記事ID31105のサムネイル画像

笑顔が不自然?平昌金!オリンピック2連覇の羽生結弦は性格が悪い?

平昌五輪で、男子フィギュアススケート金メダルに輝いた羽生結弦選手。怪我を乗り越え、ソチオリンピックに継ぐ金メダル2連覇で66年ぶりの快挙を成し遂げました。そんな羽生結弦選手は、以前から「性格が悪い」という噂が…。金メダリスト羽生結弦の性格について検証しました!

最高の笑顔を見せてくれた羽生結弦選手!!

平昌オリンピックでは、見事な演技で金メダルを獲得した、フィギュアスケート選手、羽生結弦選手!!
金メダル獲得後は、眩しい笑顔を見せてくれました!
しかし、そんな羽生結弦選手の笑顔が不自然で、性格が悪いという噂が……!
今回は、そんなブラック・羽生結弦選手の側面について検証してみます!!

笑顔の裏にある本当の性格とは? 羽生結弦 プロフィール

羽生結弦のプロフィールをご紹介!

羽生 結弦
生年月日: 1994年12月7日 (23歳)
出生地: 宮城県仙台市
身長: 171 cm
血液型: B型
体重: 56 kg
学歴: 早稲田大学

羽生弓弦のこれまでの受賞歴をご紹介!

羽生結弦のこれまでの大会成績!

   【羽生結弦のこれまでの受賞歴】

1998年 姉の影響により4歳でスケートを始める
2007-2008シーズン 全日本ジュニア選手権 3位
2008-2009シーズン 全日本ジュニア選手権 初優勝
2009-2010シーズン JGPファイナル 史上最年少(14歳)で総合優勝
              全日本ジュニア選手権 優勝
              全日本選手権 総合6位
              世界ジュニア選手権 優勝
2010-2011シーズン 全日本選手権 4位
              四大陸選手権 銀メダル
2011-2012シーズン ISUグランプリファイナル 4位
              全日本選手権 総合3位
2012-2013シーズン GPファイナル 2位
               全日本選手権 初優勝
               四大陸選手権 2位
               世界選手権 総合4位
2013-2014シーズン GPファイナル 優勝
              世界選手権 初優勝
              全日本選手権 優勝
2014年ソチオリンピック男子シングル優勝
2014-2015シーズン ISUグランプリファイナル 優勝
              全日本選手権 優勝
              世界選手権 総合2位
NHK杯 優勝
              スケートカナダ 2位
2016-2017シーズン グランプリファイナル 優勝
              NHK杯 優勝
              オータムクラシックインターナショナル 優勝
              スケートカナダ 2位
              四大陸選手権 2位

2017-2018シーズン 平昌オリンピック 金メダル
             

羽生結弦の笑顔が不自然?歪んでるって本当?

羽生結弦選手は、記者会見やその他の場面での笑顔が、不自然で怖いとよく言われています。
ここでは、そんな怖い笑顔をみていきましょう。

笑顔が不自然で怖い!

ちょっと頑張って、はにかんでいる羽生結弦さんです。

力をいれすぎて、ぎこちないウィンクの羽生結弦さんです。

試合後に最後の力を振り絞ってだした笑顔の羽生結弦さんです。
このように頑張ってくれるのは、カメラマンさんも嬉しいのではないでしょうか。

目が笑っていないように感じます。
こういう目だとも考えられますが、なんだか精一杯笑おうとしている感が伝わってきてしまいます。

試合後や練習後でただでさえ疲れているのに、笑いたくもないのに笑うなんていうのは、無理な要望ですが、それに答えてくれるのは優しいと言えます。

それに精一杯応えてくれるんだから、多少不自然でもしょうがないです。

顔が歪んでいるように見える

また、羽生結弦選手といえば、写真でいうと顔の右のほうが上がって顔が歪んでいるということも話題になりました。

顔が歪んでいることから、整形疑惑や摂食障害疑惑も出ましたが、実際はどうなんでしょうか。

今の所、そのような事実はなさそうです。
それどころか、歪み自体も正直あまりわかりません。

羽生結弦が嫌われてしまう『性格』とは?

優しそう、穏やかそうな雰囲気から性格も穏やかだと思われがちな羽生結弦。
しかし時にヒヤっとするようなブラック発言も飛び出します。

自信満々にオレ様発言をする

常に自信満々で、世間が自分に注目しているということを意識した発言は、皆さんも見たことがあると思います。簡単にいえば、性格が良い人がこのような発言をするのかと言うことです。

ですので、一部ではビッグマウスオレ様な性格というイメージがついてしまっている羽生結弦さんですが、フィギュア界でこれほどの成績を残せば当然のことだとも感じます。

 

結果を出していない人が言うのとは訳が違うので、これらのビックマウスでオレ様な発言に違和感を感じない人もいれば、どうしても受け付けない人もいるのかもしれません。

記者達をヒヤっとさせる!

練習後の取材を終えた羽生結弦さんが知人の赤ん坊を抱き上げた際に「この姿を見て隠し子発覚とか書かないですよね」と発言します。

 

また、フィギュア界では、当時出産が多かった時期で、羽生結弦さんは「ベビーブームに乗ってないです」ときっぱり記者の方々に言います。

 

よくよく考えると、マスメディアに対しての批判的要素を含んだ、きついジョークに思えますが、これをあっさり口にできてしまうのが、本当の羽生結弦の性格なのかもしれません。

輪には入らない一匹狼

日本フィギュアのトップ選手は、みんな仲がいいイメージでがあると思いますが、関係者によると、羽生結弦さんは仲の良い輪には入らないで、一人でいることが多いようです。

だからといって、仲が悪いというわけではないと思いますが、羽生結弦さんは一匹狼のような感じなのかもしれません。

負けず嫌いな性格

超がつくほど負けず嫌いな性格で有名な羽生結弦さんは、子供の頃からすでに負けず嫌いだったというエピソードもあります。

羽生結弦さんが小中学生のころに指導にあたっていた都築章一郎さんが、小学生の時に毎日リンクで上級生とケンカして泣かされていたことを明かしています。

そんな羽生結弦さんですが、いつも決まって負けるかって言って彼らに向かっていくのだとか。一向に引かなかったようで、普段はおっとりしているように見え一方で、本当の負けず嫌いだと思われます。

誰もが感じるナルシスト

オリンピック後、ファンが増える一方でアンチも増えている羽生結弦。
なぜ嫌われるのか。多数あるエピソードから性格を知れば知るほど納得してしまいます。
インタビューや密着取材などを見ていて、羽生結弦はナルシストだと感じたことはないでしょうか。
発言や行動の端々に出てくるナルシストさ。そういった性格もアンチを生む原因になっているようです。

わざと可愛さをアピールしていてあざとい!

羽生結弦は時に可愛い仕草をわざとらしくすることがあります。世間の女性達から可愛いと言われていることを意識しての行動ならば、性格が悪いといっても良さそうです。

実際に、羽生結弦さんは、あざと可愛いとも言われて、すべてを見通してやっているのにも関わらず可愛いと言う意見もちらほらありますが、羽生結弦さんが計画性をもってやっているのかはわかりません。

このことに対して否定的な意見も多く、特に男性にとっては面白く感じない人もたくさんいるのではないでしょうか。

上から目線の発言が調子に乗っている

自信満々な性格ゆえに発言が上から目線になることも多い羽生結弦。
金メダル獲得以降調子に乗ってる感じが気になった人も多かったようです。

「来季何か挑戦というか、幅を広げてみようかなと思った。海外の方も見れるものがいいなと思って。まずここまで和なプログラムを演じられるのは今の日本男子でたぶん僕だけ。僕だから出せる繊細さ、和の力強さ、線の使い方で、僕らしいプログラムになればと思う。」

この発言は2015年のものですが、この発言からもわかるとおり、少し上から目線なのが感じられます。このころは他にも「僕のみならず、このチームジャパン全員を応援してください」といった発言もあったようです。

羽生結弦が練習で中国選手と激突した時の性格は?

羽生結弦さんが、6分間練習中に中国選手と衝突した事件がありましたが、その時の様子に否定的な意見もあるようです。

実際にどんなことが起こったのでしょうか。

中国選手・閻涵(エンカン)と練習中に衝突した羽生結弦

GPシリーズの6分間練習で、羽生結弦と中国のエンカン選手が衝突する事故が起きました。羽生結弦は、しばらくリンクに倒れ込むと、中国の医事スタッフに連れられリンクの外へ。その際、顎にしたたる血に視聴者も騒然。

この一件にネットでは「中国選手がわざとぶつかったのでは?」という非難の声があがりました。しかし、羽生結弦とエンカン選手は友人関係にあり、羽生選手自身がそれを否定しました。

怪我をした羽生結弦にネットではあざとさが指摘される

GPシリーズ第3戦の中国杯。フリー演技前に中国の選手と接触して負傷するアクシデントにより怪我をした羽生結弦。頭に包帯を巻いた状態での出場には負けず嫌いな性格がよく表れていますが、その姿には賛否両論ありました。

額にサポーターを巻いて演技を続ける羽生結弦に対して、わざと大げさに見せているように感じている人もいたようです。こんなに怪我をしたけど諦めずに頑張る自分が好きなのではないか、といった具合です。

演技終了後も足を引きずって、観客に大々的に見せる姿が、悲劇的な

ん〜…怪我したのはかわいそうですが、ちょっと行動が何か受け入れられないです。

「こんな怪我したけど、諦めずにがんばる俺が好き」としか見えないです。演技終了後も足引きずったりとか。。
脚は何ともないでしょ?笑…って思ってしまいました。

出典:http://matome.naver.jp

羽生くんさぁ、怪我してて辛かったんだろうけどその姿を観客に大々的に見せるってどうなの まぁ会場の雰囲気持ってくのには良かったんだろうけどさ、あざとくね? 私あざとい選手嫌いだから羽生くん嫌いになりそ、元々そこまで好きじゃなかったけど

出典:http://matome.naver.jp

羽生結弦の好感度はどうなのか? 世間は羽生結弦の性格をこう見ている!

平昌オリンピックで、羽生結弦選手の好感度は急上昇!?

アンチも増えているということですが、では羽生結弦の好感度はどうなんでしょう?
やはり好感度が高いという意見が多数を占めています。しかし、性格が苦手・嫌いなどの意見も多いです。

世界選手権大会ショートプログラムの華麗な演技の後、リンクに挨拶の礼を尽くし、
得点が出た後、次の選手への応援拍手声がけは、
羽生結弦くんの性格が良いことの典型的な行動だと思いますし、
好感度マックスではありませんか。

出典:http://hanyu-y.blog.so-net.ne.jp

羽生。最初は応援してたけどなんかナルシストすぎて引く
ちょっとキモチ悪い

出典:http://girlschannel.net

しかし、平昌オリンピックで見せた"国旗エピソード"が神過ぎると話題に!

羽生結弦選手の神対応!

平昌オリンピック、男子フィギュアのフリープログラム終了後、メダリスト3人が会場スケートリンクを旋回している際、日本の羽生結弦と宇野昌磨は国旗を手渡される。一度はそれを受け取ったものの、3位に入賞したスペインのハビエル・フェルナンデスの手にはまだ国旗が渡されていませんでした。

すると、羽生は自ら1度国旗を置きにいき、ハビエルフェルナンですの手にも国旗が届くと、再び国旗を手にして広げたのだ。

この行動が"神対応過ぎる"と話題になったのです。今回のオリンピックでは、スピードスケート小平選手のスポーツマンシップ溢れる神対応や、カーリング女子の敗戦後の潔さなどが話題になりましたね。

神対応を見せた羽生結弦選手

羽生結弦は、平昌オリンピックをきっかけにプロ転向?

羽生結弦、プロ転向か現役続行か

羽生結弦選手は、2015年頃に「ソチ、平昌で(金メダルを)取ってからプロスケーターをやろうと思っていた。プロの仕事を全うできる体力の状態で、プロとしてやりたい。(平昌五輪で)優勝で終わりたい」と男子66年ぶりの五輪連覇を機にプロへと転向する意向を示唆していた。

しかし、先日行われたインタビューでは「もうちょっと滑ると思う」と現役続行を表明しました。羽生結弦選手なら、オリンピック3冠達成も夢じゃないかもしれません。

2017年NHK杯の公式練習で、4回転ルッツ失敗で怪我を負った羽生結弦

【右足関節外側靱帯損傷】の怪我を負った羽生結弦選手

2017年NHK杯公式練習で、右足首を負傷した時の映像

平昌オリンピックを目前に控えた、2017年のNHK杯。公式練習で4回転ルッツに挑んだ羽生選手は、【右足関節外側靱帯損傷】の怪我を追い大会を欠場

その後の大会も全て欠場し、怪我の治療に専念しました。しかし、世間からは「オリンピックに間に合うのか?」「羽生は復活できるのか?」という心配の声が。

まさに、"ぶっつけ本番"となった羽生結弦の演技を、世界中が固唾をのんで見守りました。

平昌オリンピック金メダル2連覇!羽生結弦の演技動画

【羽生結弦のスケーティング動画】平昌オリンピック・ショートプログラム

怪我から復活!平昌オリンピック・羽生結弦の奇跡のショートプログラム

平昌の公式練習では、約2ヶ月ぶりにメディアの前でスケーティングを披露しました。そこには、徐々に調子を取り戻していく羽生選手の姿が!

世界中の期待を背負った羽生結弦選手は、インタビューで「僕は五輪を知っている」と、いつにも増して強気な回答!

ショートプログラムでは、そのインタビュー通りの圧巻の演技を披露しました。結果は、羽生結弦自身が打ち出した世界記録【112・72】に迫る勢いの【111・68】で1位に

【羽生結弦のスケーティング動画】平昌オリンピック・フリープログラム

金メダル獲得!平昌オリンピック・羽生結弦のフリープログラム

ショートプログラムでは、ノーミスの演技を披露しフリープログラムへ。羽生結弦を代表する曲『陰陽師 SEIMEI』では、4回転ジャンプをノーミスで披露した。

結果は、ショートプログラム【111.68点】フリープログラム【206.17】で、合計【317.85】をマークし、金メダルに輝きました。

表彰式前に涙を拭う羽生結弦選手

【羽生結弦のスケーティング動画】平昌オリンピック・エキシビジョン

66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦!平昌オリンピックエキシビジョン

66年ぶりのフィギュアスケート2連覇を達成した羽生結弦のエキシビジョンは、まさに"フィギュア界の王"にふさわしい演技に。

初出場で銀メダルを獲得した宇野昌磨にかけよる羽生結弦

平昌五輪で話題!羽生結弦の"ショートトラック"!?

平昌オリンピックのエキシビジョン練習で、他国の選手等とショートトラックに挑戦!

羽生結弦、エキシビジョン練習中のショートトラックが話題!

平昌オリンピックでは、羽生結弦選手の行動一つ一つが大ニュースになって報じられました。

その中の一つが、羽生結弦のショートトラック!エキシビジョン練習中に、他国の選手と共にショートトラックの真似をして遊ぶ姿が。途中でバランスを崩した羽生結弦は、そのまま壁に勢いよく激突し笑みを浮かべています。

エキシビジョンで転倒した羽生結弦が、天使のようだと話題に!

メダル獲得後!宇野晶磨×羽生結弦のインタビュー動画

クリームシチュー上田×羽生結弦×宇野のインタビュー動画

今や、フィギュア界のアイドルとも思われる、羽生結弦と宇野昌磨選手。二人が手をつないで歩く姿もキャッチされ、その人気はとどまるところを知りません。

インタビューでは、演技前の張りつめた空気とは一変した和やかな2人の感想が見られました。

羽生結弦と宇野昌磨が手をつないで登場!

【まとめ】羽生結弦の性格が悪いと噂される原因は、自信過剰とあざとさ

人気が出れば、批判的な意見も増える!

可愛い、イケメン、性格が良いという意見がもちろん大多数ではありますが、記者会見やインタビューでの発言からはやはり自信過剰のナルシストで計算高いあざとさが目立っている羽生結弦。
そんな強い性格だからこそ、金メダリストまで登り詰めることが出来たのかもしれませんね。
しかし、他のフィギュア選手に対しての発言はやはり気遣いの無い発言が多く見られます。
羽生結弦へのメディアの関心も多い現状では年齢が若い故の失敗ということでは済ませられない部分もあります。
負けず嫌いな性格もアスリートには大切ですが感情を表に出し過ぎて反感を買っているようです。
人気者だからこそ嫌われることも多いということでしょうか。それだけ羽生結弦の性格に注目が集まっているんですね。
今後の活躍に期待です。

もっと羽生結弦を知りたい方へ!

もっと羽生結弦を知りたい方へオススメの記事です!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ