記事ID147498のサムネイル画像

存在感のある演技が魅力の俳優「音尾琢真」の生い立ちは?結婚してる?

北海道出身の俳優で結成された演劇ユニット『TEAM NACS』のメンバーでもある俳優・音尾琢真。演技で存在感を出している彼ですが、生い立ちなどが気になる方もいるかもしれません。そこで今回は、音尾琢真の生い立ちや結婚について迫ってみたいと思います。

音尾琢真のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):音尾琢真(おとおたくま/)
  • 所属事務所:CREATIVE OFFICE CUE、アミューズ(業務提携先)
  • 生年月日:1976年3月21日
  • 現在年齢:45歳
  • 出身地:北海道旭川市
  • 血液型:O型
  • 身長:170センチ
  • 体重:非公表
  • 活動内容:俳優
  • 家族構成:妻、子供

北海学園大学の演劇研究会

北海道旭川市で生まれ育ち(生まれてすぐに深川市に移ったものの小学校入学時に旭川市に戻った)、北海道旭川西高等学校を経て1994年に北海学園大学に入学しました。高校卒業後には大阪芸術大学に合格していたものの、親に反対され断念したといいます。

 

北海学園大学では、演劇研究会に所属していました。その理由は、バック転ができることと声が良かったこと(高校の国語で朗読の声を先生に褒められた)、歌が好きであることという3つの要素を併せ持つ、歌い踊ってセリフを言うことのできる仕事・俳優になれば良いと思ったからでした。

劇団イナダ組に入団

音尾琢真は、『劇団イナダ組』に入団しました。自身が団員となっている演劇研究会の先輩でもあった森崎博之や戸次重幸に誘われて、同期である大泉洋と一緒に舞台を鑑賞した際に衝撃を受けたのだといいます。

『TEAM NACS』結成

1996年に、安田顕や大泉洋、森崎博之、戸次重幸と共に演劇ユニット『TEAM NACS』を結成しました。なお、音尾琢真は『TEAM NACS』内で最年少です。また、北海道内のテレビやラジオ番組に出演していました。

東京に進出

2004年5月に行われた『TEAM NACS 第10回公演「LOOSER〜失い続けてしまうアルバム〜」』という舞台で、『TEAM NACS』は東京進出を果たしました。それからは、テレビドラマや映画、舞台に多数出演しています。

音尾琢真の画像一覧がある

ORICON NEWSには、音尾琢真の画像一覧が掲載されています。よって、音尾琢真のこれまでの移り変わりについて知ることもできるでしょう。

音尾琢真はどんな生い立ち?

続いては、音尾琢真の生い立ちについて迫ってみましょう。実家や父親についても見ていきたいと思います。音尾琢真はどういった環境で育ったのでしょうか。

実家は旭川市豊岡

音尾琢真の実家は北海道旭川市豊岡にあり、『TEAM NACS』の思い出の地でもあります。『TEAM NACS』の番組である『ハナタレナックス』の、2017年5月18日放送回は『ちょいのり in 旭川』というテーマでした。この回で、音尾琢真の旭川にある実家を皆で訪れたのです。

 

メンバー5人で訪れるのは、20年振りだったといいます。大学時代には、5人で梅酒を飲みながら朝まで語り明かしていたのでした。この回の『ハナタレナックス』でも、5人は語り明かしました。

兄がいる

音尾琢真には、兄がいます。兄は北海道にある枝幸郵便局に勤務しているという話があり、兄が忙しいのもあり6年振りに再会したとされています。

父親は警察官

音尾琢真の父親は、北海道警察に勤務する警察官でした。しかも父親は、2002年の『稲葉事件』で逮捕された稲葉圭昭(いなば よしあき)警部と同僚であったといいます。『稲葉事件』というのは、北海道警察銃器対策課と函館税関が、覚醒剤130キロと大麻2トンを密輸した事件です。

それを主導したのが稲葉圭昭警部であるとされていて、警部自らが覚醒剤を使用していたといわれています。音尾琢真はこの『稲葉事件』がモチーフとなった映画『日本で一番悪い奴ら』に出演しています。監督の白石和彌は、映画の原作『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』の著者、稲葉圭昭と再会しています。

その際に、稲葉圭昭は音尾琢真が元同僚警官の息子であることを知り驚いたのでした。

音尾琢真は結婚しているの?

次に、音尾琢真の結婚について探ってみたいと思います。音尾琢真は結婚をしているのでしょうか。また、子供に関しても迫ってみましょう。

2008年に結婚

音尾琢真は、32歳だった2008年に結婚をしています。2008年9月13日にブログで結婚を報告していますが、いつ入籍したのか具体的なことは明かされていません。

嫁は春日井静奈

音尾琢真の嫁は、女優の春日井静奈(かすがいせいな)です。2004年には『ドールハウス』に踊り子役で出演しています。最近であれば、2018年にドラマ『義母と嫁のブルース』に小杉朋子役で出演しました。また、2003年に蜷川幸雄演出の舞台『エレクトラ』に出演するなど、鍛えられたといいます。

なお春日井静奈との馴れ初めは、北海道で放送された番組『やまだひさし 音尾琢真 素晴らしい世界』内のドラマ『セプテンバー ラブ?』で共演したことがきっかけでした。音尾琢真と春日井静奈は、不倫をするカップル役だったのです。

実家がバレエ教室

春日井静奈の実家は、青森県青森市でバレエ教室を営んでいます。母親である春日井郁子が創設し、現在は『春日井バレエ・ダンスギャラリー』として運営されています。春日井静奈の姉である春日井アリサも、ダンスの講師として指導に当たっているのが特徴です。

春日井静奈も幼少期よりバレエを習っており、小学3年生の頃にはバレエ教室の発表会において、モダンバレエをステージで1人で踊っています。その後は、バレエコンクールでの入賞歴もあります。バレエの素養があることから、ドラマ『ドールハウス』の踊り子役に抜擢された可能性もあるでしょう。

ちなみに、春日井静奈は同郷である新山千春の実兄と青森高校時代の同級生です。

2017年に子供誕生!

結婚から9年後の2017年4月に、第一子が誕生しました。産まれたのは女の子であり、長女の誕生により『TEAM NACS』はメンバー全員が子持ちとなっています。

音尾琢真はかわいい?

音尾琢真は、実はかわいいという話があります。続いては、音尾琢真のかわいい面について迫ってみたいと思います。音尾琢真はどういった点がかわいいのでしょうか。

『TEAM NACS』の末っ子キャラ

音尾琢真には実際に兄がいますが、『TEAM NACS』の中でも末っ子キャラなのです。メンバーたちの弟分として、イジられてかわいがられています。彼ののほほんとしたキャラクターも、チャームポイントです。

小柄なところもかわいい

音尾琢真は、身長が高い方ではありません。身長は170センチであり、『TEAM NACS』で最も身長が低いでしょう。この点も、音尾琢真のかわいいポイントとなっています。

運動神経がいい!

音尾琢真は、高校時代に男子新体操部に所属していました。そのため、『TEAM NACS』の中でも運動神経は抜群です。音尾琢真は“かわいい”に加えて運動神経が良いという特徴も持っています。

音尾琢真は『るろうに剣心』に出演している?

佐藤健主演で人気の映画『るろうに剣心』に、音尾琢真も出演しているといいます。音尾琢真はどういった役柄で出演しているのでしょうか。

『るろうに剣心 The Final/The Beginning』出演

音尾琢真は、2021年4月23日に公開された映画『るろうに剣心 The Final』と、2021年6月4日に公開となった映画『るろうに剣心 The Beginning』の両方に出演しています。

呉黒星(ウーヘイシン)役

音尾琢真の役は、雪代縁がトップとなっている上海マフィアであり、副官を務めている呉黒星(ウーヘイシン)です。組織を大きく育てた立役者でもあります。

音尾琢真は三浦春馬と共演経験がある?

音尾琢真は、三浦春馬と共演したことがあるのでしょうか。続いては、音尾琢真と三浦春馬の共演について迫ってみたいと思います。

舞台『星の大地に降る涙』に出演

2009年に、音尾琢真は地球ゴージャスプロデュース公演Vol.10 『星の大地に降る涙』に出演しました。地球ゴージャスプロデュース公演は、岸谷五朗が演出を手掛け、寺脇康文が演出補を担っています。

三浦春馬と共演

舞台『星の大地に降る涙』には、三浦春馬も出演していました。三浦春馬にとってこの作品が初めての舞台出演だったのです。

音尾琢真のtwitterが消えた?

有名人の方でツイッターをやっているケースも多いですが、音尾琢真のツイッターがなくなったという話があります。それは一体どういったことなのか、見てみましょう。

twitterをやっていた模様

音尾琢真も、以前はツイッターをやっていて情報を発信していた可能性があります。では、音尾琢真のツイッターがなくなったと言われるのは、なぜなのでしょうか。

『twitterやっていないの?』との質問

Yahoo!知恵袋に『TEAM NACSの音尾琢真さんってTwitterやめちゃったんですかね?』との質問が寄せられていました。音尾琢真のツイッターが気になる方がいるということです。

既にやめた?

質問には『検索しても出てこないしやめている』と回答のコメントがあり、現在はツイッターをやっていない模様です。Wikipediaにもツイッターの掲載がありません。ただ、インスタグラムはやっていますので、そちらで普段の様子などを見ることができるでしょう。

『ハウルの動く城』で声優をしている?

木村拓哉も声優を務めたジブリアニメ『ハウルの動く城』。この中で、音尾琢真が声優として登場していたのを知っているでしょうか。『ハウルの動く城』についてもご紹介します。

『TEAM NACS』皆が声優

『ハウルの動く城』では、『TEAM NACS』のメンバー全員が声優として出演しています。メンバーのうち4人は、アニメの前半で登場しているのが特徴です。

音尾琢真の役は?

音尾琢真が『ハウルの動く城』で演じたのは、王宮の衛兵役でした。音尾琢真のセリフは、「奥様、これより先は禁じられております。どうかお歩きください」です。

他4人の役は?

大泉洋と安田顕は、アニメの最初の方に登場しています。路地裏でヒロイン・ソフィーをナンパする兵士役で2人一緒に登場しました。また大泉洋はアニメの最後にも隣国の王子役で登場しています。森崎博之は、ソフィーの妹であるレティーの店の同僚役を演じました。

アニメの中では、「レティー、マドレーヌがあがったよ」と言っています。戸次重幸は、ソフィーがおばあさんにされてしまった際に、店を出ていく途中で出会った男性役で登場しました。ソフィーが階段を降りようとした時に、「おばあちゃん、手を貸そうか」と声をかけています。

音尾琢真は北海道育ちで結婚もしている!

俳優の音尾琢真は、北海道旭川市で生まれ北海道で育ちました。父親は警察官をしていたといいます。また2008年には結婚もして、その後には子供も授かっています。音尾琢真は演技に存在感があり、歌の上手さにも定評があることから、大物演出家からのオファーも多いのです。

音尾琢真は、これからもますます俳優としての存在感を増していくかもしれません。

音尾琢真の関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ