記事ID146161のサムネイル画像

祝還暦!木暮“shake”武彦の現在(2020)は?NOKKOが元嫁?娘は?

有名ギタリストである木暮"shake"武彦は、2020年3月で還暦を迎えました。そんな木暮武彦の私生活はどの様なものなのでしょうか。これまでの彼の経歴や現在に加えて、家族についても迫ってみたいと思います。木暮武彦の私生活について、少し覗いてみましょう。

木暮武彦のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな/愛称):木暮 武彦(こぐれ たけひこ/シャケ)
  • 所属事務所:-
  • 生年月日:1960年3月8日
  • 現在年齢:60歳
  • 出身地:東京都杉並区
  • 血液型:-
  • 身長:-
  • 活動内容:ギタリスト
  • 家族構成:

 

 

レベッカとしてデビュー

1984年にレベッカのメンバーとしてデビューした木暮武彦さん。

曲作りでも中心的な役割を担っていました。

 

2枚のアルバムを発表した後にバンドから離れることになりました。

脱退という形での発表ですが、実際のところは解雇だったと言われております。

RED WARRIORS結成

木暮武彦さんは1986年に、田所豊さんなどとともに『RED WARRIORS』を再結成しました。

RED WARRIORS(レッド・ウォーリアーズ)と読み、愛称は「RED'S(レッズ)」

 

1989年に解散してしまいますが、その間に4枚のオリジナルアルバムとライブアルバムを1枚発表しています。

【RED WARRIORSメンバー】

  • DIAMOND☆YUKAI(ボーカル)
  • 木暮武彦 (ギター)
  • 小川清史 (ベース)
  • 小沼達也 (ドラムス)※旧メンバー

アメリカでの再出発

1989年に渡米した木暮武彦さん。

 

ソロ名義のアルバム『EARLY L.A.WORKS』が発表されました。

ですが、本人にとってリリースは本意ではなかった模様。

 

また、『CASINO DRIVE』というバンドを結成しました。

JAPAN TOURを開催した後にバンド活動を停止し、木暮武彦さんは帰国しています。

帰国してからの活動

帰国してからは、木暮武彦さんは1995年に『サイコデリシャス』というプロジェクトを立ち上げました。

そして1stアルバム『不思議な旅』を発表しています。

 

木暮武彦さんの私生活は、2003年に山梨県富士河口湖町へと移住することになります。

 

2006年に「Mt.DELICIOUS」を結成するものの、2011年に活動は休止となりました。

身長は分かっていない

木暮武彦さんの身長について話題になることが多々ありました。

ですが、いまだに公表されていません。

何センチなのか分かりません。

木暮武彦はnokkoの元旦那?

木暮武彦さんは若い頃に結婚をしています。

そのお相手は、同じバンドを組んでいたレベッカのnokkoさんだった!?

 

木暮武彦さんは既にレベッカを脱退していたので、このニュースには驚いた人も多いそうです。

2人の関係性にも触れていきたいと思います!

木暮武彦さんの結婚について調査致しました。

レベッカのボーカル・nokkoと結婚

レベッカを脱退後の1990年に、レベッカのボーカルであるnokkoさんと結婚をした木暮武彦さん。

一度は縁が切れていた二人なので驚いた人も多かったかもしれません。

 

アメリカのロサンゼルスで結婚式を挙げました。

アメリカ渡航で恋仲になった?

レベッカ活動中にデモテープの売り込みのために、木暮武彦さんとレベッカのボーカルだったnokkoさんは2人で渡米をした過去がありました。

その際に、恋仲になっていたと考えられています。

 

また、レベッカのヒット曲になった『フレンズ』やRED WARRIORSの『ルシアンヒルの上で』は、この渡米の際のことを歌っている曲となっています。

 

2人にとって渡米は運命でもあるし、想い出が強い出来事だったのですね。

3年で離婚

結婚から3年後の1993年に、木暮武彦さんとnokkoさんは離婚を発表しています。

 

離婚理由は、音楽性の違いや生活でのすれ違いなどが考えられます。

木暮武彦さんはアメリカで生活をしておられたので、物理的にも距離がありましたね。

 

当時は話題性抜群の結婚として、たくさんのニュースなどで取り上げられました。

杉咲花が娘?

木暮武彦さんは1997年に2度目の結婚をします。

そのお相手は誰だったのでしょうか?

 

そして2人の間には娘が生まれました。

その娘が現在女優として売れっ子の杉咲花さんとの噂がありました。

真相は一体…?

木暮武彦さんと杉咲花さんの関係性について調査致しました。

木暮武彦の元妻はチエカジウラ

nokkoさんと離婚した後に木暮武彦さんは、歌手であるチエカジウラさんと再婚しました。

木暮武彦さんにとって2度目の結婚で、結婚時期は1997年頃です。

杉咲花が2人の娘

木暮武彦さんとチエカジウラさんとの間に娘が生まれました。

1997年のことです。

できちゃった結婚だったということになりますね。

 

そして、その娘がなんと女優で活躍をしている杉咲花さんでした!

杉咲花さんは9歳の頃から子役として芸能界デビューしております。

 

チエカジウラさんのインスタグラムには、杉咲花さんとの親子ショットが掲載されることが多々あります。

 

ですが、杉咲花さん自身は父親が木暮武彦さんということを言及はしていません

両親の離婚

理由は判明していないものの、木暮武彦さんとチエカジウラさんは2000年に離婚しています。

 

杉咲花さんの親権は母親であるチエカジウラさんが取得しています。

息子の名前は青葉?

木暮武彦さんは結婚と離婚を繰り返し、3回目の結婚をしています。

お相手は誰なのでしょうか。

また、お子さんは…?

 

木暮武彦さんの3度目の結婚について調査致しました。

木暮武彦の3度目の結婚

木暮武彦さんは、2004年に裕子さんという一般女性と3度目の結婚をしました。

現在の妻は、木暮武彦さんより15歳年下です。

息子が誕生

再婚した一般女性との間に、杉咲花さんの異母兄弟となる息子が誕生しました。

たびたび木暮武彦さんのブログなどに息子さんの写真が登場します。

息子の名前は青葉

息子の名前は「青葉」といいます。

2004年生まれとなっているので、現在は16歳のようです。

 

高校生になる年齢なので、自分と杉咲花さんが異母兄弟なことを理解しているのかもしれませんね。

シャケとは一体何のこと?

木暮武彦さんを調べると、必ず「シャケ」という単語が出てきます。

シャケとは一体…?

 

木暮武彦さんとシャケについて調査致しました。

木暮武彦のニックネーム

"シャケ"とは木暮武彦さんのニックネームとなっていて、ファンからも"シャケ"と呼ばれています。

 

「木暮"shake"武彦」名義で活動もしています。

なぜ"シャケ"なのか?

英単語の"SHAKE"をもじったとされていますが、「顔が魚のサケに似ているから」という理由もあります。

他に、「歯並びが悪くて」などの噂もありました。

 

木暮武彦さんのアンプには、サケのステッカーが貼られていた事がありました。

木暮武彦のブログやYouTube動画

木暮武彦さんはブログやYouTubeの活動はあるのでしょうか。

また、その他のSNSはやっているのでしょうか。

 

木暮武彦さんのSNSを調査致しました。

ブログを更新中

木暮武彦さんは、公式ホームページ内にブログがあります。

情報や近況を更新しています。

写真付きで内容も分かりやすく、とても人気なブログです。

 

2020年11月23日現在の最新記事は、『2020原始神母終了』というタイトルであり、ライブの報告をしておりました。

『海プロスペシャルインタビュー』

『海と日本プロジェクト』というYouTubeチャンネルの、『海プロスペシャルインタビュー』に、木暮武彦さんのインタビューが載っていました。

 

海へのイメージを語っておられました。

「ロサンゼルスとサンフランシスコの間から見る海は最高だった」とコメントを残しております。

 

自身のYouTubeチャンネルも開設しております!

その他、SNSは?

木暮武彦さんは現在60歳を超えますが、芸能活動を続けられています。

SNSも多数やっていました。

  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター

 

内容は自身のライブ告知や活動についての宣伝が多いようです。

写真も見栄えするものが多いので、木暮武彦さんのSNSは見ていて楽しくとても人気です。

木暮武彦は仕事も私生活も大忙し!幸せな日々を送っていた!

有名ギタリストである木暮武彦さんについて調査致しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

有名なロックバンド・レベッカとしてデビューをした木暮武彦さんですが、脱退を経て渡米をし、現在は日本でソロデビューとして活動をしていました。

 

プライベートでは3度の結婚を経験しており、娘と息子がいます。

木暮武彦さんの娘は女優で大活躍をする杉咲花さんでした。

驚きましたが、杉咲花さんが幼い頃から輝いていたのは「二世だったから」に、納得しました。

 

木暮武彦さんはライブなど現在も行なっています。

いつまでもロックな木暮武彦さんを応援していきたいです!

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ