記事ID135398のサムネイル画像

結婚して幸せ絶好調!? 演技派俳優 賀来賢人出演おすすめドラマ4選

2016年に女優の榮倉奈々さんと結婚し、昨年2017年には第一子が生まれ幸せ絶好調な賀来賢人さんは、その目を惹く演技力でコメディからシリアスまで様々なドラマに出演してきました。そこで今回は、賀来賢人さん出演のおすすめドラマを4選ピックアップしてみました!

賀来賢人のプロフィール

賀来賢人

生年月日:1989年7月3日(28歳)
出身地:東京都
身長/血液型:178センチ/O型
事務所:アミューズ

2007年公開映画「神童」で俳優デビューした賀来賢人さんは、以降NHK連続テレビ小説「花子とアン」や、大河ドラマ「花燃ゆ」など、数多くのドラマに出演してきました。

また、ドラマだけでなく映画や舞台など幅広く活動する賀来賢人さんは、コメディなものからシリアスなものまで、目を惹く演技力で様々な役を演じてきました。

そんな賀来賢人さんは、2016年に女優の榮倉奈々さんと結婚し、翌年2017年には子供にも恵まれ、プライベートでは幸せ絶好調な模様。

今回は、そんな賀来賢人が出演してきたドラマの中から、おすすめのドラマを5選ピックアップしてみました!

賀来賢人出演おすすめドラマ「nのために」

ドラマ「Nのために」

2014年10月にTBS系列にて放送された金曜ドラマ「Nのために」は、湊かなえさんの小説が原作。このドラマで賀来賢人さんは榮倉奈々さんと共演し、交際に至ったんだとか。

第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞など、多数の賞を受賞し、視聴者からも高評価を得たドラマです。このドラマで賀来賢人さんは、安藤 望 役を演じました。

ドラマ「Nのために」あらすじ

物語の主要登場人物たちは全員イニシャルに「N」がつき、 現在と、そして「野バラ荘」を舞台にした過去を交錯させながら、とある殺人事件の真相を軸に、各人物たちが抱える愛の物語を明らかにしていく純愛ミステリー。

賀来賢人出演おすすめドラマ「タンブリング」

ドラマ「タンブリング」

2010年4月からTBS系列にて放送された土曜ドラマ「タンブリング」は、山本裕典主演で新体操部の部員達の青春を描いた学園ドラマです。ドラマから5年後を描いたストーリーの舞台化もされました。

このドラマで賀来賢人さんは、新体操部員である日暮里圭児役を演じました。

ドラマ「タンブリング」あらすじ

「カラ高の頭」と呼ばれ、喧嘩に明け暮れていた烏森高校の3年生、東航(山本裕典)は、2年の単位不足を補う為と一目惚れした新体操部の転校生に近づくため、男子新体操部に仮入部するが、そこは「弱小」とバカにされ、体育館も満足に使わせてもらえない部活だった。

賀来賢人出演おすすめドラマ「アスコーマーチ」

ドラマ「アスコーマーチ」

2011年4月からテレビ朝日系列で放送されていた日曜ドラマ「アスコーマーチ」は、アキヤマ香の少女漫画が原作の学園系ラブコメドラマ。武井咲の初主演ドラマでもあります。

このドラマでの賀来賢人さんは、性根の優しい熱血漢、玉木 誠を演じました。キャッチコピーは、「男だらけの工業高校―クラスに女子は、ワタシだけ!?」「ここは自分の居場所じゃない。そう感じているすべての人へ。」

ドラマ「アスコーマーチ」あらすじ

志望していた女子高に落ちた吉野直(武井咲)は、補欠合格した男だらけの県立明日香工業高校に進学することに。理想とかけ離れた環境に戸惑い、直は周りを見下し反発していたが、やがて仲間たちとの友情や恋を通して自分の居場所を見つけていく。

賀来賢人出演のおすすめドラマ「宇宙の仕事」

ドラマ「宇宙の仕事」

2016年にAmazonプライム・ビデオにて配信されたウェブドラマは、「勇者ヨシヒコ」や「銀魂」など、コメディ映画やドラマで知られる福田雄一が監督。福田雄一監督ならではのシュールな笑いには、思わずクスッときてしまいます。

このドラマでは賀来賢人さんは、地球防衛軍に所属するバンドマン、ルキーニ青山を演じました。

ドラマ「宇宙の仕事」あらすじ

地球侵略を企む宇宙人を阻止するべく“地球防衛軍”として招集されたのは、一見まとまりも使命感もないが、ある共通点を持つ男女6人だった。彼等は月に建てられたスペースピットと呼ばれる建物で、宇宙人の侵略を食い止める使命を課せられる。

賀来賢人の演技からは目が離せない!

今回は、賀来賢人さん出演のおすすめドラマを4つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?コメディからシリアスまで幅広い役柄を演じきる賀来賢人さんが、今後もどんなドラマに出演してくれるのか、楽しみです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ