記事ID20676のサムネイル画像

ただのバイク好きじゃない!バイク狂と呼ばれる伊勢谷友介について

現在、役者、監督として多方面で活躍している伊勢谷友介さん。そんな彼の趣味のひとつはバイク!そののめり込みぶりは尋常ではなく「バイク狂」と呼ばれるほど。一体なにがあったのでしょうか?今回はそんな伊勢谷友介さんのバイク愛についてご紹介します。

格好良すぎる組み合わせ!伊勢谷友介とバイク

若手俳優では出せないそのセクシーな魅力で、世の女性を虜にする伊勢谷友介さん。

もちろん高いその演技力も評価され、映画や舞台にCMと大活躍です。そんな彼、バイクが大好きという事をご存知ですか?

今回は伊勢谷友介さんのバイク愛についてご紹介します!

伊勢谷友介 プロフィール

伊勢谷友介

生年月日:1976年5月29日
出身地:東京都
事務所:リバースプロジェクト所属・同代表
職業:俳優、映画監督、美術家、実業家

人気モデルから俳優へ活動の重点を移した後も、順調にキャリアを築いてきた伊勢谷友介さん。あまりドラマに出演しませんが、その理由は「話ごとに監督が違い演出の統一性がない。そして視聴率に左右して脚本が変わることが飲みこめないから」とドラマの体制に疑問を呈する形で断っているようです。

芸大卒でファッションモデルだった伊勢谷友介さんは、趣味のバイクにもそのセンスがあらわれています。彼のバイク好きは有名で、自他共に認める「バイク狂」だそうです。それではそんな伊勢谷友介さんの「バイク狂」ぶりを紹介しましょう!

伊勢谷友介のバイク好きが知られるようになったキッカケは?

伊勢谷友介さんがバイク好きだと知られるようになったのは、日本テレビ「しゃべくり007」へのゲスト出演がきっかけでした。

それまでも、伊勢谷友介さんがバイクに跨がっている写真は度々、雑誌などで目にする機会がありましたが、「バイク狂」とまで言われる彼のバイク好きを知っていたのは一部のファンのみでした。

しかし「しゃべくり007」ではただのバイク好きではなく「バイク狂」であることを自ら告白します。しかしそれまであまり話していなかったバイクについて、なぜ話すことになったのでしょうか?実は「しゃべくり007」レギュラーであるある人物がいたからなんです。

「しゃべくり007」メンバーでバイク好きといえば?

「しゃべくり007」でバイク狂だと話した伊勢谷友介さん。その姿はあまりにオタク過ぎて、いつものクールなイメージからかけ離れており「面白い!」と評判に。そこまで盛り上がったのはしゃべくりメンバーの中にチュートリアルの福田充徳さんがいたからです。

ファンの方や番組を見ている方はご存知かと思いますが、福田さんもバイクが大好き。「アメト――ク!!」等の番組でその愛について何度も語っています。

会話の内容はエンジンについてやフレーム、はたまたメーカーと周囲を全く無視し2人が話し始めるので「マニアックすぎる!」とツッこまれる場面も・・・伊勢谷友介さんに負けず劣らず、福田さんもかなりのバイク狂のようですね。

当然熱心なバイク好きがいるとなれば会話は熱いものになりますよね。例え二人のバイクトークの内容は理解できなくても、バイクのことを熱っぽく語る伊勢谷友介さんのオタクっぷりはウケたようです。

サーキットでも走る!伊勢谷友介のバイクとは?

一番楽しい時は「サーキットで走ってる時」と話す程のバイク好きな伊勢谷友介さん。もちろんご本人のバイクもこだわりの一台でその名も「ビューエルS1 ライトニング」!

このバイク、相当レアもののようで「しゃべくり007」で福田さんがその名前を聞いた時は、一気にテンションアップ!

とはいえ、一般人は「ハーレーダビットソン」くらいしかバイクのメーカーは知らないという方もきっと多いですよね。そこで「ビューエル」について少しご紹介します。

ビューエル

アメリカで生まれたブランドで、フレームはオリジナルですがエンジンはあの「ハーレーダビットソン」のものを使っています。バイクの種類としてはロードスポーツバイクで排気量は750ccクラス~1300ccクラス。実はとてもレアなバイクなんです。

写真を見てもらえば分かるようにハーレーのエンジンを積んでいるため大型のバイクなんですが、レアなバイクでバイク乗りの憧れなのかもしれませんね。福田さんがテンションアップしたのもよくわかります。

さらに自分でカスタムする「バイク狂」の伊勢谷友介

しかし伊勢谷友介さんはレアなバイクというだけでは飽き足らず、自身で手を加えています。その手の込みようはすでにバイクを作っているレベル。カスタムの域を超えているといっても良いかもしれません。

もちろん1からバイクを作るわけではありません。しかし、自分と同じ年齢のフレームを組み込む等、ちょっとしたカスタムというレベルは超えています。フレームの組み込みでさえ大仕事なので、さすが「バイク狂」を自認するだけのことはありますね!

ここまで手を加えているとなればその価値は既製品以上になります。伊勢谷友介さんも満足しているのではないでしょうか?

バイクにかける愛は無限大な伊勢谷友介

いかがでしたか?

その半端ではないバイク愛で、大変なことでもやってのけてしまう伊勢谷友介さん。今日もその愛するバイクで、どこかを走っているのでしょう。

バイクだけではなく、演技や映像作品に対してもこだわりを持つ伊勢谷友介さん。これからもそのこだわりで、私達を楽しませてほしいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ