記事ID139415のサムネイル画像

サントリードリームマッチの始球式、石原さとみ4年間の歩み。

2014年から4年連続で「サントリードリームマッチ」の始球式を石原さとみさんが担当しています。この石原さとみ始球式が今、野球ファンの間では人気を得ているようです。この石原さとみ始球式の4年間の人気の秘密と石原さとみの意気込みを調べてみました。

石原さとみの始球式が色々と話題!?

1995年から毎年8月に開催されるプロ野球のOBが集う祭り「サントリードリームマッチ」

 

この試合の始球式を、なんと2014年から4年連続担当しているのが、美人女優の石原さとみさんです。

 

始球式と言えば、通常のプロ野球の試合前などでも芸人や著名人、女優や当時人気のタレントさんなどが行い話題になることは多々ありますが、この「サントリードリームマッチ」での石原さとみさんの始球式は別格なほど注目を浴びているようです。

 

何故、石原さとみさんの始球式が、こんなにも注目されるのか色々と調べて見ました。

始球式をやりきった石原さとみさん

石原さとみ最新始球式でまさかの"サブマリン投法"披露!

2017年の始球式では、石原さとみさんはまさかの完コピ「サブマリン投法」を披露してくれました。

 

先ずは上記の三枚の真剣な表情をしている石原さとみさんを見てください。

 

何事にもストイックに取り組まれる姿が、この始球式からも伝わってきます。

 

ところで、この「サブマリン投法」って何?って方のために簡単に補足をしておきます。

 

なかなかプロ野球でも見れませんが、この投法で有名なのが山田久志さん、渡辺俊介さんでしょう。

 

地面に近い位置から投げられるアンダースローのことを指します。

 

通常は上から下に球は軌道を描きますが、このサブマリン投法は下から上に軌道を描きますので、慣れないとプロでも打ちにくい弾道になるそうです。

いつも投げ終わった後の笑顔が素敵な石原さとみ

まさかのサブマリン投法で、始球式を盛り上げてくれた石原さとみさん、いつも投げ終わった後は、少し照れくさそうな笑顔を見せてくれます。

この石原さとみさんの始球式の動画も、4年分集めることが出来ましたので、下記でじっくりと石原さとみさんの勇姿を見て下さい。

石原さとみは4年連続で始球式で面白い投法に挑戦!

石原さとみさんが始球式で完コピ投法を披露したのは、先ほどのサブマリン投法だけではありません!

2015年から3年連続で周りの人を驚かすサプライズ始球式をされておられます。

これらの石原さとみ始球式を、年別で動画を集めることに成功しましたので、ご覧下さい。

2015年、村田兆治さんもビックリ!マサカリ投法

プロ野球ファンなら知っている「マサカリ投法」

 

この「マサカリ投法」の披露から石原さとみさんの完コピ始球式が始まったようです。

 

そして、この「マサカリ投法」とは、1968~1990年にオリオンズで活躍した村田兆治さんの独自の投法です。

 

この村田さんは、最初からこのような投法だったのではなく、プロとして生き延びる為に自分だけのスタイルを編み出したのが、この「マサカリ投法」だそうです。

 

由来は、名前通り「マサカリ」を振り回しているような姿からこのように言われるようになったようです。

2016年、石原さとみ流野茂英雄投手のトルネード投法

石原さとみ完コピ始球式、第二弾は野球に詳しくない人でも聞いたことはあるであろう野茂英雄さんの「トルネード投法」

 

この「トルネード投法」も、村田さん同様、野茂英雄さんが体格のハンディを補うために考え抜いたものだそうです。

 

石原さとみさんの投球動作に入った瞬間の腕の振りかぶりようは、まさに野茂英雄さんのようなフォームなのにビックリです。

 

この年は、始球式後に記念ボールを石原さとみさんがスタンドに投げ入れるといった、さらなファンサービスがありました。

2017年、石原さとみ驚きの始球式、サブマリン投法

先ほども紹介した2017年の石原さとみ始球式の「サブマリン投法」。

動画で見ると、この完成度がより実感して頂けると思います。

「マサカリ」でも「トルネード」でも「サブマリン」にしても、実際ご自身で実践してみると分かりますが、この投法でホームベースまで球を届かせるってことは、とても凄いことです。

それを女優の石原さとみさんがやってのけるのだから、その点にしても驚かされます。

2014年、石原さとみ 初めての始球式

では、一番最初の2014年の始球式はどうだったんでしょうか?

この年は、映画「進撃の巨人」の収録中に利き手の右手を負傷したようで左投げにチャレンジ。

しかし、納得出来るようなものではなかったので、泣きの一回を要求しています。

怪我をしていても、その時点で出来ることを全力でやってみる。

始球式とは余興のような一面が多いですが、そんな中でも石原さとみさんのプロ根性が見受けられます。

石原さとみは始球式前にたくさん練習するらしい!

毎年始球式で楽しませてくれる石原さとみさんですが、単なるその日の思いつきで始球式を行っている訳ではないんです。

 

TBSラジオに出演した時には、「1ヶ月前から練習しています」と発言しています。

 

また、2017年の始球式後には、オフィシャルアカウントにて
「あーーーーーくやしい あんだけ研究して練習したのに、なんでもっと本番でアンダーにならなかったんだぁぁぁぁぁぁ」
と、悔しさ満点のコメントをしております。

 

また、
「美しさとしなやかさと低姿勢でのスナップをきかせた投球フォームには惚れぼれしました」
と、渡辺俊介さんの動画を何度も見て完コピ練習を行っていた様子を伺わせました。

 

最後には、
「肩と太ももの筋肉痛がひどいですが(苦笑)アイシングをして明日の撮影に備えます!」
と、始球式までの一ヶ月間、猛特訓してきたことが分かります。

始球式での石原さとみに対する世間からの声は?

実はスカパー!が下記のような調査を行っていたようです。

 

「全国のプロ野球ファンが、日本のプロ野球に対し、どのような思いを持っているのか、また、2018年シーズンに対し、どのような期待を持っているのか」を把握するために、全国の20歳~79歳のプロ野球ファン2000名を対象に、インターネット上で実施した「プロ野球に関する調査2018」。

 

この調査の有効回答から
「プロ野球の始球式で投げてほしい芸能人」女性部門。
「プロ野球の場内アナウンスをしてほしい女性芸能人」。
「一緒に観戦したら楽しそうな女性芸能人」。

 

と、3つのカテゴリーにて石原さとみさんは、見事1位を獲得しているんです。

その中でも注目したいのは、「プロ野球の始球式で投げてほしい芸能人」女性部門で、神スイングで話題を生んだ稲村亜美さんに23票差の85票を獲得して1位になっていることです。

 

この結果は、やはりこの4年間のドリームマッチでの始球式が影響を与えているんだと感じてしまいます。

 

是非、ペナントレースでの始球式も行って欲しいものです。

 

その時は、いったいどんなパフォーマンスを披露してくれるのか楽しみです。

やっぱり投球後の笑顔が素敵な石原さとみ

始球式の投球が終わった後の石原さとみさんは、いつも笑顔が素敵です。

4年分の始球式を見てみるとより分かりますが、石原さとみさんの衣装にも毎年注目を置かれているんです。

始球式だからと言って、好きなユニフォームなどを着るのではなく、スポーツとトレンドを掛け合わせた石原さとみ特有のファッションセンスも高評価なんです。

ちなにみ、2017年の始球式に着ていた白のニットベストは、放送後日には既に売切れだったそうです。

石原さとみのプロフィール

名前   石原さとみ

生年月日 1986年12月24日 (31歳)

出身地  東京都

血液型  A型

兄弟   4つ年上の兄

所属   ホリプロ

まとめ:始球式でも一生懸命だった石原さとみが可愛い

石原さとみさんの始球式に対する熱意がどれ程伝わったでしょうか。

 

石原さとみさんのストイックさも感じて頂けたと思いますが、同時に石原さとみさんの無邪気な笑顔から滲み出る可愛さも写真や動画から存分に感じてもらえたはずです。

 

2018年は、7月30日に「サントリードリームマッチ」が開催されます。

 

そして、石原さとみさんが始球式を担当するようです。

 

今年はどんな投法を披露するのか。

 

どんな表情で私たちを魅了するのか。

 

今から楽しみです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ