ゆちょんを主人公にした東方神起ファンが作る妄想二次小説って何?

東方神起を脱退しJYJとして活躍するゆちょん。不祥事が続き何かとメディアを騒がせているゆちょんをモデルにした妄想二次小説があること知っていますか?実は東方神起のファンの間ではメンバー内の恋愛などを書いた二次小説が人気なんです。こちらで少し紹介してみますね。

東方神起妄想小説ってなに!?

大人気韓流アーティストの東方神起。
実はファンの間で、彼らをモチーフにした妄想小説が書かれていることをご存知ですか?

所謂、二次創作物の事で、ファンが東方神起と恋愛する妄想を描いたり、はたまたメンバー同士のイケナイ恋愛を描いているのです。
つまり「BL」と呼ばれている男性同士の恋愛ですね。

この小説は韓国でも流行っているそうで、本人たちも知っているとか。
日本でも多く書かれており、その中でも人気がある小説があるんです。

東方神起妄想小説にはゆちょんがモデルのものもある?

この東方神起の妄想小説は、五人組の時代からユノやチャンミンのものが多く書かれていたそう。
何かとお騒がせのゆちょんの小説はあるのでしょうか?
こちらではゆちょんの妄想小説をご紹介します。

ゆちょん妄想小説「天使が舞い降りた日」

ゆちょんをモデルにした小説は意外にも少ないのですが、こちらはいかがでしょうか。
二次創作小説で読みやすくおすすめです。

ゆちょんとジュンスの出会うシーンがキラキラして、ドキドキしてしまいます。
木に登って大事な人を待つ様な素敵なシーンが多いのが特徴。
ゆちょんの可愛らしく爽やかなイメージを強くする恋愛小説には、ファンも大満足です。

ゆちょん妄想小説「あなたのために」

東方神起のプラトニック妄想小説なら「キスキ」という小説がおすすすめです。
メンバー同士の愛を誠実に描いており、ファンからも人気。

この「あなたのために」の小説は、ゆちょんが昔チャンミンに思いを寄せていたという所から始まります。
酒を飲んでいたゆちょんが、ふっと告白するシーンが印象的。

メンバー同士の恋愛要素を描いていながらも、男性同士の友情にも取ることが出来る素敵な文面で読者を魅了しています。

ゆちょん妄想小説「Fallen eaves」

何かとお騒がせのゆちょんの妄想小説。
ゆちょんは、少し前からメディアであまり良い話題で取り上げられていませんでしたね。

そんな時でも信じて待ち続けるファンのために書かれた二次小説。
待ち合わせをしたゆちょんとジェジュンのシーンから始まり、久しぶりの再会でメンバー同士の信頼関係を実感できる内容となっています。

ゆちょんファンも納得の小説。
メンバー同士の関係性や、ゆちょんの精神的ダメージを考えると誰もが同じことを祈りたくなるのは当たり前です。

心細くなったゆちょんファンを励ます小説になっています。

ゆちょん妄想小説「声が届くそのずっと向こう」

ゆちょんをメインにした小説は少なく、実際東方神起ファンの中で人気がある二次小説は他のメンバーの恋愛ものが多いそう。
しかしこの2Uという小説、意味やユノとゆちょんですね。

ここではメンバーとして離れてしまった5人の関係性を、切なく悲しく綴っています。
ジェジュンに困り果てたゆちょんが、どうしようもなくなり思わず店の電話からユノに電話をしてしまう所から始まります。

最初の「ジェジュン?」と間違えたユノの声を聞いて思わず笑ってしまったゆちょん。
その笑い声を聞いてゆちょんに気が付いたユノはさすがです。

今まで苦楽を共にしてきた二人だからこそ、分かり合えるシーンが感動的。

ゆちょんの妄想小説「蝶の詩」

ゆちょんの妄想小説の中でもドラマティカルに仕上げられているのが本作品です。
映画「バタフライ・エフェクト」が好きだったゆちょんとジェジュンが主人公。

東方神起を脱退しJYJとなった三人が、現在を後悔している様子を切なく描いているのがポイント。
バタフライエフェクトの様に過去に戻ったジェジュンは、アイドルになる前に働いていたホストクラブで働いています。

過去の世界には東方神起もスーパージュニアも存在せず、自分が知らない全くの別世界になっていました。
そこでゆちょんを探しにかかるジェジュン。

その過程で東方神起のメンバー達を徐々に見つけ、残るはゆちょんという時でした。
遂に彼は大好きだったゆちょんを探し当てます。
そこには過去の栄光を語らないゆちょんの姿が。
悲しくも切ないファン心理が良く描けた、感動的な二次小説です。

ゆちょんの二次小説が気になる!

いかがでしたでしょうか?
ゆちょんの二次小説はファンでは無くても先が気になりそう。
是非今すぐ探して読んでみて下さい。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ