記事ID140997のサムネイル画像

    北川悠仁の母親は宗教団体の教祖?!妻の高島彩も入団したって本当?

    紅白でトリを務めたこともある国民的デュオ歌手ゆずの北川悠仁の母親は宗教団体の教祖と言われています。。母親が宗教団体の教祖であることは、少なからず北川悠仁にも影響があるようで、今回は母親の詳細と北川悠仁および妻である高島彩の関わり具合をご紹介していきます。

    【この記事は2019/8/17に更新されました。】

     

    ゆず北川悠仁の母親は宗教団体の教祖だった!?

    毎年のように紅白歌合戦にも出場し、大トリを務めたこともある国民的デュオであるゆずの北川悠仁の母親は宗教団体の教祖という噂があります。母親が宗教団体の教祖であることは、少なからず北川悠仁にも影響があるようで、今回は母親の詳細と北川悠仁および妻である高島彩の関わり具合をご紹介していきます。

    ゆず北川悠仁のプロフィール

    名前:北川悠仁(きたがわゆうじん)
    生年月日:1977年1月14日
    出身地:神奈川県横浜市磯子区岡村
    身長175cm、体重57kg
    学歴:横浜高等学校
    兄弟:姉3人、兄1人
    職業:ミュージシャン、シンガーソングライター、タレント 、俳優

    北川悠仁の音楽への興味のきっかけ

    北川悠仁は17歳年の離れた兄の使い古しのドラムに興味を持ったことがきっかけで音楽に興味を持ち始めました。

    ゆず岩沢厚治(いわさわ こうじ)が結成したバンドにドラマーとして参加していたこともあります。

    フォークデュオ「ゆず」の結成

    小学生の頃からの知り合いで仲の良かった岩沢厚治とともに、「ゆず」を結成し、1996年頃からストリートミュージシャンとして、横浜松坂屋前で毎週日曜22:00に路上でパフォーマンスをし始めました。

    ゆずでは、北川悠仁はリーダーで、ボーカルやギター、バイオリン、ピアニカ、雄叫びなどを担当しています。

    ゆずのストリートライブは人が集まりすぎて危なくなったため、1998年8月30日を以って終了しました。
    路上の最終日には、台風直撃にもかかわらず約7,500人が集まりました。

    ゆずの人気曲ベスト3

    ゆずはデビューから今までに40曲以上のシングルを発表しているのですが、レコチョクランキングをもとに、その中でも最強の人気曲ベスト3をご紹介いたします。

    第一位:栄光の架橋(えいこうのかけはし)

    2004年に21枚目のシングルとしてリリースされた曲です。アテネオリンピックの公式テーマソングにも選ばれていますから、国民の誰もが知っている名曲といえますね!

    第二位:カナリア

    2017年6月にリリースされたゆずにとっては比較的新しい曲です。
    屋久島で撮影された壮大なスケールのMV(ミュージックビデオ)も印象的ですね。

    第三位:タッタ

    こちらも2017年6月リリースのEP「謳おう」に収録されている曲で、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の2017年テーマソングでもありましたから、ゆずのファンでなくても、知っている方は多いと思います。

    俳優としての北川悠仁

    北川悠仁はゆずのボーカリストとしてだけではなく、俳優としても活躍しています。
    2008年には堀北真希さん主演の「イノセント・ラヴ」に堀北真希さんの相手役として出演され、繊細な演技が好評だったようです。

    ゆず北川悠仁の結婚

    北川悠仁は、2011年10月20日、かねてより交際していたフリーアナウンサーの高島彩と結婚したことを発表しました。

    北川悠仁と高島彩の馴れ初めとは?

    北川悠仁と高島彩は、以前高島彩がMCを務めていた「めざましテレビ」で2005年頃仕事を通じて知り合いました。当時ゆずは「めざましテレビ」のテーマ曲を担当していました。

    北川悠仁と高島彩は知り合った時は特に連絡先なども交換していなかったそうですが、翌年の2006年に、共通の知人を介して再会したところから交際が始まったようです。

    北川悠仁は好きな女性のタイプとして自立した女性、芯がしっかりした女性、笑いと味覚が合う女性を挙げています。また、二人ともお酒が好きで良く飲むようですから、仲良くなるのにそう時間はかからなかったのではないでしょうか。

    極秘で行われた結婚式

    北川悠仁と高島彩の挙式は、公にはされず北川悠仁の母・敬子が教祖を務める教団の総本山である山梨県の身曾岐神社(みそぎじんじゃ)で極秘に行われ、同日夜にFAXで結婚を発表しました。

    この場所はゆずとも関係が深く、「ゆず守」、「ゆず絵馬」なども売られていて、ファンにとっても有名で思い入れのある場所ですが、北川悠仁・敬子親子にとってもこれ以上に思い入れのある場所はないはずです。

    ちなみに、披露宴は翌年2012年2月25日に横浜市のホテルニューグランドにて行われ、フジテレビ幹部や同僚、芸能関係者や歌手など約500人が出席しました。また音楽プロデューサーである松任谷正隆さんの演奏でユーミンが歌を唄うという非常に豪華なものだったようです。

    子宝に恵まれた北川悠仁

    高島彩は、以前妊娠4か月の時に流産してしまう経験などもしていますが、2014年2月17日に夫の北川悠仁が出産に立ち合う中第1子となる女児を無事出産し、続いて2016年6月1日には第2子女児が誕生しました。

    北川悠仁は結婚後ほどなくして子宝に恵まれ、2児のパパとなったのです。

    幼稚園を決めるのにも一苦労?

    高島彩さんはお子さんが1歳になると英語教室や色々な習い事を増やし、教育熱心なのが伝わります。そろそろお子さんは幼稚園生になられる年齢ではないでしょうか?

    北川悠仁さんのお母さんは「かむながらのみち」の教祖であることから運営団体の宗教をよく見て入園する幼稚園を選ばなければいけません。流石にキリスト教の幼稚園はいきづらいですよね。

    ゆずのスタジオも横浜、自宅も横浜にあることから横浜の名門幼稚園「横浜英和幼稚園」「森村学園幼稚園」のどちらかの可能性が高いと思われます。
    お子さんは現在元気に幼稚園に通われているそうです!

    北川悠仁の妻高島彩とは?

    2011年に結婚した妻の高島彩は、元フジテレビ看板アナウンサーで現在はフリーアナとして活躍されている方です。
    どんな人物なのか、詳しく見ていきましょう。

    北川悠仁の妻高島彩のプロフィール

    名前:北川 彩(きたがわ あや)
       旧姓:高島
    愛称:アヤパン
    出身地:東京都
    生年月日:1979年2月18日
    最終学歴:成蹊大学法学部政治学科卒業
    職歴:元フジテレビアナウンサー、フリーアナウンサー
    家族:竜崎勝(父)、高島郷(兄)、北川慈敬(義母)
    兄弟:兄1人
    趣味:料理、お茶、ピアノ、格闘技観戦、パチスロ、競馬、麻雀、手話、ジャグリング、ドライブ 

    高島彩は、成蹊に小学校の頃から通い、成蹊中学校・高等学校、成蹊大学法学部政治学科に進学しました。

    大学卒業後の2001年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社しました。

    看板アナだった高島彩

    高島彩は入社1年目の2001年に冠番組『アヤパン』を半年ほど担当しました。
    また、入社3年目の2003年には『めざましテレビ』の司会を担当し、在籍時は番組史上初の同時間帯(月間・年間)視聴率1位を記録しました。

    また、高島彩はオリコン調査「好きな女性アナウンサーランキング」にて、第1 - 5回まで1位で5連覇を達成、殿堂入りを果たしました。

    北川悠仁の母親の教祖としての活動

    北川悠仁の母親は北川敬子さんといい、『かむながらのみち』という宗教の教祖です。
    北川敬子さんが開いたこの宗教は一体どんなものでしょうか?

    かむながらのみちとは?

    北川敬子さんが教祖の『かむながらのみち』は、1999年5月5日に横浜市磯子区岡村の地において立教された在家の宗教法人で、真言密教の根本の法を表したものとされています。

    教主である北川敬子さんは、北川慈敬(きたがわ・じけい)と名乗っているようです。

    かむながらのみちは、漢字では「神ながらの道」すなわち「神道」です。
    神と仏は一体であるという神仏和合の日本古来の精神を現代に蘇らせ世にもたらしていくのが『かむながらのみち』の使命だと説いています。

    身曾岐神社

    先ほども話したように、身曾岐神社は『かむながらのみち』の総本山として、1985年8月に創建されました。

    神社は約4万坪もの壮大な土地からなり、2011年に北川悠仁と高島彩が挙式したことで知られるようになりました。

    神社内には能楽殿もあり、2017年auのCM「夏のトビラ・英雄だけの夏」篇のロケが行われた場所として有名ですし、ゆずのライブが行われたこともあります。

    北川敬子のプロフィール

    名前:北川敬子
    生年月日:1937年9月12日
    出身地:大阪府阿倍野区
    夫:北川和夫 (1957年10月結婚)

    北川敬子は11歳で宗教法人解脱会に入会し、21歳で布教活動に専念します。
    1999年2月解脱会を離れ、同年5月かむながらのみちを創立しました。

    北川悠仁の母親は現役で教祖をしている女性だった

    北川悠仁の母親北川敬子さんは宗教団体の教祖で、現在でも現役で取り仕切っているようです。

    『かむながらのみち』の総本山である、身曾岐神社は北川悠仁・高島彩夫妻の挙式の場所でもありますし、結婚後も子供をお披露目したりなど、息子夫婦にとっても関係が深いものでした。今後北川悠仁が『かむながらのみち』にさらに関わっていく可能性は大いにありますよね。

    これからも、北川敬子さんは信念や志を胸に、北川悠仁・高島彩夫妻とともにがんばってほしいと思います。ちなみに高島彩さんは入教はしていないそうです!

    北川悠仁の関連の記事

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ