記事ID135885のサムネイル画像

【可愛い】小嶋陽菜の髪型画像特集!オーダーの仕方やセットの仕方も

元AKBの小嶋陽菜さん。卒業してからも、そのスタイルの良さでモデルとして活躍しています。小嶋陽菜さんは、私服や髪型もおしゃれと評判のようです。今回は小嶋陽菜さんの髪型に近づくため、美容院でのオーダーの仕方やセットの仕方をまとめました。

髪型がキュート☆小嶋陽菜のプロフィールは?

小嶋陽菜
元AKBのメンバー 女優 モデル 競馬評論家
生年月日 1988年4月19日
出身地 埼玉県浦和市(現さいたま市)
血液型 O型
身長 164㎝

2005年10月30日に開催された『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格し、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った小嶋陽菜さん。
AKBでは、「こじはる」の愛称で知られ、選抜総選挙で上位に入るなど神7として、主要メンバーとなりました。

2007年7月にはドラマ『山田太郎物語』で女優デビュー。
同年8月には映画『伝染歌』で初主演を務めました。

スタイルも良くモデルとしても大活躍の小嶋陽菜さん。私服も評判が良く髪型も女性の憧れに。
そんな真似したくなるような小島陽菜さんの髪型を見ていきましょう。

小嶋陽菜の可愛い髪型画像☆ボブスタイル編!美容院でオーダーするには?

小嶋陽菜さんのボブスタイルの画像です。
小嶋陽菜さんの髪型を美容院でオーダーするきのポイントは、全体のボリューム、毛先のカットの仕方、前髪の量とスタイル、カラー、パーマの希望をしっかりと伝えることが大切です。

小嶋陽菜さんのボブスタイルを美容院でオーダーするときは、全体のボリュームを「重めにしてください」と伝えましょう。

そして毛先を軽くすぎないシルエットにすることで小嶋陽菜さんの髪型に近づくことができます。

美容院では、毛先は必ず「ローレイヤー」とオーダーしましょう。「ローレイヤー」とは毛先に厚みを出してカットする方法です。
小嶋陽菜さんの髪型の特徴は毛先の厚み。
また、全くレイヤーを入れないと髪型に動きがなくなり、立体感がでずにバランスが悪くなるので、「ローレイヤー」でカットし、動きのある髪型を作りましょう。

小嶋陽菜の可愛い髪型☆ミディアムヘア編と前髪の作り方

美容院でオーダーするときに大切な前髪。
小嶋陽菜さんような髪型の作り方は、前髪にパーマをかけるかコテでカールをつけるようにして軽さを出してもらいます。

小嶋陽菜さんの髪型の前髪は、後ろの重さとのバランスをとるように軽く流すようにしましょう。コテを利用する場合は、「フロント巻き」でワンカールにするとよいでしょう。

小嶋陽菜の可愛い髪型☆ロング編!セットの仕方は?

小嶋陽菜さんの可愛いロングヘアーを目指すなら、髪の毛は「ミックス巻き」にしましょう。
ミックス巻きとは、内側に向かって巻く「フォワード巻き」と、外側に向かって巻く「リバース巻き」を交互に巻くことです。この巻き方で立体感とやわらかさを出すことができます。

コテは小さめの方が綺麗に巻けるようです。
「フォワード巻き」をするときは、コテのクリップが髪の外側にくるようにして毛束を挟み、コテを内側に向かって回転させます。
「リバース巻き」のときはクリップが内側にくるようにして、外側に向かって回転させます。

小嶋陽菜さんの髪型を作るためにコテをつかうときのポイントは、コテを縦にして使用すること。後ろを巻くときは、首に当たって焼けどをしないように細心の注意を払いしましょう。

後ろ髪を上手くまけないときは、ワックスをもみこんで全体にウェーブがでるようにセットしましょう。

小嶋陽菜の可愛い髪型☆パーマ編!美容院でのパーマのかけ方は?

小嶋陽菜さんの全体のボリュームが重めの髪型は、パーマや巻き髪が良く似合います。また、小顔効果もあり、お人形のような雰囲気を作ることができます。

毛先を軽くしすぎないようにカットしてもらい、重めのシルエットを意識した髪型にしましょう。

小嶋陽菜さんの髪型のパーマは全体にかけるのではなく、毛先から半分くらいまでのパーマにします。美容院でしっかりパーマをかけてもらうと、セルフセットをするときもコテを利用すると綺麗なウェーブがでます。

小嶋陽菜さんの髪型にするには、パーマのかけ方も重要です。

小嶋陽菜の可愛い髪型☆ポニーテール編

小嶋陽菜さんは、アレンジした髪型も良くされています。
ポニーテールやゆるいおだんごヘアをしているようです。

また、前髪もいつも決まった場所で分けるのではなく、全体の雰囲気に合わせて変えているようです。

これからも可愛い小嶋陽菜の髪型が楽しみ☆

小嶋陽菜さんの可愛い髪型特集でした。
どれも可愛いらしく真似したいものばかりですね。

今後も小嶋陽菜さんのような、お人形さんヘアに注目です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ