記事ID20704のサムネイル画像

女優・柴咲コウが初出演したドラマとは?初主演のドラマとは!?

女優や歌手など幅広く活躍している柴咲コウ。今や数多くのドラマに出演しているが、そんな柴咲コウが初めてドラマに出演したのは何の作品だったのか?柴咲コウが初めて主演したドラマは何の作品なのか?など、柴咲コウのドラマについて調べてみました。

多数のドラマに出演!柴咲コウのプロフィール

柴咲コウ

本名非公開
1981年8月5日生まれ
東京都出身
スターダストプロモーション所属

14歳の時に友達と池袋のサンシャインシティを歩いているところスターダストプロモーションにスカウトされる。当時は高校受験を控えており、なおかつ芸能界入りを父親に猛反対されたこともあってすぐには所属しなかった。高校入学後に所属し、16歳で芸能活動を始める。

出典:https://ja.wikipedia.org

現在の芸名は、かわかみじゅんこの漫画 『ゴールデン・デリシャス・アップル・シャーベット』(短編集『少女ケニヤ』収録)の登場人物、「柴崎 紅」に由来する。

出典:https://ja.wikipedia.org

デビューは1998年に放送された番宣番組『倶楽部6』(TBS)。1999年放送の日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)の「ポンズ・ダブルホワイト」の「ファンデーションは使ってません」という台詞のCMで注目される

出典:https://ja.wikipedia.org

映画『バトル・ロワイアル』や『GO』での演技が評価され、数々のテレビドラマや映画に出演した。特に『GO』での演技は高く評価され、日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、キネマ旬報ベスト・テン 最優秀助演女優賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにし、女優としての地位を確立した。

出典:https://ja.wikipedia.org

ユニバーサルミュージックから2002年にシングル「Trust my feelings」でデビュー。

出典:https://ja.wikipedia.org

2003年、RUI(ルイ)の名義でリリースした映画『黄泉がえり』の主題歌「月のしずく」が100万枚(ミリオン)を超える大ヒット曲となる。オリコンチャートでは最高位1位、年間チャートでも5位を記録した。

翌2004年には、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌「かたち あるもの」(最高位2位)が60万枚を超える大ヒットを記録し、年間チャートでもトップ10入りした。

出典:https://ja.wikipedia.org

柴咲コウ初出演ドラマとは?

柴咲コウは
1999年に日本テレビで放送された
深夜ドラマ「shin-D 出歯ガメ〜ソフトミックス〜」でデビューしました。

『shin-D』(しんディー)は、1996年10月2日から2001年9月24日まで、日本テレビ系列で深夜帯に放送されていたテレビドラマ枠である。基本的に1か月に1作だが、1クールの作品もあり、作品により回数は異なった。

出典:https://ja.wikipedia.org

柴咲コウがこのドラマに出演したのは
1999年の2月2日 から 2月23日の1ヶ月でした。

このドラマは
柴咲コウの他にも
永田杏奈、森詠美などが出演していました。

柴咲コウ初主演ドラマとは?

「shin-D 出歯ガメ〜ソフトミックス〜」で
ドラマデビューした柴咲コウ。

そんな柴咲コウの
ドラマ初主演作品は『悪いオンナ「地獄へのカクテル」』でした。

『悪いオンナ』(わるいオンナ)は、1999年10月から2000年3月にかけてTBS系列で毎週木曜日の深夜0:50-1:20(JST)に各月ごとに全4話完結という構成で放送されたテレビドラマシリーズである。

出典:https://ja.wikipedia.org

「世の男たちを破滅に導く若き悪女」を主人公としてサスペンスタッチで描くというコンセプトのもと、「地獄へのカクテル」(1999年10月、主演:柴咲コウ)、「プレイヤー」(1999年11月、主演:国仲涼子)、「誘惑を売る女」(1999年12月、主演:真野きりな)、「占っちゃうぞ」(2000年1月、主演:山口あゆみ)、「ルーズソックス刑事」(2000年2月、主演:平山綾)、「シャッフル」(2000年3月、主演:吉井怜、酒井若菜、浅見れいな)の6篇の物語が6ヶ月間、各月ごとに全4話完結というオムニバス形式で制作された。

出典:http://ja.wikipedia.org

各作品では、柴咲コウ、国仲涼子、平山綾、酒井若菜など、当時は知名度が低く、テレビドラマへの出演経験が少なかった若手女優が主要キャストとして起用された。

出典:https://ja.wikipedia.org

この柴咲コウの初主演ドラマは
1999年10月7日から10月28日まで放送されていました。

このドラマでは
柴咲コウの他に
仲根かすみや堀真樹、北原奈々子などが出演していました。

柴咲コウの連続ドラマでの初主演ドラマとは?

深夜ドラマでの主演や
数多くの連続ドラマに出演していた柴咲コウですが

連続ドラマでの
柴咲コウ主演は2004年に放送された「オレンジデイズ」でした。

『オレンジデイズ』は、2004年4月11日より6月20日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系列の「日曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。

出典:https://ja.wikipedia.org

このドラマは
妻夫木聡と柴咲コウのW主演で

柴咲コウは
聴覚を失ってしまった女の子を演じました。

ドラマの構想はオンエアー時(2004年)の約2年前から、主役は妻夫木聡、ヒロインは柴咲コウとストーリーや設定、配役がじっくりと練られていた。

出典:https://ja.wikipedia.org

妻夫木聡、柴咲コウを含む「オレンジの会」の5人や小西真奈美、風吹ジュン、小日向文世は脚本家である北川悦吏子の当て書き(先に役者を決めてから、その役者をイメージしながら台本を書くこと)であった。

出典:https://ja.wikipedia.org

この柴咲コウが出演したドラマ「オレンジデイズ」は
最高視聴率23.0%、平均視聴率17.4を叩き出し話題になりました。

また、今でも「もう一度見たい!」という声が
多く聞かれています。

このドラマには
柴咲コウ、妻夫木聡の他にも
成宮寛貴や白石美帆、瑛太、小西真奈美など
現在も大活躍している俳優、女優が出演していました。

柴咲コウのこれから

2015年、柴咲コウは
「○○妻」というドラマに主演し話題になりました。

現在、柴咲コウが次回出演するドラマは
発表されていませんが
いつ、どのようなドラマに柴咲コウが出演するのか、楽しみですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ