記事ID18242のサムネイル画像

    映画の歴史を塗り変える!大作映画『タイタニック』の凄さに迫る!

    それまでの映画史の記録を次々と塗り変えたとされる歴史的大作、映画『タイタニック』。3時間超の映画にもかかわらず、全編が素晴らしいストーリーで構成され、社会現象を起こしました!そんな多くの方がご覧になったこの映画『タイタニック』の凄さの数々を紹介します。

    映画『タイタニック』とは?

    映画『タイタニック』は、1997年に製作されたアメリカ映画で、1912年に実際に起きた「タイタニック号の沈没事故」を基に貧しい青年と上流階級の娘とのラブストーリーを加えています。
    監督は『ターミネーター』シリーズに代表されるSF系映画を製作してきジェームズ・キャメロンさんです。
    主演は当時、若手演技派俳優だったレオナルド・ディカプリオさんです。

    映画『タイタニック』は誰もが認める素晴らしい作品

    賛否両論はあるにせよ、やはり凄い作品であることに間違いはないでしょう。

    出典:http://movie.walkerplus.com

    タイタニックは定番になりすぎて、本来の素晴らしさが色褪せている気がする…
    最高のラブストーリーはもちろん、タイタニック沈没は実際にあった事件であり、それをうまく重ね合わせている。タイタニックは最高の娯楽です。

    出典:http://movies.yahoo.co.jp

    公開当時は余りの人気にちょっと批判的な見方をしていた。
    でも実際いいよねぇ。
    後世に語り継ぐべき名作だと思う。

    出典:http://www.allcinema.net

    『タイタニック』は 映画ってこんなに面白いんだ!
    と幼い自分に強烈なインパクトを与えてくれた懐かしの映画です。

    出典:http://flight-entertainment.com

    映画『タイタニック』の凄さその① 「莫大な製作費」

    映画『タイタニック』の製作費が公開当時(1997年)で歴代2位の2億9,430万ドル(約294億3000万円)でした
    ちなみに1位は1963年の『クレオパトラ』です。
    どちらも長編の大作なので製作費がかさんだのは納得出来ると思います。
    しかし、主演のレオナルド・ディカプリオさんは当時は今ほどギャラが高いスターではありませんでした。

    実物大のタイタニック号セットの制作やCG制作等に巨額の資金が投入され、同作の制作費は2億9,430万ドル(294億3000万円)に。

    出典:http://www.nikkansports.com

    『タイタニック』の監督は自腹を切って映画を製作した!

    監督は自身の監督料を返上し、自宅を売り払うなどして何とか完成にこじつけた作品は、これまで32億ドル(3,200億円)もの興行収入を稼ぎだした。

    出典:http://www.nikkansports.com

    ついに監督は自腹を切って費用の不足分を補い始めました。口座から全ての貯金を引き出し、あちこちから借金をしまくり、最後はとうとう自宅を売り払って映画の製作費に当てるという凄まじい状態に突入!ハリウッド史上初の「ホームレス映画監督」ですよ(笑)

    出典:http://d.hatena.ne.jp

    映画『タイタニック』の凄さその② 「3時間14分!上映時間の長さ」

    映画『タイタニック』は上映時間が「3時間14分(194分)」ととても長いです!
    一般的な映画の上映時間は2時間ほどなので『タイタニック』は1.5倍ほど長い事になります。
    それでも映画が大ヒットした要因はやはり、長さを感じさせないストーリー構成にあるんじゃないでしょうか?

    3時間以上という上映時間は、一日当たりの上映回数が少なくなるため、興行的には極めて不利であり、その上でのこの記録の樹立は正に快挙と言える。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    映画『タイタニック』はかなり長いが、あれだけ長い尺を使って丁寧にあの船に存在した世界を描いていることで、より沈没シーンが活きてくる。

    出典:http://coco.to

    180分と長い尺ながらも・・・・
    最後までくらいついて観てました。

    出典:http://movie.walkerplus.com

    映画『タイタニック』の凄さその③ 「興行収入の多さ」

    映画『タイタニック』は公開時はそれほど大ヒットとはいきませんでしたが、徐々上映映画館が増えていったこと、口コミやリピーターの観客がとても多く、ロングランヒットとなります。
    さらにメディアで多く取り上げられ、歴代1位の興行収入を得ました!
    興行収入は21億8537万ドルです。
    しかし、『タイタニック』を監督したジェームズ・キャメロンさんが2009年に製作した『アバター』に記録を抜かれ歴代2位に。

    全米で6億ドル、日本で興収記録262億円(配給収入160億円)、全世界で18億3500万ドルと、同監督の『アバター』に抜かれるまで映画史上最高の世界興行収入を記録し、ギネスブックに登録されていた。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    映画『タイタニック』の凄さその④ 「主題歌の大ヒット」

    映画『タイタニック』の大ヒットと共に主題歌の「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も大ヒットしました!
    主題歌を歌ったのはカナダ出身の歌手セリーヌ・ディオンさんです。
    この主題歌の大ヒットにより世界的に有名になりました。
    『タイタニック』を観た後に主題歌が収録されているサントラを購入した方も多かったはずです。
    それほど映画『タイタニック』と主題歌の繋がりは強かったように思えます。

    CDは全世界で1500万枚以上売り上げたと言われる、超大ヒットです。

    出典:http://flight-entertainment.com

    「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」はセリーヌ・ディオンの最もヒットした曲となり、また歴史上最も売り上げたシングルの一つでもある。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    この曲の世界的な大ヒット以降、多くの映画スタジオやレコード・レーベルがこの曲のインパクトを真似ようとした。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    この映画を評価するなら、音楽が一番ですね。
    すごく画にマッチしています。もしこれが違う曲だったら
    そこまでアカデミー章総なめにする事もなかった事でしょうし、
    あれだけの興行収入も得られなかった事と思います。

    出典:http://www.allcinema.net

    力強く高らかに響く歌声は、哀しくも希望を感じさせます。
    エンディングが終わりスタッフロールでこの曲が流れた瞬間には、もう余韻に浸りまくりです。
    この曲を聞くと物語を思い出して、感動が蘇るという人も多いのではないでしょうか。

    出典:http://flight-entertainment.com

    映画『タイタニック』の凄さについて紹介しました!
    『タイタニック』は実際に起きた事故を基に製作されていた事もあり、観客の心にさらに響くものがあるのだと思います。
    『タイタニック』の記録を超える映画はあっても、『タイタニック』の全てを超える映画はこれからもないかもしれません。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ