中原理恵の現在の画像は?引退理由や結婚は?欽ドンはクビだったの?

「東京ララバイ」で大人っぽく芸能界デビューをし、当時の人気番組欽ドンに出演し、お茶の間の人気者になった中原理恵さん。そんな彼女は引退後一体何をしているのでしょうか?今回はそんな中原理恵さんの引退理由や結婚などの噂を徹底調査していきたいと思います。

東京ララバイで有名な中原理恵って今何してるの?

「東京ララバイ」で芸能界デビューを果たし、人気バラエティー番組でも大活躍をしていた中原理恵さんですが、芸能界引退してから一体何をしているのか?気になる方も多いと思います。当時、ファンだった方は何としてでも知りたい情報ですよね。

歌手としてデビューを果たし、数多くの賞を受賞した中原理恵さんは、歌だけでは無く、トーク力もあることからトーク番組でも大活躍をしていました。何でも出来るタレントとして時代を築いた彼女はどんな理由で引退をしたのでしょうか?

今回は、中原理恵さんが芸能界を引退した理由から、引退後に何をしているのか?結婚などのプライベートな情報を徹底解明していきます。噂の真相は本当なのでしょうか?中原理恵さん好きの方は必見です。

中原理恵のプロフィール!一体どんな人なのか?

今の若い世代の方にはピンとこないかも知れませんが、かつて、中原理恵さんをテレビで見ない日は無いぐらい人気者でした。どれほど凄い人物だったのかを再確認するためにも、まずはプロフィールや経歴などをご紹介します。

中原理恵さんはどんな人物なのか?引退されてから数十年経つ現在でも気になっている人が多いという事は、相当の人気があった方だと思われます。

中原理恵のプロフィールと経歴

 

  • 名前(ふりがな/本名):中原理恵(なかはら・りえ/目加田貴美恵)
  • 生年月日:1958年6月17日
  • 現在年齢:60歳
  • 出身地:北海道函館市
  • 血液型:O型
  • 身長:160cm
  • 体重:非公開
  • 活動内容:歌手・女優・タレント
  • 所属グループ:なし
  • 家族構成:非公開

 

 

 

主な出演作品

【映画】

  • 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984年)
  • 極道渡世の素敵な面々(1988年)
  • 鉄道員(1999年)

 

【ドラマ】

  • 男と女のあいだには(1982年)
  • サザエさんVS意地悪ばあさんVSいじわる看護婦(1984年)
  • 虹色の殺人(1988年)
  • 夜の長い叫び(1989年)
  • 晴れ着、ここ一番(2000年)

 

【テレビ】

  • 欽ドン!(フジテレビ系)レギュラー
  • ツービート 笑ってゴマかせ!(TBS系)レギュラー
  • ドリフ大爆笑(フジテレビ)
  • オールスター紅白水泳大会(フジテレビ系)司会
  • 世界のマジックショー(NHK)司会

 

中原理恵は歌手としてデビューした?

中原理恵さんはこれまで数多くの映画やドラマ、テレビ番組に出演してきました。これまでの経歴を見ると、「タレントとして芸能界に入ってきたんでしょ?」と、思っている方も多いでしょう。

実は、中原理恵さんは歌手としても偉大な賞を受賞していました。

東京ララバイでデビュー

【中原理恵】東京ララバイ

中原理恵さんは、1978年にCBS・ソニーから歌手デビューを果たすと、1stシングルの「東京ララバイ」が大ヒットしました。第20回日本レコード大賞新人賞など数々の新人賞を受賞すると、第29回NHK紅白歌合戦にも「東京ららばい」で出場しました。

この動画は中原理恵さんのデビュー曲であり、紅白歌合戦にも出場したときの曲である「東京ララバイ」です。堂々たる姿でファンを魅了していました。

2歳サバを読んでデビューした

中原理恵さんはデビュー当時は19歳でしたが、「東京ララバイ」の大人っぽい曲調に合わせるため、2歳上に偽っていました。今の芸能界では年齢を下に偽るタレントやグラビアアイドルが多いですが、中原理恵さんは上に偽るというプロの意識を見せていました。

役作りとしてダイエットをする人はいますが、年齢を変えるのは歌手やタレントさんがいなかったので、当時はとても話題になりました。

ディスコ・レディー

【中原理恵】ディスコ・レディー

デビュー曲の「東京ララバイ」が大ヒットした中原理恵さんは、続くシングル曲第2弾「ディスコ・レディー」も大ヒットとなりました。デビュー曲も2曲目も大ヒットとなった中原理恵さんは、日本を代表するトップ歌手として認められるようになりました。

中原理恵は「欽ドン!」に出演して人気になった?

デビュー曲と続く2曲目も大ヒットされたことで、これから歌手として大活躍していくことが期待されていた中原理恵さんですが、バラエティー番組である「欽ドン!」にも出演していました。

そこで、中原理恵さんはどんな爪痕を残したのか気になりますよね。現代でもバラエティー番組にアーティストが新曲の宣伝をするためにゲスト出演していますが、「宣伝のため」に出演しているため、あまり目立つ発言などをすることはありません。

中原理恵さんは「欽ドン!」で、どのような活躍を見せてのでしょうか?

「欽ドン!」とは?

「欽ドン!」とは、萩本欽一さんが司会を務めるバラエティー番組の「欽ちゃんのドンとやってみよう」の略称です。1970年にニッポン放送で放送されたラジオ番組がテレビ番組としてリニューアルされました。

元々は萩本欽一さんが、新たなお笑いの可能性を探ろうと始めたリスナー参加型のラジオ番組で、専門作家や芸人ではない一般人だからこそ、コアな笑いを追求できることが人気になり、そこからテレビになりました。

テレビ番組でもラジオでのスタイルを崩さずに、一般視聴者の投稿によりコントを作り上げる内容になっており、ラジオ以上に大好評の番組になりました。一般視聴者参加型の番組作りは後世にまで大きな影響を与えることになりました。

”「欽ドン!いい子悪い子普通の子”で3役の妻を演じた

国民的な歌手として当時大人気になっていた中原理恵さんは1981年から1982年にかけて「欽ドン!良い子悪い子普通の子」の人気コーナーで「良い妻、悪い妻、普通の妻」の3役を演じ、人気を呼びました。

その頃は歌手としてのクールな女性の印象が強かった中原理恵さんが、萩本欽一さん達のお笑いのノリに合わせている様子が視聴者には新鮮で、「中原理恵はバラエティー番組でも活躍する人だ!」と話題になりました。

中原理恵さんが「欽ドン!」に出演するたびにぐんぐん視聴率が上がり、一時期は30%を超えるほどの大人気番組になりました。中原理恵さんはこれまでのクールな印象が無くなり、明るいタレントさんという印象がつくようになりました。

中原理恵は女優としても活躍した?

「欽ドン!良い子悪い子普通の子」の人気コーナーで、様々な役をやり遂げた中原理恵さんは、演技力が評価され、そこから数多くの大ヒット作品に出演することになりました。


演技力が評価された中原理恵さんは、これまでどんな作品で活躍したのでしょうか?当時の動画をご紹介すると共に、歌手とは思えない演技力をご覧ください。

映画「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」

車寅次郎の生業 第33作 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」は、1984年8月4日に公開された映画です。男はつらいよシリーズの33作目です。寅次郎は中原理恵さん演じる風子というツッパリ娘に出会います。風子は寅次郎の楽しい話にすっかり打ち解けて「寅次郎と一緒に気ままな旅をしたい!」と言い始めたのでした。

寅次郎の気持ちは大きく揺れましたが、その申し出をキッパリと断りました。外見はツッパっている風子でしたが、内面はとても優しいことから幸せな結婚生活を願っての判断でした。

上記の動画では黄色の服を着ているのが中原理恵さんです。本作品は渥美清さんを始め、倍賞千恵子さん、佐藤蛾次郎さんが出演しています。大人気作品に出演したことによって一気に注目された中原理恵さんは、ここから女優として大活躍していくことになりました。

CM「風邪薬コンタック600」

中原理恵CM コンタック600

女優として注目され始めた中原理恵さんはCMにも多数出演するようになりました。あまりの人気からYouTubeでは、中原理恵さんがこれまで出演したCMをまとめた動画がアップロードされています。

「欽ドン!」は欽ちゃんがクビにした?

歌手としても女優としても大活躍していた中原理恵さんですが、人気絶頂期だった頃に「欽ドン!」を辞めてしまいました。ネットでは「萩本欽一がクビにした!」「萩本欽一を怒らせたのではないか?」「不倫したからでは?」という噂が広まりました。

中原理恵さんが女優としてブレイクするキッカケになり、視聴率も30%を超えていた番組をなぜ、突然辞めることになってしまったのでしょうか?病気や体調不良などの情報も無いことから、人間関係の悪化が有力ですが、噂の真相について徹底調査します。

萩本欽一を怒らせたから?

中原理恵さんが「欽ドン!」を辞めた理由として噂されているのは、ミュージシャンとして活躍していた高橋幸宏さんと不倫をしていたこと萩本欽一に知られて、激怒されたからと言われています。

中原理恵さんが「欽ドン!」を辞めたのは、途中降板ということだったので、萩本欽一さんを怒らせた説が濃厚になっています。

不倫の真相

ミュージシャンの高橋幸宏さんの奥さんはかつてモデルとして活躍していた高橋喜代美さんです。高橋幸宏さんは再婚されており、前妻の恵美子さんとは1983年〜1985年まで結婚生活を送っていました。

実は前妻の恵美子さんと離婚した原因として中原理恵さんの名前が挙がっているのです。写真など信憑性がある情報が少ないので、何とも言えませんが、一時期は高橋幸宏さんと中原理恵さんが同棲していたという情報もあります。


萩本欽一さんが怒ったと言われているのも、関係を曖昧にさせながら同棲を続けていたからと噂されていますが、いずれにしても信憑性は高くありません。中原理恵さんが「欽ドン!」を途中降板した理由も何か別の理由が考えられます。

高橋幸宏のプロフィール

  • 名前(ふりがな):高橋幸宏(たかはし・ゆきひろ)
  • 生年月日:1952年6月6日
  • 現在年齢:66歳
  • 出身地:東京都目黒区
  • 血液型:A型
  • 身長:非公開
  • 体重:非公開
  • 活動内容:ドラマー・作詞作曲家
  • 所属グループ:YMO
  • 家族構成:非公開

「欽ドン!」降板の本当の理由は?

中原理恵さんと高橋幸宏さんが不倫関係だったことは、あくまでも噂程度だったのにも関わらず、萩本欽一さんが激怒をして番組降板させるという事は考えられないと思います。誰からも愛され、そして愛情のある振る舞いが人気の萩本欽一さんは不倫だけで降板をさせないだろうという意見もあります。

中原理恵さんは一体どんな理由で「欽ドン!」を途中降板したのでしょうか?

歌手活動に専念するため

数多くのドラマや映画、CMに出演してきた中原理恵さんですが、本業は歌手だという事を忘れてはいけません。デビュー曲と2作目は大ヒットさせた彼女ですが、それ以降はヒット作に恵まれませんでした。

歌手としても頑張りたいという想いが強かった中原理恵さんは、その相談を萩本欽一さんにされたそうです。相談を受けた萩本欽一さんは彼女の気持ちをしっかりと汲み取り、「欽ドン!」を降板して、歌手として頑張るように応援されたそうです。

これまでは、中原理恵さんの不倫などが疑われ、萩本欽一さんも激怒したという噂がありましたが、実はそのような事実は無く、中原理恵さんの目標を想っての判断だったという事が分かりました。

芸能界を引退した理由は?

萩本欽一さんの支えもあり、これから歌手として再スタートをするという所で、中原理恵さんは突如、芸能界を引退してしまうのです。時代と共に様々なアイドルやアーティストが生まれてくる時代で、中原理恵さんは埋もれてしまったのでしょうか?

中原理恵さんが芸能界を引退した理由は何だったのか?萩本欽一さんに諭されて「欽ドン!」を降板した後はどんな活動をしていたのでしょうか?

「欽ドン!」降板後の活動は?

次なるヒット曲を出すためバラエティー番組には出演せずに「欽ドン!」の降板後は女優と歌手活動に力を入れていました。本人の中でも「もう1度ヒット曲を!」という想いが強かったようで、メインは歌手活動でした。

萩本欽一さんも「バラエティーは鮮度が命。理恵ちゃんは少し充電した方がいいね」と語っていました。何でも出来る女性だからこそ、何か1つ突出したものがなかったのかも知れません。

芸能界で長年活躍してきた萩本欽一だからこそ、あえて調子の良かったバラエティーを降板させたのかも知れません。

歌手活動がうまくいかなかった

歌手として専念するために、「欽ドン!」を降板した中原理恵さんですが、残念ながらその後はヒット曲に恵まれる事はありませんでした。「東京ららばい」「ディスコ・レディー」を含めて19曲をリリースしています。

アルバムも「夢つれづれ」「夢合わせ」「インスピレーション」を含め10作発売していますが、やはりデビュー曲の大ヒットした時と比較をしてしまうのでしょう。中原理恵さん自身が納得する結果にはならなかったようです。

2000年代には引退していた

中原理恵さんは歌手と女優を続けていましたが、その後は思ったような結果が得られずにひっそりと芸能界を引退されました。引退時期については詳しい情報がありませんが、最後に出演した番組が2000年頃なので、引退も2000年頃だと言われています。

2000年に芸能界を引退されていても、「中原理恵」という人物の名前は薄れることがありません。その理由としては現在も数多くのアーティストが中原理恵さんの楽曲をカバーしているからです。

演歌界の女王、八代亜紀さんや市川由紀乃が「東京ララバイ」をカバーしています。当時の熱狂ぶりを知っている彼女たちだからこそ、中原理恵さんの名前を忘れてほしくないという想いが少しでもあるのでしょうか。曲だけではなく人としても愛されていたのだと思います。

中原理恵は現在何してる?

惜しまれつつ芸能界を引退された中原理恵さんは現在何をしているのか気になりますよね?芸能界でトラウマを抱えてしまった方が、犯罪などに巻き込まれたり加害者になってしまうケースは非常に多いですよね。

最近では大物ミュージシャンが薬物などを使ってしまったことで話題になりました。現在はどんな仕事をしているのか?生活の様子が分かる写真はあるのか?実はこっそり芸能活動をしているのでは?という噂について徹底調査しました。


芸能界を引退されてから約20年経った今、中原理恵さんの様子が分かる情報があれば嬉しいですよね。当時のファン必見です。

函館の豪邸

中原理恵さんの姉夫婦が現在、函館で暮らしていると言われています。そのため中原理恵さんは高級住宅街に家を持っていると言われています。また、東京いも家を持っていると言われており、函館と東京を往復する生活をしていると噂されています。

歌手の人は印税などが死ぬまで入ると言われており、おそらく中原理恵さんも当時のヒット曲の印税などが入っているでしょう。とは言っても世代が変わっているので、微々たるものだと思われます。

「欽ドン!」を降板してからはヒット曲に恵まれず、2000年に芸能界を引退してから約20年になります。さすがに印税だけでは暮らせるわけありませんよね。気になる職業については後ほどご紹介します。

スリムな体型

芸能界を引退された後の様子は明らかにされていない中原理恵さんですが、以前にシンガーソングライターの渡辺真知子さんが開催した新年会に参加されている様子が、渡辺真知子さんのブログでわかりました。

そのブログで投稿された写真では、かつてお茶の間を騒がせたスリムな体型で写っており、引退しても尚、スタイル維持は続けているようです。それ以降は中原理恵さんだと分かる写真や情報が載っていなかったので、日常的に会うのではなくお祝い事に参加するだけのようです。

今後、中原理恵さんの写真や動向を知りたいと思っている方は、渡辺真知子さんを始め、かつて仲の良かった芸能人のブログやSNSをチェックすることをおすすめします。

現在の画像は?

2000年に引退してから約20年が経ったこともあり、現在の画像を見たいと思っている方も多いですよね。残念ながら現在の様子が分かる写真がありませんでした。

2000年にNHKで放送された「晴れ着、ここ一番」が最後のテレビ出演になるので、興味がある方は是非調べてみてください。

インターネットオークションサイトでは、中原理恵さんのCDが販売されていたので、ジャケット写真含めて楽しみたいという方は購入されても良いと思います。

芸能活動はしてない

当時の美貌を維持していると言われているので「現在も芸能活動をしているのではないか
?」と言われていますが、芸能活動はされていません。

歌手として大成した中原理恵さんは音楽関係の仕事がぴったりだという意見もありますが、歌手を諦めてしまった人が、裏方に回るのは相当な苦痛という考えもできるので、当時の中原理恵ファンの間では、現在の仕事について気になる方が多いようです。

ビルメンテナンスの社長をしてる

約20年間も動向が明らかにされていない中原理恵さんですが、現在は会社の社長をされているという噂がありました。中原理恵さんビルメンテナンスをする会社の社長をしていると言われていますが、それにまつわる信ぴょう性の高い情報は出てきませんでした。

可能性としては、ビルメンテナンスの女性社長がテレビや雑誌で話題になったことから「あの社長が中原理恵に似ている!」という視聴者の情報がネットで広まったことで「中原理恵は現在ビルメンテナンスの社長をしている!」と捉えられているのかもしれません。

この推測もあくまでもネットの噂なので、真実は分かりませんが、どちらにしても中原理恵さんは現在、一般人として暮らしているのであまり騒ぎ立てるのも良くないと思います。

中原理恵の現在は不明!欽ドン!のクビは欽ちゃんの愛情だった

デビュー曲が大ヒットをしてNHK紅白歌合戦に出場するまで活躍した中原理恵さんですが、2作目以降は思うようなヒット曲が出せずに非常に苦しんでいました。一時期は女優やタレントとして各番組に引っ張りだこでしたが、2000年頃に引退して、現在の状況も把握できていません。

萩本欽一さんの「欽ドン!」では、これまでの歌手としてのイメージを覆すトーク力や演技力がお茶の間でウケて視聴率30%を叩き出すようにもなりました。中原理恵さんが途中降板した理由は歌手に専念するためで、その相談相手となって背中を押したのは萩本欽一さんでした。

過去に付き合いのあった方のパーティーなどには参加しているようなので、中原理恵さんの最新画像を見たい方は、関係者のブログやSNSをチェックしてみてください。結婚されている情報もなく、今では一般人としてひっそりと暮らしているので、騒ぎ立てすぎないようにしましょう。

中原理恵に関するこちらの記事もおすすめ

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ