記事ID26020のサムネイル画像

自殺した元TBSアナ川田亜子さん。謎の真相と安住アナの思いとは?

2008年5月26日、人気アナの川田亜子さんが自殺をしたというニュースが世間を騒がせました。練炭自殺と言われていますが、いろいろなことが噂されています。またその死から10年経った今年、先輩アナだった安住アナが川田亜子さんへの思いを語りました。

衝撃を与えた元TBSの美人アナ・川田亜子さんの自殺

2008年5月、元TBSアナウンサーの川田亜子アナ自殺したというニュースが、テレビに大きな衝撃を与えました。

 

しかしその真相は明らかになっておらず、いくつもの噂があります。また、自殺してから10年経った2018年の今年、彼女の先輩アナウンサーであった安住紳一郎アナが、ラジオで彼女への思いを語りました。

 

美人アナとしてフリーになっても活躍していた川田亜子アナ。今回は、彼女の自殺の真相と安住アナが語った思いについて迫っていきます。

元TBAの美人アナウンサー・川田亜子アナとは

川田亜子

愛称: アコちゃん
出身地: 石川県金沢市
生年月日: 1979年1月17日
没年月日: 2008年5月25日(満29歳没)
最終学歴: 白百合女子大学文学部
職歴: 元TBSアナウンサー
活動期間: 2002年 - 2008年

2002年、TBSに入社し、半年で早朝報道番組のメーンキャスターに抜擢される。
その後バラエティ番組などにも出演し、”アコちゃん”の愛称で人気アナウンサーとなる。
2007年にTBSを退社し、フリーとなった翌年、自宅近くの路上で練炭自殺。

川田亜子さんの経歴

2002年、白百合女子大学文学部卒業後、TBSにアナウンサーとして入社
2004年、人気バラエティ番組『Goro's Bar』にフロアレディ・あこちゃんとして出演し、独自のキャラクターを如何なく発揮して、人気を不動のものとしました。
2005年、川田亜子オフィシャルブログ「Ako's Style」を開始。
2007年、TBSを退社して大手芸能事務所ケイダッシュ所属のフリーアナウンサーとなり、念願の報道キャスターを務めた。
2008年5月26日、車内で倒れていたところを発見され、死亡が確認されました。

2008年5月以降の川田亜子アナのブログに真相が…!?

川田亜子アナの死因については、様々な憶測がされています。 真相を知る人は本人のみという状況の中、現在は削除されている川田亜子アナのブログにこそ真相が語られているのではないかと言われています。

 

 

気になる内容をブログに書いていた川田亜子アナ

5月7日から、オフィシャルブログに悩みを書き込むようになり、閲覧していたファンや関係者の間から心配する声があがった。5月12日には「私は悪魔になった」といった内容が書かれたが、この日の日記は数日後に削除された。日記の内容の問題は、週刊誌などの誌面でも度々取り上げられた。

出典:http://ftp.tanteifile.com

このように5月頃から、見ている人が心配になるような内容をブログに書き始めました。

 

そして時間が経っていない5月に自殺をしているため、ブログに書いている内容が自殺に影響しているのではないかとみられています。

ネット上を賑わす川田亜子アナの死の真相 その①

川田亜子アナの死の真相を探ろうと、多くの雑誌やまとめサイトが取り上げています。 一方テレビでは、死因は自殺と報道されてからほとんど触れることはありませんでした。 おそらくこういったところにも真相が隠されているのかもしれません。

 

川田亜子アナのブログ記事の内容とともに、各サイトで語られている真相に迫ります。

2008年05月07日 「…」
今日は私のお休み。先週から口がうまく回らなく、どうしたものかと悩んでおりました。普段から喋りがなめらかとは言えない私にとってとても心配であり、不安が押し寄せてきます。特に心あたりもなく…言葉がおもうようにでてこないのであります。積み重ねてきたものがあっというまに失う時があります。人生は無常ですね気分転換に少し遠出をしてみることにします。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

2008年05月08日 「寝れない夜に」
地震があったようですね テレビがないところに来てしまったため情報がすくなくすみません。皆さんが無事であることを願ってます。マスメディアで働きながら反省しております。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

2008年05月08日 「みなさんが」
一人でこうして旅をすると、より一層みなさんを近くに感じる事を発見できました。でもいつもの私がまだ見つけられません…

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

2008年05月09日 「収録」
今から仕事です。ふぅー 頑張ってきます。みなさんありがとうございます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

このように、5月7日頃から不安のような気持ちをブログに綴るようになりました。口が回らないとは言っていますが、明確な病状などを言っているわけではありません。

 

だからこそこのブログを見ている人は、より心配していたのかもしれません。

ネット上を賑わす川田亜子アナの死の真相 その②

テレビで観る川田亜子アナのイメージとは、まったく違うブログの内容。 やはり何かに悩んでいることは間違いないようです。

 

さらにブログは続きます。果たして真相は…。

2008年05月09日 「1日」
やっと1日が終わりました。長かったったです。でも私はたくさんのスタッフに支えられています。幸せ?生きている実感?身にしみて感じました。縁があって出会うことができたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいなんです。みなさんはどんな1日でしたか?私の友達に赤ちゃんができました。生まれてくる生命… 大切に大切に生まれて来てほしいです。みなさん、ありがとうございます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

2008年05月10日 「1日」
ようやく夜ですね。夜だから楽であるかと言えば違いますが… ここ数日沢山の方々にたくさん助けていただきました。このブログであったり、一緒に仕事をさせていただいている方であったり、初めてお会いした看護婦さんであったり、私の小さな小さな悩み事に耳を傾けて下さり、なぜそんなにも優しくしてくださるのでしょうか?感謝の言葉では表現できないくらいです。人のためになにができるのでしょうか。明日はまた新しい日が訪れ、皆さんにとって素敵な日がきますことを願います。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

とても丁寧な言葉で、周りの人に対しての感謝を綴っている川田亜子アナ。しかしそのブログからは、やはり何かに悩んでいることがにじみ出ています。

 

「1日が長い」「やっと夜が来た」といった言葉から、1日を乗り切ることが大変と言った内容が目立ちますね。しかし、なんとか前向きになろうとしていることが伝わってきます。

ネット上を賑わす川田亜子アナの死の真相 その③

この2日間のブログは、周りの友人などに助けられ、少し気持ちを取り戻したようにも見えましたね。
ですが、ここからまた急変、一気に不安な内容になっていきます。

 

真相に近づくことはできるでしょうか。

2008年05月12日 「悪魔」
母の日に私は悪魔になってしまいました。もともとそうだったのかもしれません。産んでくれた母に、生きている意味を聞いてしまいました。母の涙が 私の涙がとまりません。母の涙が耳の奥で響いているのです

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

2008年05月12日 「今日も」
一日が終わります。でも自分なりになんとか仕事はちゃんとできているので、ホッとしています。まだこんな早い時間なのに満身創痍です。明日も頑張ります。風と共に去りぬの映画ではないですが、tomorrow is another day…

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

2008年05月13日 「また朝がきました」
みなさんのメッセージ読ませていただきました。ありがとうございます。元気いただきました。仕事が終わるまであと10時間 長いです。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

2008年5月14日「すみません」
みなさんからたくさんたくさん元気をいただいていたのにもかかわらず、あまりにも沢山の方に心配をかけるということで、元気になるまで、皆さんとこうしてお話をするのを休憩させていただきます。(中略)みなさんの幸せをいつも願っています。

出典:http://samech.web.fc2.com

「悪魔」という言葉は、とてもどきっとする言葉ですね。この言葉からは、確実に何かあったことが伺えます。

 

そして仕事をしている間は、仕事が早く終わってくれないかなと思っているようですね。体調が悪いようですので、仕事をしている間は、体調のことが気になってしまっていたのでしょうか。

 

自分の体調のせいで仕事関係の人に迷惑がかかってしまうことを、気にしていたのかもしれません。

ネット上を賑わす川田亜子アナの死の真相 その④

5月12日のブログではかなり落ち込んでいましたが、皆から励まされて元気を取り戻したものと思われました。
それも束の間、なんと、ここにきてブログを休止すると宣言しています。

 

でも、それだけでは終わらなかったのです。いよいよ真相が明らかになるのか・・・?

しかし、その2日後の16日には、、
< 体調が悪く、元気がないなか、仕事を下さった方、一緒にして仕事をして下さる方、みなさんに感謝の気持ちと元気になりました。と報告したく、書か せていただきました。これからもよろしくお願いします。 >
と、復帰宣言。

出典:http://samech.web.fc2.com

17日には、ブログのタイトル通りに自分に喝を入れている。
< うーん 体がまだ元気!といかないようです。中国四川大地震では多くの方が一生懸命生きているのに!情けない 今日もがんばらないと! >

出典:http://samech.web.fc2.com

22日の「仕事の合間」というタイトルで、書いている言葉はとても哀しげ。
< 一番苦痛であります。昔は本を読んだりお茶をしたり、ぽーとしたり。楽しかったのに…今はせつないです。豪華なホテルのロビーで優雅に幸せそうにしている方々を眺めてながら、移りゆく景色に胸がきゅーとしめつけられます。>

出典:http://samech.web.fc2.com

なんとか前向きに、そして自分に喝を入れているブログが続いていました。

 

しかし「苦痛」という言葉が見られたりと、やはり何かに苦しんでいるかのような文面も見受けられます。

川田亜子アナの死の真相を知る人物 その①

川田亜子アナの死の真相を語るとき、必ず登場する人物がいます。

大手芸能事務所ケイダッシュの取締役で、関連会社パールダッシュの社長を務めている谷口元一氏です。

 

真相に絡んでいると言われる谷口氏について、次のように語られています。

TBSから彼女を引き抜いた事務所の取締役と『結婚を前提に交際している』と川田さんは周囲に話していたようです。ところが、その彼と昨年から今年にかけて別れたことから、彼女が精神的に不安定になり、眠れないときには薬を飲むこともあったと聞いてます。キャスターを目指す彼女が『この番組に出たい』と言っても、それは事務所的にダメと言われることもあったとか。

出典:http://samech.web.fc2.com

川田亜子がベンツに残した遺書は三通で、そのうちの一通が彼に宛てたもの。そしてある本に添えられていた。この本は今月の初めに彼が彼女に送った本だという。

出典:http://samech.web.fc2.com

谷口氏は、川田亜子アナをTBSから引き抜いた人で、川田亜子アナにとっては重要な人物です。そんな彼に裏切られたことで、精神的なダメージはかなり大きかったようですね。

 

谷口氏にあてられた遺書もあることから、川田亜子アナの中で、彼がどれだけ大きな存在だったかが伺えます。

川田亜子アナの死の真相を知る人物 その②

川田亜子アナは路上駐車された車内で発見されました。
その車は白いベンツということなんですが、実はこの車は川田亜子アナのものではないらしのです。そもそも、川田亜子アナは免許を持っていないのだとか。

 

この白いベンツの持ち主は、何か真相を知っているのかもしれません。

川田亜子アナの死の真相を知る人物 その③

第一発見者である日吉さん(61)が消息不明になっていると、メルマガ「サイバッチ!」に書いてある。音信不通との事。日吉さんが勤める会社関係者を追及すると、「出社していない」と答える。別の関係者はしどろもどろに「すでに退社した」とも言ったとの事。何事か隠しているのは明らかで、何者かに脅迫を受けている可能性も高いという。

出典:http://samech.web.fc2.com

さらに疑惑は続きます。なんと、第一発見者の消息が不明だというのです。

 

真相を知ってしまったために、何かしらの圧力がかかったのかもしれません。

川田亜子アナの死の真相を知る人物 その④

当時、川田亜子アナと交際していたと言われている平和活動家のマット・テイラーさん。 川田亜子アナは自殺当日の5月25日、マット・テイラーさんと食事デートしていたらしいんです。

 

マット・テイラーさんは真相を探るべく、川田亜子アナの所属していた事務所を相手取り訴訟を起こしたそうなんです。 この結果次第では真相がわかる可能性があります。

 

判決後、マット・テイラーさんは「裁判の判決内容には事実と異なる部分があるので、控訴の準備をしております」と言っていましたが、結局のところ控訴しなかったようです。 となると、裁判による真相解明はならず、というわけですね。

川田亜子アナの死の真相は闇の中なのか・・・

まだまだ疑惑は尽きません。
川田亜子アナの遺体を司法解剖したところ、殺した後に練炭を炊いたのではないか、という疑惑もあるようです。

事件から既に10年以上も経過しています。
川田亜子アナの死が他殺だとしたら、当然犯人は証拠隠滅しているでしょうし、本当のことを語るはずもありません。

このまま真相が闇に葬り去られないよう、警察やマスコミには努力してもらいたいものです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ