記事ID26587のサムネイル画像

【錦織圭と松岡修造】かつての師弟関係から現在まで、二人の関係は?

全米オープン2015は期待されながら初戦敗退した錦織圭。錦織圭の初戦敗退には恩師である松岡修造も落胆を隠せませんでした。かつて世界の舞台で戦っていた松岡修造だからこそ共有できる事もあるかもしれません。そんな錦織圭と松岡修造の関係についてまとめてみましょう!

錦織圭 プロフィール

錦織圭

錦織 圭
1989年12月29日生まれ
島根県松江市出身の男子プロテニス選手
日清食品所属
身長178cm(5フィート10インチ)、体重77kg
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち
男女通じて日本人初、男子アジア出身選手初のグランドスラム4大大会シングルスファイナリスト

出典:http://ja.wikipedia.org

全米オープン2015では初戦敗退と残念な結果になった錦織圭。
本人はもちろんですが、初戦敗退には現地入りしていた松岡修造もショックだったようです。
かつては松岡修造の指導を仰いでいた錦織圭。
そんな錦織圭と松岡修造にまつわるあれこれをまとめてみました!

松岡修造 プロフィール

松岡 修造
1967年11月6日生まれ
東京都出身の日本の元男子プロテニス選手、テニス指導者
身長188cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち
ATP自己最高ランキングはシングルス46位
ATPツアーでシングルス1勝(日本人男子初のATPツアーシングルス優勝)
日本人男子として62年振りにグランドスラムベスト8に進出した人物である

出典:https://ja.wikipedia.org

現在ではタレントとしてのイメージが先行している松岡修造ですが、現役時代には日本男子テニスの記録をいくつも作っています。
現役引退後は指導者として、後進育成に尽力しています。その中で錦織圭を指導する機会もありました。

錦織圭と松岡修造の出会いはいつ?

錦織圭と松岡修造

錦織圭は5歳からテニスを始め、
2001年に全国小学生大会と全国選抜ジュニアの2大会に優勝し、
修造チャレンジからお声が掛かったのである。

出典:http://yumeda.net

松岡修造が声を掛けた当時、錦織圭は11歳でした。

松岡修造とまだ幼い錦織圭

修造チャレンジというのは
全国のトップジュニアを毎年10数人集めて行う
テニスの強化合宿です。

出典:http://yumeda.net

当時から錦織圭のセンスを松岡修造は見抜いていたようです。

松岡修造の錦織圭に対する第一印象は?

錦織圭と松岡修造

松岡修造といえば厳しい指導で有名で、 錦織圭も何回も怒られたらしい。
錦織圭はあのとき怒られたことが原動力になっているという。

出典:http://yumeda.net

松岡修造の厳しい指導に錦織圭は泣くこともあったといいます。

松岡修造と錦織圭

錦織圭のテニスを見た修造は
「小さくて目立たない錦織圭がコートではひときわ大きく見え、
いままでの日本選手にはないボールさばきやインパクト時の勢いがあった」
という。

出典:http://yumeda.net

その頃から錦織圭の才能は際立っていたといいます。
松岡修造から錦織圭への技術的な指導は少なかったらしく、実践で高校生と対戦しても体格で劣る錦織圭が圧倒していたそうです。

錦織圭のエアケイは松岡修造と出会った当時から

錦織圭

錦織圭は特に体のこなしが天才的で、
あの「エアケイ」は13歳の頃からすでにやっていたのです。

「エアケイ」というのはフォアハンドで繰り出すジャックナイフという技!

出典:http://yumeda.net

この難易度の高い技術を錦織圭は松岡修造と出会った当時から独自のセンスでやっていたそうです。

錦織圭と松岡修造

このジャックナイフというのは
テニスでは主に両手バックハンドで繰り出すのが普通だった。

というかバックハンドでしかやっている人いなかった。

出典:http://yumeda.net

フォアハンドでジャックナイフをする選手は世界的に見てもいなかったようです。

今では錦織圭に敬意を示す松岡修造

錦織圭と松岡修造

錦織圭に対して松岡修造は比べられることが嫌だという。

松岡修造
「よく松岡修造さんはグランドスラムでベスト8に入ったって比較する人いるじゃないですか。
カチンときちゃう。 松岡修造と錦織圭を同じにするなって感じですよ、こっちとしては。圭はベスト8からどんどん行く選手。僕はまぐれで一回跳ねた人。全然テニスの才能が違う。僕は11歳で彼を見た時から、いってみれば才能の師匠。教えたことなんて一回もない」

出典:http://yumeda.net

それとは逆に錦織圭は松岡修造のおかげで世界に目を向けることができたと感謝しているようです。
要するにフィフティーフィフティーで理想的な関係と言えるかも知れませんね。

勝敗を共有する錦織圭と松岡修造

錦織圭と松岡修造

錦織圭のリポートには必ずと言っていいほど登場する松岡修造。
松岡修造は錦織圭のその勝敗にはまるで自分のことのように一喜一憂しています。
全米オープン2015は残念な結果でしたが、錦織圭の今後の飛躍を松岡修造と共に応援していきましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ