【祝!実写映画公開!】人気漫画「進撃の巨人」の登場人物を紹介!

    別冊少年マガジンで連載中の人気漫画「進撃の巨人」は実写映画化により更に話題ですよね!主人公をはじめ登場人物達をおさらいしましょう!そして実写版「進撃の巨人」の気になるオリジナル登場人物や「進撃の巨人」登場人物たちの人気ランキングについてまとめました!

    登場人物が魅力!漫画「進撃の巨人」とは

    「進撃の巨人」概要

    圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画。2009年9月9日に講談社の少年マガジン編集部から発行が開始された『別冊少年マガジン』10月号(創刊号)で連載を開始。新人作家の初連載作品であるにもかかわらず2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞するなど、各方面から高い評価を受けた。
    本作の世界観はダーク・ファンタジー的な要素が強く、少年漫画としては残酷な描写も多く描かれている(人間達が巨人に襲撃・捕食されるシーンや、身体が損壊するシーンなど)。作者によると、出版サイドからは「人体の断面を描いてはいけない」という程度の表現規制しか受けていないという[2]。
    2013年にはテレビアニメ化が発表され、第1期が4月から9月まで各局で放送された[3]。また、2015年には実写映画化も予定されている[4]。この他、ライトノベル化やゲーム化も行なわれている。このように本作は2011年頃より様々なメディアミックス展開が採られているが、作者は「読者に媚びることは、読者を裏切ることと等しい」という考えの下、「舞台などの謎が明かされた時が物語の終わる時」としている[5][6]。また、2016年にはテレビアニメ第2期の放送が決まった。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    「進撃の巨人」アニメ版

    「進撃の巨人」あらすじ

    巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。

    壁の外の世界を夢見る少年は訓練兵団に入団。家族を失った憎しみで超大型巨人に立ち向かう!!

    出典:https://d.dmkt-sp.jp

    「進撃の巨人」の人気の秘密には、様々な個性を持った登場人物達を忘れてはいけません!「進撃の巨人」の主要な登場人物からご紹介していきましょう!

    「進撃の巨人」登場人物主要メンバー

    主要登場人物①主人公【エレン】

    エレン・イェーガー (Eren Yeager[1])
    声 - 梶裕貴 / 演 - 三浦春馬
    本作の主人公。15歳。身長170cm[2]。体重63kg[2]。誕生日は3月30日。強靭な精神力と非凡な行動力を持ち、壁の外の世界に人一倍憧れを持つ少年。
    将来は壁の外に出て、世界中を探検するという夢を抱いている。アニメ版では嘘をつくときに耳が赤くなるという設定が追加されている。ウォール・マリア南端より突出したシガンシナ区出身。845年の巨人侵攻によって目の前で母親が巨人に殺されてしまう。それ以来「巨人の駆逐」を行動原理としており、調査兵団に入団した。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    主要登場人物②ヒロイン【ミカサ・アッカーマン】

    ミカサ・アッカーマン (Mikasa Ackerman[1])
    声 - 石川由依 / 演 - 水原希子
    本作のヒロイン。15歳。身長170cm。体重68kg。誕生日は2月10日。エレンの幼馴染で常にエレンと行動を共にしている。
    (作品世界では)ほぼ絶滅した東洋人の血を引いており、ミカサの母が最後の純血の東洋人とされていた。幼少時に母親によって一族が受け継ぐ刻印を右手首に付けられている(アニメ版では刺繍で模様を縫う形で受け継がれることに置き換えられている)。超大型巨人出現の1年前(844年)、希少な血筋から三人組の強盗に目をつけられて両親を殺され、助けに現れたエレンと共に強盗たちを殺害した後、イェーガー家に引き取られた。その際、エレンからマフラーをもらい、以後そのマフラーを暑い時以外肌身離さず身につけている。両親を殺害された際の経験から、命の恩人であるエレンを半ば盲目的に慕うようになり、エレンの傍で共にあることに依存とも呼べる強い執着を示すようになる。
    冷淡な思考と情熱的な志向を併せ持つ両極的な性格をしており、大部分では無表情で他者には薄い反応を示す反面、私情が関わる物事には極端に感情的になりやすく、一度頭に血が上ると周囲が見えなくなり暴走する危うさも内包している。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    主要登場人物③【アルミン】

    アルミン・アルレルト (Armin Arlert[1])
    声 - 井上麻里奈 / 演 - 本郷奏多
    エレンとミカサの幼馴染の少年で、特にエレンとはミカサと知り合う以前からの数少ない親友。15歳。身長163cm。体重55kg。金髪のボブカットに碧目。誕生日は11月3日。彼らと同じくシガンシナ区で生まれ育った。
    845年の巨人侵攻の翌年に敢行された領土奪還作戦に従軍した両親が死亡しており、難民の「口減らし」を意図した施策と察してこれを主導した憲兵団を恨んでいる(アニメではこの設定が変更されている[注 2])。
    理知的で感受性や探究心に富んでおり、人類はいずれ外の世界へ行くべきという考えを持っている。エレンが外の世界に憧れるようになったきっかけも、外界について記された祖父の蔵書を見せたことによる。穏やかで優しい人柄だが、活発さに欠け争い事が苦手であり、本人はそのことを不甲斐なく感じていたりと内罰的な面があるが、根底にある意志は堅固。アニからは「弱いくせに根性がある」と評される。本人はエレンやミカサのような強さに憧れるあまり自覚できなかったが、実際には危機的な状況でこそ的確な判断や知略を利かせられる資質があり、それをエレンに指摘されてからは芯の強さが表に出せるようになった。調査兵団入隊後は幹部で分隊を指揮するハンジと並ぶ策士・軍師役として頭角を現す。人間観と物事の変革における識見から非情なマキャヴェリズム的思考にもある程度の理解と必要性を見出し、「民衆なんて騙されやすくてクソ[4]」と言い放つ一面も見せたが、エレンからは「アルミンが陰湿で姑息なことを考えるのが得意なのは昔からだ」としている。原作者によれば、陰湿で姑息な考えは8歳くらいから持っているが、それを「実行できないのがアルミンらしさ」だという

    出典:https://ja.wikipedia.org

    主要登場人物④【リヴァイ】

    リヴァイ (Levi[1])
    声 - 神谷浩史
    調査兵団の兵士長。身長160cm。体重65kg。誕生日は12月25日。
    人類最強の兵士として名高く、他兵団からも注目されその実力は1人で一個旅団並みの戦力を持つとも噂される。単身で瞬く間に15m級巨人2体を倒したり、着脱式の刀身を投擲武器として用いて的確に巨人の目を潰すなど、高度な技量を誇る。調査兵団に入る前は王都の地下街で暴れるゴロツキであった。
    長らく無法の世界で生きてきた前歴から、その性格は冷徹かつ粗野で無愛想。一貫して現実主義的で口調も辛辣だが、取り決められた規律、序列は遵守する。その一方で法や型、情に囚われぬ感覚も持ち合わせており、盲従に甘んじることはない。局面によっては極端な手段も辞さず、常に的確に現状を把握して行動でき、バランスの取れた思考を持つ。自身の経験から虚無と理想相半ばする人間観を持っており、基本的に相手の意思と決断を尊重する主義である。エレンが作戦に反して仲間を救おうとした時にも命令に従うことを強要はしなかった。一方で王位継承の可能性を持つことが判明したヒストリアに対し、有無を言わせず即位を強要する態度には104期生班員達からの不信を買った。
    体に付着した巨人の返り血をたびたびハンカチで拭い、潜伏先では率先して掃除に励む重度の潔癖症だが、志半ばで死んでいく部下の最期を看取る際には、自分の手に部下の血がつくのをためらわず、その手を握って労いながら巨人殲滅を誓うなど、仲間思いな面を持つ。表には決して出さないがかなりの激情家。だが完全に感情を制御し、それを戦闘力や機知に転化させることが出来る強靭な精神力の持ち主でもある

    出典:https://ja.wikipedia.org

    主要登場人物⑤【ハンジ】

    ハンジ・ゾエ (Hanji Zoe[注 12])
    声 - 朴璐美 / 演 - 石原さとみ
    調査兵団第四分隊長。身長170cm。体重60kg。誕生日は9月5日。
    任務中はゴーグルを、平時では眼鏡をかけている。茶髪ポニーテールの中性的な人物。一見明るく親しみやすい人物だが、優れた洞察力と先見に長け、主に巨人の生体調査と計略方面で活躍する。調査兵団内では「怖いもの知らずの変人」と目されている。
    かつては仲間を殺された憎しみを糧に巨人と戦っていたが、ある時、切り落とした3m級の巨人の頭を蹴飛ばした時に見た目に比べ異常に軽かったことに気付き、見えている物と本質は別なのではないかと思い至る。それ以来、今までとは違う視点とやり方で巨人と戦う道を選んだ。このため自分が担当する巨人の生体調査任務については並外れた意欲で臨み、しばしば常軌を逸することがある。変人ではあるが一般的なモラルや調査兵団の誇り高い戦士としての本分はあり、兵団が多くの犠牲を出して究明しようとしていた謎の一端をウォール教が隠していたことを知った時には、その場の誰よりも激怒した。巨人の正体が人間であることを知ったときには深く落ち込み、拷問にかけたサネスから汚れ役の運命を告げられた際には遣る瀬無さに苛立っていた。
    巨人に異常なまでの熱意と執着を示し、話を始めると不眠不休で延々と話し続けるため、調査兵団の間では巨人の実験についてハンジに質問しないという暗黙の了解がある。

    出典:http://ja.wikipedia.org

    「進撃の巨人」最新人気登場人物ランキング!

    今年第2回となる、「進撃の巨人」登場人物の人気投票がありました!
    最新の「進撃の巨人」人気登場人物をご紹介します!

    1位 リヴァイ

    2位 エルヴィン

    調査兵団第13代団長。身長188cm。体重92kg。誕生日は10月14日

    3位 エレン

    4位 ジャン

    険のある顔つきの少年。15歳。身長175cm。体重65kg。誕生日は4月7日。ウォール・ローゼ南端のトロスト区出身。第104期訓練兵団を6番で卒業。エレンのライバル的存在で、ミカサのことが好き。憲兵団を志望していたが、調査兵団に入団。

    5位 ハンジ

    6位 アルミン

    7位 ミカサ

    8位 マルコ

    黒髪で頬のそばかすが特徴の少年。16歳。身長178cm。体重70kg。誕生日は6月16日。ウォール・ローゼ南区ジナエ町出身。第104期訓練兵団を7番で卒業。19班班長。

    9位 ベルトルト

    長身で黒髪の少年。16歳。身長192cm。体重81kg。誕生日は12月30日。第104期訓練兵団を3番で卒業

    10位 ライナー

    大柄な体格の少年。17歳。身長185cm。体重95kg。誕生日は8月1日。第104期訓練兵団を次席で卒業

    やはり、「進撃の巨人」の登場人物人気ナンバーワンはリヴァイですね!第1回より不動の1位です!2位以下が前回から結構変動がありましたね!「進撃の巨人」主人公のエレンが前回2位からまさかの3位降格です。ちなみに第1回の「進撃の巨人」登場人物人気投票は・・・
    1位リヴァイ
    2位エレン
    3位ミカサ
    4位サシャ
    5位クリスタ
    6位アニ
    7位ハンジ
    8位ライナー
    9位ジャン
    10位アルミン 
    でした。

    実写版「進撃の巨人」にはオリジナルの登場人物が!

    なぜ「進撃の巨人」実写版のオリジナル登場人物を作ったのか

    諫山や監督、脚本家が実写映画版のストーリーを構築するにあたって、物語にふさわしいキャラクターへのハイブリッド化を目指した結果だという。

    出典:http://nijimen.net

    「進撃の巨人」の原作オリジナルの登場人物プラス7人の登場人物とは驚きですね!「進撃の巨人の」新たな登場人物どんなキャラクターなんでしょうか?

    【シキシマ】~人類最強の男~ 演:長谷川博己

    原作では、人類最強の男というとリヴァイですが、実写版映画『進撃の巨人』ではシキシマという新キャラクターが人類最強の男として登場します。リヴァイの名前を変えただけのキャラクターではなく、設定も違うまったく別のキャラクターということで、期待が高まります。

    出典:http://ciatr.jp

    【サンナギ】~慈愛深き豪傑~ 演:松尾諭

    斧を武器に戦う、がっちりした登場人物キャラクター「サンナギ」、立体起動装置を使うというよりは地上で斧を武器に動き回るという縁の下の力持ち的な役割をしていますね!

    【ヒアナ】~勇猛なる母性~ 演:水崎綾女

    子供の養育費の為に入団したシングルマザー「ヒアナ」。この登場人物キャラクターを演じた水崎綾女さん。「進撃の巨人」の出演で知った方も多いと思います。演技も高評価を得ています

    【フクシ】~悲しみの守護星~ 演:渡部秀

    もう一人の実写版オリジナル登場人物「リル」の恋人役。2人は同期の中でも1、2を争う優等生という設定なんだとか。不安がるリルを常に励まし続け、守る役割をもったキャラクターですね

    【リル】~愛に生きる本能~ 演:武田梨奈

    前述の通り、フクシの恋人役となる登場人物キャラクター「リル」。常に不安がり、フクシに依存しまくっている印象です。兵団の中にカップルがいるとハラハラ要素が大きい気がします。

    【ソウダ】~嘆きの先導者~ 演:ピエール瀧

    主人公エレンたちがソウダのおっさんと呼ぶ登場人物「ソウダ」、エレンの両親と元々友人?関係だったようです。原作でいうエルビン・スミスやハンネスの立場に近いとも言われています。

    【クバル】~「闇」を統べる者~ 演:國村隼

    國村隼演じるクバルの肩のユニコーンの紋章は、憲兵団のものです。ゆえに憲兵団であることは間違いないと考えられ、原作でいうとケニー・アッカーマンが最も近いのではないかと予想されます。

    出典:http://ciatr.jp

    「進撃の巨人」で最も人気の登場人物がいない訳とは

    「進撃の巨人」の登場人物の中で特に人気のリヴァイがいない事に対して、さまざまな憶測が出ています。
    まず、そもそも「進撃の巨人」の登場人物の中でも人気過ぎてプレッシャーがスゴイ&オファーを断わられた!?
    もう一つがリヴァイの体型の実現にムリがある?※リヴァイは身長が160センチという小柄ながら65キロという多めの体重。しっかり合わせるにはポチャ体型やガチムチになってしまうため適任者がいない!?などなど。そのため、容姿が若干近めの長谷川博己さんを新キャラの登場人物にしたのではとのこと。
    正式な理由は公表されていませんがこんな憶測が出ているようですね!

    実写版「進撃の巨人」プロモーション映像

    実写版「進撃の巨人」の第2部の展開も楽しみに待とう!

    漫画「進撃の巨人」は現在17巻まで発行中。実写映画版の「進撃の巨人」のオリジナルストーリーもどういう最後を迎えるのかとても気になって仕方ありませんよね!漫画では知られていない真実も明らかになるとか!?それぞれの登場人物たちにも注目しながら今後の展開を楽しみに待ちたいと思います!

    TOPへ