【錦織圭】カメラにサインがカッコイイと評判!でもレンズは大丈夫?

昨年の全米オープン準優勝以降も活躍を続けている錦織圭。試合終了後に錦織圭がカメラにサインしている姿がカッコイイと評判のようです!しかしカメラにサイン、レンズは大丈夫?と心配する声も。
そんな錦織圭が行っている「カメラにサイン」の裏側を調べてみました!

錦織圭 プロフィール

錦織圭

錦織 圭
1989年12月29日 生まれ
島根県松江市出身の男子プロテニス選手
日清食品所属
身長178cm、体重74kg
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち
男女通じて日本人初、男子アジア出身選手初のグランドスラム4大大会シングルスファイナリスト

出典:https://ja.wikipedia.org

昨年の全米オープン決勝進出を機に、知名度が一層高まった錦織圭。
人気に比例して錦織圭関連の報道、CMの起用も増えたようですね。
世界的に注目される立場になった錦織圭の直筆サインの価値も上がる一方でしょう。
テニスの試合終了後に錦織圭はカメラレンズにもサインしていました。
あれはOKなんでしょうか?
錦織圭のカメラにサインについていろいろ調べてみました!

錦織圭以外の選手もカメラにサインを書いている?

錦織圭の直筆サイン

2014年11月ロンドンで行われたATPツアーファイナルズでは、試合後にカメラにサインをする選手の姿が数多く映し出され、話題となった。

出典:http://matome.naver.jp

カメラにサインして大丈夫?となんだか心配になります。

「カメラにサインする」のは、男子でも女子でも試合に勝った方がするサービスですよ

出典:http://matome.naver.jp

カメラにサインするフェデラー

フェデラーは人一倍多くサインしていることになります。

シャラポワもカメラにサイン

錦織圭もしていたカメラにサインはレンズに直接?

カメラにサインする錦織圭

タレント・カンニング竹山が錦織圭選手がテレビカメラのレンズに向けてサインをしたような演出がなされていたことに関して、「あり得ない。アクリル板が挟んであったはずだ」と語っていた。

出典:http://radio.wimnum.com

カンニング竹山がカメラにサインする錦織圭を見て、ラジオで上記のように語ったようです。
レンズではなくアクリル板にサインしているとの見解のようです。

全豪オープンでカメラにサインした錦織圭

錦織圭がサインしたんです。一台一台カメラのレンズにも、サインしてしまうのだと思ったら、竹山さんが「それはないだろう」と。

出典:http://radio.wimnum.com

カンニング竹山は高価な機材に直接サインさせるはずはないと言っているようです。

全仏でもカメラにサインする錦織圭

「ニュースJAPAN & すぽると」では、カメラにセットしたアクリル板に錦織圭がサインする様子が映っていた(番組のプレゼント用のサインをする際)

出典:http://matome.naver.jp

しかし、このときの錦織圭のサイン映像はクリアではなかったとのことです。
錦織圭の試合後のサインはアクリル板ではないのかもしれません。。

レンズフィルター(の類い)にサインをしてるのだと思います

出典:http://matome.naver.jp

レンズフィルターにサインなら中継もしっかりできそうですね。

カメラにサインは誰がはじめたの?

ブルーのペンでカメラにサインする錦織圭

95年の全米オープンで、モニカセレシュが行ったのが始まり

出典:http://matome.naver.jp

カメラにサインはもう20年前から行われているようです。

カメラにサインの元祖と思われるモニカセレシュ

意外や女子が先にはじめたのですね。。

蛍光ペンがお気に入りの錦織圭

蛍光ペンの黄色でサインする錦織圭

錦織圭選手のTVカメラに蛍光ペンでサイン書くのカッコ良いな( °ω° )

出典:http://matome.naver.jp

上記は錦織圭のサインを見たサッカー玉田朋之選手のツイートのようです。

ATPワールドツアーファイナルズでも蛍光ペンの錦織圭

錦織圭のカメラにサインがかっっっこえすぎてやばいなー粋だぜー蛍光黄色もいいし!

出典:http://matome.naver.jp

こちらはブルーの蛍光ペンを使う錦織圭

何気に「いえい」や「だよ」を入れています。。

錦織圭がしているカメラにサインはテニスのもはや伝統?

こちらはカメラマンのボールにサインする錦織圭

カメラにサインは放送のパフォーマンスとしても見栄えがいいですし、
他のスポーツでも行われるようになっています。
サッカー本田選手もやっていたようですし。

錦織圭にはこれからも勝ちまくって、どんどんカメラにサインしていって欲しいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ