記事ID136967のサムネイル画像

美女と野獣は歌が素敵♡アニメと実写版の映画動画をみてみよう。

ディズニー作品の中でも、美女と野獣が大好きな人は多いですよね。ミュージカル調なアニメーションのディズニーの中でも歌の映画動画も気になります。今回は美女と野獣のアニメと実写版の映画動画をご紹介していきます!あの場面も実写版とアニメを一緒に見比べてみよう!

アニメ美女と野獣の映画動画が見たい!

ディズニーの中でも知る人ぞ知る美女と野獣。
大好きなディズニープリンセスは美女と野獣の『ベル』と答える女の子はきっと多いはず。
アニメのみならず、美女と野獣の実写版も人気がある作品です。
今回はアニメ版『美女と野獣』の劇中に出てくる歌の映画動画と実写版の歌の映画動画をご紹介していきます。

美女野獣の歌の映画動画『朝の風景』

映画『美女と野獣』の初番に出てくる歌の朝の風景。映画実写版の美女と野獣でも見どころの一つで、ベルの魅力がわかるシーンの1つ。
美女と野獣のアニメでもこのシーンがありましたが、実写版の『朝の風景』も少し違ってアニメ版をベースに作られた動画は魅力的です。

アニメ版

アニメ版の美女と野獣の朝の風景です。
アニメ版の美女と野獣は、ベルが住む町の人々とベルの様子がよくわかるミュージカル調な部分。
ガストンがベルに結婚を申し込み拒否するシーンも、アニメ版の朝の風景の見どころの一つです。

アニメ美女と野獣『一人ぼっちの晩餐会』映画動画

アニメ美女と野獣の中で、野獣が住む城の仲間たちがベルをおもてなしするシーンの楽曲である『一人ぼっちの晩餐会』の映画動画です。
野獣の城に住む愉快な仲間たちが一生懸命おもてなしする姿と、それを楽しむベルの姿が印象的な映画動画です。

アニメ美女と野獣『強いぞ、ガストン』の映画動画

アニメの『美女と野獣』でガストンの仲間の一人がガストンを励ますように歌うシーンから始まる『強いぞガストン』の映画動画です。
ガストンが仲間の励ましに応じ、強い腕っぷしが自慢のガストンが美女と野獣のアニメ映画動画の中でする力自慢も見どころです。
そこへ美女のベルのお父さんのモーリスが娘が野獣に捕らわれたと報告しに行き、ガストン以外はモーリスを馬鹿にする
だが、ガストンはベルに好意を抱いていたので、ガストンはベルを助けに行く決意をする映画動画です。

『強いぞガストン』実写版映画動画

実写版の美女と野獣『強いぞガストン』の映画動画です。腕っぷしの強いみんなから頼られるガストンが見ることができます。

『強いぞガストン』実写版映画動画リハーサル風景

美女と野獣の中で歌われる『強いぞガストン』の実写版映画動画のリハーサル風景です。
とても大掛かりな撮影で稽古も何週間もこなし、たくさんの役者たちが一生懸命踊り、練習する姿がみられる貴重な映画動画です。

アニメ美女と野獣『愛の芽生え』映画動画

アニメ美女と野獣の中で、ベルと野獣が食事するシーンから始まる『愛の芽生え』です。
この『愛の芽生え』の映画動画は、食べ方がとてもぎこちがない野獣にベルが優しく教えてあげるところから始まります。
みかけはとても意地悪ですが、なぜか憎めない存在な野獣を映画動画の中で歌うベル。
そして、ベルと野獣の間に愛が芽生えていくことに気づくシーンがあるアニメの映画動画です。
野獣が住む城の仲間たちにも、愛が芽生えたことがわかったところもとても面白く見ることが出来ます。

『愛の芽生え』実写版映画動画

ベル役のエマ・ワトソンが野獣に対しての心情を歌うシーンから始まる実写版美女と野獣の映画動画です。
アニメの『愛の芽生え』と比較してみるととても面白く見ることが出来ますよね。
ベル役のエマ・ワトソンが歌う『愛の芽生え』は、アニメ版の声と違い透き通った声が美しくて素敵です。
アニメではな実写版の美女と野獣の『愛の芽生え』の字幕版と吹き替え版が楽しめる動画なので、ぜひチェックしてみてください!

アニメ『美女と野獣』主題歌

アニメ版『美女と野獣』の主題歌の映画動画です。
日本語音声の愛が芽生えた美女ことベルと、野獣こと魔法で野獣の姿にさせられてしまった王子様の二人の愛を歌う美女と野獣の主題歌も心が温かくなるような歌が魅力的です。

実写版

アニメの美女と野獣の主題歌もとても見ごたえがありますが、実写版の美女と野獣の主題歌もアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌っていて聴きごたえも見fごたえも十分な作品になっています。

美女と野獣を見返してみよう。

ディズニーのアニメーション作品の中でも人気な作品の美女と野獣。
世界各国の数多くの人達に夢を与える作品の美女と野獣を見返してみませんか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ