記事ID147729のサムネイル画像

    女優・羽野晶紀と和泉元彌の馴れ初めは?旦那の愛情が重すぎる?

    タレントとして活動している「羽野晶紀」は昔、関西のローカル番組に出演していてアイドル的な存在だった!旦那の和泉元彌の愛が重いことでも知られていますが、2人の出会いや馴れ初めは?嫁姑問題で苦労したって本当?2人の娘や息子についても紹介します!

    羽野晶紀のプロフィール

     

    • 本名(ふりがな/愛称):山脇晶(やまわきあき/不明)
    • 所属事務所:東宝芸能
    • 生年月日:1968年8月22日
    • 現在年齢:52歳
    • 出身地:京都府宇治市
    • 血液型:B型
    • 身長:162cm
    • 体重:非公開
    • 活動内容:女優、タレント
    • 家族構成:夫、娘、息子

     

     

    関西ローカル番組に出演してデビュー

    羽野晶紀さんは、京都で生まれ育ち、高校は京都府立城南菱創高校に通っていました。

     

    大学進学前に、笑福亭鶴瓶さんがMCを務める関西ローカル番組「9年9組つるべ学級」に、出演したことがきっかけでデビュー。

     

    高校を卒業後は、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科に進学しました。しかし芸能活動が多忙になったことで、中退したことが判明しています

    関西を中心にテレビ番組に出演

    大学生になった羽野晶紀さんは、関西のローカル局を中心にテレビ番組に出演していました。

     

    その頃に出演していたのは「よ~いドン!」の金曜レギュラー、「スイッチ」の木曜レギュラーなど安定したレギュラー番組を持っていたようです。

     

    ブレイクするきっかけになったのは、「ナイトinナイト おっちゃんVSギャル」や、「現代用語の基礎体力」などのコント番組に出演したことでした

     

    当時の羽野晶紀さんは、CDデビューも果たし関西ではアイドルの扱いを受けていたようです。

    1990年に全国ネットでドラマや映画に出演

    羽野晶紀さんが、全国区デビューを果たしたのは、1990年代のこと。

     

    当時のフジテレビ人気バラエティ番組「笑っていいとも!」に出演すると、次々にテレビや映画、舞台など幅広い活動をするようになりました。

     

    その後、2002年に和泉元彌さんとの結婚し子供を出産すると、芸能界の仕事を休業し子育てに専念。2007年11月に「東宝芸能」への所属を発表し、2008年に芸能界へ復帰しています。

     

    芸能界復帰後は、たまにドラマやバラエティに出演していますが、休業前と比較するとかなりセーブしているようです。

    羽野晶紀と旦那・和泉元彌の馴れ初めは?

    羽野晶紀さんは、2002年1月に狂言師の和泉元彌さんと、結婚を発表しました。2人の間には、どのような馴れ初めがあったのでしょうか。

    結婚後は離婚が報じられるなど、なにかとお騒がせな夫婦という目で見られがちでした。その後の夫婦仲が気になりますね。

    ここからは、結婚までの経緯から、2人の離婚報道について、そして現在の夫婦の様子について紹介します。

    舞台で共演して出会い結婚

    2人の出会いは、舞台「ロミオとジュリエット」で共演したことにありました。

     

    意気投合した2人は、交際に発展。2002年1月に結婚を発表したのですが、羽野晶紀さんは既に妊娠していたのです。

     

    実は、旦那の母親である和泉節子さんに交際を反対されていたので、既成事実を作り結婚せざるを得ない状況を作ったのではないかと囁かれています。

    2007年に離婚危機報道が出る

    2007年9月11日に発刊された多数のスポーツ誌の誌面を飾ったのは、羽野晶紀さんと和泉元彌さんの離婚危機報道でした。

     

    これは、羽野晶紀さんが子供2人を連れて実家に帰ったことが判明し、どうやら嫁姑間不仲により、離婚の準備を進めているのではと、各紙面の記者は推察したようです。

     

    別居をしていたのは事実なのですが、「別火」と呼ばれる狂言における儀式のために、夫婦で別居をする時期を設けていたのだと、羽野晶紀さんによって真相が明かされました。

     

    ちなみに、「別火」というのは、心眼成就の為に女性と生活を分ける儀式なのだそうです。

    現在はおしどり夫婦として有名に!

    2007年に起こった別居問題を経て、2人の絆は深まったのか、変わらず仲睦まじい様子です。現在では、おしどり夫婦として芸能界でも知られています。

    和泉元彌の愛が重すぎるエピソード!

    羽野晶紀さんの旦那である、和泉元彌さんの愛が、重すぎるとテレビやネットで話題になりました。

     

    羽野晶紀さんは、2019年3月に放送されたバラエティ番組「バイキング」に生出演し、旦那の愛情表現に困惑していると、詳細を語ったのです。

     

    スタジオにいた共演者が驚愕した、想像を絶する和泉元彌さんの「重い愛エピソード」を紹介します。

    和泉元彌のプロフィール

     

    • 本名(ふりがな/愛称):山脇元彌(やまわきもとひさ/不明)
    • 所属事務所: 株式会社トゥワイスボイス
    • 生年月日:1974年6月4日
    • 現在年齢:47歳
    • 出身地:東京都
    • 血液型:A型
    • 身長:170cm
    • 体重:非公開
    • 活動内容:狂言師
    • 家族構成:妻、娘、息子

     

     

    2時間に10件の愛を込めたメッセージ

    羽野晶紀さんによると、和泉元彌さんは2時間で10件くらい、どれだけ羽野晶紀さんのことが好きなのかという愛を訴えるポエムのようなメッセージが送られて来るのだとか。

     

    LINEの文章が、やたらと長文であるケースが多いことにも困惑。羽野晶紀さんは、「どうやって返信したらいいのか分からなくて、放置してしまってますね」と語っています。

    何でも妻とシェアしたい

    和泉元彌さんは、妻となんでもシェアしたい願望が強いのだとか。

     

    何しろ、食べ物だけではなく、マフラーや羽野晶紀さんのリップクリームまでシェアしたがることが、子供達から「キモイ」と引かれています。

    妻の作ったおにぎりは他人に食べさせない

    和泉元彌さんは、妻のつくったおにぎりを他の男性に食べさせてはいけない、というルールを設けているそう。

     

    例えば、子供の運動会が合った時に、他の家族と集まって食べるケースがありますね。他のパパに対して、おにぎりをあげたりするというのは、断固NGなのだとか。

     

    こういった状況になりそうな時は「このおにぎりは、晶紀が握ったものだよな」と、他の家族達を牽制するために、ここぞとばかりに口を挟んでくるのです

     

    その理由とは、和泉元彌さんによると「羽野晶紀さんて素敵だな」と思われてしまうのが困るからだと語っています。

    羽野晶紀と和泉元彌の子供について

    羽野晶紀さんは結婚後、程なくして子供を出産し、2人の子供に恵まれたことが判明しています。2021年現在かなり成長しているはずですが、今はどうしているのでしょうか。

    2002年に娘・2004年に息子を出産

    結婚後の羽野晶紀さんは、芸能界休業を発表し、2002年5月に第一子である娘の采明(あやめ)さんを、2004年7月には第二子となる息子の元聖(もときよ)さんを出産。

     

    2007年11月までの期間は、子育てや旦那のサポートをメインとした生活を送ることになりました。

     

    2人が幼い頃から、現在に至るまで和泉元彌さんのインスタをはじめ、多数の画像がネットにアップされています

    娘も息子も狂言師

    娘の采明さんは、3歳の時に狂言の初舞台を踏み、息子の元聖さんは4歳で初舞台を踏みました。現在は、2人共狂言師として活動を続けています

    子供の学校については不明

    2人の子供達は、幼稚園も小学校も地元の公立に通っていたことが判明しています。その後の進路については、羽野晶紀さんも和泉元彌さんも明確にしていません。

     

    ネットの情報によると、娘は中学校受験をして成城学園に進学しているのではないか、と言われています。確かに、成城学園であれば著名人の子息子女が通う名門として知られています。

     

    息子についても、公立の小学校に通っていたのですが、その後の進路については、都立白鴎高校附属中学校に進学したという噂が浮上しました。

     

    2021年現在、娘は19歳で息子は17歳なので、少なくとも息子は高校に通っていることになります。

     

    しかし、中学校の進学先も高校についてもあくまで噂なので、真相は定かではありません

    羽野晶紀の若い頃がきれいだったって本当?

    羽野晶紀さんは、2021年の誕生日を迎えると53歳になります。今でもきれいだと言われていますが、若い頃は現在とは違った魅力を放っていたようです。

    昔の羽野晶紀さんが、どんな評価がなされていたのか、結婚したばかりの、嫁姑問題について振り返ってみましょう。

    若い頃は京都弁の癒しキャラだった

    京都出身の羽野晶紀さん。昔は、テレビ出演時に京都弁を話していました

     

    はんなりとした雰囲気を漂わせて、きれいな顔だちであったことから、視聴者は癒しを受ける人が多かったそうです

     

    デビューして数年は、関西を拠点にして活動していたのですが、アイドル的な存在で、可憐で可愛いと言われていました。

    「浪速のキョンキョン」と呼ばれていた

    羽野晶紀さんが、ブレイクしたのは1989年4月から1990年3月まで放送されていたコント番組「現代用語の基礎体力」に出演したことがきっかけ。

     

    共演者の生瀬勝久さんが演じる怪人に攫われるお嬢様の役が可愛いと注目を集めました。羽野晶紀さんは着物姿を披露したりと、その天然のかわいさが絶賛されたのです。

     

    次第に羽野晶紀さんは「浪速のキョンキョン」という異名が付けられて人気を博すことになりました。

     

    キョンキョンとは、小泉今日子さんの愛称で、トップアイドルの名を欲しいままに全国区で輝いている存在。

     

    そんな絶対的アイドルの象徴と言われる小泉今日子さんと、同じ位の魅力を存分に振りまいていたということになりますね。

    昔が姑との関係で苦労!

    羽野晶紀さんは昔、嫁姑問題で苦労していた時代がありました。正確に言うと、交際中から姑の節子さんから「芸能人の嫁ははしたない」と反対され続けてきたのです。

     

    結果的に和泉元彌さんの子供を妊娠したことで結婚に踏み切りました。結婚するなり、姑の節子さんは「関西弁は禁止、化粧も禁止、ノースリーブも禁止、車の運転も禁止」と次々に制約事項を課したのです。

     

    2014年7月に放送された「スッキリ!」いおいて姑の節子さんは「嫁は借り腹、嫁は姑の傍にいて、いつでも姑の言うことを聞かないといけない」という発言が大炎上。

     

    狂言師の宗家ということもあり、こういった昭和の時代の価値観が続くことは仕方のないことかもしれませんが、時代にそぐわないという批判の声が姑に対して寄せられたのは事実です。

    羽野晶紀は若い頃から今でも旦那に愛されている

    羽野晶紀さんは、年齢を重ねてもきれいと絶賛される美人女優。旦那は、狂言師の和泉元彌さん。2人は、舞台の共演で出会い、交際に発展。

     

    和泉元彌さんは、結婚前から母親に羽野晶紀さんとの交際を反対されていたそうですが、2002年2月に羽野晶紀さんの妊娠をきっかけに、授かり婚をしています。

     

    2人の子供に恵まれて、長女と長男はどちらも狂言師の道に進んでいます。結婚を機に芸能界を休業し、2007年まで子育てに専念。

     

    昔は嫁姑問題でかなり苦労したそうです。1度は、別居がスクープされて離婚する準備に入ったと囁かれたこともありますが、現在はおしどり夫婦として知られています

     

    結婚してかなりの年月が経過していますが、旦那の愛が重いというエピソードが有名ですね。若い頃から現在もきれいだと絶賛される羽野晶紀さんでは心配なことでしょう。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ