記事ID134977のサムネイル画像

渡辺直美に見るファッションの世界観!ぽっちゃり代表の役割とは?

渡辺直美さんは自身のインスタグラムで、独特のファッションセンスを披露。その完成度と世界観が話題となり、インスタグラムではフォロワー数日本一となりました。渡辺直美さんのファッションはぽっちゃり界に革命を起こしたとも言えます。

渡辺直美さんから学ぶファッション

渡辺直美さんと言えば、インスタのフォロワー数日本一を誇る芸人さん。
ぽっちゃりした体を武器に変え、ファッションブランドの立ち上げを始め、エンターテイナーとして活躍しています。
渡辺直美さんの可愛く、個性的なファッションについて、学んでいきましょう。

渡辺直美さんのファッショニスタとしての自覚

ぽっちゃりをネガティブにするのではなく、ぽっちゃりでもオシャレが出来ると、ぽっちゃりの代表格となっているのが渡辺直美さん。
2014年にファッションブランド「PUNYUS」を立ち上げ、6Lまでの豊富なサイズ展開と、他では見られない個性的なデザインが、若い女性の支持を得て、ファッションプロデュサーとして名を馳せています。
そんな渡辺直美さんも、以前は服は入ればいい、という感覚で、自分のサイズも知りませんでした。

FNO大阪にファッションリーダー渡辺直美参戦

2017年11月18日(土)、19日(日)の2日間、「FNO大阪inうめだ阪急&阪急メンズ大阪」が開催されました。
2日目には豪華ゲストと共に、ファッションリーダーとして渡辺直美さんが参戦しました。
渡辺直美さんが行く先々で、人が溢れかえるほどの大人気の渡辺直美さん。
渡辺直美さんバイヤーを務めるブランド、チャンピーカーヴィーのトークショーでは、360度見渡す限り、人で埋め尽くされました。
渡辺直美さんが自らオーディションで選んだ、同ブランドのスタッフ2名と共に、熱いファッショントークを交わしました。

渡辺直美は日本よりもイギリスのファッション界で活躍出来る!

去年のNHK紅白歌合戦では、歌手のAIさんと共に歌を披露した渡辺直美さん。
その他にも、ひと際会場を盛り上げたのは、渡辺直美さんのレディーガガの物まねでした。
あの激しい振り付けで、お腹を揺らす姿は大ウケ。
あのレディーガガは、日本だけでは勿体ないと話題になりました。
イギリスのBBCで放送された、物まね番組があるのですが、そこで渡辺直美さんがパフォーマンスしたら、世界に通用するとまで言われました。

インスタグラムの女王渡辺直美・インスタグラムの帝王小藪千豊がファッションでも注目されるわけ

渡辺直美さんは独特の世界観を持ったファッショナブルなインスタが人気です。
フォロワー数200万人を突破しています。
CMや雑誌のモデル、ファッションデザイナーとしても、多岐に渡って活躍しています。
一方、小藪千豊さんは、インスタフォロワー数が63万人超え。
カズニョロポーズというのが生まれ、多くの芸能人とカズニョロポーズを撮って、インスタに上げています。
また、小藪さんは人気女性ファッション誌「NYLON JAPAN」「vivi」「VOCE」3誌の専属モデルを務めています。

渡辺直美にファッションを教えた人物とは

渡辺直美さんと今のファッションスタイルを、一緒に作り上げているのが、スタイリストの大瀧彩乃さんです。
大瀧さんはほっそり見える服選びや、コーデ術など、ぽっちゃり体型のままでも可愛くなれる「ぽっちゃり女子のファッションbook」を出しています。
そんな大瀧さんは、小さい頃からファッションに興味があったのですが、始めについた職はアイドルでした。
高校生時代には「チェキッ娘」としてデビュー。
しかし、もともとアイドルを目指していたわけではなかったので、心機一転スタイリストを目指しました。
厳しい修行時代があり、3年半のアシスタント期間を経て、柳原可奈子さんを担当したことが、今のぽっちゃりさんの気持ちが分かるスタイリストと呼ばれる所以となりました。
太めの部分はカバーしつつ、出すところは出す、体にメリハリをつけたファッションスタイリング法を、渡辺直美さんも目をつけて、自分にもファッションスタイルを担当して欲しいと申し出たことがきかっけでした。

ぽっちゃり界に勇気を与えた渡辺直美のファッション

ぽっちゃりさんは必然的に、洋服を買うお店も限られてしまいますし、可愛い!欲しい!と思った洋服は、普通サイズしかなくて、諦めることが多いです。
ですが、渡辺直美さんがぽっちゃりさん専用のマーケットを作ってくれたことで、ぽっちゃりさんもファッションを楽しむことが出来るようになりました。
大きいサイズで尚且つ可愛い洋服を売るお店も増えてきました。
ぽっちゃりさんでもファッションを楽しむことが出来るようになったのは、渡辺直美さん発信だと言っても過言ではないと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ