記事ID144368のサムネイル画像

昭和のアイドル岩井小百合の現在(2019)は?海外に移住した?

ポニーテールがトレードマークのアイドル、岩井小百合さんをご存知でしょうか?人気絶頂時に起きた悲劇も乗り越え、たくさんの人の笑顔のため活動してきた岩井さん。そんな彼女の現在の活動と、人気絶頂時に起こった事故の真相をご紹介します。

昭和のアイドル岩井小百合の現在!海外に移住したという噂とは?

ポニーテールがトレードマークのアイドル、岩井小百合さんをご存知でしょうか?人気絶頂時に起きた悲劇も乗り越え、たくさんの人の笑顔のため活動してきた岩井さん。そんな彼女の現在の活動と、人気絶頂時に起こった事故の真相をご紹介します

岩井小百合のプロフィール

本名:岩井小百合(いわいさゆり)
生年月日:1968年8月10
現在年齢:51歳
出身地:神奈川県相模原市
身長:155cm
血液:A型
活動内容:歌手,女優,タレント
83年組同期:大沢逸美、伊藤麻衣子、松本明子、冨田靖子

岩井小百合は、小さいころから児童劇団に入っていて、ミュージカル『王様と私』に出演したり、銀行のポスターモデルやスーパーのチラシモデルなども務めていました。

その後、かわいくて歌がうまかったため、のど自慢荒らしとしても注目を集めていたことがきっかけで、ユタカプロダクションを紹介され、1983年1月12日、キングレコードより横浜銀蝿のマスコットガール(「銀蝿の妹」と言うキャッチフレーズ)としてアイドル歌手としてデビューしました。

デビュー日の1月12日に東京・サンシャイン池袋噴水前で行われた『デビュー曲発表会』イベントでは、なんと1万人ものファンが詰め掛けたというから驚きです!尚、同期デビューには伊藤麻衣子、森尾由美、桑田靖子、大沢逸美、松本明子などがいます。

日本武道館単独ライブの最年少記録?

岩井小百合は1983年9月、当時15歳と1か月で、日本武道館単独ライブを行いました。これは、長い間破られたことのない最年少記録でした。岩井小百合は、1983年1月12日に『ドリーム ドリーム ドリーム』で 歌手デビューしました。

デビューしていきなりのファーストソロコンサートが日本武道館で1万5千人を満員にするという快挙を成し遂げました。しかしながら、2014年3月1日、2日にBABYMETALが2日間のワンマンライブを行い、平均年齢14.7歳で女性歌手の最年少記録を更新され、岩井小百合の最年少記録は破られてしまいました。

この武道館ライブの模様はVTRにもなっていて、そこからも会場の熱気や盛り上がり度がわかります。親衛隊なる応援組織の声援もすごい勢いです。

どんな歌がある?

岩井小百合のシングルでは、「ドリーム ドリーム ドリーム」(1983年1月12日)から始まり、「ドキドキHeartのバースデイ・パーティー」(1983年3月9日)、「いちごの片想い」(1983年4月13日)、「恋♥あなた♥し・だ・い!」(1983年7月13日)、「水色のラブ・レター」(1983年11月16日)と続き、

「早春メモリー」(1984年3月1日)、「パラレルガール」(1984年5月15日)、「そっとさよなら」(1984年9月9日)、「恋のアメリカン★パトロール」(1985年4月21日)、「とまどい(1985年7月21日)」、「涙のシルエット」(1985年12月5日)、「涙に天使」(1987年7月5日)が発売されました。

岩井小百合は、初シングル「ドリーム ドリーム ドリーム」で、日本レコード大賞新人賞、日本テレビ音楽祭最優秀新人賞、メガロポリス音楽祭最優秀新人賞、日本歌謡大賞放送音楽新人賞などなど、その年の17個もの新人賞をそうなめにしました。また、岩井小百合は、1stアルバムから15歳にして作詞・作曲も手掛けています。

ポニーテールが可愛い「ドリームドリームドリーム」でデビュー!

「ドリーム ドリーム ドリーム」は、1983年1月12日に発売された岩井小百合のデビューシングルです。

岩井小百合は、横浜銀蝿の妹分として売り出された若干14歳中学の生ポーにーテールが似合う女の子で、キャッチフレーズは『横浜銀蠅のマスコットガール』でした。横浜銀蝿の妹分と呼ばれた岩井小百合さんのデビュー曲発表会では、会場となるサンシャインシティの噴水広場に、1万人のファンが集まりました。

白いドレスの衣装で、ピアノの弾き語りで歌い、人気を博しました。岩井さゆりは、この歌で、日本レコード大賞新人賞や日本歌謡大賞放送音楽新人賞など、この年の各種の新人賞を総なめにしており、合計で17個も受賞しています。

テーマパークで恋人に起きた悲劇とは?

当時人気絶頂だった、岩井小百合の世間を賑わせたテーマーパークでの事件があります。

どんな事件だったのか、さっそく見て行きましょう。

:テーマパークの初デートで恋人が急死

岩井小百合は,1987年の6月に高校の同級生の男性と、ディズニーランドに生まれて初めての初デートに行っていました。夜の7時頃、2人はディズニーランドのジェットコースターであるスペースマウンテンというアトラクションの前列に並んで搭乗しました。

スペースマウンテンが発車している途中で、男性の同級生は体調の不良を訴えました。スペースマウンテンが発車している途中で、男性の同級生は体調の不良を訴えました。しかしアトラクションの途中、ジェットコースターは動いている状態ではどうすることもできず、そのまま止まるまで乗車していました。

ジェットコースターの停車した後、体を固定する安全バーは上がりましたが、男性は動きませんでした。すぐにディズニーランドの従業員と看護師が駆け付け、救命処置をしたのですが、男性はすでに帰らぬ人となっていました。死因は脳内出血とされました。

悲劇の後の全国公演を見事に終える!

恋人を目の前でいきない失ってしまった悲しみは計り知れません。岩井小百合は、悲しみの中、警察や男性の両親などに懸命に事情を説明しました。

男性の葬儀は岩井小百合は、主演のミュージカル「小公女セーラ」のリハーサルと重なり、泣く泣く欠席しましたが、通夜には気丈にも訪れています。

また、この事故の翌月には全国公演があり、そのような悲劇でショックを受けた状態のまま、悲しみを堪えながら、ミュージカル全国公演を果たし見事終えています。

岩井小百合は結婚している?

若い頃、恋人を失い、一生分の涙を流すほど悲しい経験をした岩井小百合ですが、現在は結婚はされているのでしょうか?

さっそく次に見て行きましょう。

結婚のお相手は?

岩井小百合は、2003年、34歳の時に男性医師と結婚しました。そして程なくして、2004年6月に女児を出産しています。残念ながら岩井小百合の旦那さんは医者といっても一般人男性なので、あまり情報は出てきませんでした。

 

アメリカのヒューストンに移住!

岩井小百合の医者である旦那が、がん研究のためにヒューストンのライス大学にがん研究のため留学することになり、2005年4月に岩井小百合さんも主婦の他に本場で「音楽・語学留学」もしたかったために、一緒に行くことにしたようです。

移住した際には、旦那と娘と三人でのアメリカ移住でしたが、移住してから2年経った2007年に移住先のヒューストンで、第2子を出産しています。第2子は男児を出産しています。

現在の活動は?

アイドルとして最年少で日本武道館でライブを開くなど人気絶頂の岩井小百合でしたが、兄貴分としていた横浜銀蝿が解散してしまったり、アイドルの枠に反発し、髪の毛をショートカットにするなどしたこともあり、しだいに人気に陰りが見え始めました。

岩井小百合は、2008年5月にアメリカから帰国した際には、25周年記念のライブやイベントなどをやりたい、などと意欲的にインタビューで語っていますが、帰国後の子育てなどもあってか、目立った活動は特に見られませんでした。

岩井小百合のオフィシャルサイトもしばらく休止状態で、活動自体も行っていないようです。現在もテレビなどへの出演もなく、芸能活動も行っていないようですが、ファンからはいまだ復帰を望む声が上がっています。

パチンコ雑誌に連載?

そんな活動休止中に、岩井小百合は、「絶対勝つパチンコ塾―これであなたもドル箱の山!」という雑誌にパチンコライターとして掲載し始めました。

アイドルがパチンコ雑誌に掲載するという、異例の事態に周囲は驚いていましたが、本人は、デビュー当時からパチンコを始めていて、趣味にもなっていたのです。

テレビ番組の司会やレポーターも務めている!

岩井小百合は、アイドルを事実上卒業後は、細々ながらも、ワイドショーのレポーターや他の人が嫌煙するような動物のレポート業を担当したり、司会業や声優にも挑戦しました。

コンピューターも得意で、番組のテーマソングなどをコンピューターを用いて制作したりもしています。

岩井小百合の最後の映画は、2004年にショートフィルムとして公開された映画「空想癖の女」が最後の出演となっているようです。

岩井小百合と同じ83年組みは誰?

松田聖子がデビューしたのは1980年ですが、岩井小百合がデビューした1983年組みのアイドルはなぜか、不作ぞろいといわれています。82年組みには、小泉今日子、中森明菜らがおり、コアなファンはすでに固定されてしまった状態だったようです。

83年組みのアイドル達も、皆れっきとしたアイドルとしてデビューしたものの岩井小百合以外のアイドルを見てみた場合、「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)には大沢逸美しか出たことがないですし、「ザ・ベストテン」(TBS系)では誰も出られなかったという有様です。

岩井小百合以外のどのようなアイドルが83年にデビューしたのか、詳しく見て行きましょう。

大沢逸美

大沢逸美は、16歳と10ヶ月に「ジェームス・ディーンみたいな女の子」で 1983年2月21日 に歌手としてデビューしました。

芸能界に入ったきっかけは、第7回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得してデビューですから、正統派のアイドルです。

デビュー後は、司会、女優として活躍したのち、1995年にはヌード写真集「CAST」を発売しました。

伊藤麻衣子

伊藤麻衣子は、18歳と6ヶ月に「微熱かナ 」で 1983年2月25日 に歌手としてデビューしました。

芸能界へは、1982年、ミスマガジンコンテストの初代グランプリを受賞して、デビューとなりました。

歌手としては14枚のシングルを発売したが、ドラマ「高校聖夫婦」や「不良少女とよばれて」などのドラマのヒロインとしての印象が強いです。近年では、さわやかな性格が受け、年齢を重ねても、年齢不詳のかわいらしさで、バラエティで活躍しています。

桑田靖子

桑田靖子は、 15才4ヶ月に「脱・プラトニック 」で 1983年3月21日 に大手事務所サンミュージックプロダクション から歌手としてデビューしました。

桑田靖子は、小学生の頃から歌が得意で、ちびっこのど自慢やオーディション番組で複数の優勝を勝ち取り、そのまま歌手としてデビューしました。

しかし、歌手としてはあまりヒットしませんでしたが、サバサバした性格で、バラエティ番組「天才たけしの元気が出るテレビ」にも数多く出演しました。

森尾由美

森尾由美は、 16才10ヶ月に「お・ね・が・い 」で 1983年5月5日 に歌手としてデビューしました。雑誌「セブンティーン」のモデル応募した写真が芸能プロダクションの目にとまり、デビューし、クレアラシルのコマーシャルで人気を得ました。

30代前半にTBS系「愛の劇場シリーズ」の「大好き!五つ子」シリーズで五つ子の母親役を演じ、代表作の一つとなっています。なお、2009年3月で終了した同枠のドラマにおいて、森尾由美は、計13回主演し、愛の劇場シリーズの主演最多記録を持っています。

森尾由美は、現在は米国在住です。

松本明子

松本明子は、 17才1ヶ月に「♂×♀×Kiss(オス・メス・キス) 」で 1983年5月21日に歌手としてデビューしました。

松本明子は、1982年日本テレビのオーディション番組「スター誕生!」で合格しデビューしました。

歌唱力に定評がありましたが、ラジオ番組で放送禁止用語を叫ぶという事件を起こして、仕事が激減し、2年ほどの謹慎期間を経て、アイドルからバラエティーに転身し違う才能を開花させました。

富田靖子

富田靖子は、 14才8ヶ月に「オレンジ色の絵葉書 」で 1983年11月21日に歌手としてデビューしました。

富田靖子の芸能界に入ったきっかけは、映画「アイコ十六歳」のオーディションでヒロインに選ばれ、映画デビューしたことで、アイトル女優として活躍し、今でも家庭と仕事を両立しながら、年1本の割合で、舞台にも出演しています。

昭和のアイドル岩井小百合は永遠のアイドル!

83年のアイドル岩井小百合の魅力をご紹介すると共に、テーマパークで起きた悲劇や、その後の結婚、現在の様子などもご紹介いたしました。

横浜銀蝿のマスコットガール(「銀蝿の妹」と言うキャッチフレーズ)のポニーテール姿の彼女はデビューと同時に人気が出て、瞬く間にスターダムにのし上がっていき15歳と1か月で、日本武道館単独ライブを行ったことはすばらしいことです。

最近では子育てに専念されているのか、あまりテレビなどでは見かけません。ご結婚や、出産、アメリカ移住などいろいろな経験をされて、また違った魅力が加わった岩井小百合を見てみたいものですね。

昭和のアイドル岩井小百合の現在!海外に移住したという噂とは?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ