記事ID132242のサムネイル画像

聴くと飲みたくなる!三ツ矢サイダーのCMソングをピックアップ♡

長い歴史のある炭酸飲料の定番、三ツ矢サイダー。CMソングにもさまざまな歌が使用されてきました。今回は、三ツ矢サイダーのCMソングをピックアップしてご紹介します。「三ツ矢サイダーの曲だったの?」と新しい発見があるかも…皆さんがよくご存知の曲も登場しますよ!

三ツ矢サイダーのCMソングをピックアップしてご紹介!

1884年前から販売されている、歴史ある炭酸飲料の「三ツ矢サイダー」。
みなさんも一度は飲んだことがあるのではないでしょうか?
そして三ツ矢サイダーのCMは1973年から開始され、多くのCMソングが登場しました。
今回は、そんな三ツ矢サイダーのCMソングをピックアップしてご紹介します!
「これって三ツ矢サイダーのCMソングだったの?」と新たな発見があるかもしれませんよ。

三ツ矢サイダーのCMソング《1978年》

勝手にシンドバッド

まずご紹介する三ツ矢サイダーのCMソングは、みなさんご存知サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」。
1978年の三ツ矢サイダーのCMソングでした。

「勝手にシンドバッド」は、ご存知の方も多いかと思いますが…サザンオールスターズのデビューシングルなんですよ。
その人気の高さから、なんと4度も再版された名曲です!

ちなみに「勝手にシンドバッド」というタイトルの由来は、当時ヒットしていた沢田研二さんの「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」をくっつけただけなんだとか。
曲中の歌詞に、タイトルの「勝手にシンドバッド」という言葉が出てこないのも特徴です。

三ツ矢サイダーのCMソング《1998年》

HOT LIMIT

こちらはT.M.Revolutionが歌う「HOT LIMIT」。
1998年の三ツ矢サイダーのCMソングでした。

「HOT LIMIT」は、T.M.Revolutionの8枚目のシングル。
オリコンチャートでは週間1位を獲得し、約71万枚のセールスを記録しています!
T.M.Revolutionの代表作のひとつですよね。

この曲といえば…MVで西川貴教さんが着用している、体に黒い帯を巻きつけた衣装が印象的。
バラエティ番組で真似されることも多かったようです。

三ツ矢サイダーのCMソング《2002年》

スミレ

こちらはゆずが歌っている「スミレ」。
2002年の三ツ矢サイダーのCMソングでした。

「スミレ」はゆずの18枚目のシングル。
ゆずの楽曲には珍しく、作詞を二人が共同で手がけました。
作詞が共作となったのは、なんと1998年の「いこう」以来。
北川さんがメインで作っていたのですが、サビ部分に「ラララ…」が多かったため、その部分を岩沢さんが作詞したんだそう。

2003年のコンサートツアーでは、この曲を歌うときに会場にすみれの香りが広がるというおしゃれな演出がありました!

三ツ矢サイダーのCMソング《2007年》

しおり

こちらは、Aqua Timezが歌う「しおり」。
2007年の春限定で放送された三ツ矢サイダーのCMソングでした。

こちらはAqua Timezの3枚目のシングル。
前作から約半年ぶりのリリースで注目を集めました。
「しおり」というタイトルは、歌詞のなかの「今日もあなたが好きでした」のあとも「まだ物語が続いている」ということで付けられたんだそう。

さわやかな青春ソングの「しおり」。
三ツ矢サイダーのCMソングにピッタリですね!

三ツ矢サイダーのCMソング《2015年》

Yeah! Yeah! Yeah!

最後にご紹介するのは、andropが歌う「Yeah! Yeah! Yeah!」。
2015年の三ツ矢サイダーのCMソングでした。

こちらはandropの配信限定シングル。
iTunesやレコチョクで配信されていました。

andropは、2011年にメジャーデビューした4人組ロックバンドです。
透き通るようなボーカルの内澤さんの声が印象的。
2014年には目標としていた代々木体育館でのライブを実現して、なんと1万人を動員しました!
そんなandrop、今後の活躍に期待したいですね。

聴くと飲みたくなる、三ツ矢サイダーのCMソング

今回は、炭酸飲料の定番・三ツ矢サイダーのCMソングについてご紹介しました。
1973年以来ずっと、三ツ矢サイダーは印象に残るCMソングを届けてくれています。
お気に入りの一曲は見つかりましたか?

CMソングを聴くとつい飲みたくなる三ツ矢サイダー。
今後はどんなCMソングが登場するのか…とても楽しみですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ