!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ