松居一代はまだまだおかしい!最新の奇行と統合失調症疑惑を検証

2017年に船越英一郎との離婚関連で少しおかしい行動を連発した女優・松居一代。かつてはYouTubeに過激な動画を投稿したことでも話題でした。そんな松居一代ですが、実は今でも「おかしい」言動は健在!彼女の現在や、統合失調症疑惑について徹底検証します!

松居一代がずっと「おかしい」!?

2017年に話題になって以来、世間を騒がせ続けている女優・松居一代。

頻繁にYouTube動画などを投稿していた時から多くの人が「この人はどこかおかしいのでは?」と思うようになりましたね…

 

船越英一郎と松居一代の離婚も成立したことで状況は落ち着いたかのように思われましたが、実は松居一代の奇行はまだまだ続いていたんです!

 

今回は、松居一代のおかしい行動に関する最新情報を紹介!また、松居一代の統合失調症疑惑についても解説します!

松居一代のプロフィール

別名義   ジャパニーズ・マム
生年月日  1957年6月25日(61歳)
出生地   滋賀県 近江八幡市
職業    タレント、女優、エッセイスト
活動期間  1979年 -
配偶者   一般人男性(1986年 - 1996年)
      船越英一郎(2001年 - 2017年)
著名な家族 松居修(父)

松居一代の経歴

1957年、競艇選手の松居修の娘として誕生。
近江兄弟社中学校・高等学校出身。梅花女子短期大学中退。

1979年に『11PM』(よみうりテレビ)の、いわゆる“大阪イレブン”のカバーガールとして、司会者である藤本義一と並んで画面に登場し、芸能界デビューした。以後アシスタントとして定着し、4年間に渡り出演。

その後ドラマ「幻之介世直し帖」にて女優デビューを果たすと、数多くの映画、ドラマに出演。代表作は映画「マルサの女」(1987年)、「肉体の門」(1988年)、「夜逃げ屋本舗part2」(1992年)など。

ママタレとしても活躍!

2000年に自宅マンションの欠陥問題を取り扱った著作「欠陥マンション、わが闘争日記―ゼネコンに勝った!壮絶600日の全記録」を発表すると、エッセイストとしての活動領域を増やしていく。

中でも綺麗好き・掃除好きな性格から、掃除に関する独自の工夫を発表。TV出演だけでなく、掃除関連の著作を多く出版。細かい部分の掃除に便利な棒状の掃除用具(通称「マツイ棒」)を開発して、その作成法をTVなどで公開している。

また、圧力鍋をプロデュースし、自らテレビショッピングで調理法を実演しているほか、包丁や洗剤をプロデュースしている。松居がプロデュースした商品は11種類ある。

松居一代の奇行最新情報!

今も明らかにおかしい行動を続ける松居一代。
最新の奇行についてまとめました!

仮想通貨会社と4億円をめぐるトラブルに!?

今年2月に設立し、仮想通貨「MINDOL」を運営しているMINDOL HOLDINGS LIMITED。そのMINDOL社が知名度アップのための広告塔として松居一代に声をかけたのは今年4月のことでした。松居一代は「私がやったら大成功する」と快諾。

 

しかし、広告塔として出演予定だった5月のパーティーをなぜかドタキャン!有名人が250人集まる中、松居一代は姿を見せませんでした。その後ドタキャンを謝罪し、「仮想通貨に賭けてみます」と自らMINDOLに投資・利益も出してご機嫌だった松居一代。

 

今度は4億円分の仮想通貨を広告費として受け取り、10月のパーティーにYouTuberを複数引き連れて出演する!と約束しましたが… またしてもドタキャン!

「ドレスがない」「迎えのリムジンの色が違う」など理由をつけて突然出演を断ったとか。

もちろんMINDOL社は激怒。仮想通貨4億円分の返金を求めた通告を送りますが、松居一代はインタビューで「そんな連絡はきていない」と開き直り。

さらには「後ろ指を指されるようなことはしてません」と満面の笑顔で応じたとか。

 

…普通は濡れ衣を着せられれば怒って反論しそうなものを、笑顔で応じる松居一代…どうも信用なりませんね。MINDOL社は「法的措置も辞さない」としており、二者の間で大規模な裁判沙汰になる可能性もあります。

 

MINDOL社の言い分が正しければ、かなりの大ごとになりそうな事件。4億円を持ち逃げなんて、やっぱり松居一代はどこかおかしいと言わざるを得ません。

隣家の工事で出た土にクレーム!

2018年11月7日、松居一代はブログで「お隣さんの工事が始まった」と報告します。その後すぐに、「キャートラブルだよ」というカテゴリで記事を連投しはじめました。

内容は以下の通り↓

 

松居一代の世田谷の自宅の隣は土地が少し高くなっているため、松居一代の家との間にコンクリートの壁(擁壁)を立てていました。

 

しかし、11月からの工事で土を掘り返し、その壁を撤去。松居一代の敷地側に低めの壁を残すのみになります。とはいえ、土をすべて撤去したわけではありません。松居一代側から見ると、土砂をせきとめていた擁壁が突然なくなった形に…

自宅のすぐ横に積み上げられた土に対し、松居一代は「強い雨でも降ったら家が埋まってしまう!1日で土をフラットにしてください」と抗議。

 

ブログにつけられた写真を見ると、「家が埋まる」とまではいかないまでも、確かに土が崩れたら松居一代の家の方にまで流れてきそうに見えます。

 

それを受けて建築会社は1日がかりで土を松居一代の家から遠い位置に移動し、崩れそうな急斜面の状態からなだらかな斜面にすることで対応したことがブログで確認できます。 

しかし、またも松居一代は「フラットになっていない!」と激怒。画像で見る限りではもう安全に見えますが…

 

そもそも地面が高くなっているわけですから、「フラット」にするには推定で1500トン近くの土を運び出さなければいけないことになります。

とても1日でできる作業とは思えませんよね。

 

その後も松居一代は何日も続けてブログに土砂へのクレームを連投。

確かに最初は危険だったのかもしれませんが、プロの業者の対応にまで何度もヒステリックに抗議するというのは…少しおかしい?と違和感を覚えます。

松居一代がおかしいのはいつから?

松居一代の「異変」が最初に話題になったのは、2017年6月27日のブログ「恐怖の告白!!」

 

「早朝、あたしの耳にひとつのメッセージが聞こえたんです」「実はもう…1年5ヶ月も尾行され続けているの」などかなり支離滅裂な文章の書かれたそのブログ。

これを目にした人たちも、「ホラーみたい」「ちょっとおかしい感じがする」と恐怖を訴えます。

 

その後、突然の失踪やYouTubeへの「告発動画」の投稿、夫・船越英一郎への中傷は次々と波紋を呼び、ワイドショーで連日報道されるまでに。

あまりにおかしい奇行の数々

この頃には、
  • 法務局に財布も持たずパジャマ姿で現れる
  • 船越英一郎の携帯を鍋で煮る
  • お風呂に4日間入らない
  • 突然ブログで流産した話を始める
…など、少しおかしい行動を連発。

夫への束縛も強すぎた

もともと夫の船越英一郎に3万円しかお小遣いを渡さない、1日5回定時連絡を要求するなど夫への束縛が目立った松居一代。

 

離婚調停が始まったことのストレスで奇行が加速し話題になったのか、あるいは今まで奇行が表に出なかったのは船越英一郎が受け止めてくれていたからなのか…

 

動画で唐突に卑猥なシールを紹介するなど、ネットで面白がられている影ではかなりおかしい精神状態が影響しているのでは…?とも思ってしまいます。

松居一代がおかしいのは統合失調症だから?

ある人が統合失調症かどうかというのは、専門家(精神科医)の診断によってしか決められません。しかし、動画などでの様子からある程度推測できる部分はあるでしょう。

 

統合失調症の症状といえば、幻覚や妄想、支離滅裂な思考・発言。

また、自分の考えや行動が他人に操作されていたり、常に誰かに見張られているように感じるのも統合失調症によって精神にまとまりがなくなることで起こる症状。

 

ブログにあるメッセージが聞こえたんです」「尾行され続けているの」といった訴えは、この症状に当てはまるようにも思えます。

松居一代は様々な病気を合わせ持つ

一部では、松居一代の精神がおかしいのは「双極性障害(躁うつ病)」だからなのでは?という推測をする人もいますが…

 

一方、松居一代の動画を見た精神科医は、「診療してないからはっきりはわからない」としつつ、「動画の様子は病的だ」と指摘。

 

「認知症などではなく、『嫉妬妄想』と『演技性パーソナリティ障害』が出ているのでは」と分析しています。

統合失調症にも強い関係

「嫉妬妄想」は統合失調症を含む様々な原因からくる症状。船越英一郎に対し、あることないこと含め過剰に嫉妬しているのではという指摘です。

 

また、「演技性パーソナリティ障害」は子供の頃から始まる疾患で、いわゆる「性格」のパターンの1つ。動画内で芝居がかった喋り方をしていることや、動画によって多くの人の注目を浴びようとしていることがこれに当たるのでしょう。

 

船越英一郎の不倫がただの妄想なのかどうかなど、わからない部分も多くはっきりとはいえませんが、松居一代のおかしい行動には統合失調症を含む様々な精神の病気に似た症状が現れている、と推測できることは間違いなさそうですね。

松居一代の奇行が収まる日はくるのか

松居一代が見せた最新の奇行や、統合失調症疑惑などについて見てきました!
さまざまな「おかしい」行動はネット上で笑いのタネにされてしまうことも多いですが、もし精神的な病気が関係しているとすれば笑い話ではなくなります。

ネットでは「松居一代を病気と言うのは本当に病気の人に失礼」という厳しい意見もありますが、そこは専門家の意見に任せたいところ。

病気の治療として奇行を抑えることができるなら、本人にとってもそれに越したことはありませんよね。
とにかく色々な人に病気を心配されている現状ですから、一度精神科を受診してみては?と勧めてあげたいですね!

関連記事

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ