記事ID133962のサムネイル画像

30周年を迎えるドラえもん。最新作も含めて過去の映画も動画にて紹介

ドラえもんはどの年代の層にも人気があり、その知名度は凄まじいものであると思います。そんなドラえもんの映画、名シーンをピックアップした動画を軽くまとめました。過去の映画から最新の映画まで予告動画になりますが、サクッと見れるようにしてあるので今見ませんか?

ドラえもんの映画や名シーンなどの動画紹介!

子どもから大人まで幅広い層に人気のあるドラえもん。のび太がずる賢くひみつ道具を使い、ドラえもんに説教を受ける日常もあれば、映画ではドラえもんを含め仲間たちとの友情が芽生え感動する場面もあるので非常に楽しめる作品です。

そんなドラえもんの映画や名シーンを動画で紹介しますね!

※当記事に使用している動画は削除される可能性があるのでご理解のほどよろしくお願いします。

【映画】ドラえもん「のび太の恐竜2006」の予告動画

ドラえもんの記念すべき映画1作目で、2006年にはリメイクして再登場しました!

スネ夫の自慢に対抗する過程で見つけた化石が、この作品のキーとなる恐竜「ピー助」です。

動画でもお分かりになると思いますが、人に慣れている恐竜に興味を持った「恐竜ハンター」からピー助を守り、本来住むべき環境に返してあげる物語となります。

第1作目から先の展開に興味を持たせ、最後は感動させてくれる作品の出来にドラえもんの映画が長年親しまれている理由なのではと思いました!

【映画】ドラえもん「のび太の新魔界大冒険」の予告動画

2007年に公開された映画で、映画5作目となる「のび太の魔界大冒険」のリメイク版でもあります。

のび太がひみつ道具「もしもボックス」を用いてつくった「魔法の世界」がこの作品のはじまりです。

のび太の憧れていた世界が魔界からの侵略に繋がりますが、メインキャラクターでもある満月美夜子と共にドラえもんたちが魔法を駆使して地球を守り抜く物語となります。

魔法で楽な生活を送ろうと考えるのび太には、アニメでお馴染みののび太を思い出します(笑)

動画でも登場していますが、魔法のじゅうたんには一度乗ってみたいですね!

【映画】ドラえもん「のび太のねじ巻き都市冒険記」の予告動画

1997年に公開された映画になります。この動画を見て以前のドラえもんを思い出した方は多いのではないでしょうか。

2005年には、ドラえもんに登場するメインキャラクターの声優が変わったこともあり懐かしく感じますね!

同時上映された「ザ・ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!」 も少し流れています。

本編はひみつ道具「生命のねじ」を用いて、ぬいぐるみに命を与え共に過ごす環境「ねじ巻き都市」が舞台です。

敵は「前科100犯」と何度も犯罪を繰り返してきた「熊虎鬼五郎」からこのねじ巻き都市を守る物語となっています。

【映画】ドラえもん「のび太と緑の巨人伝」の予告動画

2008年に公開された映画になり、個人的には何かを守るとした上で、人類は植物と共に暮らす必要があると考えさせられた作品になるかと思います。

動画に登場する苗木がひみつ道具「植物自動化液」によって、人間のように動き回ることが可能になりのび太の弟のような位置づけとして登場します。

緑の星を舞台に地球上の植物を全て奪い去り、人類を絶滅させる計画の持ち主で、緑の星に住む影の支配者「シラー」から地球を守る物語となります。

最新映画の舞台はワンピース!?の予告動画

藤子プロ創立30周年記念となるこの作品は予告動画を見る限り、カリブ海を舞台にした宝島にて海賊たちが隠したとされる財宝を探す物語になりそうですね!

ここでの敵はシルバーという海賊団のリーダーとその仲間になり、長年求め続けてきた宝を得るために何か企みを考えている、まだまだ謎の多いキャラクターになります。

予告動画を基にした推測ですが、宝島にはなんらかの細工が仕掛けられているのではと思います。

その点も含めて、どこかワンピースのような感じがして熱いバトルがあるのではと思い、早くも上映が待ち遠しくなりますね!

動画での公開は2018年3月ですが、細かい日程では3月3日の予定となっています。

【面白動画】映画では感動、普段は見せ場の少ないのび太がまさかの!?

冒頭でも登場するひみつ道具ですが、顔だけでなく力も上げることができます。

この動画では日常で恒例ともいえるのび太の失態により、怒ったジャイアンがのび太に鉄拳制裁をするシーンですが、まさかの返り討ちに遭う内容になっています

ドラえもんにおいて、ジャイアンがのび太から逃げる姿はあまり想像できないですよね。

普段はこのような感じでやりとりするのが多いですが、映画では協力して戦うので少し不思議な感じもします。

ドラえもんの映画は上映していない年度がある?

2005年にドラえもんの声優が変わった点はお話ししましたね。

あまり映画を見ない方は知らないと思いますが、なんとこの年は声優が変わったこともあり映画がつくられていないのです。

毎年、映画を楽しみにしていた方には残念な結果となりましたが、それ以外の年はつくられており、2018年も上映されるので安心です。

今後、ドラえもんの映画がどこまで続くのか少し興味が沸いてきましたか?

振り返りとして、ここで紹介した過去の作品をDVDなどで見るのもおすすめですよ!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ