記事ID14216のサムネイル画像

驚愕!!芸能界最強の男Vシネマ帝王小沢仁志のマジやばい伝説集

芸能界最強伝説の男小沢仁志の伝説的過ぎるエピソードをまとめてみました。
背筋がゾクゾクするような小沢仁志伝説エピソードにシビれます!!

伝説の男 小沢仁志とは!?

小沢 仁志(おざわ ひとし、1962年6月19日 - )は、東京都出身の俳優、映画監督、プロデューサー。身長180cm。俳優の小沢和義は実弟で、共演作も多数ある。左肩に烏のタトゥーがある。

出典:http://ja.wikipedia.org

俳優の他にもプロデュースや監督も・・・!?
しかも身長が180㎝もあれば相当な威圧感でしょうね(・。・;
そんな伝説的小沢仁志の略歴は・・?

略歴

若かりし頃の小沢仁志さん

1984年、テレビドラマ『スクール☆ウォーズ』の水原亮役で俳優デビュー。「俺、ラグビーやっときゃよかったかな・・・」と涙を流すシーンは有名である。なお、高校生役を演じてはいたが、当時22歳であった。
空手2段、剣道・柔道初段の腕前。
アクションシーンに関してはスタントマンはあまり使わず、ほとんど自分でこなしているという。
「OZAWA」名義で監督や企画を担当する作品がある。(「喧嘩の極意」シリーズ、「実録 新撰組」シリーズなど)
弟の和義と共にディズニーが好きで、東京ディズニーリゾートにも行っている。お気に入りのアトラクションは東京ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールド。

出典:http://ja.wikipedia.org

強面な上に格闘技もしていた小沢仁志さん
演技にも迫力がありすぎて飲み込まれそうになります!
でも意外とあの伝説的小沢仁志さんもディズニーがお好きなんですね(*^^)
強面な方は見た目とウラハラなギャップがまた惹かれます(*^_^*)
そんな伝説的小沢仁志さんに弟さんがいるとのこと!

弟の小沢和義さんとは

硬派な昔ながらの日本男児的な美しさと、ナイーブな現代的アウトロー感を包括する魅力を持ち、幅広い役柄をこなす。
主にVシネマ、インディーズ映画で活躍するが、近年はテレビドラマにも数多く出演している。
俳優の小沢仁志は実兄であり、共演作も多数。
夏木プロダクション所属。
兄の仁志の事を普段は「兄貴」と呼んでいる。(ちなみに兄の仁志は和義を「カズ」と呼んでいる)
兄の仁志と共にディズニーが好きで、東京ディズニーリゾートにも足を運んでいる。ダッフィーが一番のお気に入り。

出典:http://ja.wikipedia.org

伝説的小沢仁志さんにも弟がいるとは・・!
小沢和義さんも迫力ありすぎです・・(・。・;
お二人が共演されていた番組を拝見させて頂きましたが
さすが伝説の小沢兄弟!威圧感ハンパないです(・・;)
そんな弟さんの和義さん含めた小沢仁志伝説エピソード!!
いよいよ発表していきます!

小沢仁志伝説その1

伝説の男の小沢仁志さんと哀川翔さん

【大御所とトラブル発生】
昔、撮影現場で大御所とトラブルがあったらしい。
なんでもその撮影現場では大御所用の通路とその他の人の通路があったそう(厳しいっすね)。
しかし新人だった哀川翔と小沢仁志は知らずにその通路を通ってしまったらしい。
それを見た大御所が怒ったところ、哀川翔が逆切れ。
それに便乗して小沢もブチ切れた。
最終的に吉永小百合さんに止められて二人とも素直に謝罪したところもすげぇ。
後に「俺らの時代は舐められたら終わりなんだよ」と語っている。

出典:http://laughy.jp

さすがこの頃から伝説の男の頭角を現していたんですね!!
今の20代にこんなことができてしまう人いるのでしょうか(・。・;
やはり信念を強く抱いてる方々だからこそ大物になれるのでは・・・!?
小沢仁志さんかっこよすぎます!

小沢仁志伝説その2

人気絶頂時の田原俊彦さんにサインを求めた小沢仁志さんの
後輩がサインを断られた事に腹を立て、金属バットで田原俊彦さんの
座っていたイスをフルスイングしたそうです( ゚Д゚)

出典:http://laughy.jp

これは少しやりすぎなところもあるような・・笑
一歩間違えたら大変な事なってますね(-_-;)
伝説的過ぎる・・

小沢仁志伝説その3

【演技への執着心】
アクションシーンに関してもスタントマンは絶対やばい時以外は、小沢仁志自らこなしているのだ。
また、小沢仁志の映画は激しいアクションシーンがつきもので、その中にはもちろん格闘シーンも含まれている。
その結果今までに47回の骨折(!)を経験しているらしい。

出典:http://laughy.jp

47回も骨折れたら私ならもう辞めています 笑
Vシネのアクションは本当激しいですからね!!
スタントマンを使わない伝説的小沢仁志さん凄すぎます!

小沢仁志伝説その4

傾斜45度の階段から本気で転げ落ち、あまりの早さにカメラがついていけないと、なんとその壮絶アクションを8回も繰り返す小沢だったが、さすがに生身の人間。肩の筋肉を断裂して、腕が上がらなくなってしまった。それでも銃を撃つシーンを演じ続けた小沢はピアノ線で腕を吊ってあやつり人形のようになってまで演技を続けたそうだ。

出典:http://www.cinematoday.jp

体がボロボロになっても演技を続ける小沢仁志さん
ここまで全力に仕事をする方であればスタッフさんからの信頼も大いにあったのでは・・?
外見だけでなく中身も伝説的に素晴らしい小沢仁志さんです!

小沢仁志伝説その5~弟の小沢和義さんとの伝説~

凄まじい兄弟喧嘩
最近では小沢和義さんが45歳の時に酔っぱらって小沢仁志さんにケンカを売って鼻が変形したらしいです。
若い時には忘年会で暴れ出した小沢和義さんを止めようとしたにもかかわらず、大乱闘になって会場を半壊させたそうです。

出典:http://laughy.jp

和義さん1人止める所か大乱闘って・・・
皆さん気性が荒い方だったのでしょうかね・・・笑
絶対その場に居合わせたくない光景だと私は思います(・。・;
さすが伝説の兄弟!
こんな激しい兄弟喧嘩、周りではいません・・・

小沢仁志伝説その6

フィリピンの便所で小便をしている最中、後ろからフィリピン人に銃を突きつけられた事がある。更に小沢に銃を突きつけているフィリピン人の後ろから小沢のボディガードがそのフィリピン人に銃を突きつけていた。本人は「もし生き残るとしたらそのボディガードだけじゃねぇか!」と語っていた。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

これには不覚にも笑ってしまいましたね・・笑
こんな緊迫した状況をどう切り抜けたんでしょう・・?
まさに伝説です!

しかし伝説の男小沢仁志にもこんな一面が・・・

伝説の男小沢仁志はニューハーフ好き!?

(有吉反省会)にて伝説的小沢仁志さんのニューハーフにハマっているとの話が浮上し、
実際にニューハーフのお店に行った時のVTRが収録されました。

伝説的小沢仁志さんについて

TVの中では強面で迫力があり周りを圧倒するような雰囲気の伝説の男小沢仁志さん。
私も小耳に挟んだ事がある伝説が小沢仁志さんに用意されてた怖い感じの衣装があったらしいのですが当日に小沢仁志さんが着てきた服装の方が用意されていた衣装よりはるかに怖かったとのエピソードも。笑
これからもたくさんの伝説を作っていく小沢仁志さんに注目です!
最後までお読み頂きありがとうございました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ