記事ID135778のサムネイル画像

広末涼子の子供たちの学校はどこ?実はあの名門校に通っていた!?

女優の広末涼子さんはアイドル的存在として90年代に活躍して以降、長きにわたり女優として活動しています。そんな広末涼子さんの子供について知りたい!ということで子供の人数や通っている学校について調べてみました。また同じ学校に通う芸能人の子供についても紹介します。

広末涼子の子供は何人?学校はどこに通っている?

女優の広末涼子さんは1994年に洗顔料のコンテストでグランプリを受賞し、次の年にはあの有名な曲『MajiでKoiする5秒前』でCDデビューしています。

とってもチャーミングな歌声が個性的で大ヒットしましたよね。

長きにわたり活躍を続けてきた広末涼子さんですが、結婚し既に子供もいらっしゃいます。

広末涼子さんには子供が何人いるのか?そして子供はどこの学校に通っているのか?また同じ学校に通う芸能人の子供について調べてみました!

夫は誰?

まずは広末涼子さんの夫についてご紹介します。

広末涼子さんの現在の夫は、『キャンドルジュン』という名前で活動している有名なキャンドルアーティストです。

キャンドルジュンさんとは、2010年に結婚しましたが、これが初めての結婚ではなく2003年にはモデルの岡沢高宏さんと結婚、2008年には離婚をしています。

子供は何人?年齢は?

広末涼子さんには現在3人の子供がいます。

2004年に長男、2011年に次男、2015年には長女を出産しています。

長男は元夫の岡沢高宏さんとの間の子で、次男と長女はキャンドルジュンさんとの間に生まれた子供です。

年齢は、上から14歳、7歳、3歳です。

広末涼子さんはまだ37歳という若さですし、すでに3人もの子供がいて、一番上の子供は中学生とは驚きですね。

広末涼子のプロフィール

広末 涼子 (ひろすえ りょうこ)
生年月日 1980年7月18日(37歳)
出生地 高知県
身長 161 cm
血液型 O型

広末涼子さんは高知県出身ですが、芸能界デビューをきっかけに上京しました。

当時はかなりの人気があり、通っている学校にマスコミが駆けつけるなど騒動となったこともあったようです。

広末涼子の学歴は?どこの学校を卒業した?

広末涼子さんは1999年に早稲田大学教養学部に推薦入学をしています。

自己推薦ではあるものの、高校は受験で品川女子学院という進学校に合格、卒業しているので成績はかなり優秀だったと言えるでしょう。

しかし、仕事が忙しかったため早稲田大学に入学するも、卒業できる見込みがなく2003年には中退をしています。

勉強ができて早稲田大学に入ることができたのに仕事が多忙すぎたため中退となってしまい悔やまれるところもあったのではないでしょうか。

早稲田大学に入学が決まった際はマスコミが殺到するなどかなりの騒ぎになってしまったこともあったようです。

芸能人として活躍することで学業のほうに専念するのは難しい状況になってしまったということでしょう。

広末涼子の子供の学校はどこ?

広末涼子さんの長男は現在、中学生で和光中学校に通っているとされています。

和光学園は幼稚園から大学まで付属する一貫校で長男は和光幼稚園に通い、そのまま和光小学校、和光中学校と進学したようです。

また次男についても現在、和光小学校に通っていると噂されています。

和光幼稚園は芸能人の子供が多く通うことでも有名な学校なので、同じように芸能人の子供たちがいれば環境的には、生活しやすいと言えるでしょう。

和光小学校に通う芸能人の子供たち

和光学園に通う芸能人の子供は多いです。

具体的には、千秋さん、真木よう子さん、松雪泰子さん、ともさかりえさん、石黒彩さん、哀川翔さん、藤木直人さん、桜井和寿さんなどの子供も通っていた(通っている)と言われています。

これだけ多くの芸能人の子供が通っていれば、学校側の配慮などもあり子供がのびのび過ごしやすい環境なのではないでしょうか。

広末涼子さんの子供は、長男、次男とも和光とされているので同じ学校に通わせた方が母親としても都合がよいと思います。

広末涼子は子育てと仕事に奮闘するワーキングママ!

いかがでしたでしょうか?

広末涼子さんには3人もの子供がいて、長男、次男は和光中学校、和光小学校に通っているようです。長女についても同じように和光に入学するのかもしれません。

3人の子供を育てながら女優業を続けていくことは容易ではないと思いますが、パワフルにがんばる広末涼子さんは立派だと思います。

これからも広末涼子さんの活躍を応援していきたいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ