記事ID148628のサムネイル画像

韓国映画おすすめ人気ランキング2022!!あらすじや口コミ評価は?

韓国映画には、恋愛ものやサスペンスなど多くの優れた作品があります。そこで今回は、おすすめの韓国映画をジャンル別にご紹介します。また、netflixやアマゾンプライムで配信されている映画や、歴代観客動員数上位の作品についてもお伝えします。

2022年おすすめ韓国恋愛映画ランキング

まずは、2022年おすすめの恋愛がテーマの過酷映画ランキングをお伝えします。一体、どの様な恋愛映画がランクインしているのでしょうか。

5位・情愛中毒

2014年の映画『情愛中毒』は、ベトナム戦争終盤である1969年の韓国軍官舎が部隊となっています。教育隊長キム・ジンピョンと妻が暮らす軍官舎に、彼の忠実な部下であるキョン・ウジンとその妻、チョン・ガフンが引っ越してきました。

 

するとジンピョンはガフンに惚れてしまい、2人は次第に求め合うようになります。しかし、ガフンには誰にも言えない秘密があるのでした。『情愛中毒』の口コミとしては、”官能的で大人な感じがする”というものがあります。また、”2人の背景や環境を考えると(不倫をするのも)仕方ない”との口コミもあります。

4位・ラブストーリー

『ラブストーリー』は、2003年の韓国映画です。母親と娘の、親子2代にわたる純愛が描かれています。ある日、女子大生のジヘは母親・ジュヒの若かりし頃の初恋の思い出(相手はジヘの父親ではない)を知ることになります。そして、ジヘは自身の好きな人へのメールの代筆を、友人に頼まれるのです。

一方、1968年の夏にジュヒの父親となるテスの親友、ジュナがジュヒに一目惚れしました。ジュナは、テスからジュヒへの手紙の代筆を頼まれたのでした。時代が入り混じりながら、母親と娘の初恋の物語が進められていきます。この映画は、ソン・イェジンが主演を務めています。

『ラブストーリー』は、”ストーリー展開がよい”や”とっても心地よい時間の流れる映画”という評価があるでしょう。また、”とにかくきれいな映画”とする口コミもあります。

3位・イルマーレ

2000年の韓国映画『イルマーレ』は、海辺に建つ別荘『イルマーレ(イタリア語で海の意味)』が舞台となっています。ソンヒョンという青年は、海辺の別荘『イルマーレ』に越してきました。すると、郵便ポストに2年前に投函された手紙が届きます。送り主は、前の住人だという女性・ウンジュでした。

手紙のやり取りを始めるソンヒョンですが、時間軸が異なることに気付きます。そして、未来においてソンヒョンは亡くなってしまいました。ウンジュは、ソンヒョンが亡くなることを回避するために動き出します。ソンヒョンは死を免れることができ、2人は出会うことができたのでした。

『イルマーレ』には、”ストーリーが好き”との口コミがあります。また、”話がアジア人男性には受けるだろう”という声もあります。さらに、”隅々までこだわって撮られた映像美に驚いた”という評価もあるでしょう。

2位・Be With You~いま、会いにゆきます

2004年の日本映画『いま、会いにゆきます』のリメイク作品です。『Be With You~いま、会いにゆきます』は、2018年に韓国で公開されました。雨の季節に戻ると夫・ウジンに約束し、ヒロインのスアは亡くなってしまいます。1年後にスアは戻ってきますが、ウジンのことを覚えていません。

それからまた恋に落ちた2人でしたが、梅雨の終わりには運命の瞬間がやってくるのでした。『Be With You~いま、会いにゆきます』の口コミには、”映像が綺麗だった”や”胸キュンなシーンが多い”といったものがあります。また、”原作に忠実だと思いました”という声もあります。

1位・猟奇的な彼女

映画『猟奇的な彼女』は、2001年に公開されました。ナンパな大学生であるキョヌは、ひょんなことから”彼女”と出会います。暴力的な彼女に振り回されるキョヌ。しかし、彼女が暴力的な性格を持っているのには、理由がありました。それは、元彼との悲しい別れにあったのです。

 

本来の彼女が優しい女性であることを知ったキョヌは、彼女の過去をも受け止め奮闘するのでした。『猟奇的な彼女』は、”日本にはないストーリーの展開がエキサイティング”という口コミがあります。また、”彼と彼女のやりとりが軽快でおもしろい”との声も聞かれるでしょう。

 

ラブストーリーが好きな方には必見の映画となっています。

2022年おすすめ韓国サスペンス映画ランキング

韓国には、質の高いサスペンス映画もあります。続いては、韓国のサスペンス映画を5作品ご紹介します。さて、どういったサスペンス映画がおすすめなのでしょうか。

5位・アジョシ

映画『アジョシ』は、2010年に公開されています。元特殊要員のテシクは、過去の事件をきっかけに孤独に暮らしていました。隣にはソミという少女が暮らしており、テシクのことを”アジョシ(おじさん)”と呼び慕っていました。そんなある日、ソミとその母親が犯罪組織に誘拐されてしまいます。

 

ソミの母親は殺害されてしまい、テシクが犯人にされてしまいました。それでも彼は逃げ出すことができます。そしてテシクは、ソミらを救い出すために立ち上がりました。しかし、事件の背景に恐ろしい真実が隠されていることを知るのでした。

 

『アジョシ』については、”ストーリー展開は「レオン」のようであり、そこに韓国要素がうまく盛り込まれている”という旨のものがあります。また、”「明日生きる奴が、今日を生きる奴に殺される」など、セリフも渋い”という意見もあります。

 

4位・王の涙 イ・サンの決断

映画『王の涙 イ・サンの決断』は、2014年に公開されました。時は1777年7月28日。朝鮮王朝第21代王・正祖(チョンジョ、イ・サン)は、暗殺の脅威に晒された毎日を過ごしていました。そんな折イ・サンは、今は亡き先王(祖父である英祖(ヨンジョ))に朝の挨拶に出向きます。

刺客と相対することにより、イ・サンが真の王へと目覚めるまでの1日が描かれた映画です。口コミとしては、”アクションシーンが多彩だったり意外性がある”という声があります。また、”ラストの言葉は、世界の政治リーダーに聞かせたい”とのレビューもありました。

3位・殺人の追憶

ポン・ジュノ監督による2003年の映画です。1986年10月23日に、農村で若い女性の変死体が発見されました。昔かたぎである地元の刑事パク・トゥマンは捜査を開始するものの、証拠を掴むことができません。それから2か月後に、意外な殺され方をして絞殺死体が発見されました。

そんな時に、ソウル市警から刑事のソ・テユンが派遣されてきて、パク・トゥマンと共に捜査にあたることになるのでした。この映画は2019年のカンヌ国際映画祭で、韓国初のパルム・ドールを受賞した作品でもあります。

また、”中だるみもなく、実在の事件を元によく作られていると思う”との口コミもあります。そして、”映画自体とても引き込まれる”という感想もあるでしょう。

2位・OLDBOY(オールド・ボーイ)

2003年に公開されており、パク・チャヌク監督の”復讐3部作”の2作目となっています。カンヌ国際映画祭において、韓国映画で初のグランプリを受賞しました。主人公のオ・デスは平凡な日々を送っていましたが、ある日突如として誘拐されてしまいます。そして、15年間監禁されることになりました。

解放後のオ・デスが、自身がなぜ監禁されたのかその謎を解明するために奔走する5日間が描かれています。1996年から漫画アクションに連載された漫画、『ルーズ戦記 オールドボーイ』が原作です。この映画には、”脚本が良くできていて、単なる復讐劇に終わっていない”という声が上がっています。

また、”謎が明らかになる過程が素晴らしい”との口コミをあります。

1位・シルミド

2003年に公開された映画であり、シルミド(実尾島)とは韓国の仁川(インチョン)にある島のことを指します。北朝鮮の最高指導者である金日成(キムイルソン)を暗殺するために、極秘特殊部隊がシルミドの地で結成されました。壮絶な訓練を3年間行い、暗殺実行の時が迫ります。

しかし南北和解のムードが訪れ、作戦は中断されました。情報部は、訓練兵たちを抹殺しようとします。『シルミド』の口コミには、”緊迫感、臨場感があり、演出がおもしろい”というものがあります。そして、”面白かったけど、こんなことをした時代と韓国のお国事情が悲しい”との口コミもあるでしょう。

2022年おすすめ感動できる韓国ヒューマン映画ランキング

韓国には、心に迫るヒューマンストーリーの映画もあります。では、韓国のヒューマン映画ではどういった作品がランクインしているのでしょうか。

5位・トンネル 闇に鎖された男

『トンネル 闇に鎖された男』は、2016年に韓国で公開された映画です。自動車のディーラーとして働くジョンスは、家族の元に車で向かっていました。しかし、山のトンネルの中で崩落に巻き込まれてしまいます。

 

ジョンスの手元には、バッテリー残量が78%の携帯電話、ペットボトル2本の水などのみがありました。ジョンスを救援するためにに駆けずり回る、レスキュー隊長の姿を通じて、救出までの過程が描かれています。この映画には、”メリハリがあり、とても面白い”という口コミがあります。

 

また”本作品の緊迫感や絶望感が半端ない”との声もあるでしょう。

4位・サニー 永遠の仲間たち

『サニー 永遠の仲間たち』は、2011年公開の韓国映画です。42歳のイム・ナミは、母親の入院先の病院で、高校時代の友人ハ・チュナを再会しました。しかしハ・チュナは癌に侵され、余命2ヶ月と宣告されていたのです。

高校時代のグループ”サニー”の皆に会いたいというハ・チュナの願いを叶えるため、イム・ナミは奔走しました。そしてその過程で、過去の記憶が蘇るという映画です。口コミは”時代背景をうまく表現している”というものがありました。また、”共感できる箇所がたくさんあった”という口コミもあります。

3位・白夜行 白い闇の中を歩く

3位は、2012年に公開された『白夜行 白い闇の中を歩く』です。ある日密室状態の廃船で質屋の店主が殺害されますが、容疑者死亡として解決しました。しかし、担当刑事のドンスはどこか腑に落ちない部分がありました。

その後、容疑者の娘と被害者の息子の間で、奇妙な事件が起こるようになるというストーリーです。口コミには、”全体に漂う虚無感が原作の雰囲気を出していて良かった”というものがありました。また、”ミステリアスな展開が面白い”とする声も聞かれます。

2位・友へ チング

2014年公開の映画『友へ チング』が2位です。リーダー的存在でありヤクザの父を持つジュンソクや、葬儀屋の息子のドンスら4人はいつも一緒に過ごす友達でした。しかし高校生の頃に、ある事件をきっかけとしてジョンソクやドンスは退学となり、裏社会に足を踏み入れることになります。

そして、ドンスは命を落としてしまうのでした。この映画には、”熱いものがつたわってくる”との口コミがあります。また、”何度でも観たい傑作”や”本当に哀しくも泣ける話”とする口コミもあるでしょう。

1位・グエムル 漢江の怪物

1位となったのは、2006年公開の『グエムル 漢江の怪物』です。ソウルを流れる漢江(ハンガン)に、グエムルと呼ばれる怪物が出現し次々に人々を襲っていきます。そして、カンドゥという男の娘・ヒョンソもグエムルに攫われてしまいました。

カンドゥは妹らと病院に隔離されていたものの、携帯電話にヒョンソから電話がかかってきます。そのことで、カンドゥは一家で脱出を試みるというストーリーです。”スリルがあって面白い”や”怖さも含まれているので最後まで飽きない”といった口コミがあります。

2022年おすすめ韓国アクション映画ランキング

ここで、2022年におすすめのアクション韓国映画をご紹介します。韓国映画には、どういったかっこいいアクション作品があるのでしょうか。

5位・ミッドナイト・ランナー

『ミッドナイトランナー』は2018年に公開されました。パク・ソジュンとカン・ハヌルが主演を務めている点が特徴です。警察学校生のギジュン(パク・ソジュン)とヒヨル(カン・ハヌル)は、つかの間の休暇で街に繰り出します。クラブからの帰りに、2人は女性が車で拉致される瞬間を目撃しました。

ギジュンとヒヨルは、夜通しで拉致された女性の救出に奔走します。しかしその拉致には、ある大きな犯罪が絡んでいたのでした。『ミッドナイトランナー』の口コミには、”ストーリーが面白い”という声があります。そして、”(主人公2人が)とにかく一生懸命で、心を打たれた”との感想もあるでしょう。

設定は怖い部分もありますが、アクションシーンがかっこいい映画です。そしてアクションに加えて、女性を救い出すことはできるのかという点が見どころでもあります。

4位・修羅の華

2018年公開の、女性が主人公であるノワール映画です。娼婦だったヒョンジョンは、犯罪組織を巨大企業ジェチョルグループへと育て、会長秘書となりました。組織のナンバー2となったヒョンジョンを、グループの裏業務を担うサンフンという男が愛するようになります。

しかしサンフンは、ヒョンジョンの愛するものの存在を知り、絶望と嫉妬により復讐をしようとします。そして、愛するものを狙われたヒョンジョンとサンフンは死闘を展開するというストーリーです。口コミは、”アクションぽい部分もあったがそこに人間関係が入り組んで面白かった”というものがあります。

また、”韓国の女性のタフさがわかる”という口コミもありました。

3位・The Witch/魔女

映画『The Witch/魔女』は、2018年公開の作品です。とある研究施設で育てられた8歳の少女は、脱走して記憶を失ったものの優しい夫婦に助けられジャユンとして育てられました。10年以上が経った頃に突然、施設の者に追われるようになったジャユン。

その後にジャユンの生い立ちが判明していき、バトルシーンが繰り広げられます。この映画には、”前半と後半で全く景色が違う”や”韓国映画のクオリティーの高さを感じ”といったものがありました。なお、ドラマ『梨泰院クラス』でヒロインを演じた、キム・ダミが主演を務めています。

2位・悪女

2018年の映画『悪女』がアクション映画の2位です。幼少期より殺し屋として育てられたスクヒは、育ての親であるジュンサンと結婚をします。しかし夫のジュンサンが敵対組織に殺されてしまいました。スクヒは復讐し敵対組織を撲滅させたものの、国家に拘束されることになります。

10年間国家の任務を遂行することで自由になれるとの条件が付いたスクヒは、自由になれるのかとの点が見どころのストーリーです。この映画には、”カメラワークがオシャレで新しくて凄かった”や”アクションシーンと主演女優の美しさが印象に残った”との口コミがあります。

1位・最後まで行く

韓国のアクション映画1位は、2014年公開の『最後まで行く』です。刑事であるゴンスの職場に突然監査が入り、彼は母親の葬儀を抜け出し車で職場に戻る途中で人を轢き殺してしまいました。ゴンスは、轢いた相手を母親の棺桶に入れて一緒に埋葬します。

事故を隠蔽したのですが、その隠蔽を知る男がゴンスの前に現れるというストーリーです。第67回カンヌ国際映画祭監督週間招待作品でもあります。口コミは、”何重にも隠された真相が現れるたびに驚かされる”との声があります。

また、”コミカルとシリアスの加減が絶妙でラストも痛快”という口コミもあるでしょう。

最近のnetflix配信の韓国映画はある?

netflix を利用されている方もいるでしょう。続いては、netflix で配信されている韓国映画を3作品ご紹介します。

スタートアップ!

『スタートアップ!』は、2020年の映画です。不良少年であるテギルは、悪さをするたびに一人おやである母親にビンタされる日々を送っていました。家を飛び出したテギルは、料理人コソクと出会います。コソク役は、 マ・ドンソクが演じています。

 

コメディドラマであり、“マブリー(マ・ドンソク+ラブリー)”が全面に押し出されているでしょう。

ザ・ネゴシエーション

『ザ・ネゴシエーション』は、2019年の映画です。ヒョンビンが初めて悪役を演じた作品です。心理サスペンスであり、ソン・イェジン(ヒョンビンの妻となった)と共演しています。ソウル市警危機交渉斑に属する交渉人が、タイで拉致された同胞を助けるために犯人と交渉を開始しました。

冷酷さのある犯人との、心理戦を繰り広げることとなるのです。大人気ドラマ『愛の不時着』カップルの初共演作でもありました。

背徳の王宮

『背徳の王宮』という映画は、2015年に公開されています。朝鮮王朝の第10代国王であった、ヨンサングンの実話がモチーフでもあります。ヨンサングンは、希代の 暴君として知られています。本作品でヨンサングンは、自身の欲を満たすために国中の美女を王宮に集めさせます。

そして、王宮内では愛憎劇や権力闘争が渦巻くのでした。

最近のアマゾンプライム配信の韓国映画は何がある?

アマゾンのプライム会員が利用できるプライムビデオがあります。このアマゾンのプライムビデオで、配信されている韓国映画はあるのでしょうか。プライムビデオ配信の韓国映画も3選お届けしましょう。

探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男

『探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男』は、2011年に公開された映画です。SFアクションであり、タイムトラベルがテーマとなっています。義手の銃を着けた探偵ヨンゴンのもとに、謎の美女からある男の殺害依頼が舞い込むというストーリーです。

殺人の追憶

韓国サスペンス映画ランキング第3位でご紹介した『殺人の追憶』が、現在アマゾンプライムで配信中となっています。

『殺人の追憶』は、2003年に公開されました。韓国で実際に起きた未解決の殺人事件が取り上げられています。1986年に、ソウル近郊の農村において若い女性の惨殺事件が連続発生します。その犯行は、同じ手口によるものでした。

この映画は、2019年公開の『パラサイト 半地下の家族』で知られるポン・ジュノ監督の作品です。

タクシー運転手 約束は海を越えて

2017年公開の『タクシー運転手 約束は海を越えて』は、ソン・ガンホ主演です。1980年に起きた光州事件についての実話です。戒厳令が敷かれる光州での、ドイツ人記者の行動や、彼を乗せたタクシー運転手との交流などが描かれています。

韓国映画の歴代観客動員数ランキング

最後に、韓国映画の歴代観客動員数ランキングを見ていきたいと思います。これまでにどういった韓国映画を、多くの人が鑑賞しに訪れたのでしょうか。

5位・グエムル-漢江の怪物-

『グエムル-漢江の怪物-』は2006年に公開され、13,019,740人という観客動員数となりました。この映画は、現在でも”カルト的な人気”があるとされているでしょう。

4位・ベテラン

2015年に公開された『ベテラン』は、13,414,009人という観客動員数となっています。ファン・ジョンミンが主演を務めた、痛快アクション映画です。また公開からわずか3日で、100万人を動員したとされています。それは映画の内容が、財閥の数々のスキャンダルと時機が重なったためと考えられるでしょう。

3位・国際市場で逢いましょう

2014年の『国際市場で逢いましょう』の観客動員数は、14,257,115人です。激動の韓国現代史を振り返るストーリーとなっている点が特徴です。韓国のアカデミー賞でもある”大鐘賞”で、作品賞や最優秀作品賞など10部門を受賞ました。

2位・神と共に-罪と罰

『神と共に-罪と罰』は、2017年に公開されました。観客動員数は14,410,366人となっています。ファンタジーストーリーであり、あの世へとやってきた一人の男が、地獄で次々と裁判を受ける様子が描かれた映画です。またチャ・テヒョンやチュ・ジフンなどが出演しています。

1位・バトル・オーシャン 海上決戦

2014年公開の『バトル・オーシャン 海上決戦』は、17,613,682人の観客を動員して1位となりました。他の映画と比べ観客動員数が抜きんでていることが分かるでしょう。この映画は、鳴梁海戦を、朝鮮サイドから描いている作品です。鳴梁海戦とは、1597年に日本水軍と朝鮮水軍との間に起こった海戦です。

また、日本からは大谷亮平も出演しています。

韓国映画には面白い作品が多数ある!

韓国映画には、面白い作品が多数あります。どれを見ようか迷ってしまうかもしれませんが、ジャンルを絞り視聴をする方法もあるかもしれません。韓国映画には、切ないラブストーリーもありますし、アクション大作もあります。また、迫力あるゾンビが登場する作品がある点も特徴でしょう。

制作にも力の入っている、韓国映画を見てみるのも一案です。新作も旧作も見ごたえのある作品が揃っています。

おすすめ韓国映画の関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ