涙なしでは見られない感動の名作!映画「ルーム」をご紹介します

映画「ルーム」は、2015年に公開された映画です。感動の名作として、話題になった作品でもあります。今回は、そんな映画「ルーム」のあらすじやキャストなどをご紹介します。映画「ルーム」が、感動の名作と言われる理由がとても気になりますね。

映画「ルーム」について

映画「ルーム」は、カナダとアイルランドで製作され、2015年に公開された映画です。日本では、2016年4月8日に公開されました。監督は、レニー・エイブラハムソンが務めました。

第40回トロント国際映画祭にて、観客賞を受賞したことで話題になりました。たくさんの方々から高評価を得た映画として、話題になった作品です。

あらすじ

5歳の男の子のジャックとママは、二人で狭い部屋の中で暮らしていました。二人はテレビを見たり、料理をしたりと色々なことをしながら、楽しい時間を過ごしていました。しかし、その部屋には扉はありませんでした。二人が部屋の外に出たことは、一度もありませんでした。

5歳になったジャックに、ママは打ち明けます。部屋の外には本当の世界があるということを。外の世界に出てみたい気持ちが大きくなった2人は、部屋からの脱出を図ります。二人の幸せのために。

受賞

映画「ルーム」は、数多くの賞を受賞しました。観客の高評価はもちろんですが、批評家支持率は97%という高評価を受けています。映画「ルーム」が、名作と言われる理由が分かりますね。

映画「ルーム」予告動画

こちらが、映画「ルーム」の予告動画です。予告動画を見ただけでも、とても感動しますよね。映画「ルーム」は、誰もが感動する涙なしでは見られない名作です。
まだ見たことがない方は、こちらの予告動画を参考にして、ぜひ一度ご覧くださいね。

映画「ルーム」のキャスト

感動の映画「ルーム」に出演しているキャストをご紹介します。映画「ルーム」には、どのようなキャストが出演しているのか気になりますね。ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

ブリー・ラーソン

ママのジョイ・ニューサム役を演じたのは、アメリカ合衆国の女優であるブリー・ラーソンです。

映画「ルーム」での演技が評価され、たくさんの主演女優賞を受賞しました。

ジェイコブ・トレンブレイ

息子のジャックを演じたのは、ジェイコブ・トレンブレイです。

カナダ出身の子役で、映画「ルーム」での演技が評価され、天才子役として有名になりました。

たくさんの実力派俳優が出演する映画「ルーム」は、とても感動する映画ですが、抜群の演技力で更に感動する作品になっています。映画の内容はもちろんですが、キャストたちの演技にも注目の作品です。

映画「ルーム」の元になった事件

映画「ルーム」は、先にご紹介したように実話が元になった作品です。映画「ルーム」は、フリッツル事件というものが元になっています。

フリッツル事件は、2008年4月に発覚した事件です。当時42歳の女性が、24年間自宅の地下室に閉じ込められて、実の父親から肉体的暴力、性的暴力を受けていたことが発覚しました。彼女は24年間で7人の子供を生み、1人を流産したと言うことです。

映画「ルーム」は、こちらの衝撃的な事件を元に書かれた小説「部屋」が原作です。衝撃的な事件ですが、実話だからこそ親子の絆を感じるとても感動する作品になっています。

映画「ルーム」の感想

実際に映画「ルーム」を見た人の感想をご紹介します。実際に見た人はどのように思ったのか、口コミが気になりますね。
こちらの感想は、一部ネタバレを含むのでご注意くださいね。

この映画はジャックの感情、世界観、希望と人情。ジョイの心情、家族愛と亀裂などを描いており
良い意味で裏切られストーリーに引き込まれました

出典:https://movies.yahoo.co.jp

たとえ、それが自分を監禁してレイプした男の子供だとしても。
ジャックはやっぱり自分の子供で、愛おしい存在に違いなかった。

去年、成人したうちの息子が、幼児期こんなだったなあ、と思い出しながら見ました。

出典:https://movies.yahoo.co.jp

後半のシーン一つ一つに母親の葛藤、子供の葛藤、その周りの葛藤が細かく表現されており、そこを映像から汲み取れるかどうかがこの映画を楽しめるかどうかの肝になるでしょう。

出典:https://movies.yahoo.co.jp

映画「ルーム」は、とても高評価が多いです。中でも子持ちの母親のコメントが多く、同じ子供を持つ母親として共感するところが多いのがわかりますね。
とても素敵な映画です。子供がいない方もいる方も、ぜひ一度ご覧くださいね。

まとめ

いかがでしたか?
映画「ルーム」は、とても感動する名作です。見たことがない方には、ぜひ一度観ていただきたい作品です。原作が悲しい内容だということもあり、映画を見るのが少し怖いと言う方もいると思います。でも映画「ルーム」は悲しい内容というよりは、希望を感じる作品です。
見たことがない方は、ぜひ一度ご覧くださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ