記事ID18299のサムネイル画像

テイラー・スウィフトの日本語カバー.verが原曲を超えたと話題に!

テイラー・スウィフトと言えば今や米国の歌姫。
最近日本では、テイラー・スウィフトの日本語カバーが人気です。
ネット上では日本語カバーがテイラー・スウィフトの原曲を超えていると話題になっています。
今回はそんな日本語カバーをまとめていきます。

テイラー・スウィフトの日本語カバーが人気?気になるテイラー・スウィフトのプロフィールと原曲!

プロフィール

テイラー・スウィフトは、アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手、シンガーソングライター。女優として映画やテレビドラマにも出演している。身長180 cm、足のサイズは26.5cm。

出典:https://ja.wikipedia.org

4部門でグラミー賞を受賞。
音楽史上においてはデジタル音楽配信の売上げトップを記録。
シングルではカントリーとポップスの両ジャンルでラジオ・チャートの1位を獲得。
またアルバムは2009年には、全ジャンルを引っ括めた総合売上げで1位に輝く。

出典:http://cocoa08.com

テイラー・スウィフトは意外に背がでかいんですね!

日本語カバーされたテイラー・スウィフトの原曲とは?

日本語カバーされたのはテイラー・スウィフトの「We Are Never Ever Getting Back Together」という曲。
名曲で、洋楽チャートの上位にあるテイラー・スウィフトの代表作です。

リリースされたミュージック・ビデオでも、登場する“元カレ”は痛快なほどの嫌悪感でテイラーにあしらわれている。テイラーはご機嫌な顔で首を横に振りながら“Never Ever”を繰り返し、関係の復活をせまるその男性を見事に追い払う。じめじめした雰囲気が一切なく明るく楽しい歌に仕上がっているあたりは、さすがはテイラーといった感じである。

出典:http://japan.techinsight.jp

フジテレビ系「テラスハウス」のオープニングテーマとしてロングヒットを続けているテイラー・スウィフトの「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together」を日本語でカヴァー

出典:http://mdpr.jp

「日本語歌詞がすごくいいんです!」「本家も好きだけど、日本語カバーverも好き」などのコメントがYouTubeに多数寄せられているという。

出典:http://mdpr.jp

テイラー・スウィフトを日本語カバーしたのは誰?

プロフィール

■MACOプロフィール
北海道函館出身。17歳から作詞・作曲を始め、函館を拠点に音楽活動を開始。その後、キュートなルックスに一番の魅力でもある歌唱力とずば抜けたソングライティング能力が認められ、国内で活躍しているMatt Cab、tofubeatsらも所属するonepeaceと2013年に契約した。音楽のみならずファッションにも注目が集まっており、これからの活躍に期待がかかる次世代シンガーソングライター。

出典:http://mdpr.jp

MACOはソングライターとしても高い評価を受けており、2014年3月に発売されたm-floのアルバム『FUTURE IS WOW』に自身も客演で参加した「Find A Way」を含む計4曲に参加している。 またファッション業界からの注目も熱く、ネオギャル界のカリスマ的人気を誇るファッションブランド「FIG&VIPER」クリエイティブディレクターの植野有砂や、人気モデルの斉藤夏海がMACOの音楽を支持している。

出典:http://news.ameba.jp

アーティストとしての階段を一歩ずつ上りながらもSNSを通じて行うファンとコミュニケーションを欠かさないこともMACOの魅力の一つ。ツイッターのフォロワーは34,000人に達した。彼女自身「ファンの方とのコミュニケーションは大好き」と話す。時にはツイキャスを利用し、ファンとのコミュニケーションも行うという。

出典:http://news.ameba.jp

テイラー・スウィフトの曲を日本語カバーしたのはMACOさん。
なんと年齢は23歳だそうです。
この日本語verで今後活躍していきそうです。

何故話題になった?テイラー・スウィフトの日本語カバー

彼女の日本語verのクオリティーの高さにはびっくり!日本語の和訳も素敵ですが、情感たっぷりに歌い上げる「We are Never Ever Getting Back Together」は、テイラー・スウィフトの原曲を上回るほどの魅力♪
コメント欄を見ると、世界中から絶賛されている様子!

出典:http://matome.naver.jp

MACOのテイラー・スウィフトの日本語カバーverがYouTube動画に公開され4か月にして、再生回数300万回を突破。大きな反響を呼んでいる。

出典:http://mdpr.jp

メディアに露出していないメジャーデビュー前の新人としては異例のスピードで驚くべき再生回数をたたき出した彼女は、m-floからの熱烈オファーやテイラー本人もカバーを公認するなど、業界内からも高い評価を受けている。

出典:http://mdpr.jp

テイラー・スウィフトの来日公演で悲願の初体面を果たし、MACOが「テイラー・スウィフトのおかげで人生が変わりました」とテイラー・スウィフトに伝えたところ、テイラー・スウィフトは「ノー! ノー! あなたの歌声が素晴らしいからよ!」とMACOの歌を称賛。

出典:http://news.ameba.jp

テイラー・スウィフト以外に日本語カバーした洋楽曲も話題を呼び、2014年にインディーズで発表したミニアルバム『22』は、配信チャートで総合1位を記録。

出典:http://www.oricon.co.jp

どうやら彼女がまだ無名の新人なのに、見事な歌唱力とテイラー・スウィフトの原曲をも超える日本語訳で見事に歌い上げている事が話題になっているようですね。
Youtubeのコメント欄を見ると世界中で絶賛のようです。

テイラー・スウィフトの日本語カバーVerが世界中でカバーされている?

シンガーソングライターのMinami(ミナミ)と、ラッパー / トラックメイカーのStaxx T(スタックス・ティー)が結成したニューグループ、CREAM(クリーム)。

出典:http://topicks.jp

「日本語バージョン」の中では、一番原曲に近い形で仕上がってる気がします!テイラー・スウィフトの力強さもそのまま表現。これはおすすめ!

出典:http://matome.naver.jp

ヴィジュアルはハードロックですが、テイラー・スウィフトの原曲に近い感じで日本語Verを歌い上げています。

手品をしながらの、ちょっぴりコミカルな動画が可愛い!そして日本語らしい優しい響きと、男性の甘い歌声がすてきです^^

出典:http://matome.naver.jp

ちょっぴりコミカルに歌い上げています。
日本語カバーVerを男性の甘い声で歌っています。

男性が歌う「We are Never Ever Getting Back Together」。日本語になると、随分と優しい雰囲気になるから不思議。

出典:http://matome.naver.jp

日本語の優しさ溢れる歌い方をしています。

テイラー・スウィフトの日本語カバーverは世界中に発信されていた!

テイラー・スウィフトの日本語カバーVerは世界中で話題となっている事が分かりました。
発信したMACOさんもテイラー・スウィフトの日本語カバーによってこれからも活躍していきそうですね。

以上!テイラー・スウィフトの日本語カバーverの情報をまとめてみました!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ