記事ID136531のサムネイル画像

元放課後プリンセスの長澤茉里奈の経歴とは?その豊富な経歴に驚き!

長澤茉里奈さんの経歴が豊富と話題になっています。離脱した【放課後プリンセス】の経歴もさることながら、他にも意外な経歴をお持ちの長澤茉里奈さん。今回は、『有吉反省会』でも話題になった、長澤茉里奈さんの経歴に注目したいと思います!

経歴が気になる!長澤茉里奈とは!?

【長澤茉里奈さんのプロフィール】

長澤茉里奈(ながさわ まりな)
アイドル放課後プリンセスの元メンバーという経歴を持つ。

生年月日 1995年10月8日
出身地 埼玉県
身長 153㎝

「まりちゅう」の愛称で知られる、長澤茉里奈さん。
所属した経歴のある、【放課後プリンセス】では「泣き虫委員長」を務めていました。

これまでの経歴!長澤茉里奈さんが所属していた《放課後プリンセス》って!?

長澤茉里奈さんは、2016年12月31日まで、アイドルとグープ【放課後プリンセス】に所属していた経歴をもっています。
ですが、それまでの間、2014年に1度、グループを離れているようです。


《長澤茉里奈さんが所属していた経歴を持つ【放課後プリンセス】とは?》

放課後プリンセスとは、CUTE BLACK所属の女性アイドルグループ。
16時を境にして、身につけていたカチューシャはティアラ、学校の制服はプリンセス衣装に変わります。

その名のとおり、学校の放課後になると、ただの女生徒からプリンセスになるという、アイドルです。


その基本のスタイルは、放課後の制服(衣装)にティアラ。
メンバーは、正規メンバー、候補生、候補生見習い、とそのプリンセスのスキルに合わせてクラス分けされています。
昇格制度ありで、「生徒会長」と称するリーダーと各メンバーの個性をいかした「委員長」で構成されています。

正規メンバーへの昇格は、戴冠式という儀式を経てティアラを授かることで証明されます。

長澤茉里奈さんの経歴でもある、【放課後プリンセス】は2011年に結成。
2014年には、初の『真夏の夜の夢』をリリースしています。

そして、2015年にはミニアルバム『私服シンデレラ』でメジャーデビュー。オリコン初登場でデイリー2位、ウィークリー6位を獲得しました。

長澤茉里奈さんの経歴である、放課後プリンセスは、『アイドル戦国時代』の現代、注目を集めています。

長澤茉里奈の【放課後プリンセス】での経歴は?

以下、長澤茉里奈さんの【放課後プリンセス】としての経歴です。

・2013年7月、放課後プリンセス5期候補生見習いとして加入。
・同年10月12日講和補正に昇格。
・ルール違反があったため、候補生見習いに降格。
・2014年8月29日解雇処分

なんとも、目まぐるしい経歴をお持ちの長澤茉里奈さん。
アイドルのお仕事は、一般人にはわからない大変さがあるのでしょうね。

【放課後プリンセス】の中だけでいろいろな経歴を持つ長澤茉里奈さんですが、その後は物販などのスタッフとして働くことを条件に、今後オーディションを受け直すことも可能となり、2015年2月18日には、候補生見習いとして復帰し、下部ユニット『放プリユース』として活動していました。

そして2016年8月7日には、TOKYO IDOL FESTIVALで放課後プリンセスに昇格した、長澤茉里奈さん。
その経歴の証しに、9月22日に載冠式が行われましたが、12月31日で事務所からも退所しました。

現在は、ヴィズミックに所属していて、長澤茉里奈さん自身のツイッターで活動再開を宣言しています。

2016年にはミスiDという経歴を持つ長澤茉里奈さん!

【放課後プリンセス】では数々の経歴をお持ちの長澤茉里奈さん。
その他にも、放課後プリンセスで活動中《2016年ミスiDグランプリ》を受賞されたという経歴もお持ちです。

そのオーディションでは、審査員の方から「写真で見ると幼いが、面接で話している姿はとてもハキハキしていてしっかりしている。経験が豊富な方なんだろう」という印象を持たれている長澤茉里奈さん。

これも、いろいろな経歴をもっているからこその力なのでしょう。

他にも!長澤茉里奈の意外な経歴!

長澤茉里奈さんは、以前マクドナルドでアルバイトをしていたという経歴をお持ちです。

そして、それだけではなく、マクドナルドの16万人のクルーが参加する大会で、埼玉県で2年連続で優勝した経歴を持っています。

この接客で学んだ経験を活かしてアイドル活動もがんばっているということです。

これらかも、長澤茉里奈の経歴に注目!

2016年に開催された、『ミスiDオーディション』では、将来の夢について聞かれると、「世界に通用するアイドルになること」と話している長澤茉里奈さん。

これまでの経歴を活かして、これからの活動もがんばってほしいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ