記事ID146731のサムネイル画像

「電波少年」で大活躍だったチューヤンの現在(2021)とは?

『進ぬ!電波少年』のヒッチハイク旅で人気となったチューヤン。企画からは大分時が経ちましたが、彼は現在どうしているのでしょうか。そこで今回は、チューヤンの現在についてスポットを当ててみたいと思います。また、彼の結婚についても迫ってみましょう。

チューヤンのプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):謝昭仁(チェ・チーウヤン/チューヤン)
  • 所属事務所:RING(当時)
  • 生年月日:1972年8月4日
  • 現在年齢:48歳
  • 出身地:イギリス領香港
  • 血液型:O型
  • 身長:174cm
  • 体重:64kg(当時)
  • 活動内容:広告ディレクター
  • 家族構成:妻

香港でラジオ局に入局

日本に来る前のことはあまり知られていませんが、チューヤンさんは香港でラジオ関係の仕事をしていたことがわかっています。1994年に新城ラジオ、1996年には商業ラジオというラジオ局に入局しています。

 

商業ラジオでは、「無字頭七八九」という名前の番組を毎日担当していました。街頭インタビューや視聴者参加型のゲームなどを行っていたそうです。

伊藤高史とオーディションに参加

1998年バラエティ番組「進ぬ!電波少年」で、アフリカ・ヨーロッパ大陸縦断のヒッチハイクを行う企画のオーディションが行われます。このオーディションは、ヒッチハイクの旅を行う伊藤高史さんのパートナーを選ぶものでした。

 

当時、香港でDJをしていたチューヤンさんは、オーディションに参加します。

朋友(パンヤオ)としてヒッチハイクへ

オーディションに参加した志願者は100人以上いたそうです。チューヤンさんの「自分の人生を変えたい」という言葉が決め手となり、100人以上の中からヒッチハイクの参加者として選ばれることになります。

 

伊藤高史さんと2人で朋友(パンヤオ)というコンビを組んで、ヒッチハイクの旅に挑戦することになりました。朋友は広東語で友達という意味があります。チューヤンさんは絵の才能があり水彩画を売って収入を得る場面が多く、ヒッチハイクでは英語で交渉していました。

 

一方、すぐにホテルに泊まろうとするので、伊藤高史さんに咎められることも多かったです。さまざまなトラブルもありましたが、2人は旅で絆を深めながら見事に大陸横断ヒッチハイクを成功させます。

『進ぬ!電波少年』司会者に

ヒッチハイクが終了後の1999年1月には、チューヤンさんは「進ぬ!電波少年」の司会者を務めることになります。企画参加当初は、チューヤンさんは広東語と英語しか話せませんでした。

 

しかし、伊藤高史さんに日本語を教わり、ヒッチハイクの終盤ではカタコトの日本語を話せるようになっています。チューヤンさんの広東訛りの日本語は魅力となっており、芸能活動をするに役立ったようです。

 

チューヤンさんは、司会をしながら番組の企画にも頻繁に参加していました。

チューヤンは芸人?

チューヤンさんは伊藤高史さんと朋友というコンビを組んでいたため、芸人と見られることがあります。ただし朋友はヒッチハイクの旅を行うためのチーム名です。チューヤンさんと伊藤高史さんは、番組の企画で初めて顔を合わせています。

 

番組の企画終了後は朋友というコンビで活動したこともありません。そのため、チューヤンさんは、芸人ではないと考えられます。伊藤高史さんは、ヒッチハイク終了後には「伊藤高史 ハリウッドスターへの道」という企画に単独で参加しています。

 

現在の伊藤高史さんは、劇団ウルトラマンションを立ち上げ俳優として活動を続けています。

2005年に芸能界引退

進め!電波少年終了後も、バラエティ番組などに出演していたチューヤンさんですが、2005年に芸能界を引退しています。引退の理由は父親の体調が良くないので、そばにいてあげたいというものでした。

 

帰国する際に、芸能リポーターの梨本勝さんから質問を受けて、「勉強になったし、楽しかった」とコメントを残しています。

チューヤンは現在どうしている?

2005年に芸能界を引退したチューヤンさんは、香港に戻りました。その後のことはあまり知られていませんが、現在のチューヤンさんの職業などもわかっています。現在のチューヤンさんの情報についてまとめました。

香港の広告代理店に勤務

具合の悪い父親のそばにいるために香港に帰国したチューヤンさんは、2009年1月にプライベートで日本に来ています。その際に松本明子さん、電波少年のプロデューサーだった土屋敏男と再会しました

 

 

第2日本テレビの番組「デジタルの根性」のインタビューにも答えています。芸能関係の仕事はしておらず、広告代理店に勤務していることを明かしていました。

クリエイティブディレクターになっていた!

チューヤンさんは、広告代理店でクリエイティブディレクターになっているそうです。香港でもラジオ局というメディア関係の仕事についていたことや日本での芸能関係の経験を活かして、売れっ子ディレクターになったともいわれています。

チューヤンの現在の年収は950万円?

2014年1月に放送されたテレビ番組に、チューヤンさんはVTR出演し年収を明かしています。広告ディレクターとしての年収は、年収60万香港ドル(約950万円)と結構高収入なようです。

チューヤンは結婚したの?

チューヤンさんが、現在結婚しているのか気になる人も多いのではないでしょうか?チューヤンさんは結婚しており、結婚記念日に日本に旅行にも来ているようです。チューヤンさんの結婚に関する情報についてまとめました。

2009年に結婚

チューヤンさんが、結婚したのは2009年のことです。プライベートで日本に来て取材も受けた1月から、10か月後の2009年11月に結婚したといわれています

相手は専門学校時代の同級生

チューヤンさんと結婚した女性については、一般人なので詳しいことはわかっていません。専門学校時代の同級生ということなので、かなり以前からの付き合いがあったのは間違いないようです。

結婚記念日の旅行で来日

2014年の11月には、電波少年で共演した松本明子さんのブログにチューヤンさんとの写真がアップされたことがあります。結婚記念日の旅行で妻と来日した際に、久しぶりに松本明子さんと再会したそうです。

 

松本明子さんのオフィシャルブログには、当時の写真が現在も公開されています。

チューヤンに死亡説?

その後の動向も判明しているチューヤンさんですが、ネットでは死亡説も流れています。一体どういうことなのでしょうか?チューヤンさんの死亡説についてまとめました。

チューヤンが亡くなったスレッド

2008年6月5日に掲示板でチューヤンさんが、交通事故で亡くなったというスレッドが立ち上がったことがあります。情報ソースがはっきりしないこともあり、信じない人や半信半疑の人が多かったようです。

 

ただ、当時は検索すると「チューヤン 自殺」などのキーワードが関連検索に表示されていたようで、不穏な雰囲気が漂っていました。

チューヤンは元気にしている!

しかし、このスレッドはあくまで2008年に立ち上がったもので、それ以降もチューヤンさんが元気にしていることはわかっています。交通事故にあったという情報もないので、スレッド自体が間違いかいたずらで立ち上げられたもののようです。

日本のテレビに出演した?

芸能界を完全に引退したチューヤンさんですが、2005年以降も時々日本のテレビに出演しているようです。チューヤンさんが引退後に、出演したテレビの情報をまとめました。

『超豪華!!スタア同窓会』に出演

2010年10月5日に放送された「超豪華!!スタア同窓会」の第2回「ゲゲゲッ!の再会」に、チューヤンさんは出演しました。この時は電波少年の同窓会で、松本明子さんや有吉弘行さんなどのメンバーと再会しています。

『有吉ゼミ』にVTR出演

2014年の「有吉ゼミ 2時間SP」にも、チューヤンさんは出演しています。「あの人は今…食えているのか」というコーナーにVTR出演し、近況と年収に関して告白していました。

『おはスタ』出演

2020年の7月15日の「おはスタ」でチューヤンさんはゲスト出演しています。この時は猫耳姿で出演し、締めの挨拶まで行っています。

チューヤンはTwitterをやっている?

チューヤンさんが、ツイッターをしているという情報もあります。チューヤンさんのツイッターについてまとめました。

Twitterを更新中!

チューヤンさんは、2020年の11月からツイッターを始めたようです。2020年2月現在の時点でフォロー中8,165、フォロワー7,473となっており、現在もフォロワーの数は増え続けています。

日本語でツイート!

チューヤンさんは香港からツイートしているようですが、投稿は基本的に日本語で日本向けのアカウントとして利用していることがわかります。投稿はかなりこまめに行われており、電波少年Wの宣伝のツイートなどもあります。

チューヤンは香港でクリエイティブディレクターとして活躍

「進ぬ!電波少年」のヒッチハイク旅で人気になったチューヤンさんのその後や現在の情報についてまとめました。芸能界の仕事はやめて広告代理店で活躍するチューヤンさんですが、現在も日本のテレビに出演するなど日本との縁は続いています。

 

ツイッターでも日本のファンと交流しており、今後もテレビに出演することがあるかもしれません。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ