記事ID26702のサムネイル画像

パッチリ印象的な目に☆知っておきたい効果的なアイメイクの方法!

みんなが憧れるお人形さんのようなパッチリした目!今回は効果的なアイメイクの方法でパッチリした印象的な目を手に入れましょう!アイシャドウのパレットには色んな色が入っているけど・・・正しい方法で色の使い方を学びましょう!素敵なアイメイクに仕上がりますよ!

パッチリな目を手に入れたい☆アイメイクの方法が知りたい!

女子なら誰でも憧れるお人形さんのようなパッチリした目。
アイメイクの方法で簡単にパッチリ目になれちゃうの?

効果的なアイメイクの道具を使って、パッチリな目になれる方法を手に入れよう!

目は顔の中でも力を持つパーツです。
会話する時に目を合わせるというのもありますが、
優しげに見せたければ、暖色のアイシャドウにしてちょっと垂れ目に!

という風に、どんな雰囲気に見せたいかを一番表現できるパーツですよね。

出典:http://lionsign.net

効果的なアイメイク!
その方法をこれから一緒に学んでいきましょう。

パッチリ目になるために・・。アイメイクの道具をそろえてみよう!

アイメイクの道具ってどこまでそろえればいい?
アイメイクに必要な基本の道具をそろえてみましょう。

アイメイクの道具① 【アイシャドウ】

シーに合わせてアイメイクの方法も変わるので
何色かはそろえておきたい!

自分の肌色に馴染みの良いカラーを選びましょう。

TPOに合わせて違うカラーのものを数点持っているととても便利です。

出典:http://lionsign.net

アイメイクの道具② 【ブラシ】

アイシャドウの付属品についていることも多いブラシ。
アイメイクにおいて使いやすいブラシを少しづつ試してみるのも良い方法かも。

アイシャドウのパレットには付属のブラシが付いているものもありますが

自分の目に合ったサイズのものを持っているとキレイに乗せられます。

出典:http://lionsign.net

アイメイクの道具③ 【アイライナー】

これは元々ぱっちりしている人には必要ない場合もありますね。

ペンシルタイプよりもペンタイプや筆で使うクリームタイプが流行中。

出典:http://lionsign.net

様々なタイプがあるアイライナー。
自分の使いやすいアイライナーも選んでください。

アイメイクの道具④ 【ビューラー】

まつ毛を立ち上げるのにアイメイクに必要なマストアイテム。
価格もピンキリなのでコスパの良い自分に合った方法で選びましょう。

下準備にとても大切なビューラーは従来のものからホットタイプまで様々。

ホット機能のあるビューラーの方がまつ毛を痛めずに済みます。

出典:http://lionsign.net

アイメイクの道具⑤ 【マスカラ】

水に強いウォータープルーフ等、多種多様なマスカラ。
使用方法によってはパンダ目になっちゃうことも!
正しい方法で使用しましょうね。

目力作りの大きな味方であるマスカラは、繊維入りなど種類が豊富です。

ブラックが定番ですが、優しい雰囲気になるブラウンも人気。

出典:http://lionsign.net

アイシャドウの効果的な方法を知っておこう!

アイシャドウの効果的な方法① アイホールを知っておこう

アイシャドウの塗るべき部分のアイホール。
アイメイクの方法はアイホールを知ってから!

基本的にアイシャドウを塗る位置は、アイホールと呼ばれる「目頭」と「目尻」を半円状に囲んだ場所です。

自分のアイホールが良くわからない方は、眉の中央を上に引き上げてみましょう。

その時にくぼむ部分があるのですが、その部分までが眼球と骨の境目であり「アイホール」と呼ばれる場所です。

出典:http://hadalove.jp

この範囲にアイシャドウを塗るとアイメイクのバランスや仕上がりが格段に良くなります。

逆に塗る範囲が狭すぎたり広範囲すぎてしまうとメイク全体のバランスが崩れてアイメイクの良さが半減してしまうので、意識をしてアイシャドウを塗っていきましょう。

出典:http://hadalove.jp

アイシャドウの効果的な方法② アイシャドウパレットの使い方

アイシャドウのパレットは、ただ単純に色が入っているわけではなく瞳の奥行き感を強調するために必要な役割のカラーが入っています。

それぞれのカラーの役割を知り、効果を最大限に活かしていきましょう。

出典:http://hadalove.jp

色々色がありすぎると迷ってしまう・・・。
アイシャドウパレットの使用方法をきちんと押さえましょう。

<ハイライトカラー>
まぶた全体に透明感を与えて目元に明るさとツヤを与える光沢感のあるカラーです。パレットの中にはハイライトカラーが2色入っていることもあります。

出典:http://hadalove.jp

<ミディアムカラー>(中間色)
メインカラーよりも薄い色味でグラデーションを作るために必要です。

出典:http://hadalove.jp

<メインカラー>(締め色)
引き締め効果のある一番濃い色です。目の際や二重の幅に入れる事で目の印象を強くします。

出典:http://hadalove.jp

アイシャドウの効果的な方法③ アイメイクに必要なツールとは?

アイシャドウは専用のツール(道具)を使う事で、目に負担をかけずにムラなく仕上げる事ができます。

ツールの種類によって色の発色や馴染み方も異なるので正しく理解していきましょう。

出典:http://hadalove.jp

しっかりアイメイクツールの方法も知っておきたい。
アイメイクのベースの色など広く塗る場合はブラシ。
締めの色の濃い色を使うときはチップを使うと良い。

<アイシャドウブラシ>
アイシャドウをまぶたにのせる際に必要なブラシです。ソフトな感触で柔らかく色が入ります。

大きいタイプは上まぶたをのせる際に使い勝手が良く、小さいタイプは下まぶたにアイシャドウをのせる際に便利です。

出典:http://hadalove.jp

<チップ>
ブラシよりもしっかり発色させることが出来ます。目に際などのしっかり色を入れたいときに便利です。

出典:http://hadalove.jp

いざ実践!パッチリ目☆効果的なアイシャドウの方法☆

前置きの方法が長くなりましたが、アイメイクを実践していきましょう!

まず、一番明るい光色をブラシにとって、目を閉じてアイホール〜眉下の広い範囲に目頭から目尻まで塗っていきます。

出典:http://メイク方法.jp

薄い色から重ねていくのがアイメイクの方法です。

眼球の幅に2番目に明るいアイシャドウを乗せていきます。

眼球の丸みを意識しながら丸く乗せていきます。

出典:http://メイク方法.jp

ツールを上手に使って印象的な目を演出しましょう。

3番目の明るいアイシャドウを二重の幅より太めに目頭〜目尻に向かって横に引いていきます。1回で乗せようとしないで、何回かに分けて乗せていきます。

出典:http://メイク方法.jp

一番暗い、影色のアイシャドウをまつげギリギリの目のキワに目頭〜目尻に向かって乗せていきます。
上まぶたのグラデーションの完成です。明るい色のアイシャドウから乗せているので自然なグラデーションになっています。

出典:http://メイク方法.jp

正しい方法できれいなアイメイクが仕上がります!

下まぶたにもアイシャドウを乗せて立体感を出していきます。
上まぶたでも使った2番目に明るいアイシャドウを下まぶた全体に乗せていきます。
目のキワ〜涙袋の幅に乗せます。あまり太くなりすぎないように 意識します。

出典:http://メイク方法.jp

最後に下まぶたの3分の1に上まぶたにも使った1番暗い、影色を乗せます。

1回で乗せようとしないで見て確認しながら何回かにわけて少しづつ乗せて立体感を出します。

出典:http://メイク方法.jp

基本のアイメイク方法でパッチリした目が手に入るはず!

きれいなグラデーションを作って素敵なアイメイクを仕上げましょう!
人の印象は目で大きく変わってくるものです。
アイメイクをしっかり自分のものにして、バッチリ良い印象を周りに与えましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ