記事ID139354のサムネイル画像

松坂桃李の出身は仮面ライダー?何のヒーローだったっけ?調べてみた

映画にドラマに活躍中の松坂桃李さん。今のクールな姿からは想像出来ませんが、確か出身は仮面ライダー?ヒーロー物だったはずだけど… そんな記憶を補完するために松坂桃李さんが過去に出演していたのは仮面ライダーだったのか調べてきました。スッキリしてください。

松坂桃李は仮面ライダーだった?

正解は 仮面ライダーではなく、

 スーパー戦隊シリーズ 第33弾

 

侍戦隊シンケンジャーでした。

 

しかも松坂桃李さんが演じているのは

 

ヒーロー戦隊では リーダー格 の レッド

 

シンケンジャーの場合、時代劇ベースの為、

レッド = 殿 と呼ばれています。

 

仮面ライダーではありませんでしたが、

ヒーローには間違いありませんね。

 

 

仮面ライダーでは無いけど出演はしていた?

仮面ライダーではありませんでしたが、

仮面ライダーシリーズには出演していました。

 

仮面ライダーディケイド と 侍戦隊シンケンジャー の

コラボレーション企画があり、

 

仮面ライダーティケイドが異世界に行けるのを利用して

侍戦隊シンケンジャーの世界に登場する。という設定で

共演を果たしています。

 

なので、

仮面ライダーだった」は ×

仮面ライダーシリーズに出演していた」は

 

というのが正解です。

松坂桃李は『侍戦隊シンケンジャー』でヒーローデビュー

松坂桃李さんは、友達に誘われて応募した

「チャレンジFBモデル2008オーディション」

グランプリを受賞

 

2009年に、この「スーパー戦隊シリーズ」第33作

『侍戦隊シンケンジャー』の

志葉丈瑠 / シンケンレッド役で俳優デビュー

これがテレビドラマ初出演にして初主演となりました。

 

初めてとは思えない演技です。

殿っぷりがカッコいいです。

松坂桃李出演『侍戦隊シンケンジャー』とは

ヒーロー戦隊シリーズ 初の侍モチーフ

 

松坂桃李さん演じる レッドが「殿」で

その他が家臣という位置づけ。

 

時代劇の名優、伊吹五郎さんが

松坂桃李さんをお守りする後見人として

出演し、物語を引き締めています。

 

変身方法が変わっていて、

携帯型の筆で文字を書く事で変身します。

 

また、それぞれが折神というアイテムを

持っていて、折神が動物モチーフの

空飛ぶ武器になったり、

合体する事でシンケンオーとなる。

 

シンケンオーも時代劇モチーフで

頭には兜を被った形状となっていて

こだわりが見られますね。

 

出演しているメンバーを紹介します。

シンケンレッド: 松坂桃李

ドラマ初出演・初主演でありながら
すでにこの表情。

この時代から既に大物感がありますね。

「殿」という設定のお陰でしょうか?

シンケンブルー: 相葉弘樹


家臣になる前は歌舞伎役者という設定のブルー。
ヒーロー戦隊シリーズでブルーというと
頭の切れる冷静な参謀のイメージでしたが、
意外とオッチョコチョイな役柄でした。

松坂桃李さんが大人びていたから?
それとも伊吹五郎さんがいたから?
意外なブルーでした。

シンケングリーン: 鈴木勝吾

ちょっとヤンチャなグリーン

筆を使って戦闘をするのに、
お習字が下手だったり、
書き順を間違えたり、
初期の頃は、みんなより少し出来が悪い
役柄でした。

努力すれば出来るようになる!という姿を
子供たちに教えるためのキャラクターでしょうか?

シンケンピンク: 高梨臨

先日、サッカーの槙野選手と結婚した
高梨臨さん

シンケンピンクを演じていました。

あねご的存在

シンケンイエロー: 森田涼花

妹キャラなイエロー。

こっそり素振りをしたり、
健気な様子が人気でした。

伊吹五郎さんも映った貴重な

New Year Ver.

この写真からも物語を脇でしっかり支えて

下さっている事がわかります。さすが後見人役。

 

伊吹五郎さんがいるだけで時代劇感が増しますね。

映画「キセキ―あの日のソビト―」でW主演した松坂桃李と菅田将暉

映画「キセキ」は、

「GReeeeN」の実話を元に作られた映画で

松坂桃李さんと菅田将暉さんがW主演をした事でも有名です。

 

メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという

異色のボーカルグループ「GReeeeN」の

代表曲「キセキ」の誕生秘話を描く青春ドラマ。

 

そんなキセキの主演二人は、どちらもヒーロー出身者!

 

仮面ライダーの菅田将暉

侍戦隊シンケンジャーの松坂桃李

 

これもキセキの1つでしょうか?

 

 

 

菅田将暉は仮面ライダーだった!

2009年、9月より平成仮面ライダーシリーズ第11作

『仮面ライダーW』(テレビ朝日)にて

仮面ライダーシリーズ最年少で連続テレビドラマ初出演

桐山漣とダブル主演を務めました。

 

ちょうど侍戦隊シンケンジャーと同時期のヒーローです。

 

菅田将暉さんも、松坂桃李さん同様、

ドラマ初出演・初主演でした。

 

同時期に2つのヒーロー物で新人がデビューした。

というわけですね。

 

しかも、どちらも後に大物に成長!

 

2009年は豊作ですね。

 

仮面ライダー W

桐山漣さんと菅田将暉さん

仮面ライダーW の共演シーンです。


菅田将暉さんも、すでにお洒落全開ですね。
デビュー当時と、ブレーク後が違和感無いなんて
松坂桃李さん同様、凄いですね。

ヒーロー役がお似合いな松坂桃李のプロフィール

プロフィール

本名: 松坂 桃李
生年月日: 1988年10月17日
出生地: 神奈川県茅ヶ崎市
身長: 183 cm
血液型: A型
職業 :俳優、モデル
所属事務所: トップコート

TBSの日曜劇場「この世界の片隅に」出演

2018年7月より

TBSの日曜劇場「この世界の片隅に」に出演中

 

戦時中のドラマを淡々と演じています。

 

無口な難しい役ですが、

優しさが垣間見えて、とっても良いですね。

 

昭和の日本男児。

寡黙な感じが松坂桃李さんにはピッタリかもしれませんね。

 

「すずさん」とどうなっていくのか、

今後の展開から目が離せません。

 

視聴者のつぶやき

「うん。ウエハース」って言う時の周作さん(松坂桃李)の顔優しすぎるだろ…。 なんじゃあ……。 仕事で疲れても腹立っても周作さんがすずさんにアイスクリーム食べさせてあげるところ見たら吹っ飛ぶ。 https://t.co/IqYPTgYU4u

記事番号:139354/アイテムID:4419162のツイッターの投稿画像

Mon Jul 30 15:22:05 +0000 2018

今後の活躍も楽しみな松坂桃李

仮面ライダーではありませんでしたが、

侍戦隊シンケンジャーでヒーローを演じていた

松坂桃李さん

 

時には悪役を演じたり

時には超能力者を演じたり

時にはオカマ役を演じたり

時には童貞役を演じたり

時には教師役を演じたり

 

どんどん幅広くなっていきますね。

 

歳を重ねていくのが楽しみな俳優さんです。

 

今後の活躍に期待したいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ