過激アイドルグループBiSって何者?BiSHとの違いはなに?徹底解説!

BiSは別名新生アイドル研究会とも言われており、過激で破天荒なアイドルグループとして話題になりました。メンバーの入れ替えを繰り返し、好き放題に突き進んでいたBiSは2014年に解散。しかし解散から半年後、新生BiSであるBiSHが誕生しました。

BiSとは?徹底解説!

日本のアイドルグループである『BiS』(ビス)を皆さんは知っていますか?そして、『BiSH』(ビッシュ)という名前の似たアイドルグループも存在しています。この2つのグループの名前が似ていることに気づいた方もいるかもしれません。

この二つのアイドルグループには、つながりがあり、『BiSH』(ビッシュ)が生まれたのは『BiS』(ビス)の存在があったからだと言われています。

今回は、『BiS』(ビス)と『BiSH』(ビッシュ)というアイドルグループについて紹介をしていきますので見ていきましょう。

BiSって何者?

『BiS』(ビス)とは、いったい何者なのでしょう。2010年結成をして、2014年に解散をしたのが第1期=通称『旧BiS』と呼ばれているものです。

解散から2年後の2016年に新しいメンバーで活動を再開すると発表をしてたのが第2期=通称『新BiS』のことです。『新BiS』についてもあとで、説明をしますので是非ご覧ください。

ここでは、『BiS』(ビス)のことについてたっぷりと触れていきますので見ていきましょう。

新生アイドル研究会の始まり

ソロボーカリストとして活動をしていた『プー・ルイ』という女性が、きっかけとなっています。このオーディションの発端は、プー・ルイが、「アイドルをしたい」とインタビューで答えたことがきっかけとなりました。

そこから、2010年10月に公開メンバー選考オーディションを開催しており、そこで選ばれた3人とプー・ルイの4人で『BiS』(ビス)を結成したことから始まります。同年11月から活動を始めています。

BiSの由来は”Brand-new idol Society”

『BiS』(ビス)のグループ名は、「Brand-new idol Society」という頭文字をとっています。これを訳すと、新生アイドル研究会という意味になります。

 

そして、ここからが重要な意味を持っています。「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組」という意味もあるそうです。このコンセプトを掲げ彼女たちは活動を行っていたというのが始まりになります。

「自給自足」をモットーに異色のアイドルが誕生!

『BiS』(ビス)は、「自給自足」をモットーにして、活動するにあたり曲の振り付けなどはすべて自分たちで行っていたと言われています。ここまでは、普通のアイドルもやっていることかもしれませんが、どんなことが”異色”といわれていたのか詳しく見ていきましょう。

振り付けも自分たちで考えた

先ほど上記で述べさせていただきましたが、『BiS』(ビス)は、自分たちの楽曲の振り付けなどは、自分たちで行っていたそうです。また、楽曲を制作するにあたり、作家の人にお願いをするときも土下座をしていたなどといわれており、”異色”のアイドルグループとして話題を呼んでいました。

また、イベントの出演交渉も自分たちでやっていたと言われていてとてもガッツのあるアイドルとして有名になっています。

全裸で樹海を走り回るビデオが話題に

2011年8月3日に発売されたファーストシングル『My Ixxx』は、過激なミュージックビデオとして話題を呼んだのが作品のことを指します。全裸で森の中を走り回っている女性アイドルたちの映像が発表(解禁)されてファンの間でも話題を呼んでいたものになります。

ファンたちは、”映像が衝撃すぎて、歌が最初は入ってこなかったけど、曲だけを聞くととてもいい歌”などと意外にも好印象を獲得しています。全裸で、森の中を走り回っていますが、ぼかしなども入っているため、配慮はされています。

破天荒すぎる活動でプロデューサーが坊主に

こうして、『BiS』(ビス)は、過激な活動をしつつも少しずつ、世の中に知れ渡るようになってきていました。”破天荒すぎるアイドル”として知名度を上げ、ファンを楽しませていたということもありますが、前代未聞のアイドル活動をしているということもあり、メンバーが過激すぎる活動が嫌になって辞める活動辞退や脱退を繰り返すグループとなってしまったようです。

さらには、『BiS』(ビス)をプロデュースしていた渡辺淳之介氏が丸坊主になるなどしています。過激すぎたので責任を取ってという意味を込めて丸坊主になったともささやかれていました。

2014年ついにBiS解散

過激すぎる炎上商法のようなもので知名度を上げた『BiS』(ビス)でしたが、残念なこと2014年に解散が発表されています。

ファーストシングルの『My Ixxx』のミュージックビデオが話題を呼んでいた作品でもあったのでファンの間では悲しみが広がっていたようでした。ここでは、『BiS』(ビス)の解散コンサートや解散後のメンバーがどうなったかについて紹介をしていきますので見ていきましょう。

解散ライブは横浜アリーナで行われた

『BiS』(ビス)の目標として掲げていたものは、プー・ルイさんが憧れるモーニング娘。の高橋愛さんが武道館でした卒業コンサートのように、”グループが解散するときに武道館でコンサートができるようにすること”でした。

しかし、武道館が川に断られたという理由で、横浜アリーナでの卒業コンサートとなりました。『BiS』(ビス)にとって、横浜アリーナでの解散コンサートを『BiSなりの武道館』というタイトルをつけて解散コンサートを行いました。

武道館のキャパシティーよりも大きい横浜アリーナでのコンサートは無事に成功しました。

解散後はそれぞれの道に

プー・ルイさんは、解散後に、「プー・ルイ」から「プールイ」に改名。「LUI FRONTiC 赤羽JAPAN」のヴォーカリストとして活動。解散から2年後にBiSの再始動を宣言する。BiS再始動に伴って「プー・ルイ」に名義を戻す。

ヒラノノゾミさんは、解散後は、ファーストサマーウイカとともに「BILLIE IDLE®」を結成。

カミヤサキさんは、解散後は、元いずこねこの茉里(ミズタマリ)とともに「プラニメ」(現「GANG PARADE」)を結成。

テンテンコさんは、解散と共に特定の事務所との契約を結ばず完全フリーランスとして活動。「歌」「LIVE」「DJ」「ノイズ演奏家」「執筆」「タレント」活動に加え、テレビや雑誌等に活動の幅を広げる。2016年よりトイズファクトリー/MIYA TERRACEとマネージメント契約。

コショージメグミさんは、解散後はekoms代表・サクライケンタのプロデュースで「Maison book girl」として活動しています。

出典:https://ja.wikipedia.org

『BiS』(ビス)解散後に、メンバーの皆さんが歩むことになったそれぞれの道で活躍することを応援していきましょう。

BiSHって何者?

さてここからいよいよ、『BiSH』(ビッシュ)について紹介をしていきますので見ていきましょう!様々なところでも話題になっている『BiSH』(ビッシュ)という女性アイドルグループはいったい何者なのでしょうか?見ていきましょう!

まず、『BiSH』(ビッシュ)は、現在6人で構成されていて、アイナ・ジ・エンドさん、セントチヒロ・チッチさん、モモコグミカンパニーさん、ハシヤスメ・アツコさん、リンリンさん、アユニ・Dさん以上のメンバーから成り立っています。

BiSのプロデューサーが”BiSを再開する”と宣言

まず、『BiSH』(ビッシュ)は、『BiS』(ビス)が解散した6か月後に急に発表されたアイドルグループです。『BiS』(ビス)のプロデューサーである渡辺淳之介氏が、「BiSをもう一度度始める!」と宣言したことで、『BiSH』(ビッシュ)の活動がスタートしたと言えます。そして、デビューに向けて急いでメンバーを集めることになり、オーディションを開催して5名が合格をしています。

『BiS』(ビス)のサウンドプロデュースをしていた松隈ケンタ氏がこちらのグループも担当することになりファンからは戸惑いの声も溢れていたようです。

『BiSH』(ビッシュ)は、「Brand-new idol SHiT」の頭文字をとっている名前です。この意味は、”新生クソアイドル”だそうです。ファンのことを”清掃員”と呼び、クソを掃除するというような意味も込められているため、『BiS』(ビス)と同じく過激派な女性アイドルグループということになります。

BiSに劣らない過激なパフォーマンスを披露

『BiS』(ビス)に劣らないくらいの過激なミュージックビデオがこちらも話題になっています。過激なことをやりすぎてしまうと、世間から白い目で見られるということもあり、『BiSH』(ビッシュ)に関しては、過激なものを少し減らしたそうです。

過激なものを減らしたとしても、”体重を公開してメンバーがダイエットをする企画”や”『星が瞬く夜に』という曲のクソ(馬糞)まみれPV”や”BiSがやっていたマラソンの200km駅伝”などをしていたので過酷なアイドル生活を送っていることが分かります。

BiSHは芸能界でも注目されている!

生田斗真さんが、日本テレビの『しゃべくり007』にゲスト出演をしていた時に、はまっているアーティストについて『BiSH』(ビッシュ)を上げるほどでした。そこから、一気に知名度も上がり、たくさんの人が知る機会となりました。

そこでバラエティー番組に出演した『BiSH』です。しゃべくり芸人も、あまりの『BiSH』の凄さに圧倒されていましたね。

生田斗真さんだけでなく、芸能界の中でも熱い視線が送られている『BiSH』の魅力についても見ていきましょう。

歌詞が過激すぎると話題

『BiSH』(ビッシュ)が作る歌は、独特の歌詞が多く話題になっています。まず一つは”歌詞が過激すぎる”ということです。2018年6月に発売された『NON TiE-UP』という楽曲は、ド直球に、下ネタの歌詞があります。

これには、ファンもびっくり、初めて聞いた人も自分の耳を疑うほどのびっくりする歌詞になっています。これを見た視聴者は、”大人たちにやらされているのであればかわいそう”という声が相次いでSNSに寄せられていました。

そして、この楽曲の振り付けも、他のアイドルでは絶対にしないような振り付けになっていて面白いと話題になっているほどです。詳しくは、こちらの動画で確認をしてみてください。

エイベックスからメジャーデビュー

『BiSH』(ビッシュ)は、エイベックスからメジャーデビューすることができました。それを機に、『BiSH』の肩書などもチェンジしています。そして、前アイドルグループ『BiS』(ビス)とは、違う売り方をして見事成功した『新生 BiSH』(ビッシュ)についてみていきましょう!

”楽器を持たないパンクバンド”に変更

『BiSH』(ビッシュ)は、2016年1月に大手『avex(エイベックス)』からのメジャーデビューをきっかけに、”新生クソアイドル”という肩書を捨てて、「楽器を持たないパンクバンド」として活動をすることになりました。大手の会社なので過激な肩書をシンプルな肩書に変えての新たなスタートを切りました。

テレビへの露出も増える

『BiSH』(ビッシュ)は、エイベックスからメジャーデビューしたことにより、情報番組『スッキリ』(日本テレビ)や『ミュージックステーション』(テレビ朝日)にも登場をして話題を呼んでいました。

この2番組だけでなく、上記でも述べましたが、『しゃべくり007』(日本テレビ)にも登場をしています。これだけ大きい話題性のあるテレビ番組に出演したことで、たくさんのフェスなどに呼ばれること間違いなしの注目の音楽バンドです。

幕張メッセでのライブチケットは即日完売

そして、『BiSH』が2018年に開催したホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"」の千葉・幕張メッセを会場とした公演のライブチケットは即日完売して話題を呼んでいました。

単独公演にもかかわらず、1万7000人ものファンが来場し『BiSH』の世界観に酔いしれていたそうです。そして、2019年には、『BiS』(ビス)が、解散公演をした横浜アリーナでのコンサートも開催が決まっているようなのでますます目が離せません!

BiSが復活した?

『BiS』(ビス)が、復活したと話題になりました。”『BiSH』(ビッシュ)が活動をしているのにもかかわらず『BiS』(ビス)が復活するの?”と思われた方もいるかもしれません。ファンもざわついていました。

『BiS』(ビス)の復活について、ここでは紹介をしていきますので早速ですが見ていきましょう!

BiSが復活!

これは『BiS』(ビス)が解散をした後2年が経った頃の話です。2016年7月8日に、プールイさんが、新たにメンバーを募集するという形(オーディション)で新人メンバーを選びました。

『BiS』(ビス)に戻ってプ・ールイという名前に戻し、新たに4人がオーディションに合格をしています。メンバーは、キカ・フロント・フロンタールさん、ペリ・ウブさん、アヤ・エイトプリンスさん、ゴ・ジーラさん、そして、前グループに所属をしていたプ・ールイさんの5人です。

BiS1stとBiS2ndに分裂

プー・ルイさんがグループから脱退をした後の2018年3月に「WACK合同オーディション2018」でグループは分裂とリーグ制導入が発表されています。『BiS』(ビス)にとっては、新たな始動ということになるでしょう。グループからメンバーが脱退することが多くなり再編成をすることになったと言えます。

選抜メンバーである『BiS1st』のメンバーは、パン・ルナリーフィさん、ゴ・ジーラさん、アヤ・エイトプリンスさん、トリアエズ・ハナさん、の4人組です。そして、『BiS2nd』は、2軍メンバーから成り立っていたのです。

『BiS』の今後に注目!

分裂を繰り返していく中で、2019年新たな動きがありました。現在のメンバー9人より解散の申し入れがありそれを受理したそうです。

ファンは、今まで通りいるでしょうが、2回目の分裂には、ファンもうんざりしている様子がSNSなどですでに見られています。そして、またオーディションをすることになっているようです。現在選考中との噂もあります。

分裂が繰り返されると離れていくファンもいるかもしれませんが、『BiS』(ビス)の今後の動きに要注目です。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ