記事ID29891のサムネイル画像

秋の夜空に思いを馳せて。家族で楽しむオススメ宇宙映画10選

秋冬は夜空がきれいな季節。そんな空の向こうに思いをはせながら、家族で楽しめる宇宙を題材にした映画を集めてみました。SFやホラーのイメージが強い宇宙映画ですが、ファミリーでのんびり楽しめる宇宙を題材にした映画もたくさんあるんですよ♪

秋の夜長は家族で映画を楽しもう♪

秋の夜長や寒くなってきた休日の過ごし方として、おうちでのんびり映画を楽しむ機会も増えてくるのではないでしょうか?
秋といえば十五夜のお月見など、宇宙に関する話題が増えてくる季節でもありますよね。そんな季節にピッタリのファミリーでも楽しめる宇宙を題材にしたおすすめ映画を紹介します!
宇宙の映画というとSFやアクションなどちょっと難しかったり怖かったりしてお子さんも一緒に楽しむにはちょっと・・・。というイメージが強いかもしれませんが、家族みんなで楽しめるような宇宙を題材にした映画、実はこんなにあるんです♪

ザスーラ

ザスーラ

監督:ジョン・ファヴロー
製作国:アメリカ
公開:2005年12月
時間:113分

キャスト:ジョシュ・ハッチャーソン ジョナ・ポポ 他

あらすじ

ダニーはほこりまみれの箱を見つける、それには“ZATHURA”と書かれていた。箱を開けてみると中からブリキでできたボードゲームがでてきた、早速ウォルターにやってみようと誘ってみるが断られてしまう。不貞腐れてねじを回すと宇宙船のコマが動いてカードが出て来た。

出典:http://mihocinema.com

「流星群、急いで回避せよ」と書かれたカードがゲーム盤から出てきて、その内容通りに隕石が次々と降って来てしまう。
姉のリサに助けを求めるも取り合ってもらえない。ゲームをやめようと思った二人だったが、外を見てみると、いつの間にか家ごと宇宙に浮いていたのだ。ウォルターとダニーは無事に地球に戻ることができるのか?

出典:https://ja.wikipedia.org

映画を観た人の感想は?

夢のような空想の世界は、子供だけのヒミツにしておく方がいいように思いました。
家ごと宇宙空間に放り出される爽快感あり、兄弟愛の感動ありで大人の私でも十分楽しめました。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

殆ど子役2人がメインで話が進み、コメディ的な部分もありで子供でも楽しめる内容になっていますね。しかもジュマンジの続編と言ってもストーリ上全く関係していませんので、今作だけ見ても十分楽しめますよ。
そうそう、ジュマンジではゲームをとおして家族の絆について描かれていましたが、今回のザスーラもゲームを通して兄弟の絆について描かれています。ですので最後にはちょっぴり感動させてくれますよ。

出典:http://blog.livedoor.jp

ハラハラドキドキの宇宙旅行を通して兄弟の絆を描いた映画「ザスーラ」。手に汗握る展開に夢中になってしまうこと間違いなしの冒険映画です。ジャングルの冒険を描いた前作(といってもストーリー的なつながりはまったくありませんが)のジュマンジもおすすめですよ!

E.T.

監督:スティーブン・スピルバーグ
政策国:アメリカ
公開:1982年12月
上映時間:115分(オリジナル版)

キャスト:ヘンリー・トーマス ドリュー・バリモア 他

あらすじ

森の中に静かに降り立つ異星の船から現れる宇宙人たち。だが彼らの地球植物の調査は人間たちの追跡によって中断される。宇宙船は急いで空に舞い上がるが一人の異星人が取り残されていた。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

その日の夜、またエリオットが外に出てみると、小さな宇宙人と出会う。彼は、その宇宙人E.T.を部屋の中に連れていき、クローゼットに隠した。次の日、仮病で学校を休んだエリオットは、E.T.とコミュニケーションを試みる。そして、マイケルとガーティを部屋に入れ、E.T.を紹介したが、母には内緒にしておいた。

出典:http://ameblo.jp

超能力を使う事が出来る宇宙人は、やがてエリオットと心を通わせるようになる。宇宙人は家で映画やテレビを見て、様々な文化を吸収していく。「セサミストリート」を見ながら英語を覚え、やがて宇宙人は宇宙船と交信するための通信機を作り始めるのだった。彼は自分の世界に戻りたいのだ。エリオットら少年たちは、協力して宇宙人を元いた世界に返してやろうと考える。

出典:http://mihocinema.com

映画を観た人の感想は?

全編通して子ども目線な本作。子ども心にはちょっぴり豪華なピザ食べて賭け事のマネして、酔っ払って、女の子とちゅーして、隠し事があって、大人はちょっと怖くて・・・。大人になるとどれもなんでもないことだけど、子どものときはすごくワクワクした。その描き方が凄く上手い。月をバックに自転車で空を飛ぶあの画。BGMと相まって、最高のカットですね。

出典:http://www.jtnews.jp

少年の持つ純粋な優しさ、そこからくる真の強さや勇気は、子供たちに是非持って欲しいものであり、それを忘れてしまっている大人たちにもこの映画はいいと思う。

子供時代の冒険、宇宙から来たお友達、家族愛、ちっちゃなロマンス、夢がこれでもかというほどたくさんつまったSFファンタジーの最高傑作。いっぱい笑って、泣けて、最後には幸せな気分になれる。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

心やさしい宇宙人と心やさしい兄弟たちとの心の交流を描いた映画。直接的な宇宙は描かれていませんが、宇宙人という未知の存在の向こうに宇宙という知らない世界を感じさせてくれます。子供の頃に見たことがあるという方も多いと思いますが、大人になって見返すとまた新しい発見があるかもしれませんよ。

ウォーリー

監督:アンドリュー・スタントン
制作国:アメリカ
公開:2008年12月
上映時間:97分

キャスト:アンドリュー・スタントン ベン・バート他

あらすじ

ゴミの山と化した地球で、ただ一つ動くものの姿があった。彼がこの物語の主人公、WALL・E(ウォーリー)である。量産型のゴミ処理ロボットである彼は、人類が地球を去ってから700年間、何があっても、仲間たちが壊れて動かなくなっても、ただ黙々とゴミを圧縮し、積み上げ、塔を建て続けてきた。その過程で、彼は感情を持つというシステムエラーを起こしてしまう。

出典:https://ja.wikipedia.org

ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船にさらわれてしまい……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

映画を観た人の感想は?

言葉でも表情でも感情表現がわからないのに、 少し動く目のレンズと「うー」とか「わー」といった言葉ではない言葉のトーンで、 ウォーリーの喜怒哀楽がわかるのです。

テレビを見て「誰かと手が繋ぎたい」と夢見ていること。 初めてイヴを見た時すぐに恋に落ちたこと。イヴと離れそうになった時焦ったこと。イヴに気持ちが伝わって喜ぶこと。そして元気のない時のこと。それらがわずかな動きでも伝わってくるのです。

出典:http://www.cinemawith-alc.com

ウォーリーは成長しない。いきなり強くはならない。最初から最後まで、おどおどしてかわいらしいウォーリーのままだ。700年かけて築き上げられた人格は、そうそう変化しないということか。ウォーリーは、自分たちが置かれた状況を解っていなくて、手を握ることばっかり考えていて、イヴがそれにぷりぷりしてて、ふたりともかわいかった。

出典:http://fragile.mdma.boo.jp

見所はなんといっても彼の愛らしさと健気さだ。何に対しても純粋で、何に対してもひたむきに取り組む。それだけの事なのに涙がでてくる。

出典:http://coco.to

無声映画の最高傑作と評されることもある映画「ウォーリー」実は痛烈な社会批判が描かれた作品でもあるのですが、難しいことはさておき、ひたすら純粋で健気なウィーリーの姿に心を打たれます。
ちなみにウォーリーのデザインは往年のヒットSF映画『ショート・サーキット』(1986)に出てくるロボット・ジョニー5にそっくりで、ポスターデザインもよく似ているんですよ。

ニューヨーク東8番街の奇跡

監督:マシュー・ロビンス
制作国:アメリカ
公開:1987年12月
上映時間:106分

キャスト:ジェシカ・タンディ ヒューム・クローニン他

あらすじ

ニューヨーク、東八番街……。開発が進み、立ち退きが進められる区画。周辺の建物がすべて取り壊された中、一見のアパートだけが残っていた。一階でカフェを営む老人・フランクは、痴呆気味になった妻・フェイとの生活を守るため、執拗な地上げに抵抗し続けていた。地上げ屋に店を打ち壊され、フランクが失意に陥っていたある夜、不思議な光が飛来する。それは、機械を集め修理する、小さな空飛ぶ円盤だった……!

出典:http://d.hatena.ne.jp

映画を観た人の感想は?

宇宙人が小さなかわいいロボットのような姿をしているので、
一見、子供向けっぽい印象を受けますが、これがなかなか大人も泣かされるいい話なんです。

まだ観たことがない人は、ぜひ一度観てください。

出典:http://www.amazon.co.jp

初見だと思っていたら、小学生のときに見たことありました。パンに挟まれるところで思い出しました。当時見たときも大好きな映画でした。そして、大人になって見ても全然色あせていない映画です。20年以上も前の映画とは思えません。お母さんが子供たちの飛行訓練をさせるとき、頭からプロペラ出したり、耳で飛んだりしていました。元ボクサーが、笛を吹いているとき、その音を聞き取ろうと小さいアンテナを頭から出していました。細かいところがとても良い映画だと思います。

出典:http://www.jtnews.jp

何と言ってもUFO型の宇宙人(?)の形状が魅力的な映画。地球にある金属を使って体を修理していくに従って親しみのあるかわいらしい姿に変わっていくだけでなくアンテナやプロペラといった変形に男の子ならくぎ付けになること間違いなし!家にも飛んでこないかなぁと夜空を見上げたくなる作品です。

ロスト・イン・スペース

監督:スティーヴン・ホプキンス
製作国:アメリカ
公開:1998年12月
上映時間:131分

キャスト:ウィリアム・ハート ミミ・ロジャース他

あらすじ

時は2058年、高度に発展した文明によって地球環境は破壊されてしまった。ジョン・ロビンソン博士(ウィリアム・ハート)とその家族は、人類生存のための新天地の惑星「アルファ・プライム」を調査する使命を帯び、宇宙へと飛び立った。

出典:https://ja.wikipedia.org

ところが反乱軍の陰謀に加担していたドクター・スミス(ゲーリー・ゴールドマン)の策略でロボットが暴れだして計器が故障、宇宙空間で迷子になってしまった。

出典:http://movie.walkerplus.com

映画を観た人の感想は?

不気味な宇宙グモが出現したり、スパイの策略で燃え盛る太陽に突っ込みそうになったりする。さらには宇宙で迷子、見知らぬ惑星に不時着。カメレオン猿はなかなかキュート。宇宙を開拓するために飛び立ったロビンソン一家の冒険は危険がいっぱい。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

製作されたのが1998年だそうですが、少し驚きました。
今も面白い映画って、沢山ありますけど10年以上前に
作られた作品って感じではないです。
当時はあまりヒットしなかったようですが、
逆に、最近の最新作SFより面白かった。

出典:http://www.amazon.co.jp

60年代に人気を博したSFドラマ「宇宙家族ロビンソン」と言えば思い当たる方も多いのではないでしょうか?そんな人気ドラマのリメイク映画作品です。テンポよく描かれたドキドキの宇宙冒険譚は家族の絆を描いた作品でもあります。スペースアドベンチャーはハードな作品が多めですが、ロスト・イン・スペースはドキドキしつつもファミリーで楽しめますよ♪

宇宙兄弟

監督:森義隆
製作国:日本
公開:2012年5月
上映時間:129分

キャスト:小栗旬 岡田将生他

あらすじ

子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。時は過ぎて2025年、弟ヒビト(岡田将生)が夢をかなえて宇宙飛行士となった一方、兄ムッタ(小栗旬)は会社を解雇され意気消沈していた。互いに違った道を進んでいた兄弟だったが、弟からの連絡をきっかけに兄はかつての夢を実現させるべく再び宇宙飛行士という目標に向かって進み始める。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

映画を観た人の感想は?

兄の六太(ムッタ)が一度はあきらめた「夢」を思い出して、一歩づつ向かい続けていく姿勢がなかなか良いです。しかも挫折からはい上がる様子が共感を呼ぶのだと思います。

「夢」に向かうストーリーは王道ですが、この『宇宙兄弟』では目標が単純な「夢」ではなく「弟」であることが新鮮です。「兄」や「親」ではなく「弟」です。コンプレックスの原因を目標に変えてしまえるのは六太の性格ならではかもしれません。

出典:http://yumepyon.com

漫画の魅力は、細やかな人物描写と、「兄弟」と「夢」をシンクロさせたロマンに満ちたストーリー。
小学館漫画賞を受賞し、アニメになるほどの支持を集めている作品です。


青年誌掲載の作品ですが、子どもにも安心して薦められます。
そして今回の実写版も「子どもに見せたい!」と思える作品になっています。

出典:http://kagehinata64.blog71.fc2.com

兄弟の絆と、夢に向かってひたむきに努力することの大切さが描かれている本作。原作ファンの人には少し物足りなく感じるかもしれませんが、ストーリーが凝縮され、引き込まれてしまします。映画の後はお子さんと一緒に原作コミックを読んでみるのもいいかもしれませんね♪

ドラえもん のび太の宇宙小戦争

監督:芝山 努
製作国:日本
公開:1985年3月
上映時間:98分

キャスト:大山 のぶ代、 小原 乃梨子他

あらすじ

スネ夫の趣味で特撮映画を作っていたのび太たちは、ピリカ星から来たという親指ほどの小さな少年パピと知り合い、友達になる。そんな彼らの前に突然クジラのような形の宇宙戦艦が現れ、映画の舞台装置を熱線攻撃で破壊して去って行った。

出典:https://ja.wikipedia.org

パピをかくまうのび太たち。しかし、しずかちゃんが反乱軍の人質になってしまい、心を痛めたパピは、ひとりで戦艦の待つ公園に向かった・・・。

出典:http://mixi.jp

映画を観た人の感想は?

また、今作は伏線の張り方が上手すぎるというしかないほど、丁寧な構成となっている。
この完成度の高さは、20歳になった今ようやくわかり、かなり驚かされた!^^

出典:http://genkiszk.com

スモールライトを使うことによって小人の世界を体験する。
戦略的なところや、戦車を使って迎撃など今までにないほどアクション部分が多い。

そして最後の5人の巨人と小人の軍隊の戦いが最高に面白い。
そしておしゃべり犬ロコロコだ(笑)

このうるさいほどしゃべる犬がサブキャラとは思えないほど出てくる。
革命を基にした本格的なピリカ星など設定もしっかりしている。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

宇宙を題材にしたドラえもん映画は何作かありますが「ドラえもんの映画の中で一番泣ける!」という人も多い本作。子供が見ればドキドキわくわくの冒険ストーリー。大人が見ればノスタルジックな雰囲気に浸りつつ脚本の完成度の高さに驚かされること間違いなしな本作を特にオススメ!武田鉄矢の歌うエンディングテーマも好評です。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス

監督:増井壮一
製作国:日本
公開:2012年4月
上映時間:111分

出演者:矢島晶子 ならはしみき 他

あらすじ

ある日のこと、しんのすけはプリンのことでひまわりと喧嘩をしてしまう。みさえに叱られたしんのすけは思わず、「お兄ちゃんなんてやめてやる! オラ、妹なんかいらない! ひまわりなんかいらないゾ!」と吐き捨て、家を飛び出してしまった。

出典:https://ja.wikipedia.org

。そこへ、突然「ひまわり姫をお預かりします」という謎の男2人が現れた。
ほいほい喜んで渡された紙にサインをしてしまう、しんのすけ。次の瞬間――上空に現れたUFOに、野原一家は吸い込まれてしまった!
到着したのは「ヒマワリ星」という見知らぬ星。そこで、星の王ゴロネスキーが叫ぶ。
「ひまわり様が姫にならなければ、地球もヒマワリ星も消滅~~~~~! ! 」
急激な展開に呆然とするひろしとみさえだが、しんのすけがサインしたのは全て了解するという「宇宙契約書」だったのだ!
しかし、ひまわりが姫になると、家族は離ればなれに…。
「自分で決めるがよい。妹を選ぶのか…、地球の未来を選ぶのか…?」
果たしてしんのすけの選択は! ?

出典:http://www.amazon.co.jp

映画を観た人の感想は?

普段兄弟喧嘩をしてもやっぱり大事な妹のひまわりを助けにいくしんのすけの姿は、話が進む内にお兄ちゃんらしさを出していく姿をかっこよく人は多い筈です。

特に後半に入って、地球の未来と家族とを天秤に掛けられ苦悩し、最終的に両方守りたいと叫ぶ姿から出てくる野原家の絆は、長年見続けたファンには堪らない一幕だと思います。

また今迄の野原一家の何気ない日常を回想で流すシーンは、今迄クレしん作品を原作・テレビ・映画を問わず見ていた人に向けてお送りする正に20周年記念作品に成っています。

出典:http://sakuhindb.com

ラスト、ひまわりの一言にきゅんときました。

ゆっくりしたい時、のんびりしたい時に
おススメの作品です。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

シリーズファンの方はもちろん、今まで見たことがないという人にもお勧めしたい本作。キャラクターの名前がすべて太陽系の惑星から取られているなどの宇宙へのこだわりも。家族の絆や妹を思うお兄ちゃんの心情にキュンとくるストーリーです。

宇宙ショーへようこそ

監督:舛成孝二
製作国:日本
公開:2010年6月
上映時間:136分

キャスト:黒沢ともよ 生月歩花 他

あらすじ

村川村は、都会から遠く離れた自然に囲まれた土地。夏休みの子供だけの合宿のために小学校に集まった夏紀達5人は、行方不明となったウサギを探すために裏山に足を踏み入れるのだが、そこでミステリーサークルと、犬の姿をした宇宙人のポチを発見する。大学教授でもあるポチは、50億年前に絶滅したと思われていた植物「ズガーン」に似た植物を地球で発見し、現地で研究を続けていたが、先日の違法採集者との戦闘で怪我を負っていたのだった。

出典:https://ja.wikipedia.org

そこで彼らは犬形宇宙人ポチが怪我をしているのを助ける。これが昨日追いかけていたオレンジ色の宇宙人の方。
声が藤原啓治さんでかっこいいけどデザインはけっこうまぬけな犬。
ポチは命を救ってくれたお礼にと彼らを月へ連れていってくれる。

出典:http://ayakasimemo.blog115.fc2.com

映画を観た人の感想

一般的に、あまり知名度が高いとは言えない作品だと思います。しかし、中身は、それが勿体ないほど至極の一品。悪なんて、子供達のエネルギーで吹っ飛ばす!夢と冒険と、勇気に友情!まっすぐな子供達の笑顔が、強くてカッコいい!思わず自分も、気合いの声を出してしまいそう!単純明快だけど、こんな作品最近なかった!気持ちのいい作品でした!

出典:http://www.amazon.co.jp

子供達のひと夏の大冒険をとても丁寧に描いていて非常に好感の持てる作品ですね、
ストーリー的には子供達に関する子供向けの話とポチに関する大人が解る話が同時進行する感じですが双方の話とも上手にまとめていて楽しめました、ただ話を丁寧に作り過ぎて少し地味めかなとも…
上映時間が2時間越えと長めですが場面が地元・月の裏側・外惑星と移り変わって行きそれぞれでひと騒動あるので退屈する事はありませんでした、
誰でも楽しく観れる良心的なアニメでオススメです。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

小規模上映だったことも有りあまり知名度の高くない本作ですが、鑑賞した人の満足度はかなり高いまさに隠れた名作。大人から子供まで楽しめる冒険ストーリーの中で、子供たちの心の成長が描かれています。

はやぶさ/HAYABUSA

監督:堤幸彦
製作国:日本
公開:2011年10月
上映時間:140分

キャスト:竹内結子 西田敏行 他

あらすじ

2003年5月9日。小惑星探査機「はやぶさ」は、小惑星イトカワを目指し地球を出発した。イオンエンジンの実験、成功すれば世界初となる小惑星からのサンプル入手などを目的として2005年9月にイトカワに到着。しかし姿勢制御装置の不具合や、通信が途切れるなど、さまざまなトラブルに見舞われてしまう。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

映画を観た人の感想は?

「探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力」で日本中の、いや、世界中の感動を呼んだはやぶさにおけるJAXAの努力だけど、それをきちんと映像で見せてくれたのが、10月に公開された「はやぶさ HAYABUASA」。

出典:http://ayakasimemo.blog115.fc2.com

リスペクトあふれる作品。「完コピ」という触れ込みの通り、運用室の細部にいたるまで本物とそっくりそのままです。時系列に従ってポスターなどが変化していますので、そこを追ってみるのも一興です。管制と臼田さんとのやりとりなど運用の様子も地味ですがリアル。特にプロマネを演じる佐野史郎さんの演技はまさに本物の川口先生そのままで素晴らしい。また、本物の「中の人」もカメオ出演されています。

出典:http://www.amazon.co.jp

小惑星探査機「はやぶさ」を題材にした映画が3作立て続けに公開されましたが、ファミリーで見るのに特にお勧めしたいのが本作。探査計画の始まりから丁寧に描かれた脚本や、子供に向けた解説シーンがわかりやすいなどと評価・満足度も高い一本です。

映画で見る宇宙:映画をきっかけに宇宙に興味がわくかも?

ファミリーにオススメの宇宙を題材にした映画紹介はいかがでしたか?
壮大な宇宙を題材にした映画はお子さんの知的好奇心を刺激してくれるかも?!映画で宇宙に興味を持ったら家族みんなで天体観測!なんていうのも秋冬のレジャーにお勧めですよ♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ