記事ID144027のサムネイル画像

    土屋太鳳がダンス下手なのって本当?美形で注目を集めている兄弟とは?

    数々のドラマや映画、CMに出演し、テレビで見ない日はない女優さんの土屋太鳳さん。そんな土屋さんが紅白歌合戦やCMで披露されるダンスが話題を呼んでいます。また、兄弟が美形すぎるとの噂も出回っています。今回は土屋さんのダンスの実力や兄弟についてご紹介します!

    土屋太鳳ってどんな人物?

    NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインを演じ、注目を浴びた土屋太鳳さん。それ以来、ドラマ、バラエティ、CM、映画と様々なジャンルで活躍している土屋太鳳さんのプロフィールを、まず最初に紹介していきます。

    土屋太鳳のプロフィール

    明るくて活発なイメージが強い土屋太鳳さん。幼いころから習っていたと言うダンスも得意です。CMでもキレッキレのダンスを披露しました。

    • 本名(ふりがな):土屋太鳳(つちやたお)
    • 所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
    • 生年月日:1995年2月3日
    • 現在年齢:24歳
    • 出身地:東京都
    • 血液型:O型
    • 身長:155cm
    • 活動内容:女優
    • 家族構成:両親・姉・弟

    土屋太鳳は身長をサバ読みしている?

    土屋太鳳さんは、身長をサバ読みしているのではいなかと噂されたことがあります。
    公式サイトで、身長155cmとなっていますが、実際はもっと低いのではという疑惑が浮上したのです。

    155cmというのは、女性の平均身長が160cmと言われる現在では確かに少し低い方です。
    でも、それより低いと思われてしまう原因は、ドラマなどで共演した男優に高身長の人が多いのも原因のようです。

    阿部寛さん、竹内涼真さん、福士蒼太さん、ディーン・フジオカさん、山崎賢人さん、織田裕二さん、亀梨和也さんなど高身長の共演俳優が多数いて、180cmを超える俳優さんもいます。
    共演男優が高身長ゆえに、並んだ時に土屋太鳳さんがとても低く見えてしまうのです。

    土屋太鳳のダンスの実力は?

    土屋太鳳さんは、自分の特技が「踊ること」と公式サイトでも言っているように、日本舞踊、クラシックバレエ、ヒップホップ、創作ダンスなど様々なダンスを踊れるのだそうです。

    3歳の頃からダンスを始めたそうで、ダンス歴も長く、ベテランの域に近く、彼女のダンスの実力はなかなかのもののようです。

    高校時代はダンス部所属?全国大会に出場?

    土屋太鳳さんは、高校時代は創作ダンス部に所属しています。
    全国大会にも出場したそうで、ダンスに夢中の青春を送ったようです。

    土屋太鳳さんのダンスが下手?

    2016年度・NHK紅白歌合戦で、土屋太鳳さんが郷ひろみさんとコラボし、「言えないよ」を歌う郷さんのバックで創作ダンスを踊り、お茶の間の視聴者を驚かせました。

    型にはまった踊りではなく、ダンスの概念にとらわれない土屋さんの感性で踊った独創的なダンスは、一般の視聴者にとって上手いか下手かを判断しにくいものだったようです。

    それだけに、郷さんをたてることなく自分勝手に踊っていると思われたり、とても面白いと褒められたり賛否両論の反応が起こりました。

    土屋太鳳のCMのダンスが怖いと話題に?

    明るくて元気なイメージの土屋太鳳さんは、数々のCMにも起用されていますが、彼女の特技でもあるダンスを生かしたCMは、はつらつとしていて健康的と思う人もいれば、ウザイ、または怖いと受け取ってしまう人もいるようです。

    ダイハツ「BOON」CM

    ダイハツ「BOON」のCMでは、のっけから大勢のエキストラと共に全身を使って踊りまくり、なんともパワフル。

    元気過ぎるところが、なんだか怖いなぁと不快に感じてしまう人がいるのだそうです。
    反対に、彼女のダンスが可愛いくてチャーミングと思う人もいます。

    日本コカ・コーラ「爽健美茶」CM

    日本コカ・コーラ「爽健美茶」のCMでは、土屋太鳳のセリフ「優しくなったお」「おいしくなったお」という「太鳳(たお)」を最後に付けるセリフに、言わされてる感を感じて引いてしまうって人もいるようです。
    逆に、明るく爽やかな映像に心地よさを感じる人もいるようです。

    「爽健美茶」のCMには、土屋太鳳さんがヨガのポーズをとるものがあります。
    こちらは180度開脚も披露し彼女の柔軟でしなやかな体の動きが印象に残り、セリフの最後に「太鳳」を付けることもなく、悪い印象を持つ人はいないようです。

    西武鉄道「ちちんぶいぶい秩父」CM

    西武鉄道「ちちんぶいぶい秩父」では、ちょっぴりコミカルでキレの良いダンスを披露していますが、楽しさに溢れていて、こちらは素直に受け入れられているようです。

    土屋太鳳の家族構成は?

    土屋太鳳さんの家族は、父と母、姉と弟の5人家族です。
    家は、一戸建ての家ではなく世田谷区の分譲マンションだそうです。

    土屋太鳳の弟と姉が美形すぎる!

    土屋太鳳さんは3人姉弟の真ん中で、お姉さんの炎伽(ほのか)さんと弟の神葉(しんば)さんも、太鳳に負けないくらい美人&イケメンです。

    土屋太鳳の弟は芸能界で活躍している!

    1996年4月生まれの土屋神葉さんは、ジュノンボーイスーパーボーイ・コンテストにも応募し、上位100名に入選したイケメン。
    現在は、劇団ひまわりに所属し、俳優&声優として頑張っています。
    映画「バンブルビー」の吹き替えで、姉の太鳳さんと共演し、舞台あいさつで共に登場しました。

    土屋太鳳の姉はミスジャパン?可愛すぎると話題に!

    土屋太鳳さんの姉で、1992年8月生まれの土屋炎伽さん。
    明治大学国際学部に在学中はチアリーディング部に所属し、女子大生モデルとしても活躍していたそうです。
    卒業後は富士通に就職し、チアリーダー部「フロンティアレッツ」に所属しチアリーディングを続けています。

    「2019年ミスジャパン」でグランプリに選ばれ、これをきっかけに芸能界にデビューするかもと囁かれています。
    炎伽さんは、太鳳と同じ160cm以下の身長ですが、身長が低くても英語に長けていなくても応募できるのが「ミスジャパン」なのだそうです。

    土屋太鳳の実家が金持ち?父親の職業は?

    父はカフェやイベント・パーティ会場のリース会社を経営していて、かなり裕福な家庭のようです。
    母は、音楽関係の仕事をしているらしいですが、現在も仕事を続けているかは不明です。

    土屋太鳳の学歴は?

    10代前半の頃から芸能界で活躍していた土屋太鳳さん。

    スポーツが盛んな高校に入学後は、芸能活動と学業を両立させる日々を送っていたそうですが、大学入学後は両立が難しいのか留年が続き、大学卒業を危ぶむ声も聞かれます。

    土屋太鳳の出身高校は?

    土屋太鳳さんは、日本女子体育大学付属二階堂高等学校に入学し、創作ダンス部に所属しました。

    名前の通り、日本女子体育大学の付属高校で、スポーツが盛んな学校です。
    二階堂高等学校の偏差値は39とあまり高くなく、スポーツに特化した学校のようです。

    土屋太鳳さんは、在学中は全国大会にも出場したそうで、ダンスに明け暮れる青春時代を送ったようですです。

    土屋太鳳は現在大学生?

    高校卒業後は2013年に現役で日本女子体育大学に進学し、体育学部・運動学科舞踏学を専攻しています。

    日本女子体育大学は、実技を重視する大学だそうで、実技科目は半年で3回を超える欠席が認められていないそうです。

    土屋太鳳さん自身「芸能人特別措置」は望んでいないらしく、正しい方法で実技の単位を取得するつもりらしいですが、芸能界での仕事が多忙で、なかなか思うようにはいかないようです。

    土屋太鳳は大学を卒業できるのか?

    現在大学生の土屋太鳳さんは、2019年時点で大学6年目となります。

    留年しているわけですが、留年にはストレートで卒業する場合の在籍の2倍までしか認められていません。(4年制大学は8年、2年制大学は4年)

    法律で決まっているため、土屋太鳳さんは2021年3月までに卒業に必要な単位を取得しなければ中退となってしまうわけです。

    休学という方法もあり、休学は4年間認められており、留年と合わせて12年後の2025年に卒業ということも可能です。

    土屋太鳳さん自身は「出席日数の足りない私は、たくさんの方々に支えていただきながら、時間をかけて卒業を目指してます」と話しており、芸能活動と学業を両立させながら、是が非でも卒業を目指すつもりのようです。

    土屋太鳳の出演映画は?

    2008年、13歳の中学生の時に黒沢清監督「トウキョウソナタ」で映画デビューした土屋太鳳さん。

    この作品の共演した香川照之さんや津田寛治さんと交流し、2人の仕事ぶりを目の当たりにして女優になることを決意したそうです。

    2012年に青春ファンタジー「果てぬ村のミナ」で初主演し、それ以降、数々の映画の出演。
    2017年以降は2年間で主演作が連続7本と引っ張りだこです。

    土屋太鳳の出演作品「青空エール」

    河原和音の大ヒット少女コミックスを実写映画化した2016年作品。

    野球で応援するブラスバンドに憧れ名門吹奏楽部に入部した女子高生と、クラスメイトの野球部員が、互いに励まし合いながら成長していく姿を描いた青春ストーリー。
    共演は竹内涼真で、土屋太鳳さんは爽やかに好演。

    土屋太鳳の出演作品「トリガール!」

    中村航の原作小説を映画化した2017年の青春コメディ。

    ひょんなことから大学で人力飛行サークルに入ってしまった女子大生が、仲間とともに琵琶湖で開かれる飛行コンテストを目指して奮闘する青春コメディ。

    共演は間宮祥太郎、池田エライザ、高杉真宙、他。
    土屋太鳳さんは、珍しく体育会系キャラを弾けまくって快演しています。

    土屋太鳳の出演作品「となりの怪物くん」

    テレビアニメにもなった、ろびこの少女漫画を実写映画化した2018年の学園ラブコメディ。

    土屋太鳳さんは、どんな時でも勉強を優先する友達ゼロの冷血女子を演じています。

    菅田将暉演じる、予測不能な行動で周囲から誤解されている友達ゼロの不登校男子と繰り広げる不器用な恋の行方は…。

    土屋太鳳はなぜ女子高生役が多い?

    上記で紹介した作品以外にも「PとJK」「春待つ僕ら」など、女子高生役が多い土屋太鳳さん。

    なんでも、芸能プロ関係者の話では、女子高生以外の役は「本人サイドの要望で断られてしまう」のだそうです。

    土屋太鳳さんは、現在は「もっとも露出を嫌う若手女優」と言われていて、「清楚な役」を要望するのだそうです。
    結果的に、肌の露出はほとんどなく、かつ本人の元気なキャラクターが生かせる女子高生役の割合が多くなってしまうらしいのです。

    土屋太鳳さん本人だけでなく、彼女の母親の影響も強く、母親の現場介入は業界ではよく知られた話らしいです。
    だから、土屋太鳳さんが新しいキャラクターに挑戦しようとしたら、まず“母離れ”しなくてはいけないと考える業界の人もいるようです。

    実年齢とのギャップはどこまで許される?

    女子高生の役が多い土屋太鳳さん。
    土屋さんのイメージにぴったりだという好評の声がある一方、いい加減女子高生役は卒業した方がいいのではないかという批判めいた声も聞かれます。

    1995年生まれだから今年で24歳になった土屋太鳳さんだけに、10代の役柄は少し違和感を感じてしまうのかもしれません。

    土屋太鳳はダンスだけでなく歌も上手い!

    柔軟に踊るダンスが注目された土屋太鳳さんですが、歌の実力もなかなかで、本格的に歌手活動してもいいのではと思うくらいです。

    「幸せのセレナーデ」

    1970年代に放送されていたオーディション番組「全日本歌謡選手権」をモチーフに、歌手を目指すヒロインの奮闘と成長を描いたドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌殻」。

    ドラマの中で土屋太鳳さんは、つんくプロデュースによる歌曲「幸せのセレナーデ」を披露しました。

    「Felicies(フェリシーズ)」

    土屋太鳳さんは、アニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」で初の吹き替えに挑戦しただけでなく、主題歌の作詞と歌唱を担当しました。

    ドラマ、映画だけでなく、幅広いジャンルで大活躍の土屋太鳳

    映画、ドラマだけでなく、お得意のダンスはもちろん歌唱力もある土屋太鳳さん。

    お年頃だし、ぼちぼち恋の噂も囁かれそうですが、土屋さん自身、まずは今の仕事を続けながら大学卒業を目指しているようです。

    見事、卒業したなら、次は恋のお相手探しを始めるのではないでしょうか。

    気になる土屋太鳳さんの関連記事も下にあるのでご覧ください!

    関連記事もチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ