記事ID144299のサムネイル画像

    アルビノとは?日本人はいるの?寿命や割合は?悲しい歴史とは?

    先天的にメラニンが欠乏した遺伝子疾患「アルビノ」。肌の色が真っ白で、髪の毛の色も金髪!アフリカの黒人社会では、アルビノの体の一部を切り落として呪術に使う、アルビノ狩りも起こっています。日本人にもアルビノはいるのか?アルビノの芸能人やモデルをご紹介します!

    アルビノが抱える障害や問題点を調査!

    アルビノと呼ばれている先天性の障害を持っている人達が存在します。人種が違っても、その外見には共通点があります。アルビノは、黒人でも黄色人種でも、白人の様な外見を持っていることが特徴です。

    アルビノは、色素が薄いことで生活に大きな支障をきたし、ライフスタイルを制限されることもあります。また、アルビノに起きやすい合併症も多く報告されています。

    アルビノは、さまざまな世間からの差別に苦しんでいます。酷い国では、アルビノの体を狙った殺人も行われており、その遺体が高値で取り引きされている実態があります。ここでは、アルビノが抱える症状や問題点などをご紹介していきます。

    アルビノとは?

    アルビノとは染色体欠損により、人種に関係なく肌の色は白色、髪の色は金色に近く、瞳の色もグレーやモスグリーンと全体的に色素が薄いことが特徴です。アルビノの中でも、特に色素が薄い人は、血管の色が透けてしまい赤い目をしている人もいます。

    アルビノは、なぜ発症するのでしょうか?アルビノとはどのような症状なのか、またアルビノの発症率について、まとめてみました。

    アルビノの症状

    アルビノは、生まれながらにメラニンが不足しています。アルビノは、先天性疾患であり、突然の発症はありません。また、アルビノの症状の進行は認められていません。しかし、さまざまな合併症を起こしやすいことが分かっています。

    アルビノの正式名称については、多数存在しています。眼皮膚白皮症や先天性白皮症、先天性色素欠乏症など、さまざまです。それらを総合して「アルビノ」と呼ばれています。

    アルビノの名称が分かれている理由には、染色体に関わる遺伝子が関係しています。現在、アルビノを引き起こす遺伝子が20種類確認されており、主な症状は人それぞれ異なります。
    しかし、共通点は色素が薄いことです。アルビノの症状は、「肌の色が白い・体毛の色が茶色から金色もしくは銀色・目の色が非常に薄い」などの外見的特徴が見られます。

    アルビノの症状に、人種は関係ありません。黒人や黄色人種の人達がアルビノの症状を持って生まれると、明らかに周囲の人達と異なる為、差別の目を向けられることがあります。これを「見た目問題」といいます。

    アルビノに見られている特徴的な症状には、皮膚の色素が非常に薄い為、紫外線から皮膚を守れないことが特徴です。紫外線に当たることで、皮膚に火傷を負う場合もあります。また、アルビノは中高年になると皮膚癌を発症するリスクが高いことも特徴です。

    アルビノは、生まれつき極度の視力障害を持って生まれる人も多いことが特徴です。アルビノの視力障害については、眼鏡やコンタクトレンズを使っても矯正できないほど、視力が弱い人も多いのです。

    アルビノの目に関する症状は他にも、眼球が痙攣するように動くことで、平行感覚を保てず、常に眩暈に悩まされている人もいます。また、目の色素も薄い為、日光の強い光や電気の白い光を見ると強い痛みを感じる人もいるのです。

    アルビノの症状には、他にも出血量が多いことも特徴です。また、アルビノは肺炎に注意が必要といわれており、幼児期に肺炎を引き起こすと死亡するリスクが非常に高いといわれています。アルビノは、中高年になると指定難病である「間質性肺炎」を発症するケースが多いことも報告されています。

    また、アルビノは大腸に腫瘍ができやすいことが分かっています。他にも、筋力低下が起きたり、運動発達障害や精神障害を合併することも報告されています。これらの、症状や合併症については、必ずしもアルビノを持った人に共通して起こる症状ではありません。

    アルビノの疾患を持っている人達の中でも、アルビノか判別しにく人達もいます。外見に強くアルビノの症状が現れる人もいれば、視力に強く症状が現れる人もいます。アルビノだからと一括りにせず、それぞれ異なる障害があることを、よく理解することが大切です。

    どのくらいの割合で生まれる?

    アルビノである子供が生まれる割合は、約17000人に1人といわれています。現在の日本では、6000人から10000人ほどのアルビノ患者がいることになります。アルビノの発症率に関しては、一部の地域を除き、ほぼ国や人種は関係ないと見られています。

    現在、日本の総人口が約1億2000人といわれており、その中でアルビノの症状を持っている人に出会う確率は、非常に低いと考えられます。しかし、それだけ世間がアルビノの症状に関して知る機会が少ないともいえます。

    他の国民とは異なる外見的特徴を持って生まれてきたアルビノの人達は、さまざまな偏見や差別に苦しんでいます。アルビノという疾患が知られておらず、理解が進んでいないことも理由となっています。この「見た目問題」については、多くの国民が知ること・理解することが解決への糸口となっています。

    地域によって発症率は異なる

    アルビノの発症率については、タンザニアを中心としたアフリカの東部に多いことが明らかとなっています。タンザニアを中心としたアフリカの東部の人達の中で、アルビノの発症率は、2000人に1名といわれています。他の国とは全く異なり、アルビノの人口が多いことが分かっています。

    アルビノは、近親者の間に生まれた子供に多く見られることが分かっています。血の繋がりが濃ゆい人間との間に子供が生まれると、遺伝子の異常が起こりやすく、アルビノ以外の疾患を抱えて生まれてくる人も多いのです。

    アフリカの東部では、種族によっては閉鎖的な暮らしをしている人種も多く、近親者同志での結婚が繰り返されていることも、アルビノの発症率増加に関係しています。また、アルビノ同志が結婚すると、子供は必ずアルビノの症状を持って生まれてくることが分かっています。

    アルビノの特徴

    アルビノには、外見に大きな特徴があります。肌の色、髪の色、目の色と他の人とは異なる特徴を持っています。その外見は、まるでお人形のように美しくいことも、アルビノが注目される理由となっています。アルビノの外見について、まとめてみました。

    目の色

    アルビノは、目の色に特徴が表れやすいといわれています。瞳の部分の色素が薄く、グレーからモスグリーンに見える為、ガラスのような瞳であることが特徴です。アルビノの中でも、特に目の色素が薄い人は、血管が透けてしまい赤い目の人もいます。

    しかしアルビノは、上手く瞳の役割が稼働しません。アルビノは、重度の視覚障害を持っている人が多く存在します。アルビノは、映像を瞳に上手く反映できなかったり、ピントの調整が困難な為、視覚障害を引き起こしているといわれています。

    また、アルビノは光に非常に弱く、光を苦手とする特徴があります。光から目を守る為に、サングラスの着用が必要となる人も多いのです。

    透き通った肌

    アルビノの肌は、色素が薄いことから透き通った白い肌をしている人もいます。これは、ややアルビノの中でも、症状の現れが異なります。しかし、肌の色にアルビノの症状が強く出ている人は、肌が透き通っており、まるでお人形のような美しさを持っています。

    アルビノは、症状の現れに差があっても、紫外線から肌を守るメラニンが不足していることには変わりない為、絶対に日焼けはできません。日焼けをすると重度の火傷を起こす場合もあり、火傷によって皮膚細胞が損傷する可能性があります。

    アルビノは、紫外線から肌を守る為に、日焼け対策を念入りに行わなければなりません。また、日差しが強い時間帯は外出ができなかったりと、生活が制限されることもあります。

    金髪

    アルビノの外見的特徴で一番分かりやすいのは、髪の色かもしれません。アルビノは、体毛の色素も薄く、髪の色が金色や白に近い銀色になる人もいます。

    日本人でアルビノを抱えている人は、特徴的な髪の色で大きな差別を受けている人も多いようです。日本人で髪の毛が金色だと、就職などに不利となり苦労している人が多いのです。

    アルビノの赤ちゃん

    アルビノは先天性の疾患の為、産まれて直ぐにアルビノであると気が付く場合が多く、母親がショックを受けたり、家族が障害を受け入れるまでに時間がかかることがあります。

    しかし、他人からすると「お人形のような赤ちゃん」だと、赤ちゃんの美しさに驚く人が多いのです。アルビノの赤ちゃんは、まるで「雪の妖精」だと例える人もいます。肌の透き通る白さや髪の美しい色が、まるで天使のようだといわれています。

    アルビノの赤ちゃんは、多くの人の目を惹きつけます。しかし、家族からすると偏見の目で見られていると感じる人が多いのです。

    日本人にもいる?アルビノの芸能人・モデル

    アルビノも持った日本人は、約8000人から10000人いるといわれています。現在では、インターネットの拡大やSNSの普及によって、アルビノを持っている人が、自ら情報を発信することができるようになりました。

    日本人だけでなく世界中で、アルビノを公言している芸能人やモデルの方々がいます。アルビノを公言されている方々をご紹介します。

    薮本舞

    藪本舞さんは、自身がアルビノであることを公表し、アルビノの理解を深めようとしている女性になります。「見た目問相談センター」で相談員を務めていたり、「アルビノ・ドーナツの会」の代表を務めています。

    藪本舞さん自身やご家族も、多くの苦労や経験を乗り越えてきました。その経験を活かし、現在では多くの「見た目問題」やアルビノで悩んでいる人の心の支えになっている女性です。アルビノを通して、「みんな違って、みんな良い」という考えを発信している素敵な女性です。

    粕谷幸司

    粕谷幸司さんは、アルビノ・エンターテイナーとして活動しています。日本大学の芸術学部映画学科脚本コースを卒業されています。過去には、アイドルや声優のマネージメントをしていた経歴があります。

    現在では、粕谷幸司さん自身がメディアに出て、アルビノという障害やアルビノの社会的な理解を深める為に、積極的に活動をされています。

    ナスチャ・クマロヴァ

    ナスチャ・クマロヴァさんは、ロシア出身のモデルとして活動されています。雑誌「Vogue」に17歳で登場してから、多くの人がその美しさに圧巻されました。ナスチャ・クマロヴァさんは、「エルフの女王」とも呼ばれています。

    ナスチャ・クマロヴァさんは、アルビノであることでイジメを受けた経験を持っている人です。ナスチャ・クマロヴァさんは、その辛い経験もポジティブに語っており、その明るい人柄に惹かれてファンになった人も多いようです。

    ナスチャ・クマロヴァさんはロシア出身ですが、親日家としても有名です。もともと、アニメやコスプレが好きだったこともあり、日本語も話せるそうです。ナスチャ・クマロヴァのコスプレ姿は美し過ぎて、女性のファンが多いことも特徴です。

    ジョニー・ウィンター

    ジョニー・ウィンターさんは、アメリカの有名なギタリストでした。2014年7月に70歳で亡くなりました。ジョニー・ウィンターさんは、レコード会社との契約金が莫大な額だったとして伝説になっています。

    ジョニー・ウィンターさんは、「100万ドルのギタリスト」と呼ばれていました。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」にも選ばれるほど、ギタリストとして偉大だったことが分かります。

    ジョニー・ウィンターさんの来日は、なかなか実現されませんでした。しかし、2011年に起こった東日本大震災の後に来日が実現ました。以降は亡くなるまで度々来日され、ライブを行っていました。

    コニー・チウ

    コニー・チウさんは、世界初のアルビノを公言したモデルになります。コニー・チウさんは、もともと香港生まれですが、香港の強い紫外線の下では生活しにくいことから、スウェーデンに引っ越し、スウェーデンで育ったようです。

    コニー・チウさんは、有名なファッションデザイナーに自分の写真を送って、自身を売り込んだ女性です。とてもアクティブな人柄が伺えます。

    アヴァ・クラーク

    アヴァ・クラークさんは、アフリカ系アメリカ人のファッションモデルです。モデルデビューした当時は、まだ8歳でした。アヴァ・クラークさんの可愛らしさが話題となり、インスタグラムで人気を博しました。現在、インスタグラムのフォロワーは、90万人を突破しています。

    アヴァ・クラークさんはアフリカ系アメリカ人ですが、やはり肌の色は透き通るように白く、髪は金色です。アヴァ・クラークさんのインスタグラムにアップされている写真は、まるでお人形のように美しく、アルビノの人達が神聖な存在といわれる理由がよく分かります。

    アルビノは人間だけではなく動物にもいる!

    アルビノとは、染色体欠損で発症するといわれていますが、遺伝子を持っている生物なら、アルビノを発症する可能性があるのです。ここでは、人間以外で確認されているアルビノの動物を、ご紹介したいと思います。

    アルビノのライオン

    アルビノのライオンといわれている「ホワイトライオン」は、アルビノではなく白変種動物になるそうです。白変種動物とは、遺伝子の異常や欠如はみられていません。

    アルビノは遺伝子の異常で突然白い子供が生まれますが、白変種は、もともとの遺伝子が白であることが大きな違いになるそうです。しかし、アルビノと白変種の見分け方は難しいとされています。

    見分け方のポイントが「目」になるそうです。アルビノの動物の場合には、目の色素が薄く「赤い目」になることがポイントです。その為、赤目ではない動物はアルビノの可能性が低いとされています。

    アルビノのゴリラ

    人間と同じ霊長類の仲間であるゴリラにも、アルビノの発症が確認されています。1964年にギニア共和国で、真っ白なゴリラが発見されました。発見されたアルビノのゴリラは、野生のニシローランドゴリラでした。

    このアルビノのゴリラを調べてみると、やはり近親間で生まれたゴリラだったのです。どんな動物であっても血の繋がりが近いと、アルビノを発症するリスクがあることが分かります。

    アルビノのゴリラは発見以降、スペインのバルセロナにある動物園で39年間を過ごしました。

    アルビノのワニ

    アルビノのワニが話題になったのは、ニューヨークの下水道で発見されたことがきっかけでした。ニューヨークの下水道には、多くのワニが住み着いていることでも有名です。その中には、白いワニも存在しているのです。現在で発見されているアルビノのワニは、44匹といわれています。

    多くのワニは、自然に馴染む色をしているのに対して、アルビノのワニは、真っ白に肌が光っており目立ちすぎて自然界では生きていけません。その為、群れを外れて生きています。アルビノのワニだけで生活していれば、アルビノのワニは、もっと増えているはずです。

    また、アルビノのワニも瞳が非常に薄く、光に弱いことが分かっています。アルビノのワニは、外の世界で生活することができないのです。光に弱いアルビノのワニは、暗い地下の下水道などで生活をしていると考えられます。

    アルビノ狩りとは?

    アフリカには、「アルビノ狩り」という言葉が存在しています。「アルビノ狩り」とは、アルビノを殺害して、アルビノの体を呪術に使うという恐ろしい行為をさしているのです。「アルビノ狩り」は、現在でも存在しています。

    なぜ「アルビノ狩り」が行われるのか、実際にあった事件の詳細も併せて、ご紹介していきます。

    アルビノの体にはパワーがある?

    アルビノの白い体には、神秘的な力が宿っていると考えられていました。大昔、アフリカなど白人を見たことがない黒人ばかりの国では、真っ白なアルビノの存在は人間から逸脱した者だと思われていたのです。まさしく、神秘的な存在だと思われていたのでしょう。

    アフリカでは、アルビノの白い体には神秘的なパワーがあり、アルビノの体を食べると幸福が訪れるとの言い伝えがありました。また、選挙があると「アルビノ狩り」によって殺害される人が多いともいわれています。アルビノの力で、選挙に当選しようとする人が増えるからです。

    国を担う政治家を目指す人であっても、アルビノの人権を守ってくれないとは、本当に恐ろしい文化だと思います。アフリカで生まれたアルビノは、言い伝えを信じている人達から命を狙われることがあり、安全な生活が難しいことが分かっています。

    薬として使われる

    アフリカでアルビノの体は、神秘的なパワー以外にも、病気を治す薬として狙われていました。アルビノの体の中で、自分が病気や怪我を患っている部分を食べると、病気や怪我が治ると信じられていました。また、エイズ患者は、アルビノと性行為をすることでエイズが治るといわれており、アルビノがエイズ患者に暴行されることもあったのです。

    アルビノの体は、薬以外にも権力や財力を得られる力があると信じられていました。漁師がアルビノの髪の毛を織り込んだネットを使うと豊漁に恵まれるといわれていたり、アルビノの足を持って山に入れば、金を掘り当てられるとの言い伝えがあったのです。

    アフリカ人にとってアルビノは、高値で売買されており、その金額は900万円にも上るといわれています。アフリカ人にとってアルビノは、同じ人間ではなく希少動物と見ていた為、このような恐ろしい言い伝えが根付いたと思われます。

    アルビノ狩りはどこで起きている?

    「アルビノ狩り」が起こっている地方は、主にアフリカのモザンビーク共和国やタンザニア連合共和国です。この地域を含むアフリカでは古くから呪術が信じられており、呪術師は強い権力を持っていました。

    タンザニアの呪術師が、アルビノの希少的な存在に目を向け、アルビノの体を煮て薬を作る「ムチャウイ」という呪術を生み出しました。その呪術がアフリカに広がったことで、アルビノを殺害して売買する取り引きが始まったと見られています。

    タンザニア連合共和国では、アルビノを殺害し売買を行う人間が増加し続けたことから、呪術師を禁止する法律が施行されました。しかし、未だに偏見はなくならず、「アルビノは魔女だ」と弾圧し財産を奪って、自分達の地域から追い出す人達もいます。根強い歴史が、払拭できない現実があるのです。

    「白い黒人」の運命

    世界では、アルビノに対する理解も深まりつつありますが、アフリカでは根強い歴史や文化から、現在でもアルビノの命を狙った事件が起きています。アルビノを狙った犯行が、年間平均70件以上も行われているのです。アルビノを狙う人を、アルビノハンターといいます。

    アルビノの残虐な事件の中には。2011年にアルビノの女の子が背中から射殺され、舌や性器をくり抜かれていた事件があります。また、2017年には17歳のアルビノの男子が殺害されました。遺体は、男子の肉を削ぎ落し、骨と脳が取り出されていたそうです。とても恐ろしい犯行だったことが伺えます。

    タンザニアでは、ある家庭に複数の男達が押し入り、アルビノの子供を殺害した上、両足を切断して逃走するという凶悪な犯行が行われました。この一部始終を見ていた母親は、ショックを受けましたが、他にもアルビノの子供がいた為、また子供達が狙われると不安を抱えていました。

    しかし、後日逮捕された男達の中に、自分の夫がいたのです。殺された子供の実の父親です。娘の殺害の報酬として、145ドルを受け取っていたことも判明しています。アフリカでは、家族でもアルビノの命を狙っていたのです。

    また、アルビノを持っているタンザニア出身のアリアノ・スタフォードさんが、日本財団主催のアルビニズム会議に参加した際、アルビノに生まれたことで壮絶な人生を送り、男性4人に襲われ両腕を失った経緯を語りました。その過酷な人生に、多くの人が関心を向けました。

    アリアノさんが産まれた時、親戚がアリアノさんの両親に「この子は呪われている、殺せ」と言ったそうです。両親も怖くなり、アリアノさんを殺そうとしました。しかし、祖母がアリアノさんを守ったのです。しかし、アリアノさんは両親から「外に出るな」と言われ、学校にも通えなかったそうです。

    アリアノさんの祖母が説得し、10歳から学校に通うことになりました。学校では、周囲の人から偏見の目で見られ、先生達からも差別を受けたことにより、学校に行けなくなりました。アルビノの障害によって、アリアノさんは壮絶な子供時代を過ごしたのです。

    大人になり、子供も生まれたアリアノさんは、幸せを掴もうとしていました。そんな中、家に男性4人が侵入し、アリアノさんの腕を切り落としたのです。助けを呼び、病院に運ばれて一命を取り留めました。しかし、両腕をなくしたアリアノさんは、再度悲しみの底に突き落とされたのです。

    この体験を話すことで、世界中の人にアルビノの現状を知ってもらうと共に、アリアノさんは、両腕を奪った男性らを許すと語っています。許すことで、自分が前に進みたいとの思いがあるそうです。本当に、強く素敵な女性だと感じます。

    アルビノの寿命は短い?

    アルビノは、寿命が非常に短いといわれています。なぜ、寿命が短いといわれているのでしょうか。アルビノが抱える障害や精神面に焦点を当てて、検証してみましょう。

    皮膚がんの可能性

    アルビノは、皮膚のメラニン細胞の数が少なく、紫外線から自身を守ることができません。メラニン細胞は、紫外線から守る役割を持っています。本来、どの人種であってもメラニン細胞の数は変わりません。メラニン細胞の大きさによって、肌の色が異なるように見えるのです。

    メラニン細胞の生産は、神経伝達に関係しています。脳の老化によって、メラニン細胞の働きが弱くなることがあります。しかし、アルビノはメラニン細胞の数が少ない為、脳を活性化しても増えることはありません。

    アルビノは、もともとメラニン細胞が少ない為、紫外線の影響を直接受けることになります。アルビノは、太陽の光を浴びると火傷のような症状が起こりやすく、皮膚癌の発症率が高いこも報告されています。

    ストレスがたまりやすい?

    アルビノは、非常にストレスの多い生活を強いられます。日焼けから自身を守る為、日光を浴びることを避けなくてはなりません。外出できる時間やファッションも制限されてしまいます。

    また、肌の色や髪の色、目の色が違うことで、他人から好奇な目で見られることに対しても、大きなストレスを感じています。そのことを隠そうと、メイクやウィッグなどで隠して生活している人もいます。

    また、アルビノに理解のない人から差別的な扱いをされることもあります。差別的な言動によって、社会との関りを絶ち、孤立してしまうこともあります。この問題が「見た目問題」になるのです。

    治療はできる?

    アルビノは、染色体の欠損によって起こる疾患の為、治療方法はありません。疾患に対しては、自分達で気を付けて生活するしかないのです。アルビノは、どんなに気を付けて生活していても、さまざまな合併症を引き起こしやすいことが特徴です。

    紫外線

    アルビノはメラニンが不足していることから、日焼け対策を徹底しなくてはなりません。普通は日焼けをすると肌が黒くなります。これは、メラニンが働いて紫外線から肌を守っている証拠なのです。しかし、アルビノは紫外線に直接当たると、火傷のような症状を起こす場合もあります。

    アルビノは紫外線をさける為、屋内であっても日光が差し込む場所は避けなくてはなりません。住居も、窓をUVカットのガラスを使用したり遮光カーテンにするなど、さまざまな対策が必要となります。

    アルビノは外出時に、必ずUVカットの日焼け止めを塗ってから外出しなくてはならないことや、肌を露出する洋服を着ることも避けなくてはなりません。アルビノは、日焼けを避ける生活により、ライフスタイルを制限されてしまいます。アルビノは、自由な外出が難しいことが分かります。

    視覚

    アルビノは、重度の視覚障害を持って生まれてくる可能性が高いとされています。眼鏡やコンタクトレンズでは、補いきれないほどの視覚障害を持っている人も多いのです。アルビノの中には、光を感じる程度しか見えていない人もいます。

    重度の視覚障害を持っているアルビノは、近い所を見る場合であってもオペラグラスを使用する人も多くいます。また、読み物などは点字を使用する人もいます。

    アルビノの寿命は一般的!

    アルビノの寿命が短いといわれている背景には、時代錯誤もあります。昔は、平均寿命が短かったことや、医療が発達していなかった為、アルビノが他の人と比べて早く亡くなることもありました。また、アルビノが肺炎にかかりやすいことも原因だったようです。

    現代では、医療も発達しており、アルビノの寿命が短いとは考えられません。しかし、アルビノは、さまざまな合併症を起こしやすことが明らかになっています。合併症を起こした場合には、早期発見・早期治療を行うことで、アルビノも長生きできることが分かっています。

    アルビノを持つ人へ理解を!

    アルビノの人達は、染色体の欠損により、さまざまな障害を抱えています。障害に併せて、色素が薄いことから「肌の色が白い・髪や目の色が違う」との理由で外見への偏見とも戦っているのです。

    また、アフリカでは、現在でも「アルビノ狩り」という恐ろしい犯罪が起こっており、多くのアルビノが殺害されています。

    アルビノへの正しい知識と理解を世界中で深めることが、差別や偏見のない世の中を創っていくと考えられます。

    関連記事はこちら!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ