記事ID146894のサムネイル画像

いつまでも美しい松嶋菜々子の美容法とは?

年を重ねてますます美しさに磨きがかかっている女優、松嶋菜々子さんの美の秘訣は何なのでしょうか?彼女が実践しているという美容法について、ジムでのトレーニングやスキンケア、食生活等を調べてみました!

松嶋菜々子のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな):野口 奈奈子(のぐち ななこ)
  • 所属事務所:MISエステー企画→セブンス・アヴェニュー
  • 生年月日:1973年10月13日
  • 現在年齢:47歳
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 血液型:A型
  • 身長:173 cm
  • 体重:-
  • 活動内容:女優、モデル
  • 家族構成:反町隆史(配偶者)

 

 

モデルにスカウトされデビュー

松嶋菜々子さんは、高校1年生の終り頃に、小田急線・登戸駅周辺でモデルにスカウトされました。

 

松嶋菜々子さんは、高校卒業後は海外留学を考えていたタイミングでスカウトされ、芸能界の道に進むことを決めたここが自分の人生の分岐点だと話しています。

 

芸能界に入ることに関して、両親は反対していたそうですが、それを説得しての芸能界入りでした。

女優デビューは『社長になった若大将』

松嶋菜々子さんは、1991年にマクドナルドの「てりやきバーガー」キャンペーンのCMに出演し、芸能界の仕事をスタートさせています。

 

また、1992年度の第17代『旭化成せんいキャンペーンモデル』に選ばれ、1992年度、アサヒビールの飲料部門(アサヒ飲料)のイメージガールにも選ばれました。

 

そして、1992年 - 18歳から女性ファッション誌『ViVi』の専属モデルも務め、知名度を徐々に上げていきます。

 

そして、1992年のドラマ『社長になった若大将』で女優デビューを果たします。

朝ドラ『ひまわり』のヒロインに

1996年には、NHK連続テレビ小説の第54作目『ひまわり』のヒロインに抜擢されました。

 

1996年(平成8年)4月1日から10月5日まで放送され、バブル崩壊により、会社をリストラされた主人公・南田のぞみが、複雑な家族関係の中において弟の窃盗事件をきっかけに弁護士の世界を志し、司法試験、司法修習生を経て、一人前の弁護士に成長していく様子を描いたドラマでした。

 

朝ドラ出演により、松嶋菜々子さんは一気に知名度を上げ、トレンディ女優の仲間入りを果たします。

反町隆史と結婚

朝ドラ出演後、『救命病棟24時』(フジテレビ)、『魔女の条件』(TBS)、『やまとなでしこ』(フジテレビ)など、人気ドラマに多数出演し、『やまとなでしこ』では視聴率30%越えを達成しました。

 

そんな人気絶頂の最中、1998年のドラマ『GTO』で共演した反町隆史さんと、2001年に結婚しました。

 

そして、2004年に女児を出産し、2007年には第二子の女児を出産しています。

 

出産後は、子育てに重きを置き、以前ほどたくさん仕事はしていませんが、CM出演や、定期的にドラマにも出演しています。

 

産後の代表的なドラマというと、2011年 放送の主演ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ)で、最高視聴率は日本のテレビドラマ史上歴代3位タイとなる40.0%という驚異の高視聴率を記録しました。

松嶋菜々子はトレーニングをしている?

年齢を重ねてもスタイルが良く、美しさをキープしている松嶋菜々子さんですが、トレーニングはどういったものをしているのでしょうか。詳しく見ていこうと思います。

松嶋菜々子はジムでトレーニングしている!

松嶋菜々子さんは、女性のアンチエイジングに特化したパーソナルトレーニングジムに通っている姿を週刊誌に撮られています。

 

週刊誌によると、ジムには3時間ほど滞在しみっちりとトレーニングをしてきたとのことでした。

トレーニングメニューはどんなもの?

40代半ばになり、くすみやくぼみが気になりだしたので血流を良くして改善するために、最低でも週に2回は通っているそうで、最初にストレッチを50分行い、40分ほど筋トレをし、50分ほどマシンで歩いているんだそうです。

 

そして、体を動かしてから、温冷の交代浴を1分ずつ6セット行うと、身体の芯から温まり、免疫力もアップするのだそうです。

松嶋菜々子の通うジムはどこ?

松嶋菜々子さんは、都内の恵比寿駅近くにあるビルに入居しているジムに通っていることを週刊誌に報道されています。

 

松嶋菜々子さんがA-studioに出演した際、笑福亭鶴瓶さんが松嶋菜々子さんの通うジムに取材に訪れています。その際、松嶋菜々子さんの担当トレーナーも出演しました。

 

そのジムは、『トレーニングスタジオVIO』であると考えられています。

アンチエイジングを得意としている?

松嶋菜々子さんの通うジムは、アンチエイジングに長けているパーソナルトレーニングジムで、通いだしてから8年間(2015年時点)1回もキャンセルしたことが無いそうで、ストイックに通っていることが分かります。

松嶋菜々子のスキンケアはどんなもの?

続いては、松嶋菜々子さんのスキンケア方法について見ていこうと思います。

スキンケアはシンプル!

美肌を保つ松嶋菜々子さんのスキンケア方法は、時間をかけて様々な事を気にかけてやっているだろうと想像しますが、実は至ってシンプルなのだそうです。

日焼け止めの使用

基本中の基本とも言える事ですが、普段から欠かすことなく日焼け止めを使用しているのだそうです。季節を問わず年中、紫外線を気にして、日焼け止めを常に使っているそうです。

肌の乾燥対策

肌が乾燥する事が無いように注意をしていて、化粧水で保湿をした後に美容液をきっちりと付けるようにして、乾燥対策を心掛けているのだそうです。

『NO-MU-BA-RA』 を飲んでいる

松嶋菜々子さんは、無添加ローズウォーターの『NO-MU-BA-RA』 を飲んでいるんだそうです。

 

ブルガリアのダマスクローズの花びらを専用の蒸留釜で蒸し、その上がってきた蒸気を集めて冷却したものがNO-MU-BA-RAの無添加ローズウオーターで、冷え性、婦人科系障害の軽減、ホルモンバランスの調整、デトックス効果、殺菌効果など効能があると言われています。

 

松嶋菜々子さんのほかにも、藤原紀香さん、はるな愛さんやIKKOさんなども飲んでいるのだそうですよ。

松嶋菜々子はどんな食生活?

続いては、松嶋菜々子さんの食生活について見ていこうと思います。

バランスの良い手作り食

朝食に関しては、バランスの良い手作り食を心掛けており、添加物の少ないものを摂るようにしているそうです。また、主食についても白米ではなく、五穀米を食べているそうです。

 

五穀米は、白米よりも食物繊維・ミネラル・ビタミン類などの栄養素を多く含むと言われています。

午後8時以降は食べない!

夜は、寝る3時間前までには食事を終えるようにしていて、午後8時以降は食べないようにしているんだそうです。

 

それにより、胃腸が休まりよく眠れるのだそうです。

肉は“レア”で食べる

肉を食べる時は、焼き加減について“レア”で食べるようにしているとのことです。それは、より良いタンパク質を摂るためであり、レアで食べることで消化吸収が良くなりタンパク質を良い状態で吸収することができることが理由なんだそうです。

食前に豆乳を飲む

豆乳には善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす効果があるため、食前に豆乳を飲むようにしているんだそうです。

食べる時は小鉢に入れる

産後のダイエットでは、食事の際には小鉢に入れて食べていたそうです。小鉢にすることで、幾つもの惣菜から栄養素を補給できることと、見た目でも少量であっても満足感が得られることなどから、カロリー調整にはぴったりとのことです。

松嶋菜々子はプロテインを飲んでいる?

松嶋菜々子さんは、スタイルキープのためにプロテインも取り入れているそうです。詳しく見ていこうと思います。

小腹が空いたらプロテインを飲む

松嶋菜々子さんは、どうしてもお腹が空いた時には、プロテインを飲んでいるとのことです。

なぜプロテインを飲むのか?

プロテインを飲むと、良質なタンパク質を補給できるため、飲んでいるんだそうです。良質なたんぱく質を取ることで、しなやかな筋肉を維持したいからなんだそうです。

快眠にも効果がある?

タンパク質が不足すると睡眠の質に悪影響を与えることがあると言われており、眠る前にプロテインを摂取すると、脳内神経伝達物質が効果的に働き、睡眠のリズムを整え、熟睡することができるケースが多いと言われているのです。

 

松嶋菜々子さんが、プロテインを飲んでいることは先にもご紹介しましたが、安眠の効果もあるので、18時以降お腹がどうしても空いたときはプロテインをとっていらっしゃるのかもしれません。

松嶋菜々子はトレーニングで美貌をキープ

女優・松嶋菜々子さんのスタイル・美貌キープのための美容方法についてご紹介してきました。

 

ジムにストイックに通い、食事面にも気を付けていらっしゃることが分かりました。また、スキンケアは、シンプルに行い、無理しない範囲での方法を続けていらっしゃいました。

 

今後も美貌をキープするために努力を続けていかれるんでしょうね。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ