記事ID17451のサムネイル画像

長渕剛の娘が語る父・長渕剛の教育方針!?子育てにも参加!?

シンガーソングライターの長渕剛さん。長渕剛さんは、女優の志保美悦子さんと再婚して、娘が一人と息子が二人います。長渕剛さんの娘は、女優をしているとのことですが、どんな人なので、どんな女優なのでしょうか?また娘が語る父・長渕剛とは?まとめてみました。

メッセージソングを歌う長渕剛のプロフィール

長渕剛さんは、今年59歳

出生名: 長渕剛
出生: 1956年9月7日
出身地: 鹿児島県鹿児島市
ジャンル: フォーク、ロック
職業: シンガーソングライター、俳優
担当楽器: ボーカル、ギター、ハーモニカ、ピアノ

出典:http://ja.wikipedia.org

長渕剛は1977年、シングル『雨の嵐山』で歌手「ながぶちごう」の読みとしてデビュー。
1978年、『巡恋歌』で15回ポプコンで入賞し、10月5日「ながぶちつよし」の読みとして再デビューしている。
『順子』、『乾杯』、『とんぼ』、『しゃぼん玉』などのヒット曲を持ち、また俳優としてもドラマや映画に出演している。
その後の1995年、薬物で逮捕、2014年は暴行で訴えを起こされるなど、歌手生命の危機もあったが、現在までに、ソロアーティストとしてアルバム初登場一位獲得数12作品、トータル売り上げ2000万枚を突破し、日本を代表するシンガーソングライターの一人として活躍中。

出典:http://ja.wikipedia.org

長渕剛は3人の子を持つパパ!?

長渕剛さんは、女優の志保美悦子さんと1987年に結婚していますが、再婚です。

長渕剛さんは、石野真子さんと結婚していました!

石野真子さんは、今年54歳です。
いくつになっても、かわいらしい方ですね!

1981年9月頃、長渕剛さんと石野真子さんの婚約会見にて

長渕剛さん25歳、石野真子さん20歳の時です。

元々石野真子さんのファンだったという長渕剛さんは、会ったこともなかったのに「石野真子と絶対結婚する!」と公言していたそうです。
そして1980年、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」で出会った二人は意気投合して、結婚します。

1982年1月、ハワイで挙式した長渕剛さんと石野真子さんです!
結婚直後の二人のコメントありますよ。

結婚した直後はとても幸せそうな二人でしたが、長渕剛さんと石野真子は1983年に離婚しています。
離婚原因は、長渕剛さんのDVだと言われています。
また、専業主婦になってほしかったお姑さんとの不仲も原因に挙げられています。

1986年6月、ドラマ「親子ゲーム」で初共演

恋人役を演じた長渕剛さんと志保美悦子さんです。

また長渕剛さんと志保美悦子さんは、映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」でも恋人役で共演したことがきっかけとなって、1987年9月に結婚したそうです。

志保美悦子さんは長渕剛さんと結婚後、芸能界を引退しています。

志保美悦子さんは、今年60歳です。

長渕剛さんと志保美悦子さんの間には、娘が一人と息子が二人誕生しています。
娘は、女優の文音さん、長男は、ヒップホップミュージシャンのWA航RUさん、次男は、元レーシングドライバーの長渕蓮さんです。

長渕剛の娘は、どんな人なの?

父である長渕剛さんが「あやちゃん」と呼びたかったから命名したという娘の「文音」(あやね)さんは、女優として活動されています。

娘の文音さんは、27歳

本名: 長渕文音
生年月日: 1988年3月17日
出生地: 東京都世田谷区
血液型: A型
身長: 163cm

出典:http://ja.wikipedia.org

娘の文音さん、ジェットスキーの免許を持っているそうです。

本名の「長渕文音」として、2008年10月公開の映画「三本木農業高校、馬術部」の主役として女優デビューし、第33回報知映画賞新人賞、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
2012年9月、ニューヨークへ約1年半で演劇留学して、2014年5月に帰国、そして芸名を「文音」に改名し、TBSドラマ「SAKURA〜事件を聞く女〜」で女優業を再開している。

出典:http://ja.wikipedia.org

インターナショナルスクールに通ったという娘の文音さんは、全国大会のスピーチコンテストにも出場したことがあるそうです。

アメリカ留学したきっかけは?

娘の文音さんのインタビューにて

「堤幸彦監督が撮った「コヨーテ、海へ」というWOWOWのドラマに出演させていただきましたが、その撮影が2週間のニューヨークロケだったんです。
そこで得たものが多く、当時私はまだ大学生でしたが、いつかこの地で本格的に芝居を学びたいなと思うようになりました。
なので、大学卒業と同時に「行こう!」と決断しました。」

出典:http://www.moviecollection.jp

と、娘の文音さん。
しかし留学した娘の文音さんは、ホームシックになったそうです。

文音さんが、ニューヨークで学んだことは?

「精神力の強さです。
芝居のノウハウやアクションも教わりましたが、私が通っていた学校は、世界中から役者になりたいと思っている人が集まってくる場所でした。
競争心のぶつかり合い、上に行くには人を蹴落としてでもという気持ちが非常に強くて……。
そんな環境でもまれたことにより、タフになりました。
あとは台本読解の授業があり、そこで台本を読み込む力を学べたと思います。」

出典:http://www.moviecollection.jp

文音さん、大変だったようですが、女優として学ぶことはたくさんあったようですね。

文音さんは、どうして女優を目指そうと思ったの?

「3歳のころからクラシックバレエを習っていましたが、14歳の時に怪我でトウシューズが履けなくなったんです。
それからしばらくやりたいことが見つからず、高校生になった時、表現することにチャレンジしたいと思うようになり、ヒップホップやジャダンスなどを始めました。
その中で、東映のワークショップのチラシをたまたま手にする機会があり、色々な挑戦の一環として行ってみたら、お芝居って面白いなと思うようになりました。」

出典:http://www.moviecollection.jp

文音さん、クラシックバレエを習っていたんですね。

今後どんな女優さんに、なりたい?

写真は、20歳でデビューした当時の娘の文音さんです。

「まだまだやったことのない役がたくさんありますので、色々な役に挑戦してみたいです。最終的には『文音じゃないとできなかったよね』って言われる女優さんになりたいです。ニューヨークでの留学経験もありますし、いつかは海外でのお仕事もできたらという夢はありますが、まずは日本で一生懸命頑張りたいです。」

出典:http://www.moviecollection.jp

娘の文音さんが女優の道に進むと決めた時、父の長渕剛さんは『女優になるなんてありえない!』と反対したそうですよ!?

そしてアメリカ留学して帰国した娘の文音さんは、環境の変化と自分の気持ちをフレッシュにするため芸名『長渕文音』から『文音』にしたそうです。

長渕剛の娘が出演した映画やドラマとは?

映画「三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~」に主演出演

娘の文音さんは、菊池香苗役として出演して女優デビューをしています。

青森県十和田市に実在する青森県立三本木農業高等学校の馬術部を舞台に、目の見えない盲目の馬「タカラコスモス」と女子高生の馬術部員との愛の実話を基にした物語。

出典:http://ja.wikipedia.org

2008年10月4日に公開された映画です。
娘の文音さんの他に、柳葉敏郎さん、黒谷友香さん、松方弘樹さん、奥村知史さんらが出演しています。

「馬の出産シーンがとても感動しました。
実際に出産するところを撮影したんですけど、NGが許されなかったので、現場もすごく緊迫感がありました。
私も、泣く予定じゃなかったのに、大泣きしちゃいました(笑)」

出典:http://r25.yahoo.co.jp

この映画の撮影中に一番感動したシーンについて、語った娘の文音さんです。
また娘の文音さんは、乗馬のジャンプシーンもスタントなしで挑んだそうです。
そのため何度も落馬して、怖ったそうです。

2011年1月3日放送のドラマ「コヨーテ、海へ」に出演

娘の文音さんは、デイジー役として出演しています。

ブラジル、ポルトアレグレの空港に降り立つ中年男「北村」。
声をかけてきたガイド「カルロス」と観光地でも何でもない大西洋に突き出す突堤へと向かう。
謎の失踪をした父の秘密を探るためニューヨークに降り立つ青年「ハル」。
最初に訪れた教会で出会った魅力的なダンサー「デイジー」とマンハッタンを巡る旅が始まる。
ニューヨーク、ブラジル。真冬の摩天楼と真夏の大西洋。
この2つの錯綜する物語は、どこに行き着くのか・・・。

出典:http://www.wowow.co.jp

娘の文音さんの他に、林遺都さん、佐野史郎さん、遠藤憲一さんらが出演しています。

「デイジーは性格が強烈(笑)。台本を読んですぐに、やりたい!と思いましたね。
とにかく芯が強くて、自分がこうだと思ったことは、たとえ間違っていても突き進んでいっちゃう。(自分に)ちょっと似てるなって思いました(笑)。」

出典:http://www.wowow.co.jp

と、娘の文音さん。
英語とバレエを得意とする娘の文音さんは、NYに住むバレエダンサー役を好演しています。

娘が語る父・長渕剛とは?

父・長渕剛さんから、「勉強しろ」と言われたことはなかったと娘の文音さんは言います。

父・長渕剛さんのことを娘の文音さんは、どう思っているの?

娘の文音さんは、父である長渕剛さんのことを「昔から父は厳しかった」とまた「母に対しても亭主関白」と言います。
しかし母が陰となって支えているので「優しい母ありきの強い父」だとも感じているそうです。

父・長渕剛の教育方針は?

長渕剛さんは、中途半端が嫌いだそうです。
そのため「1回やったことはやり遂げろ」と、そのためにも「夢をみつけろ」「自分のやりたいことは探せ」と言われて、育ったそうです。

また娘の文音さんと1歳年下の弟さんは、双子用のベビーカーで育てられたそうで、いつも一緒だったため仲はもちろんイイそうですが、殴り合いの兄弟げんかもしたことがあったそうです。
そうすると、父の長渕剛さんも母の志保美悦子さんもケンカは、止めなかったそうです!

長渕剛さんの父親ぶりは?

父・長渕剛さんは、子供たちの授業参観などには、必ず観に来てくれたそうです。
また母の志保美悦子さんは、必ず家にいてくれたので子供の頃は寂しい思いをしたことはなかったと娘の文音さんはいいます。

一見怖そうな長渕剛さんですが、父・長渕剛さんは、愛娘や愛息の授業参観には必ず観に行くなど子育てにも参加していたようです。
また父・長渕剛さんは厳しかったという娘の文音さんですが、愛情をかけて育ててくれたことには、とても感謝しているそうです。
そして父・長渕剛さんはごく普通の父親だったそうですが、女優となった娘の文音さんは、いつからかアーティスト・長渕剛として見るようになって、とても尊敬してもいるそうです。

いつか長渕剛さんと女優・文音さん親子の共演が観られるかもしれませんね。楽しみです!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ