完結した今も人気衰えず!漫画「ブリーチ」の魅力を徹底調査

大人気を博し、惜しまれつつも完結した人気漫画「ブリーチ」完結後の作品ファンの力は衰えず、色々なフィールで作品が活躍しています。「ブリーチ」とは一体どんな作品なのか?完結した今だからこそ、「ブリーチ」を知らない人のためにも作品についての情報をお届けしていきます。

完結しても人気は衰えない漫画「ブリーチ」のご紹介

~ブリーチの物語のご紹介~

ブリーチの作中では、家族を守るために悪霊である虚(ホロウ)を退治する力を持つ【死神】になってしまった高校生の主人公・黒崎一護と仲間達の成長を描いています。

ブリーチの主な舞台となるのは架空町である東京の空座町(からくらちょう)です。ブリーチの連載が開始されて間もないころの話(死神代行編)では、死神の力を与えてくれた死神の少女・朽木ルキアと共に、一護が虚が絡んでいる事件騒動を解決していく内容でした。

その次の物語となる(尸魂界編以降)は一護が敵対する勢力との戦いが中心となる内容になっています。

ブリーチは、死神が現実世界と霊界のバランスを保つ役目を持ち、霊の成仏や虚の退治を行う者とされ、人間達が住む現世を守護している世界観が描かれています。

ブリーチが漫画として初めて登場したのは、「赤マルジャンプ2001WINTER号」の読み切り版が掲載でした。

その後の2001年になって、「週刊少年ジャンプ36・37合併号」ブリーチの連載が開始されます。漫画のタイトルでもある「ブリーチ」は何を意味しているのかというと、英語だと「脱色・漂白」という意味を持つことから、「死神をイメージする黒の反対である白を連想させる言葉を選ぶことで、黒をより引き立たせる」という理由から「ブリーチ」というタイトルになったと言われています。

完結までのストーリーとしては、2016年31号に掲載されたブリーチの扉絵にて「完結まであと●回」と、黒く塗りつぶされて書かれたことから完結までのカウントダウンがスタート。そして、同年38号で完結しました。

「ブリーチ」完結後の読者の感想も熱い!

とても人気が高かった人気漫画「ブリーチ」は、完結することが判明した後も、沢山のブリーチファンから完結を惜しんだり、「ブリーチ」という作品を称賛する声が多く挙がっていました。こういった熱烈なファンが多くいることからも作品が愛されていることが強く伝わってきますね。

BLEACHちゃんと読み直したいなぁ 30巻くらいまでは持っててジャンプも追ってたけど気付いたら藍染との戦い終わってるし日番谷がイケメンお兄さんになってるしいつの間にか最終回迎えてるしオラびっくり

Thu Dec 28 14:40:19 +0000 2017

それにしてもBLEACHの最終回素晴らしかった

Fri Jan 05 07:14:55 +0000 2018

完結後も売れている!ブリーチの単行本はどのくらい発行されているのか?

ブリーチの漫画単行本の累計発行部数は一体どのくらいなのでしょうか?調べてみると8,000万部~9,000万部まで発行されているという情報が多く挙がっています。

また、完結した今だからこそ1巻から完結巻まで一気読みしたいファンが多くいるらしく、書店側も完結巻までそれろえた全巻セット販売をしている場所も多くあります。ブリーチの世界観をじっくりと楽しみたい方はぜひ全巻購入してみるのも面白いですよ。

ここでブリーチ単行本に関しての豆知識をご紹介しましょう。単行本表紙のタイトルロゴは1巻から48巻まで一貫してトリコロールカラーでしたが、49巻以降はタイトル文字が白抜きとなり、配色は巻ごとに変わるようになりました。

また、体裁が変わった49巻以降はタイトル部分にエンボス加工が施されています。こういった違いを楽しむのもブリーチの魅力と言えるでしょう!

完結したアニメ版ブリーチも大人気!

ブリーチの作品の活躍は漫画だけではありません。なんと、アニメでの放映もされていました。アニメの放映は、2004年からテレビ東京での放映がスタートされ、物語が完結したのは2012年3月27日でした。原作の話はもちろんのこと、アニメ版のみのオリジナルストーリーも制作されたりと、原作ファンはもちろん、原作を知らない人も楽しめる内容であったと高い支持を集めていました。放送数の合計は全366話でした。

完結してからもブリーチの人気は続きます

SNSなどの声から、完結後もとても高い評価を得ている「ブリーチ」は、スマートフォンアプリやファンの間でのコスプレイベントなど多方面での活躍が続いています。もしかしたら、あるタイミングで続編の公開があるかも!?色々な期待を持ちつつ、完結した今であってもブリーチの魅力を楽しんでいきましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ