記事ID131380のサムネイル画像

いつまでも美しい歌声の持ち主の清木場俊介さんの男らしい髪型♪

清木場俊介さんがエグザイルから脱退してからだいぶ年月がたちましたね、未だ清木場俊介さんの透き通った歌声は健在です!そんな清木場俊介さんのトレードマークでもある短髪の髪型を特集していきたいと思います♡比較的誰でも似合う髪形なので馴染みやすい髪型でもあるんです♪

清木場俊介さんのプロフィール

清木場俊介(きよきばしゅんすけ)
旧名:SHUN(しゅん)
愛称:俊ちゃん、清木場さん
生年月日:1980年1月11日
出身地:山口県
職業:シンガーソングライター
所属:JET
元EXILEの1代目ボーカル

シンガーソングライターになった清木場俊介さん

EXILE在籍時にもSHUNとして代表曲の「ただ…逢いたくて」の作詞なども手掛けていた清木場俊介さん。
ソロとなり「唄い屋」となってからはロックぽい荒々しい歌詞の曲も多かったけれど、
彼のソフトな歌声も健在で甘い歌声にたくさんのファンが魅了されています♡
そんな中でウェディングソングとして発表された「愛のかたち」はそんな彼の繊細なヴォーカルワークがたっぷり堪能できる美しきバラード作品として有名ですね♪ 

そんなソロ活動になってからも変わらない美声を届けてくれている清木場俊介さんの
髪型を特集していきたいと思います。

男らしい清木場俊介さんの髪型画像

清木場俊介さんの髪型は短髪モヒカン風なイメージがありますよね。
清木場俊介さんの髪型を真似する時に美容室にいって髪型を伝えると思いますが、
その時には清木場俊介の髪型にして下さいと言うのは少し恥ずかしいのでイメージを伝えることになると思います。
その時にはソフトモヒカンっぽくしてくださいと伝えるとちょうどよい短髪にしあがると思いますのでぜひ男性の方で清木場俊介さんの髪型を真似したい方はオーダーしてみてくださいね。

清木場俊介さんの髪型画像

清木場俊介の髪型を美容室でしてもらう時はセットの仕方も一緒に教えてもらうのがいいかと思います。
ハードワックスの方が綺麗に髪も立ち仕上がりもキープできますのでハードワックスを使いながら清木場俊介さん風の髪型により近いものになるかと思います。

短髪モヒカン風の清木場俊介さんの髪型

男なら一度は憧れた事であろう
モヒカンスタイルですが清木場俊介さんの髪型はとても参考になるかと思います♪
男度上げるのであれば、もみあげを綺麗な整えなければいけませんね。
特に近年では、ツーブロックやボウズスタイルが主流となってきているので『もみあげ』は非常に重要な部分となってきますよね。
もみあげは、特にショートヘアのメンズにとっては非常に重要な部分です。どのくらい重要なのかと言うと、もみあげで顔の印象が左右されるくらいなんです!!
清木場俊介さんの髪型はまさに男性達があこがれる髪型そのものですね♡

生き方も男らしい清木場俊介さんの髪型

熱唱中の清木場俊介さんもかっこいいですね♡
もみあげにはちゃんとしたシルエットがあって、そのシルエットによっては、顔がシャープに見えたり、ワイルドに見えたり、爽やかに見えたりと、顔の印象を左右する重要な役割なんです!!
最近では、ツーブロックやボウズスタイルが男性の髪型で人気なので、もみあげの重要性は高まる一方ですね♡

清木場俊介さんのモテ髪 画像

もみあげからの顎ひげと上手く繋げている、お洒落で男らしいもみあげスタイルの清木場俊介さん♡
このもみあげに憧れたメンズは数多くいるかと思います♪
EXILE時代からこの髪型は変わらないですね♪
特にツーブロックやボウズスタイルにしているメンズは清木場俊介さんの『もみあげ』はすごく参考になります!!

清木場俊介さんのもみあげ風モヒカンスタイルの作り方

清木場俊介さんの特徴ある『もみあげの作り方』は、以外にも簡単なんです♪
まず必要なものは、
バリカン
カミソリ
この2つの道具を用意してくださいね!
これらの道具があれば、清木場俊介さんのような、男らしい『もみあげ』を作る近道です♪

いつもでも男らしい清木場俊介さん

2016年8月にEXILE ATSUSHIさんが男性ソロアーティスト史上初として行なった6大ドームツアーを行った際その東京ドーム公演スペシャルゲストとして清木場俊介さんを迎えました。
数々の苦悩を乗り越えて実現したATSUSHIさんと清木場俊介さん奇跡の共演で
ラスト曲は『ただ・・・逢いたくて』でした。
リリースから11年、ライブで歌うことがなかった名曲を披露したそうです。
涙脆いことで知られるEXILE ATSUSHIさんは涙した姿もありましたね。
昔の日々を思い出したかのような二人の絆の深さも更に深まったようですね♪
またいつか2人で歌う姿をみせてほしいです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ