45歳にとても見えない!深津絵里のナチュラルビューティーのメイク術

2018年の1月で45歳になったばかりの女優・深津絵里。彼女の変わらない美しさは年齢を全く感じさせません。それどころか、年々魅力を増していますよね。そんな深津絵里のメイク術には多くの女性が興味を持っているところ。こちらではその魅惑のメイク術をご紹介します。

深津絵里のプロフィール

1973年1月11日生まれ。
大分県生まれで、母親は書道家の深津諭子。

1986年13歳でデビューし、1988年の「1999年の夏休み」でスクリーンデビューを飾りました。
当初はアイドル活動もしていた為、田村英里子やマルシアなどと同期で、ミュージックステーションに出演したこともあるという経歴の持ち主。

現在では日本を代表する演技派女優として活躍し、「踊る大捜査線」や「恋ノチカラ」などに出演した事で人気を博しました。

深津絵里のメイク方法とは?

個性的で美人、男女問わず人気がある深津絵里ですが、その美しさの秘密には雰囲気に良く合ったメイク術にあるとも言えます。
こちらでは、明日から真似したい深津絵里のメイクについてまとめてみます。

深津絵里メイク① 美白をつくる

深津絵里と言えば、肌の綺麗さが魅力的な女優さんであることが知られています。
その美白はデビュー当時から話題でした。
この深津絵里級の美白を作るにはどうしたら良いのでしょうか。

黄色系肌ならブルーのベースカラーで色味をコントロール

深津絵里の美白を真似したいなら、まずはコントロールカラーで肌を調整します。

日本人の肌色は基本的に黄身がかっている方が多いですね。
その為美白を際立たせたいなら、ブルー系のコントロールカラーを塗るのがおすすめです。

もともと白系の肌色ならピンク系で調整

もともと白系の肌色の持ち主は、ベースメイクをブルーにすると顔色が良くない印象になるので注意が必要です。
そんな時はピンク系の下地で、血色良く見せるのがおすすめです。

深津絵里メイク② ファンデーションはナチュラルに

深津絵里のファンデーションは、いかにも塗っている感じを出さないのがポイントです。
コントロールカラーで下地を作ったら、その上に抑えるようにファンデーションを重ねましょう。

パウダータイプを上から載せるのが技

深津絵里のメイク方法で真似したいのは、ナチュラルメイクに仕上げることです。
ベースメイクの後は、しっかり塗らずにパウダーをのせるだけでも肌映りが綺麗にになります。

メイクポイントはブラシ

深津絵里のメイク術で使いたいのは、ブラシです。
毛量の多いブラシでファンデーションを乗せると、透明感が出るのにナチュラルさもアップ。
いかにもメイクをしています!という雰囲気にならないのが魅力ですね。

深津絵里メイク③太黒眉毛

深津絵里のメイク術で大事なのはナチュラル。
彼女のナチュラルさは、眉毛をみてもわかります。
あまりいじらずに太さを残しつつ、しっかり黒い眉毛は意志の強さも表現しているようにも見えますね。

アイブロウはパウダー使いがおすすめ

深津絵里の眉毛は、濃い目で太め。
このあくまで自然体のメイクは、目元をパウダーで太目にするのがポイントです。

ペンシル型のものと両方使うと、より形が整いおすすめです。

深津絵里メイク④ メーテルアイ

深津絵里のメイクで大事なのが、アイメイクです。
彼女は黒く長いアイライナーを入れる事が多く、合わせてダークブラウンのアイシャドウを入れていますね。

銀河鉄道999のメーテルに真似る

深津絵里のアイメイクは、銀河鉄道999に謎めいた美女メーテルから名付けられています。
メーテルは切れ長の目元が特徴的な美人。
深津絵里の黒いアイラインはここから来ているようです。

アイラインは長めに引くのが効果的

アイラインは長めに引くのが深津絵里流。
黒目の線で際にしっかり入れましょう。
長く引くことで、目元をクールに演出できます。

リキッドライナーがおすすめ

ペンシルライナーも書きやすくて良いですが、深津絵里アイラインを描きたいならリキッドの筆タイプがおすすめです。
黒がしっかり発色し、よりメーテルアイに近付く事が出来ます。

深津絵里メイク⑤ 薄めのチーク

深津絵里のメイクで注目すべきは、薄めのチーク。
オレンジ系かピンク系をのせる程度に塗りましょう。
ほわっと血色が良いところが、彼女の自然体の美しさを効果的にします。

薄めのチークを頬骨にのせる

深津絵里の魅力である薄めのチークは、ピンク系やオレンジ系をチョイスするのがポイントです。
色白メイクをしすぎると、部屋に入ったときに顔色が悪く見えることもあるので赤みのあるチークを選びましょう。

こめかみから頬骨へ向かって入れる

深津絵里の様にアラフォーの方のメイクでおすすめなのが、チークをこめかみから頬骨いれる技。
この技で顔の明るさをより強調し、小顔効果も見込めます。

恋ノチカラの深津絵里メイク

2002年放映したドラマ「恋ノチカラ」で見せた深津絵里のメイクは、実は今とさほど変わらないんです。
この時から15年も経過しているのにも関わらず、年齢を感じさせない深津絵里はさすがですね。

今と違うところは、この当時はアイシャドウを入れている事が多いということでしょうか。
深津絵里のはブルー系のシャドウを入れることが多く、クールな目元が印象的でした。

深津絵里のメイクはナチュラルさが魅力

いかがでしたでしょうか?
深津絵里のメイクは、いつもナチュラルで美しいのが魅力的です。
明日からの参考にしてみて下さい。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ