記事ID145166のサムネイル画像

【和製マイケル】三浦大知のパフォーマンスが凄い!経歴や出演情報!

高いダンスの技術と歌唱力で圧巻のパフォーマンスを披露している三浦大知さん。今でこそブレイクしている三浦大知さんですが、実は長い下積み時代を経験しています。今回はそんな三浦大知さんの経歴や出演情報、人気の秘訣などをまとめました。

元Folder!三浦大知の経歴

日本音楽界で圧倒的なダンスパフォーマンスで魅了してくれる存在といえば三浦大知さんですよね!その三浦大知さんが元はソロではなく、グループで活動していたことをご存じでしょうか?

ではまず三浦大知さんの経歴について詳しく見ていきましょう!

1997年にFolderとしてデビュー

三浦大知さんが音楽に興味をもったきっかけは、6歳のときにはじめて買ったマイケルジャクソンのCDだったそうです。その後色んな番組の主題歌に合わせて踊っている息子の姿を見た母親が、三浦大知さんをダンススクールに連れて行き、歌とダンスの練習を始められました。

 

そして1997年に沖縄アクターズスクール出身メンバーで結成された「Folder」の一員としてデビュー、DAICHIの名前でわずか9歳にしてメインボーカルを務められました。

 

そのジャクソン5を彷彿とさせる高音かつ力強い歌声は圧倒的で、多くのファンを惹きつけました。

変声期を迎えて一時休業

同世代の小中学生からだけでなく大人からも高い評価を得ていたFolderでしたが、2000年に転機を迎えます。Folderのメインボーカルとして活躍していた三浦大知さんでしたが、成長とともに変声期が訪れていたのです。

 

「そのまま喉を酷使していたら、今後喉がぶれてしまう可能性がある」と判断した事務所の社長によって、三浦大知さんは芸能活動を一時期休止することを提案されます。

 

そのためここから約5年間、芸能活動からは一線置くこととなりますが、その間も音楽やダンスから離れることはなかったようですね。

2004年にソロで復活!

そして5年間の休業期間を終えた三浦大知さんは、2004年に変声期を終えられソロで復活されます。

 

三浦大知さんは5年間の充電期間中に「1人でR&Bを歌って踊れる日本人アーティストはいない。じゃあ自分がやろう」と思われたそうです。そしてその翌年の2005年にシングル「Keep It Goin' On」を発売され、その活動を始められました。

長い下積み時代を経てブレイク!

ソロで復活された三浦大知さんはその後地道な活動が続きます。そして6枚目のシングル「Inside Your Head」で初めて自身で全編振り付けを担当され、そのダンスシーンに自身の解説を副音声で収録し、CD+DVD盤として発売されました。

 

そんな自分の信念を貫いた活動を続けられていた三浦大知さんは自然と世の中から注目を集めることとなり、2012年には自身初の武道館ライブを実現します。

 

そして2017年にシングル「EXCITE」が仮面ライダーエグゼイドの主題歌になったことをきっかけに大ブレイク!初のオリコンチャート1位を獲得したのです!

私生活では2児の父!インスタで報告

才能あふれる幼少期の活躍から変声期により一時期休業を余儀なくされていたものの、見事に復帰された三浦大知さんですが、その私生活は明らかにされているのでしょうか?

 

調べたところ、あまりプライベートのにおいの感じられない三浦大知さんでしたが、2015年に一般女性の方とご結婚されているそうです!

 

またその翌年の2016年には第一子が、そして2019年には第2子が生まれたことを自身のインスタグラムにてファンに向けてご報告されているようです。

和製マイケルこと三浦大知の魅力

現在日本の音楽界に唯一無二の存在感を放っている三浦大知さんですが、その才能に対して「和製マイケルジャクソン」とも呼ばれています。

では改めてそんな三浦大知さんの魅力は一体どのようなところなのでしょうか?

最高峰のダンス技術

三浦大知さんの魅力といったらやはり、ダンスです!素人がただ見ていても「よくこんなに踊れるな」と感じますが、三浦大知さんのダンス技術はプロが見ていても驚くほどの最高峰のスキルだそうです。

 

特に三浦大知さんと一緒に踊っているバックダンサーは三浦大知さん自らがオファーしたプロのダンサーたちですが、そのダンサーたちに引けを取らない動きは圧巻です!

 

なんといってもその動きの中にピタッと一瞬とまったように感じる「静」の部分、ここに本人のこだわりがあるそうです。その「静」と「動」の動きのキレが三浦大知さんにしかできないクオリティなのです。

無音ダンスが圧巻!

また特に三浦大知さんを一躍有名にしたものといえば「無音ダンス」でしょう!2017年の紅白歌合戦でも披露され話題を呼んだこの「無音ダンス」。

 

これは音楽をバックに踊るときとは違い、リズムをとる際に頼りになる「音」がないのです。その状態でバックダンサー6人と三浦大知さんの足音や動きによる衣擦れの音だけが響き、一糸乱れぬ動きに観客は瞬きするのも忘れ、目が離せなくなるのです。

世界に通用する高い歌唱力

さらに三浦大知さんの魅力はダンスだけではないのです!もともと高く評価されていたその歌唱力は、変声期で一時期休業されていたものの、さらに磨きがかかっているといってもいいでしょう。

 

圧倒的なクオリティのダンスを踊りながら歌い上げるダンスナンバーはもちろんのこと、バラードにおいてもまたその歌声の響きの美しさを感じることができます。

 

それはまさに曲ごとに自身の歌声において足し算も引き算をしているような、ただ静かに歌い上げているバラードとは違った立体的な曲の世界へ私たちを誘ってくれるのです。

「めちゃイケ」で岡村とコラボも!

三浦大知さんをお茶の間に知らしめた一つに、「めちゃイケ」の人気企画である岡村オファーシリーズがあります。これは運動神経がいいことで有名な岡村隆史さんが、過去にSMAPやエグザイルなど様々なアーティストとコラボしたことで知られていますね。

 

その人気企画が2017年に目を付けたのが三浦大知さんだったのです!このとき岡村さんは「今までで一番細かい」「過去最多の練習量」と三浦大知さんの振り付けに苦戦します。そしてその裏で、同じダンスを踊っているのに歌も少しも乱れないなど、三浦大知さん本人の魅力や努力へも注目が集まったのです。

 

才能があったもののなかなかメディアへの露出がまだ少なかったことにより、過小評価されていたといっても過言ではなかった三浦大知さんにとって、この「岡村オファーシリーズ」は現在の活躍への分岐点となったのかもしれません。

三浦大知の出演・リリース情報

ソロで復帰されてからメディアで注目されるまで長い道のりがあった三浦大知さんですが、もはやその名を知らない人はいない活躍を見せてくれていますね。

ではそんな三浦大知さんの出演やリリース情報の詳細を見ていきましょう。

2018年にシングル「Blizzard」発売

三浦大知さんは2018年に24枚目のシングルとして「Blizzard」を発売されています。これは映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の主題歌として起用され、公開されたMVは公開7日目にして200万回再生を突破しました。

koki,作曲の「片隅」も話題

また2019年6月に発売された、三浦大知さん通算25枚目のシングル「片隅」は、なんとあの木村拓哉さんの次女としても注目されているモデルであり作曲家のKokiさんが作曲を担当されているんです!

 

この「片隅」は日本テレビ系ドラマ「白衣の戦士!」の挿入歌としても起用されています。

「デススト」にミュージシャン役で出演!

また三浦大知さんの世間からの認知度の上昇に伴い、なんと音楽業界のみならずゲーム業界からもオファーがかかっています。

 

2019年に発売された「DEATH STRANDING」通称「デススト」と呼ばれるゲームに、三浦大知さんがミュージシャン役で出演されているのです。

 

ライブ情報はツイッターをチェック!

様々な業界から引っ張りだこの三浦大知さんですので、ファンとしてはその活動を見逃すわけにはいかないですよね。

 

それに関してはTwitterがおすすめです!三浦大知さんには公式Twitterがあり、そこで最新のライブ情報や出演情報などを随時発信してくれていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

活動休止を経て、世界の三浦大知へ!その止まらない活躍を要チェック!

まさに彗星のように現れた天才ボーカリストだった幼少期の三浦大知さん。活動休止には当時驚きが隠せませんでしたが、現在の活躍を見ていると懸命な判断だったと言えるのではないでしょうか。

 

それだけその休業中やソロとして復帰してからも、磨きがかかったダンスや歌はもちろんですが、努力を怠らなかったその姿勢が垣間見えるところが最も三浦大知さんの魅力かもしれませんね。

 

「日本の三浦大知」から「世界の三浦大知」へ…その止まらない活躍をこれからもずっと応援していきたいですね!

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ