大人気漫画、『予告犯』が映画化!気になる『予告犯』の内容は?

『ジャンプ改』(集英社)にて2011年から2013年9号まで連載された、大人気漫画『予告犯』が映画化!現代日本の格差社会を描きながらも重苦しくないこの映画『予告犯』は、意外にも「良かった」「いまいち」と賛否両論。気になる映画『予告犯』ってどんな映画なの?

映画になった少年漫画「予告犯」

映画「予告犯」

もとは少年漫画です

少年漫画「予告犯」が映画化

「予告犯」は、筒井哲也さんによる日本の漫画。『ジャンプ改』(集英社)にて2011年から2013年9号まで連載されました。単行本は全3巻(同社、ヤングジャンプコミックス改)。

2015年6月6日に生田斗真主演の映画化作品が公開され、翌6月7日からは東山紀之主演でオリジナルストーリーのテレビドラマも放送されています。

漫画『予告犯』

漫画『予告犯』も大人気でした!

ネタバレ!映画「予告犯」のあらすじは?

映画「予告犯」

どんな内容か気になります

映画「予告犯」のあらすじ

警視庁のネット犯罪の対策部署として設立されたサイバー犯罪対策課

ある日、動画サイトYOURTUBEに、新聞紙を頭に被った男が、某食品加工会社に放火の予告をしている動画が発見されます。その後も幾度となく犯罪予告を繰り返す男。

警視庁はこの男を“新聞男”とよようになります。サイバー犯罪対策課は新聞男は複数犯であると睨み、新聞男らの正体や動機を探るべく本腰を入れて調査を始めるようになります。

 

かなりシビアな内容の映画「予告犯」

まさにSNSの時代にできた話

ネット上では通称“シンブンシ”と呼ばれることの多い新聞男。彼らは主にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で失言をして炎上騒ぎを起こした者に対して、犯罪予告をしてその後制裁を行うというストーリー。

なかなかグロい制裁の方法もターゲットを監禁拉致して重傷を負わせる、精神的苦痛を与える、または世間での評判を失墜させるようなケースまで様々。

また、シンブンシ一味の真似をして駅前での殺害予告を実行しようとする者が現れるなど、社会現象を巻き起こすまでなります。ネット上のユーザー投票でも徐々に支持が不支持を上回るようになり、シンブンシはカリスマ的ともいえる人気を博していくといったあらすじです。

こちらは漫画の方の表紙

内容は現代的なストーリー

映画「予告犯」の登場人物は?

内容が気になる映画「予告犯」

出演者も気になります

気になる映画「予告犯」の予告犯グループの登場人物

ゲイツ/奥田 宏明
インターネットカフェ「ピットボーイ」のフラットシート席からインターネットの動画に予告を投稿している、予告犯グループ“シンブンシ”の主犯格。元々はIT会社の派遣社員であったが不当解雇に遭い、日雇いの肉体労働を始めるようになる。


カンサイ/葛西 智彦
大阪出身の、長身で細身の男。音楽の道を目指してバンドを組んでいたが途中で挫折した。バンド解散の日、自殺願望の強いファンの1人から致死量20人分の青酸カリが入った銃弾のペンダントをもらったことがあり、他のメンバーに分けている。


メタボ/寺原 慎一
福岡出身の、小太りの男。ギャンブルにハマってしまい、家業を引き継ぐことを諦めてしまった。「SOLT BANK HAWKS」と書かれた帽子をかぶっている。

といった感じで、予告犯グループは悲惨な身の上の人ばっかりです。


ノビタ/木村 浩一
宮城出身の、眼鏡をかけた男。無口で女性と上手く話すことができない。高校卒業以降引きこもりだったが、父親を腎不全で亡くしたことをきっかけに実家を追い出される。

こちらは漫画「予告犯」の表紙

漫画も面白そうです

吉野 絵里香 警視庁のサイバー犯罪対策課の班長。わずか26歳で警部補に上り詰めたエリートで、シンブンシ一味の追跡に執念を燃やす。青山祐一の逮捕に際してシンブンシ一味の逮捕に失敗したとして辞職届を出したり、捜査のために高額の機械を自腹で買ったりと、本事件に非常に執着している。

岡本 大毅 同じくサイバー犯罪対策課に所属する刑事。ITに対してはあまり明るくなく、吉野や市川に説明を受ける場面が多々ある、ある意味で最も読み手に近い人物。いわゆる人情派の刑事であるため、吉野の「それが誰かのためになるという間違いのない確信を得たとき、人は利益を超えた行動をとる」という言葉が本件の核心であることを、吉野本人よりも早い段階で察知していた。ペットの世話をネットでできることを市川から学んでおり、ITに関して全く関心がないというわけではない。また、そういった理由から、徹夜作業や長丁場を嫌っている。

市川 学 同じくサイバー犯罪対策課に所属する刑事。ITに対して明るく、予告が「ピットボーイ」で行われていることを確定させたり、逃げられたとはいえ、Wi-Fiを解析して犯行が行われた付近を特定したり、画像解析から奥田の身体的特徴を3D化させたりするなど、課の参謀として活躍している。合理主義な性格であるため、本事件は自己顕示欲の強い者による愉快犯のようなものと考えていたが、次第に矛盾を感じるようになり、その考えを改めていった。

松本 慎一 警視庁のサイバー犯罪対策課の課長。吉野、岡本、市川の上司に当たる。青山祐一逮捕の件では、「シンブンシ一味とは無関係だ」と主張する吉野と対立。吉野は作戦失敗の責任を取ろうと辞職願まで出すが、受理を拒否

新垣

高速隊の隊員。“湾岸の鷹”と自称するほどのドライビングテクニックを持つ。吉野に惚れ込んでいるが、名前の読み方を「にいがき」と間違えられるなど、印象が薄いようである。

戸田恵梨香さん

吉野 絵里香役を演じました

映画『予告犯』の人気は豪華キャスト?

漫画も映画も人気がある『予告犯』

映画『予告犯』の人気の秘密は豪華キャスト?

映画『予告犯』の評価は「意外に面白かった」といういひとと、そうでない人に分かれます。それでもこの映画が人気があるのは出演者の豪華な顔ぶれのせい。

この映画の主なキャストをまとめました。

戸田恵梨香さんと鈴木亮平さん

豪華キャストの演技もこの映画の魅力

豪華すぎる?映画『予告犯』の出演者

奥田 宏明 / ゲイツ - 生田斗真
吉野 絵里香 - 戸田恵梨香(幼少期:長木玲奈)
葛西 智彦 / カンサイ - 鈴木亮平
木村 浩一 / ノビタ - 濱田岳
寺原 慎一 / メタボ - 荒川良々
岡本 大毅 - 宅間孝行
市川 学 - 坂口健太郎
青山 祐一 - 窪田正孝
- 小松菜奈
ヒョロ / ネルソン・カトー・リカルテ - 福山康平[6]
石田 清志 - 仲野茂
岩渕 颯太 - 輝山立
西 啓吾 - 北本哲也
田端 正義 - 細田善彦
偽シンブンシ - 永嶋柊吾

映画『予告犯』を見た人の感想と評価は?

映画『予告犯』に出演した田中圭さん

豪華キャストと言われる出演者のひとりです

『予告犯』は社会派映画というよりは友情映画?

ネットに寄せられている『予告犯』の感想は様々。

社会派の映画だと思ったら違った。現代 日本の格差社会に切り込む映画だと思ったら、友情モノだった」

「この映画、意外にイケてる。いけないこととわかっていても共感してしまう。」

「エリート(官僚)達にはわからない弱者の嘆きを世直し集団が聞き、彼の代わりに制裁する。世の中のテロ事件もこういう事なんじゃないかなぁ」

「4人が『シンブンシ』と名乗り制裁を与えていくが、 その犯罪を犯した本当の理由が最後に分り泣ける」

タイトルから察してそこそこの期待で見ただけなのに、予想以上に良かった」

予想外に感動して最後のシーンで号泣した」

といった感じで、実際にこの映画を見た人は割と良い感想を持っているいるようです。 社会派俺がと言うよりは映画と言うよりは、ベースになっている友情の部分が感動を読んだようです。

映画『予告犯』の市川実日子さん

映画『予告犯』の魅力は出演者の魅力?

映画『予告犯』の評価の分かれ目は、シンブンシに共感できるか否か?

映画「予告犯」はすばらしいストーリーとアイデアを兼ね備えている、邦画としてはなかなかの映画ですが、ディテールの弱さと演出の軽さが、取り扱っている社会問題の重さと釣り合っていないところがマイナスと言う指摘もあります。
 
「正義か悪か」とキャッチコピーにあるように、映画の中でシンブンシが行う制裁に対して共感できるか否かで、評価が分かれるようです。
 
社会の底辺にいる者が、強者に対して制裁を加えて行くところが、格差社会の現代日本を浮き彫りにして、フィクションと思えないテーマの重さ、にもかかわらず、映画自体は軽い感じで、そこが受け入れられるかどうかのようです。

映画『予告犯』に出演した坂口健太郎

イケメン俳優坂口健太郎さん

映画『予告犯』でサイバー犯罪対策課の市川を演じました

サイバー犯罪対策課の市川を演じた坂口健太郎さん

映画『予告犯』に出演している俳優さんたちの中で、注目したいのが、サイバー犯罪対策課の市川を演じる坂口健太郎さん。2015年だけでのブレイク度合いでは屈指の勢いがありました。

坂口健太郎さんが俳優デビューしたのは2014年。坂口健太郎さんの演技力の評価は、「演技下手・演技力なし派」と「演技上手い・演技力あり派」の二つの意見があります。

坂口健太郎さん

映画『予告犯』に出演したのはデビューの翌年

デビューの翌年に映画『予告犯』に出演した坂口健太郎さん

映画『予告犯』に出演した坂口健太郎さん、この時はデビューの翌年でした。『予告犯』では主役ではなかったので、イケメンながら出演場面があまり多くないのが残念です。

現在でも「演技がうまくない」というファンもいる坂口健太郎さんですが、映画『予告犯』に出演した坂口健太郎さんの演技はそんなに悪くないように見えます。デビューの翌年としては、結構いい演技をしているように見えます。

 

映画『予告犯』に出演した坂口健太郎のプロフィール

坂口健太郎さんのプロフィール

■名前
坂口健太郎
■生年月日
1991年7月11日

■出身
東京都

■血液型
O型

■事務所
トライストーン・エンタテイメント

■主な作品
「予告犯」
「コウノドリ」
「朝ドラ とと姉ちゃん」
「模倣犯」
「東京タラレバ娘」
「ごめん、愛してる」

映画『予告犯』が今すぐ見たかったら?

映画『予告犯』の評価はは賛否両論

自分で見て確認したい!

映画『予告犯』は無料で見られる?

2015年に公開された映画『予告犯』、公開から3年たっていますが、実は今すぐこの映画を無料で見ることができます。

YouTubeでこの映画がアップされていますので、まだ見ておられない方はぜひYouTubeで最初から最後まで見てみましょう!

「面白かった」という意見もあれば「それほどでもなかった」というひともいる映画『予告犯』ですが、この映画に出ている豪華キャストも見逃せません。

また、内容を大人気だった漫画で読むのも面白いですね!ぜひ、自分で見た『予告犯』の感想を持ってみてください!

映画full【予告犯】 〜主演:生田斗真〜

自分で見てみたい、映画『予告犯』!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ