小栗旬主演映画の興行収入ランキング!一位に輝いたのはどの作品?

数々の人気作の主演をつとめている小栗旬さん。今回はそんな人気俳優である小栗旬さんの主演映画の興行収入を調べて、小栗旬主演映画の興行収入を10位までランキングしてみたのですが、皆さんのお気に入りの作品は果たしてランクインしているでしょうか?

小栗旬映画興行収入ランキング1位「信長協奏曲」

興行収入46億1000万円

小栗旬主演映画興行収入ランキング堂々の一位を獲得したのが、月9ドラマの続編として2016年に公開された「信長協奏曲」

当時33歳だった小栗旬さんが高校生役を演じ、話題になりました。

出演者は、柴咲コウさん、向井理さん、山田孝之さん、藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)、水原希子さんなど。

小栗旬映画興行収入ランキング2位「銀魂」

興行収入38億4000万円

週刊少年ジャンプの大人気漫画『銀魂』を実写映画化した今作は2017年に公開されました。

人気コミックの実写化にも関わらず、大ヒットを記録し、今年の夏には続編となる映画「銀魂2」が公開予定となってます。

出演者は、菅田将暉さん、橋本環奈さん、岡田将生さん、長澤まさみさん、吉沢亮さんなど。

小栗旬主演映画興行収入ランキング3位「クローズZEROⅡ」

興行収入30億2000万円

「クローズZEROⅡ」は2007年に公開された「クローズZERO」の続編です。

前作も4位にランクインしています。

続編の方が興行収入は高かったようですが、3位4位にランクインする人気ぶりです。

出演者には、前編のキャスト陣に加えて金子ノブアキさん、綾野剛さん、三浦春馬さんなど。

小栗旬主演映画興行収入ランキング4位「クローズZERO」

興行収入25億円

高橋ヒロシの漫画が原作の映画「クローズZERO」は2007年に公開されました。

不良高校生の抗争を描いたストーリーになっています。

小栗旬さんは、荒れ果てた不良高校・鈴蘭高校に転入してきた「最凶の転入生」滝谷 源治を演じました。

出演者は、山田孝之さん、高岡蒼甫さん、桐谷健太さん、上地雄輔さん、大東俊介さんなど。

小栗旬主演映画興行収入ランキング5位「ルパン三世」

興行収入24億5000万円

モンキー・パンチの大人気コミックを実写化した「ルパン三世」が公開されたのは2014年。

根強い原作ファンも多いため、ヒットしないのではと割れていましたが興行収入24億円突破し予想外の大ヒットとなりました。

出演者は、黒木メイサさん、玉山鉄二さん、綾野剛さん、浅野忠信さんなど。

小栗旬主演映画興行収入ランキング6位「岳-ガク-」

興行収入16億3000万円

小学館漫画大賞を受賞した石塚真一の漫画『岳 みんなの山』が原作の「岳-ガクー」が公開されたのは2011年。

小栗旬さんは、山岳救助ボランティアとして活動していた島崎三歩を演じました。

出演者には、長澤まさみさん、佐々木蔵之介さんなど。

小栗旬主演映画興行収入ランキング7位「宇宙兄弟」

興行収入15億7000万円

小山宙哉原作の漫画を実写化した映画「宇宙兄弟」が公開されたのは2012年。

小栗旬さんは、弟想いで熱い男の六男(ムッタ)を演じ、見事なアフロヘアを披露されていました。

出演者は、岡田将生さん、 井上芳雄さん、麻生久美子さんなど。

小栗旬主演映画興行収入ランキング8位「ミュージアム」

興行収入15億円

「週刊ヤングマガジン」にて連載された巴亮介によるコミックが原作の映画「ミュージアム」が公開されたのは2016年。

小栗旬さんは、妻夫木聡さん演じる残忍な殺人鬼・カエル男を追いかける刑事・沢村久志を演じました。

出演者は、妻夫木聡さん、尾野真千子さん、野村周平さんなど。

小栗旬主演映画興行収入ランキング9位「TAJOMARU」

興行収入4億8300万円

芥川龍之介の小説『藪の中』を原作とし、登場する多襄丸を主人公にした時代劇「TAJOMARU」が公開されたのは2009年。

小栗旬さんが演じたのは、阿古姫を守るために多襄丸を殺してしまい、「多襄丸」の名を受け継ぐことになる畠山家の次男の直光役。

出演者は、柴本幸さん、やべきょうすけさん、田中圭さん、綾野剛さんなど。

小栗旬主演映画興行収入ランキング10位「キサラギ」

自殺したアイドルの死を巡り大部分を一つの部屋の中で進行していく密室推理劇である映画「キサラギ」が公開されたのは2007年。

小栗旬さんは、マイナーアイドル・如月ミキのファンサイトの管理人である家元を演じました。

出演者は、ユースケ・サンタマリアさん、小出恵介さん、 塚地武雅さん、 香川照之さんなど。

まとめ

小栗旬さんの主演映画興行収入ランキングを10位まで見てきましたがいかがでしたか?

こうしてみると実写映画の割合がとても多いですね。

批判をうけることが多い実写映画をここまで成功させている要因にはやはり小栗旬さんの演技力が不可欠だったでしょう!

これからも日本映画界を引っ張る俳優として頑張ってもらいたいところです。

もっと小栗旬を知りたい方へ

もっと小栗旬を知りたい方へおすすめの記事はこちらです

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ