ケンモメンとは嫌儲民!その意味や由来・行動や用語まで徹底解説

ケンモメンは嫌儲民のことを指します。嫌儲という言葉自体が造語であり、その意味や造語ができた経緯などにも深い理由があります。それは驚くべき理由でした。その理由やケンモミンが使う用語、行動など詳しい内容を徹底調査していきましょう。

ケンモメンって何?

ケンモメンという言葉を度々ネットで目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。よく目にはするけれど、どういう意味なのだろうと見るたびに思っている人も中にはいることでしょう。

正直よくわからない言葉で気になってしまったというそこのあなたに、今回はケンモメンという言葉の意味や由来などを詳しくご紹介していきます。

ケンモメンの意味とは?

ケンモメンは嫌儲という言葉からできています。そう聞いてすっきりしたと思える人は少ないでしょう。そもそも嫌儲とは何なのだろうかと思った人のほうが多いのではないでしょうか。

ケンモメンとは何を表すのか、そのもととなる嫌儲という言葉の意味は何なのかをご紹介していきます。

2chの嫌儲民のこと

ケンモメンとはインターネット掲示板の2chに存在する嫌儲民のことです。2chには嫌儲民が数多くおり、それは同じような人を嫌う集団です。日々その話題で盛り上がり、時には集団で荒らしも行います。

なかなか性格の悪い集まりのような気もしますが、彼らにも主張はあります。確かにと納得してしまう人もいることでしょう。その理由さえなければ悪さはしないのがケンモメンです。

ケンモメンを刺激しなければいいだけ、つまりルールさえ守れば攻撃をしてくることはないので、ケンモメンについて詳しく知っておくことは誰にとってもプラスになることでしょう。

嫌儲とはどういう意味?

嫌儲という言葉自体が、そもそもあまり馴染みがない事でしょう。嫌儲民と言われても、そんなにピンとは来ないはずです。字だけで見ると何かが嫌なのかなということは,
なんとなく想像が付きます。

嫌儲とは、儲けることを嫌う人です。儲けることを嫌いってどういうことだと突っ込みが入りそうですが、正確に言えば「楽して儲けることを嫌う人」を指します。そう聞くと納得できることでしょう。

楽して儲ける人とはアフィリエイターやまとめサイトの運営者のことを指します。特にまとめサイトは、自分たちの発言をただ貼り付けてお金を儲けているためかなり気に食わないようなのです。

ケンモメンの由来や元ネタは?

嫌儲民という名前からどうしてケンモメンという名前ができたのか。ケンモミンという言葉だけを聞くと、なんだか煙のキャラクターもイメージできます。人によってイメージは様々でしょう。

なぜケンモメンという名前になったのか、そして元ネタは何なのか気になる情報をご紹介していきましょう。

嫌儲(ケンモウ)×男性(メン)=ケンモメン

嫌儲民とは細かくいえば嫌儲の男性です。その嫌儲と男性を表すメンをかけて、ケンモメンという名前が付きました。この組み合わせで、ケンモメンという言葉ができるのは一種の才能でしょう。

そもそも嫌儲という言葉自体が造語です。その嫌儲民が多くいることがわかったことによりケンモメンはできあがりました。その結束はかなり堅いものです。きっと汗水たらして働いている男性たちなのでしょう。

アフィリエイターが嫌いな気持ちもわからなくはありません。しかし、リサーチの大変さやまとめることの大変さは決して「楽して稼ぐ」とは言えないものなのでいつか分かり合える時が来ることを願います。

嫌儲の由来は韓国嫌い?

嫌儲という言葉は、アフィリエイターなどを嫌う人が多かったことによってできた造語です。その嫌儲という言葉の由来は「嫌韓」からもきています。嫌韓とは韓国を嫌う人たちのことを指します。

しかし、嫌儲の人も嫌韓であるというわけではありません。もちろんどちらに対しても嫌いという感情を持っている人はいるかもしれませんが、それは個人の話です。このつの言葉には特にかかわりはありません。

ただ、嫌韓という言葉の響きから由来して嫌儲という言葉ができたというだけです。これからまだ嫌いなものがはやると、「嫌〇」という言葉が誕生してくるかもしれません。

ニュース速報板(嫌儲板)の登場でバトル勃発?

ケンモメンで検索してみると出てくるのは、悪い人たちのようなイメージです。ただ、ケンモメンの情報をまとめているのはほぼアフィリエイター。いい情報が出てくるほうが珍しいのです。

本当のケンモメンについて、そしてケンモメンが集まる板「ニュース速報板(嫌儲板)」ができた背景についてご紹介していきます。

ニュース速報板(嫌儲板)ができた背景

ニュース速報板(嫌儲板)ができた背景には驚くべき事実がありました。まとめ運営サイトのアフィリエイターを嫌うのには、正当な理由があったのです。それはまとめ運営サイトの管理人による荒らし行為などです。

掲示板の内容のまとめを作るために、スレッドを乱立ちさせたり煽って荒らしたりなどの行為で楽しんでいた板の住民たちの場を荒らしました。そして、それをネタにあることない事サイトにまとめるのです。

こうして荒らした挙句にお金も儲けていることに腹を立て、ケンモミンができあがりました。そして、転載禁止の嫌儲板ができあがったのです。これはまとめサイトの運営者がすべて悪いような気がします。

ネトウヨ・アフィカスとは?

ネトウヨとは、ネットで右翼発言をする人のことを指します。度々暴走するので、2ch内でも嫌われておりあまり近づきたくない存在です。しかし、近づきさえしなければ害はないので、そこまで批判も大きくはありません。

そしてアフィカスですが、アフィリエイターの中でも板を荒らしたり金儲けのためにネット住民を煽って悪い印象になるように操作したりする人のことを指します。何もアフィリエイター全員ではありません。

地道に稼いでいるアフィリエイターのことはケンモミンも嫌っていないのです。自分たちの憩いの場を荒らすアフィカスのことを心底嫌っています。ここは人間としてわきまえられるかの問題でしょう。

ケンモメンvsネトウヨ・アフィカス

ネトウヨは近づかなければ害はありません。しかし、アフィカスとネトウヨは仲間ということになっているのです。ケンモメンからすると、ネトウヨはアフィカスにうまく操作されているという説があります。

そして、ケンモメンは転載禁止を破ったアフィカスに制裁を度々行っています。その内容はかなり頭が使われていて関心しますが、その制裁で消えていってしまったサイトは多々あります。

アフィリエイターにとってはそのサイトが生活の収入源なので、かなり痛いことでしょう。ルールさえ守れば制裁は受けないのですから、新しいことに挑戦するほうが身のためです。

ケンモメンの特徴6選

ケンモメンには特徴があります。嫌いなものが一緒の人が集まると性質も似てくるのでしょうか。なにか暗黙のルールのようなものが存在するのかもしれません。

そんなケンモメンの特徴6選をご紹介していきます。

独自の用語を使いたがる

ケンモメンは独自の用語を使いたがります。嫌儲板をのぞいてみるとわかりますが、何を言っているのかわからないくらい知らない言葉が飛び交っています。初めて読む人は検索しながら出ないと読み解けないでしょう。

意味を調べてみると、少しふっと笑みがこぼれてしまうような意味もたくさんあります。独自の言葉を作る才能は素晴らしいなと思ってしまうほどです。ギャグ線の高さは誰もが認めるでしょう。

更に元ネタまでたどってみると笑ってしまいます。正直この板の住民は仲がいいんだなと微笑ましくも思えるでしょう。普段友達と話しているときの身内ネタのようなものだと思ってください。

アニメオタクが多い

ケンモメンはアニメオタクが多い傾向にあります。Twitterのアイコンがアニメキャラである人が多いのです。アニメに関する話題もよく上がりますので、それは正確な情報でしょう。

そして、2011年元旦にアニメ制作会社の公式サイトに「やらおん」というまとめサイトに貼られているアフィリエイトのIDと同じ広告が貼られていることが騒ぎになりました。この時の移民がステマ民です。

そのステマ民が関係しているかはわかりませんが、アニメが関係した騒動だったのでここでアニメ好きの住民が増えたのではないでしょうか。実際に現在嫌儲板の住民はステマ民が過半数を占めています。

差別的なことも叩く

ケンモメンは差別的なことも叩きます。女性差別や人種差別、学歴差別など様々な差別を叩くのです。いいやつじゃないかと思うかもしれません。ただ叩き方はかなり激しいのでそうとも言えないでしょう。

言っていることは正しいのですが、個人の特定なども行ってしまうのでなるべく刺激しないことが無難です。芸能人でいうと山口達也や倖田來未も叩かれていました。

叩かれてもしょうがないとは思いますが、自分が叩かれる対象にならないようにきちんと正しく生きようと心を入れ替えられる叩き方です。その点ではいい影響になっているのかもしれません。

アンケスレには引っかかる

ケンモミンはアフィカスを嫌った人の集まりです。その嫌った理由に、アンケスレの乱立ち行為も入っています。しかし、ケンモミンはアンケスレによく引っかかるのです。アフィリエイターの思うつぼです。

正直その話を聞くと可愛いと思ってしまう人もいるのではいないでしょうか。そして、やはりアフィリエイターは誘導がうまいという証拠でもあります。嫌ってはいながらもまんまとのせられてしまうのでしょう。

ただ、アフィリエイターもこりていないとことです。このバトルはまだ続くのでしょうか。大きな騒動にならないことを願いたいものです。

ハゲネタに敏感

ケンモメンはハゲネタに敏感です。そのため、ケンモメンはハゲや薄毛というイメージが付いています。しかし、多くの人が集まる場所なので、すべての人がハゲだということはないでしょう。

一番最初にハゲに反応し始めた人はハゲだったのかもしれません。しかし、そこから反応することが面白いとされケンモミンの中のネタとなったのではないでしょうか。また、のちに紹介するけんもうくんの設定が由来しているかもしれません。

本当のところはわかりませんが、ケンモミンのハゲネタのノリは面白いので、一度覗いてみることをおすすめします。

ジャップを連呼!チョンモメンには激怒

ジャップとは日本人、日系人を差別する言葉です。日本人、日系人を下に見る際に呼ぶときに使います。その言葉をケンモミンはよく連呼しているのです。ネトウヨを批判することから何かおかしく感じます。

そして、チョンモメンは韓国人の差別用語チョンとケンモメンを掛け合わせた言葉です。チョンモメンという言葉を使う人は、ケンモメンは韓国人だと思っています。差別用語なので呼ばれると怒るのです。

確かにジャップを連呼したり、ネトウヨを馬鹿にしたりしていることから反日の韓国人でありそうな気もします。ネット上なので真相はわかりませんが、チョンモメンは差別用語なので使わないようにしましょう。

ケンモメンがよく使う用語とは?

ケンモメンがよく使う用語というものがあります。ケンモメンでなければ意味が分からないものが多いのですが、調べてみると面白い意味を持っているものもたくさんあるのです。

その用語の使い方がまた笑ってしまう時もあり、またそれはちょっといいのかなと疑問に思う用語もあります。そんなケンモメン用語をご紹介していきましょう。

(ヽ´ん`)

(ヽ´ん`)はけんもうくんというケンモミンを表したマスコットキャラクターです。ゆるカワな雰囲気がありますが、設定されたキャラクターは可愛いとは言えません。その設定は少し面白いのです。

ケンモじいさんと言われる高齢者が多いのでハゲの話には敏感です。話は否定から入り、友達がおらずコスパに異様に拘ります。そして、反権力・反体制・反自民党で他のサイトユーザーを下に見ているのです。

けんもうくんって嫌な奴だなと思った人もいるのではないでしょうか。正直変な設定ですが、自分たちのキャラをそういう風に設定するのはいわゆる自虐ネタとしても捉えられ、少し面白くも感じるでしょう。

Jでやれ

JとはなんJ板という他の板のことを指します。その板それぞれに特色があり、話される内容などは変わってきます。嫌儲板でなんJの内容のようなスレが立ったときに「Jでやれ」という用語が出てきます。

これには元ネタがあるのです。「本当はVIPにスレを立てたいけど、VIPPERはレベルの高いスレしか伸びない。だからニュー速でスレ立てる。ーVIPでやれ。」という内容のコピペが元ネタです。

そこから嫌儲板でもなんJの内容のようなスレが立つとお決まりの用語として使われるようになりました。きっと初心者ですと、なんJのネタや嫌儲板のネタの区別がつかないことでしょう。

アスペ

アスペとは、アスペルガー症候群の略で発達障害の一種です。話がうまくかみ合わないなどの症状があります。このアスペが、ケンモミンには多いとされているのです。そのため煽り文句として使われます。

レスバトルなどが起こった際に、レッテルの貼り付け合いとして使うことがありますが少しみじめにも思います。ただ、アスペが多いというのもネタの可能性があるので2chはなかなか解釈しづらいです。

差別を嫌うケンモメンなので、架空の自虐ネタとして話しているだけという可能性はぬぐい切れません。差別が嫌いなのであれば、病気に対する差別も叩くはずです。真相はわかりませんがネタである可能性が高いでしょう。

陰キャ

陰キャは2ch民でなくても有名な言葉です。学校にはスクールカーストが存在します。その世界の中で、トップでも中間でもなく一番下位に位置してしまった人を陰キャということはよく知られたことでしょう。

ケンモミンには陰キャが多いというよりは、2ch民には陰キャが多いという設定になっています。しかし、2chはもう陰キャでなくても人気な場所となっているのでそうとは限りません。中には陽キャも存在します。

是非自分の周りの陽キャの人に手あたり次第聞いてみてください。普通に2chに出入りしている人もいるはずです。陰キャ設定はただのネタであると断言してもいいでしょう。

ステマ

ステマとは簡単に言うとサクラとして商品を紹介し、それに対してお金を受け取ることを言います。芸能人などは実際それを仕事としているので悪いとは思いませんが、ケンモメンはステマを嫌います。

嫌儲板ではステマに関して様々な噂が立っています。番組が終わった直後に立つスレや、amazonなどの自演レビューなどが怪しいと思われており、噂のもととなっているのです。他にもステマに関しては度々話題になります。

そもそも嫌儲民というくらいなので、やはりステマも許せないのでしょう。人の心を弄んでお金を稼ぐということが気に食わないのでしょうか。正しいといえば正しいので言い返す言葉は見当たりません。

番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です

2chのスレ投稿では名前を記入しない人がほとんどです。そのためIDで呼ばれたりすることのほうが一般的です。名無しさんなどが一般的に思えますが、板によってその表示が変わっています。

嫌儲板では「番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です」というのがデフォルトになっています。嫌儲板で発言をする際に名前を入れないと、この表示になるのです。面白い発想をします。

ほとんどの人が名前に記入はしないので、嫌儲板では「番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です」という文字がずらりとならんでいます。発言ではなく名物用語のようなものです。

tehu

tehuとは、tehu君という2歳からPCを触り、7歳で英検3級を満点合格、中学生の時に作ったアプリが世界3位を取得し、灘高校を首席で卒業、現在は慶応SFCという素晴らしい経歴の持ち主です。

この輝かしいtehu君が話題になっているのは、尊敬しているからではありません。tehu君のtwitterでの発言がいわゆる意識高い系なので、馬鹿にしているためtehu君の話題がよく持ち上がります。

これほどまでにすごい経歴を持っていると、意識高い系の発言になってしまうのも無理もありません。しかし、その発言がケンモメンの目に留まりおもちゃにされてしまっているのです。

自分いいすか

なんJからのロンダで「自分草いいすか」「自分ホルホルいいすか」などと使われています。ホルホルとは、自画自賛をしている姿を指します。そのなんJ用語をロンダ(洗浄)して使用しているのです。

恥じらいもなく自画自賛をする人のことを、嫌儲民は馬鹿にする傾向があります。意識高い系のことでしょう。その馬鹿にする対象をネタとして自分〇〇いいすかと発言をします。

しかし、その出し方によってはやはりふっと笑ってしまうものが多いのも事実です。馬鹿にすることはいい事ではありませんが、やはりギャグ戦の高さは人並外れた住民が多いでしょう。

マスゴミ

マスコミを蔑む意味でマスゴミと呼びます。なぜそう呼ばれるかは安易に想像できると思いますが、マスコミは面白いと思えば事実ではなくても報道します。時には事件の被害者をターゲットに付きまとったりもするでしょう。

そんな行動に対して嫌悪感を抱くのはケンモミンだけではないはずです。しかし、その面白いと思われる記事に飛びついているのも私たち国民です。その事実は消せませんが、ケンモミンはマスコミを嫌います。

マスコミを嫌っているので何かとマスゴミの話題が出ています。ケンモミンの用語だと言われる前からマスゴミという言葉を知っている人も多いのではないでしょうか。それだけ共感されているということです。

これからもケンモメンは嫌儲であり続けるでしょう

ケンモメンは悪い人の集団かと思いきや、正当な理由があって団結した集団であることはわかりました。度々目に余る発言もありますが、きっと嫌儲板がなくなることはありません。人は嫌いなものを好きになるということはなかなか難しいのです。

これからも嫌儲であり続けるケンモミン。その彼らを刺激することなく、お互いルールを守り合う関係でいられるようにしたいものです。そうすることで、これからもネット環境を楽しいものにしていきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ