記事ID137949のサムネイル画像

妖艶な美しさを増す女優 長澤まさみのテレビドラマから目が離せない

映画、テレビドラマ、舞台,テレビCM等、様々なジャンルで大活躍の長澤まさみ。コミカルからシリアスまで、現代から時代劇、果ては詐欺師まで多彩な役に体当たりで挑戦し、女優として実績を積み重ねてきた彼女。妖艶な色香が匂い立つように漂う長澤まさみから目が離せませんね。

ますます妖艶な妖しい魅力が高まる長澤まさみ 話題のテレビドラマ

魅力を増す長澤まさみ

最近ますます妖艶な魅力を増す女優の長澤まさみ。最近まで放映されたフジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」では月9初の主演を務めるなど活躍中です。先年出演した舞台ミュージカル「キャバレー」では、透けるように白い肌を惜しげも無く露出し、妖艶な色香を匂い立つほどに漂わせて大きな話題となりました。テレビ、映画、CMと様々なジャンルで活躍し続けるそんな今が旬の長澤まさみのこれまでの話題となったテレビドラマを中心にまとめてみました。

長澤まさみとは・・・

1987年6月、静岡県磐田市生れ、31歳。(本名同じ) 東宝芸能所属。
12歳(小6)の時、東宝シンデレラオーディションでグランプリに選ばれ芸能界入りし、同年公開の映画「クロスファイア」でデビュー。その後NHKTV朝ドラ「さくら」(2002年)などのテレビドラマ出演を経て、2004年、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」で白血病に侵されるヒロイン亜紀を熱演。闘病する亜紀を演じるためスキンヘッドになるなど情感あふれる体当たり演技で大きな話題となり、この年の日本アカデミー賞最優秀助演女優賞となりました。

映画「世界の中心で、愛をさけぶ」

累計販売数200万部を突破した片山恭一原作の同名の純愛小説を2004年、行定勲監督が映画化。白血病と闘う恋する少女 亜紀役の長澤まさみの迫真の演技は涙と感動を日本中に巻き起こしました。

ついにフジテレビ月9単独初主演!「コンフィデンスマンJP」では長澤まさみが詐欺師に!?

「コンフィデンスマンJP」より

 今年4月から最近までのクールでは、フジテレビ系月9ドラマ単独初主演となる「コンフィデンスマンJP」で女詐欺師のダー子役。古沢良太脚本のこのテレビドラマは、信用詐欺師(コンフィデンスマン)のダー子たち3人が、悪徳商法や反社会的組織など欲にまみれた金の亡者たちから金を騙し取る痛快なドラマ。毎回有名俳優がゲストで登場する1話完結もので、長澤まさみ演じるダー子のコスプレ7変化が話題となりました。
 そして現在公開中の最新作、映画「50回目のファーストキス」では、山田孝之とのW主演で、短期記憶喪失障害のヒロインを演じて見る人の感動を誘っています。

フジテレビ「コンフィデンスマンJP」より

長澤まさみが出演したこれまでの話題のテレビドラマ

それでは長澤まさみの出演したこれまでのテレビドラマの数々を見て行くことにしましょう。
2006年にはNHK大河ドラマ初出演を果たします。「功名が辻」の小りん役で並みいる先輩有名俳優の中では脇役でしたが、10代で無難にこなしました。これを足掛かりに彼女はその後NHKテレビの大河ドラマには欠かせない地歩を築いてゆくことになります。

和服姿も似合う長澤まさみ

映画に、テレビドラマに大活躍の長澤まさみ

「プロポーズ大作戦」より

2007年にはフジテレビ系月9に初出演。主役の山下智久の相手役のヒロイン 吉田礼を演じた「プロポーズ大作戦」は、長澤まさみの演じるヒロイン 礼のことが忘れられない山下が、何度も過去に戻ってやり直そうとする時空を超えた若者たちの異色の青春ドラマで、平均テレビ視聴率15%超、最終話は20%を越え大きな話題になりました。ドラマのラストに流れ、桑田佳祐の歌うテーマソング「明日晴れるかな」は、見る人を優しく温かい気持ちにする名曲で大ヒットとなりました。

「プロポーズ大作戦」のひとコマ

ふたたび大河ドラマへ。重要な役柄に大抜擢!

順調に役者としての実績を積み重ねてきた長澤まさみ。2009年には再びNHKテレビ大河ドラマから声がかかり、今度は上杉謙信・景勝に仕えた戦国武将、直江兼続の生涯を描いた「天地人」(妻夫木聡主演)で、真田幸村の異母姉で忍びでもある初音という物語に欠かせない重要な役どころを演じます。まだ二十歳そこそこではありましたが、色気も必要な役柄に挑戦し、艶っぽい仕草も話題になりました。それも相まって「天地人」は平均視聴率21.2%、最高視聴率も26%をたたき出すなど好調でした。

色香も兼ね備えた女優へ・・・

映画「モテキ」が大ヒット!

2011年には人気漫画を映画化した森山未來主演の映画「モテキ」にヒロインとして出演。コミカルかつ色気ムンムンの役柄を好演。最終興行収入22億円を超える大ヒット作となりました。
 一方、テレビドラマには2014年、1960年代に田中邦衛他の出演で一世を風靡したドラマ「若者たち」を現代的にリメイクしたフジテレビ系の「若者たち2014」に出演。このドラマは平均視聴率こそ7.7%とふるいませんでしたが、長澤まさみはプロデューサーから執拗なセクハラを受ける芽の出ない元歌手という陰のある難しい役柄を演じ、ある意味新境地を開いて女優としての確かなワンステップを踏むこととなったのです。

「真田丸」できりを演ずる長澤まさみ

三たび大河ドラマへ。「真田丸」の きり役にネットも騒然!

「真田丸」名場面集

まだ視聴者の記憶に新しいのが、満を持して3度目の登場となった2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」(堺雅人主演)。真田信繁(幸村)の生涯を描いた三谷幸喜脚本のこのドラマでは、真田家家臣 高梨内記の娘、きりを演じました。主人公信繁の幼馴染で、結ばれないものの生涯信繁の傍に連れ添う役柄で、1年間出ずっぱりの実質ヒロイン役。三谷氏の脚色により、時代劇でありながら唯一きりだけが現代の言葉を使い、現代の女性の感覚で台詞を語る異色の演出には賛否両論でネットも騒然。はじめは違和感を感じていた多くの視聴者も、最後にはきりへの共感のコメントが多数寄せられ、長澤まさみの見事な役作りは大きな話題となりました。

初の詐欺師役の長澤まさみ

長澤まさみのプロフィール

本名 長澤まさみ
生年月日 1987年6月3日
出身 静岡県磐田市
身長 168cm
家族 父は元サッカー日本代表で、Jリーグジュビロ磐田初代監督の長澤和朗氏
血液型 A型

映画化決定!「コンフィデンスマンJP」をスクリーンで

金の亡者たちから金を騙し取る詐欺師を演ずる「コンフィデンスマンJP」は 長澤まさみ、東出昌大、小日向文世の3人が繰り広げる奇想天外なストーリー。最終回が放映されてダー子ロスとなっているあなたに嬉しいお知らせが!
 Blu-reyとDVD BOXの発売が決定。そしてなんと同一キャストでの映画化も決定!帰って来たダー子のコスプレ7変化をスクリーンでも楽しみましょう。
 今、長澤まさみから目が離せません。大活躍の彼女にこれからも注目してゆきたいものですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ