記事ID140043のサムネイル画像

【これが真相】松坂桃李は「仮面ライダー」出身の俳優じゃなかった!

様々な役に挑戦し続けている松坂桃李さんですが、「仮面ライダー出身」の俳優と考えている人は多いのではないでしょうか。実は、松坂桃李さんは「仮面ライダー」に出演していないことがわかりました!謝った情報を流した人物は、とある大物芸人であることがわかりました。

松坂桃李って仮面ライダーに出演していた?

イケメン俳優として活躍する松坂桃李さんは、男前な役からオカマ役、さらには娼夫役まで演じるなど、幅広い演技力で定評のある俳優として活躍しています。

松坂桃李さんのデビュー作は、特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」ですが、多くの人が「仮面ライダーに出演していた」と思っています。なぜ、間違った情報が流れてしまったのでしょうか。

仮面ライダー出演の噂の原因は菅田将暉!?

「仮面ライダーに出演していた」という誤った情報が流れた原因を探っていくと、菅田将暉さんの存在がありました。2人は2017年公開の映画「キセキ-あの日のソビト-」で共演しています。

実は、菅田将暉さんのデビュー作「仮面ライダーW」であり、奇しくも2人は特撮ドラマ出身の俳優でした。この2人の共演でとあるファンたちが喜ぶ結果となりました。

仮面ライダー出演の噂を広めたのはアノ芸人だった!

松坂桃李さんの偽情報を流した人物を探っていくと、とある大物芸人の存在が明らかになりました!その芸人が、テレビ番組で「仮面ライダーに松坂桃李が出ていた」と話したことで、多くの人が誤解した可能性がでてきました。大物芸人とは、誰もが知るアノ人でした!


松坂桃李さんと菅田将暉さんが出演した映画「キセキ-あの日のソビト-」のあらすじや予告紹介と共に、「侍戦隊シンケンジャー」「仮面ライダーW」についてもご紹介します。

そして、松坂桃李さんが仮面ライダーに出演していたという偽情報を流した大物芸人もご紹介します!

映画「キセキ-あの日のソビト-」で松坂桃李&菅田将暉が共演

2017年1月公開の映画「キセキ-あの日のソビト-」は、松坂桃李さん、菅田将暉さんがダブル主演した青春映画です。

音楽グループ「GReeeeN」の大ヒット曲「キセキ」の誕生までの実話が元になっています。

映画「キセキ-あの日のソビト-」予告

映画「キセキ-あの日のソビト-」あらすじ

映画「キセキ-あの日のソビト-」は、音楽グループ「GReeeeN」が2008年に発売した7枚目のシングル「キセキ」の誕生秘話を元に制作された映画です。

2007年にメジャーデビューした男性4人組のボーカルグループ『GReeeeN』。メンバー全員が歯医者で、素顔や本名を明かさないことでも有名な彼らのシングル「キセキ」は、ドラマ「ROOKIES」(TBS)の主題歌となりオリコン1位に輝き、誰もが知るヒットソングとして今でも歌い継がれている。

顔も出さない彼らがいったいなぜ——?そこには誰も想像しえない、数々のドラマと信じられない”キセキ”が存在していた。これはその名曲誕生にまつわる兄弟とその家族、そして仲間たちが起こした”奇跡”にいたる”軌跡”を描き出した、本当にあった”輝石”の物語である。

出典:http://kiseki-movie.com

ファン歓喜の理由は「仮面ライダー」と「シンケンジャー」の共演!

今まで明かされてこなかった「キセキ」楽曲誕生秘話を知ることができるため、GReeeeNファンならずとも待ちに待った映画となりました。

しかし、もうひとつファンが喜んだのは、松坂桃李さんと菅田将暉さんの共演でした。実は2人は、ほぼ同時期に「侍戦隊シンケンジャー」「仮面ライダーW」にそれぞれ主演として出演していました。この2大ヒーロー共演で、ヒーローシリーズファンを中心に話題になりました。

トーク番組で松坂桃李&菅田将暉のデビュー作格差が発覚?

松坂桃李さんと菅田将暉さんは、それぞれデビュー作がヒーロー特撮ドラマということは有名です。

松坂桃李さんは「侍戦隊シンケンジャー」の主演、菅田将暉さんは「仮面ライダーW」の主演でそれぞれ同時期に出演していました。それぞれ特撮ドラマということで、撮影は過酷だったことは想像に難くありませんが、ある番組で2人が共演した際、現場での扱いが違っていたことがわかりました。

トーク番組「ボクらの時代」で格差が発覚!

2007年4月から放送中、フジテレビ系列トーク番組「ボクらの時代」は、様々なジャンルで活躍する3人が集い、トークを繰り広げる番組です。

司会はおろか、台本もないためゲストとして出演した3人の話の進行がゆだねられています。そのため、思わない話が飛び出すことがある番組として話題になっています。

2016年1月10日、フジテレビ系列トーク番組「ボクらの時代」に松坂桃李さん、菅田将暉さんが揃って出演しました。

番組内で話題になったのが、特撮ドラマがデビュー作であるという共通点でした。2人は撮影当時の苦労を語りましたが、そこで待遇の違いに格差があったことが発覚しました!

仮面ライダーの菅田将暉は勉強との両立が可能だった

菅田将暉さんは2009年から2010年放送、特撮ドラマ「仮面ライダーW」の主演として出演していました。

当時、通信制の高校に通いながら撮影に挑んでいました。ドラマ監督からは「君たち次第で長い歴史のある仮面ライダーがなくなる可能性もある」とハッパをかけられた一方、スタッフが菅田将暉さんのために勉強机を作ってくれたことを明かしています。

《監督から“君たち次第で長い歴史のある仮面ライダーがなくなるかもしれないんだよ”って言われて》

 そうハッパをかけられたという菅田。

《当時は通信制の高校に通っていて、レポートを提出しなきゃいけなかったんだけど、小道具さんが撮影セットの横に“菅田専用机”を作ってくれたんです。ここで勉強しなよ、みたいな感じで》

出典:http://www.jprime.jp

正義のヒーローといえど体力には限界がある……。しかし、プロデューサーによっては、菅田のように学業を優先してくれる人もいるそうだ。

「主役のライダーの子が高校在学中だったため、出席日数を満たせるように撮影スケジュールを組んでくれたこともあるとか」(芸能プロ関係者)

出典:http://www.jprime.jp

シンケンジャー松坂桃李は過酷なロケ&撮影スケジュールだった!

松坂桃李さんは、2009年から2010年放送の特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」の主演で出演していました。

菅田将暉さんの撮影当時のエピソードを聞き、松坂桃李さんはかなショックを受けつつ、当時の撮影現場について語ってくれました。

特撮ヒーロードラマの現場では、ベテランのカメラマンが幅を利かせており「専門用語がわからないと『帰れ』と言われた」と当時の現場の様子を振り替えています。

さらに、撮影が終了しても全国を回るため、1年半は他の作品に出演できなかったことも語っています。ヒーローモノは想像以上に過酷な現場だったことが伺えます。

このエピソードに驚いた松坂は自分とのギャップをこう話した。

《戦隊の現場で一番上の立場なのはベテランカメラマン。専門用語を言われたときに、わからない顔をすると“お前、もう帰れ”とか言われて》

出典:http://www.jprime.jp

「ライダーはクランクインから放送終了までの拘束が1年と2~3か月ほど。しかし戦隊モノは、放送終了後も3か月ほど全国行脚するツアーがあり、実質1年半はほかの作品に出られないんです」(テレビ朝日関係者)

 若手俳優側にしてみれば、売り出し中の大事な時期にクランクアップ後の3か月を取られてしまうのは大きい。体力的にも戦隊モノのほうが過酷という話も。

「ライダーは都心で撮影することが多いのですが、一方で戦隊モノは山奥での撮影が多い。それにより、単純に移動時間などの物理的な負担が大きくなります。しかも、戦隊モノのほうが変身前のアクションシーンが多いという点も、役者の負担を増幅させているかもしれません」(前出・テレビ朝日関係者)

出典:http://www.jprime.jp

松坂桃李は仮面ライダーだった話は明石家さんまが広めた?

松坂桃李さんは「侍戦隊シンケンジャー」に出演していましたが、世間の多くの人が「仮面ライダー」に出演していたと思い込んでいます。

しかし、松坂桃李さんは「仮面ライダー」に出演したことがないのに、なぜ、このような誤解が生じたのでしょうか。実は、松坂桃李さんが「仮面ライダー」に出演していたという話は明石家さんまさんが広めていたことがわかりました。

ラジオで松坂桃李に怒られたエピソードを語る

2018年4月22日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で明石家さんまさんが、松坂桃李さんに「仮面ライダーではない」と間違いを指摘されたことを明かしています。

明石家さんまさんは、とある番組で松坂桃李さんから「侍戦隊シンケンジャー」の演技が抜けないことを聞いています。例えば「待て」というセリフも両肩を動かして言うのが戦隊モノの決まりであり、その後に出演した恋愛ドラマなどでは全く通用しなかったと苦労話を告白しています。

このエピソードは、明石家さんまさんのお気に入りですが、いつしか「侍戦隊シンケンジャー」に出演していたから「仮面ライダー」に出演していたという記憶にすり替わってしまっていました

松坂桃李本人から指摘された明石家さんま

明石家さんまさんは、松坂桃李さんに会うたびに「あの仮面ライダーの『待て』ってやって」とせがんでおり、松坂桃李さんも大先輩からのリクエストに応えていました。しかし、しばらく間違いを指摘せずに来てしまったため、すっかり明石家さんまさんの記憶に「仮面ライダー松坂桃李」が刷り込まれてしまいました

松坂桃李さんは最近になって、やっと明石家さんまさんに間違いを指摘することができました。出演した番組では「『仮面ライダー』っておっしゃってるんですけど『戦隊ヒーローシンケンジャー』なんです」と念押しをしていました。

松坂桃李出演の侍戦隊シンケンジャーとは?

松坂桃李さんが出演した特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」についてご紹介します。

侍戦隊シンケンジャーあらすじ

2009年2月から2010年2月まで放送、テレビ朝日系列特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」は、ヒーローシリーズ第33作目として制作・放送されました。

戦隊シリーズとしては初の「侍」がモチーフになっており、リーダーである「シンケンレッド」が殿、それ以外のメンバーが家臣という設定で物語は進んでいきます。

<あらすじ>
この世とあの世の狭間を流れる三途の川に棲む妖怪・外道衆。外道衆は遥かな昔から人間たちを襲い苦しめてきたが、300年前(1709年)より外道衆と戦い続けてきた者たちがいた。

彼らの名は侍戦隊シンケンジャー。志葉家の当主とその家臣で構成された“侍”たちである。彼らはモヂカラと呼ばれる不思議な力を操りながら戦い、先代当主の時代には、外道衆の大将・血祭ドウコクの封印に成功した。

時は流れ2009年。志葉家の現当主を務める志葉丈瑠は、当初はシンケンレッドとして一人で外道衆と戦っていたが、外道衆の本格的な攻勢が始まることを察知した後見役の日下部彦馬は、いずれ一人での戦いに限界が来ることを危惧し、家臣の子孫である4人の若者を招集した。

出典:https://ja.wikipedia.org

侍戦隊シンケンジャーで松坂桃李はシンケンレッドで出演

松坂桃李さんは、シンケンジャーのリーダーであるシンケンレッド(志葉丈瑠)役で出演しました。

侍戦隊シンケンジャーには高梨臨も出演していた!

「侍戦隊シンケンジャー」には、シンケンピンク(白石茉子)役で女優の高梨臨さんが出演していました。

高梨臨さんはモデルとしてデビュー後、女優としてテレビドラマに出演していました。2018年サッカー選手槙野智章さんと結婚したことで話題になりました。

菅田将暉出演の仮面ライダーWとは?

菅田将暉さんが出演した特撮ドラマ「仮面ライダーW」についてご紹介します。

仮面ライダーWのあらすじ

2009年9月から2010年8月まで放送、テレビ朝日系列特撮ドラマ「仮面ライダーW」は、平成仮面ライダーシリーズ第11作目として制作・放送されました。

仮面ライダーは、2人で1人の仮面ライダーというコンセプトで物語が進む初めての作品でした。

<あらすじ>
今から1年前(2008年)、私立探偵の鳴海荘吉とその弟子の左 翔太郎は、謎の組織に拘束されていた少年を助け出す。脱出の途中に荘吉が追手の凶弾に倒れ、残る2人も絶体絶命の窮地に陥る中、少年は翔太郎に謎の機械を渡し、こう告げた。「悪魔と相乗りする勇気、あるかな?」

そして2009年秋。あらゆる場所で風車が回る風の街風都において、荘吉の後を継いで探偵業を営む翔太郎と1年前に救出された少年フィリップの元に、荘吉の娘鳴海亜樹子が事務所からの立ち退きを要求しにやってきた。翔太郎に付きまとううちに、亜樹子は風都で怪事件を起こす怪人ドーパントの存在を知る。そして、翔太郎とフィリップが変身する風都を守る戦士仮面ライダーWの戦いに深く関わっていくことになる。

出典:https://ja.wikipedia.org

仮面ライダーWで菅田将暉は主演で出演

菅田将暉さんは仮面ライダーW(フィリップ)として主演で出演しました。10年前に記憶をなくした探偵として登場します。

松坂桃李プロフィール

【名前】   松坂桃李(まつざかとうり)
【生年月日】 1988年10月17日(29歳)
【出身地】  神奈川県茅ケ崎市
【身長】   183㎝
【血液型】  A型
【所属事務所】トップコート

実写ドラマ「この世界の片隅に」に出演

2018年7月に放送されたTBS系列ドラマ「この世界の片隅に」に出演しました。

2016年にアニメ映画が上映され、口コミで徐々に人気になった作品の実写ドラマ化作品です。松坂桃李さんは、ヒロインの夫・北條周作を演じました。

菅田将暉プロフィール

【名前】   菅田将暉(すだまさき)
【生年月日】 1993年2月21日(25歳)
【出身地】  東大阪府箕面市
【身長】   176㎝
【血液型】  A型
【所属事務所】トップコート

山田孝之とW主演ドラマ「dele」に出演中

2018年7月27日より放送中のテレビ朝日系列ドラマ「dele」に菅田将暉さんが出演中です。

デジタル記録の機密を抹消する業務を請け負う男性たちの物語です。山田孝之さんとダブル主演で出演しています。

最新映画「生きてるだけで、愛。」は2018年11月公開予定

菅田将暉さん最新出演映画「生きてるだけで、愛。」が、2018年11月9日公開予定です。

同映画の原作は、2006年刊行の同名小説です。「第135回芥川賞」候補になったほか、単行本版は「第20回三島由紀夫賞」候補に選ばれるなど、話題作品です。

「生きてるだけで、愛。」予告

松坂桃李は仮面ライダーに出演していなかった!

松坂桃李さんと菅田将暉さんが、映画「キセキ-あの日のソビト-」で共演したで、2人のデビュー作となった「侍戦隊シンケンジャー」「仮面ライダーW」再び注目されました。

トーク番組では、撮影当時の格差が話題になりましたが、2人は現在、日本を代表する俳優へと成長しています。松坂桃李さんのみならず、菅田将暉さんの活躍にも注目が集まります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ